平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

痩せるぞ!

痩せねばならない。・・・正月に太った5kgが、全然戻らない。
5kgって言ったら、まぁたえずレスポールを首からぶら下げて暮らしてるのと同じです。
重いよ、そりゃ。
最近は、長い距離を歩くと右ひざが痛くなる。・・・絶対体重のせいだ。
ギックリ腰の原因の半分は体重増との説もある。・・・怖い
現在79kg。身長は178cm。大学の時は65kgでした。その頃から14kgも多い。
14kgって言ったら、ジミーペイジも使っていたギブソンのダブルネックを2本、首からぶら下げて歩いてるのと同じです。・・・気が狂うほど重いわ、そりゃ。

で、皆様はランチをどのように済ませているのだろうか?
世の中のランチは太るものばかりだと思うのは私だけではないでしょう。
主に「低インシュリン・ダイエット」という手法で徐々に体重を落とそうとしている私にとって、
世のランチは高いGI値(太りやすい)食物ばかりです。例えばコンビニには、本当に低GI値の食物がない!仕方ないから、昨日はちくわのパックとヨーグルトで済ませました。例えば「低GI値弁当」とか出してくれないだろうか・・・。600円くらいだったら出すよ。ご飯の量を半分にして、玄米にして、野菜を中心にした弁当とかって売れると思うんですけど・・・。

実は、大学卒業するときに、親友からアルマーニのジーンズをもらった。29インチ!
当時でギリギリ履けるかどうかでした。僕は卒業してからずっと、もう17年もそれを捨てずにいます。いつか履いてやる!と思う気持で。まぁ今アルマーニのジーンズってどうなの?ということはさておき。今年こそは、年末あたりには履きたいなぁ・・・とか思っております。
「痩せる」というプレッシャーを自分にかけるため、周りに公言して自分を甘やかせぬよう、机の前に「私は3/9には、76kgになっています!!」という貼り紙を張りました。
成功すれば「4/9には73kg」を貼る予定なのです。
c0051760_1411967.jpg

# by t_yana | 2006-02-16 19:02 | Comments(3)

昂ぶる!

わけあって最近元気がないので、何か自分を昂ぶらせる方法を考えてみる。
で、考えに考えたあげく、i-podで昂ぶらせる曲のプレイリストを作りました。
・・・えらい簡単な答えですんません。
で、やはり昂ぶらせるにはハードロック!ということで、80~90'sのハードロックのプレイリストを作成すべく音源を収集することに。

で、僕はコンピ作ってるときに、4年くらい前かな??「Shout It Loud」というハード・ロックのコンピを作った。コレが実によくできていて、解説なんてBurrn!誌の広瀬編集長にお願いしてしまったほど。なのにこのCDがどこかに行ってしまって手元になかったのですが、先日このコンピを一緒に作ったCCCのY氏より、「1枚あまってたから」ということで譲っていただきました。
ディープ・パープルから始まり、Mr.Big、デイブ・リー・ロス、スキッド・ロウ、ドッケン、バッドランズ、フェア・ウォーニング、ハーレム・スキャーレム・・・最後はダム・ヤンキースの「ハイ・イナフ」で締めくくってる。ハードロックばかり60分聴いたあとに、「ハイ・イナフ」聴いたら泣くよ?普通は・・・。
で、この曲もi-podに入れつつ、他のハードロックの名曲も含めて、感動の70分のプレイリストが完成。聴いてみたら、確かに昂ぶる。メチャクチャ昂ぶる。

で、ハードロックって、実にメロディアス。ギターソロなんて泣きまくりよ。
最近の高校生はハードロック聴いてないんやろな。とか考えると、今、こういうことやってる若いバンドがひとつもないことに気付きました。
超美形でバカテクのプレイヤーばかりを集めて、80'sハードロックっぽいことするバンドって作ると売れないかなぁ??とか考えてしまいました。強いて言うならB'zなんでしょうが、もっと若い子がきゃあきゃあ言うB'zみたいなバンド。レイジーの21世紀版!
あぁ、そんなバンドあったら担当したい。昂ぶりますわ。

一方、話は全く変わりますが、先日仕事でJ-WAVEに行ったときにギタリストの村治佳織さんにお会いしました。もう一目惚れ。僕の39年間はこの人に会うためだったのだ!と思うほど。
眩しすぎる・・・あぁ・・・。しかもギターも上手い(メチャクチャに)。言うことなし。完璧。
実はハードロックのプレイリスト聴いてるときより、村治佳織さん見てるときの方が昂ぶりましたわ。・・・結局そっちかよ?と反省して、また落ちる今日この頃でございます。
# by t_yana | 2006-02-15 22:55 | 音楽 | Comments(2)

明日

わけあって早く帰って家で食事する。
平日に家で夕食をとることも、年に何度かしかないのですが、やはりいいもんです。
で、先週末から、うちの奥さんはチョコレート・ケーキの食材を探してたりしてるのですが、それは別にバレンタイン・デーに僕に渡すものではなく、まさか浮気相手へのものでもない・・・まぁいれば多少ワクワクもするのですが・・・、娘のお相手に渡すものを作るためなのです。
それで、僕の食事作るのもそっちのけで、チョコ・ケーキを作っていました。

上の子は、もう3年越しで好きな男の子がいて、今年もその子にプレゼントをするのですが、小学校4年生にもなれば手作りなわけです。で、チョコではなく、なぜかチョコケーキなのです。

で、上の娘は何だかわけわからず、ただ、あーしろこーしろと言われたをやっているのですが、普段からケーキ作りの趣味など全くないうちの奥さんは、悪戦苦闘しておりました。
「ハートの形に紙をくりぬいて型を作って!」とか、「メッセージカードを書いて!・・・そんな文章おかしくない?」とか、やたら親が口を出す。
仕舞いにはケーキの格好とか、入れるケースとかも僕も一緒になって手伝ってあげてたけど、どう見ても、親の方が一生懸命になってて、上の子は「へえーっ」って感じでした。
何でわざわざ愛娘の好きな子にあげるプレゼントを親が必死になって手伝ってあげなきゃいかんのだ?納得いかないなぁ・・・。

チョコとか会社で特に期待もしてないですけど、もらったらもらったで素直に嬉しいです。義理チョコとかいいますけど、1年に一度くらい周りの人とのコミュニケーションで、チョコだの何だのを交換する機会はあっていいのかも知れませんね。

そろそろお年頃の小学校4年。まだ明日渡しに行くことを考えながら一喜一憂している姿も微笑ましいですが、中学生になったらこういうの、素直に協力できないね。
その頃になったら、勝手にしろ!とか言って知らん振りする方が、まだ楽なのかも知れません。
c0051760_9101571.jpg

# by t_yana | 2006-02-13 23:13 | Comments(2)

どうにかならんかなぁ

昨日は某雑誌の方と遅くまで飲む。
色々話をしましたが、やはり音楽の話になったとき、みなさんやはり、i-podをお持ちだとのことでした。で、最近僕が買いましたよ、というと、「あの映像も見れるヤツ?」「ちょっと見せて」ということに。そのとき思ったのですが、自分のi-podを見せるのは、何だか自分自身を見せるようで非常に恥ずかしい。

特に、プレイリストや・・・一番恥ずかしいのは「TOP25」を見られるのは本当に照れました。
”一番聴いてる曲”をデータで人前で証明されると言い訳できませんでした。
ちなみにそれはCharの「空模様のかげんが悪くなる前に」でした。まだ他人に見られても良い曲だったので助かりましたが、それでも恥ずかしい。

で、私のi-podにはもちろん、流行り物の邦楽など全く入っておらず、i-podの邦楽:洋楽比率は10:90くらいですが、プレイリストに「日本のエエ曲」というリストを作っております。それが見つかってしまいました。
そこには「クリスタルキング/大都会」「やしきたかじん/あんた・やっぱ好きやねん」「上田正樹/悲しい色やね」「小坂明子/あなた」「チャゲ&飛鳥/ひとり咲き」「酒と涙と男と女」のような演歌のようなものから「スピッツ/ロビンソン」「オリジナル・ラブ/接吻・KISS」「MISIA/everything」から「山下達郎/Ride on time」「恋するカレン/大滝詠一」までが一緒に入っているわけで・・・。

コンピレーションCDを作るのが仕事だったこともある人間としては、いかに「たかが自分しか聞かないプレイリスト」とはいえ、物凄くこのプレイリスト・・・達郎さんのあとに「天城越え」とか平気でかかってしまう・・・を作るのは許せないものがあり、自分自身で抵抗もあったのですが、作ってしまえば結構良く聴いてます。でもこれは、「自分さえ楽しめれば・・・」というものであり、人に見られるのはやだ。言うならば、片付いてない部屋にいきなり人が入ってくる・・・とか、普段どんな食生活してるか?とかどんな格好してウンコしてるか?を人に見せるようなもんです。

「へぇー、yampiさんって結構ベタな人ですね。やっぱり大阪の人なのですねー」とか言われるとまことに恥ずかしい限りです。

で、今のi-podは60GBもある・・・という話になってすごいねぇ・・なんて話をしてるときにふと思いついたのですが、このi-podに一杯まで曲を入れるとすると、i-tunes・・・つまりこのパソコンにも60GBぶんの曲を入れなければいけない・・・ということ。昨年買い換えた新しいパソコンとはいえ、ハードディスクは100GB。このパソコンのハードディスクの半分をi-pod用の楽曲データにするのはいかがなものか?・・・ということです。

もっといろんなソフト入れたいし、画像だってたくさんあります。
でもパソコンの半分をi-tunesというのは、何だかどうなのでしょうかねぇ。
こんなことならバカデカいハードディスクのパソコンを買えばよかったと思ってます。

みなさんはどうされているのでしょうか??
# by t_yana | 2006-02-10 12:56 | 音楽 | Comments(4)

おかしな訴訟

この前、新聞でおかしな記事が出ていたので・・・・。

*******************************
米ルイジアナ州の男性が1月31日(米国時間)、米アップルコンピュータ社の携帯音楽プレーヤー『iPod』(アイポッド)は難聴を引き起こすおそれがあるとして、訴えを起こした。
訴状は、iPodは115デシベル以上の音量を出すことができるが、この音量で1日28秒以上聴き続けると、聴覚に障害が生じるおそれがあるとしている。

 ルイジアナ州に住むジョン・キール・パターソン氏の名前でカリフォルニア州サンノゼの連邦地裁に提出された訴状によると、iPodには「設計上の欠陥があり、聴覚を損なうおそれに関する適切な警告を十分に行なっていない」とされている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060203-00000001-wir-sci
*******************************

しかし本当にアメリカはおかしな国ですね。この前もマクドナルド食いすぎて健康じゃなくなったって裁判があったらしいが、寿司ばっかり食ってても健康じゃないって。むしろ「バランス良い食事を取るように」教育しなかった親を訴えろよ。

で、このi-podの件ですが、デカイ音で聞かずに音を下げりゃいいだけでしょ?
勝手にボリュームが上がっていって難聴になるならまだしも、自分の好きでデカイ音で聞いてるんでしょ?そんなんで裁判なるんだったら・・・
●だったらギター弾きすぎて腱鞘炎(けんしょうえん)になったらフェンダー社を訴えるか?フェンダーのカスタムショップの出来のいいギターなんて持つと、病みつきになって平気で一日10時間くらい弾くぞ?腱鞘炎になるかも?「腱鞘炎になるので長時間演奏は控えるように」っていう注意書きもないけど?
●だったら和民焼酎650円で安いしうまいし、和民に行って和民焼酎ばっかり飲んで肝臓が悪くなったら和民を訴えるか?和民焼酎のラベルに「たくさん飲むと健康を害します」とでも書けばいいのか?

何でも自分で塩梅(あんばい)を考えてやらなあきまへん。何でも裁判すりゃええっちゅうもんでもないでしょ?まぁ弁護士が「もし勝ったら・・?有名になれるかも?」という売名行為で消費者に裁判をけしかけてる・・・という事情もあるそうですけど。どうなんでしょうかね。
# by t_yana | 2006-02-05 08:33 | Comments(2)

さっちゃん

子供がいると童謡を耳にすることが多いです。
今日は父兄参観日で、音楽の授業の参観もあったようです。低学年の子が童謡を大きな声で歌ってるのを聞いて、ふと「さっちゃん」という曲の話を思い出しました。
年末に、マツケンサンバの作者・宮川彬良先生のインタビューに立ち会ったときに聞いた話です。

ネット上では「さっちゃん」のオカルトっぽい替え歌もありますが、そういうのとはまったく別の話です。
ここで今一度この曲の歌詞を。

1 さっちゃんはね さち子(こ)っていうんだ ほんとはね
  だけど ちっちゃいから 自分(じぶん)のこと さっちゃんて呼(よ)ぶんだよ
  おかしな さっちゃん
 
2 さっちゃんはね バナナが大好(だいす)き ほんとだよ
  だけど ちっちゃいから バナナを半分(はんぶん)しか たべられないの
  かわいそうね さっちゃん
 
3 さっちゃんがね とおくへいっちゃうって ほんとかな
  だけど ちっちゃいから ぼくのことわすれて しまうだろ
  さびしいな さっちゃん  

この歌でさっちゃんはどうなったのでしょうか?
僕は今までずっと、さっちゃんは引っ越したとばかり思っていました。
でもこの歌詞に「引っ越した」なんてことは全く出てきません。

例えば、子供が大好きなバナナ。小さい子でも1本は食べるよ。
それが半分しか食べられないって、よっぽど体が弱かったのかもしれない。
でね、・・・「とおくへいっちゃうってほんとうかな」・・・。
親からは「とおくへいっちゃう」としか聞かされてないんだろうけど・・・、とか思うと、この歌ものすごく悲しくて残酷で切ない歌になってしまいます。

宮川彬良先生は後に、この作詞家に先生に「さっちゃんは引っ越したのですか?なぞです」と質問したらしく、作詞家の先生も「それは、聞く人の判断に任せたい」ということだそうです。
僕は、この「さっちゃん」の歌詞の意味を一番かわいそうなパターンで解釈したら、小学校時代にいた、病弱で学校を休みがちな薄幸の女の子を思い出して・・・その子が短命に終わったという噂はきいてないですが・・・何だか泣きそうになってしまいました。

子供向きだとはいえ、童謡は詞も曲もバカにはできませんね。
# by t_yana | 2006-02-04 23:50 | 音楽 | Comments(1)

ホテル


東横インの事件がここのところニュースとなっています。
フューザー~ライブドアに続きこの3社は、「デタラメ三兄弟」という感じだが、フューザーとライブドアのニュースがなければ、もっと大きなニュースになっていたはずで、そういう意味では東横インの社長は、ホリエモン(堀江社長)と、オジャマモン(小嶋社長)に感謝せねばならん。

でもね、東横インの事件、何だかしっくりこない部分がある。
僕は身体障害者の方に差別的に接する人間でもないし、バリアフリーと言う考え方にも賛成です。でも、ホテルならとにかく障害者用の部屋やら施設やら付けなきゃいかん、と法律でなっていたとは知りませんでした。しかし、東横インとホテル・オークラを同じ基準で縛ってみても、この2つの社会的責任は同じではないと思うのだか・・・?

電車の吊り広告で見たが、東横インでは1泊4,000円以下でも宿泊できたりするわけです。
使う客は快適さというより安さと効率を求める、ベッドで寝れりゃいいわと言う人達。
むしろカプセルホテルのようなもんでしょ?だったら、カプセルホテルにも、バリアフリーに関わる条例が適用されているのか?というとそういうわけではない。会議室もなけりゃ駐車場もない。
だから安くできる・・・ギリギリのところで回転率を上げ、コストを削って、何とか低価格を実現している・・・のかも知れないのに、そこで法律で「駐車場つけろ、会議室つけろ、障害者用施設は必ずつけろ」とか言われることで、コスト削減の余地も縮まり、値段が上がってしまうかもしれない。つまり法律のせいで、余計な値段が我々消費者に被せられるのだ。
しかし僕達は福祉のためにも税金を払っているわけで、これ以上自分が使わない施設のために否応がなしにお金を払うのは、仕組みとしてはおかしいと思う。

これを障害者を蔑(ないがし)ろにした考え方だ!と責める方もいらっしゃろう。
でも、バリアフリー施設をはじめ障害者に優しいホテルは、一般の人にとっても快適。だから低価格ホテルの中から「障害者の方も安心してご宿泊できます」という「差別化」を打ち出すホテルも出てくるはずで、そのポリシーに賛同する人は、東横インよりもちょっと高い金を払ってそういうところに宿泊すればいい。
もしくは、ホテルを建設するのも役所の許可がいるので、建設時に役所がお金を補助してバリアフリー設備を整えるとか?それを壊して建て直してたら、税金ドロボー!なの・・・ですが・・・。

今回の東横インのした悪いことは、1回作って、許可をもらったら建物を壊して作り直す・・までやってたことでしょ?親が部屋を覗いてるときだけ勉強してるフリする受験生じゃないんだから・・・。嘘やゴマカシはいけません。
でもねぇ、もし稼働率UPや低価格実現のためにしたことであるとしたら、この件は何か腑に落ちないのです。ルールは守らねばならんが、そのルールってどうよ?ということですね。

CDショップだって、どうしてタワレコ行くのか?一番安いわけではなく楽しいから行くのだ。
ミスチルのベストとかどこにでも売ってるものが欲しけりゃ便利な近所のツタヤや新星堂で買えば充分。安く買いたいならレコfanに行くし。忙しいならアマゾンで通販で買います。
必ずレコ屋には試聴機50台付けろ!とか法律で決められて、そのせいでレコfanの値段が上がるのいややもん。人生いろいろ。レコ屋もいろいろ。ホテルもいろいろでいいと思うけど。
まぁ、こういうやましいことをする会社って、他にもどこか問題があるのもんですけど。
# by t_yana | 2006-02-01 19:22 | Comments(1)

がんばれ!メレンゲ!

メレンゲのクアトロに。
開演ギリギリに飛び込む。楽屋に行き、メンバーに挨拶。「頑張ってや!」と言う。
メレンゲのライブはお客さんも、関係者も懐かしい知ってる顔がたくさんあって、やっぱり嬉しいです。もちろん演奏してる曲も、全部知ってる曲、19曲。
相変らず締まってるのかユルイのかわからな独特の雰囲気の中、最後まで辿り着く。
担当してるときは、バンドのことを客観的に見てなかったな、こうして外から見たらいろんなことがわかってきたな、と感じることがある。いいとことも悪いところも。

ライブは選曲もよかったし、演奏もよくなってた。やっぱレコーディングの数だけバンドは上手くなるものです。それに加え、やっと「自分達のバンドはこうあるべき」という「自覚」が、演奏に出てきたなと思った。
いい意味での開き直りも感じた。ライブの本数は減ってるけど、ライブに対してすごく前向きな
パフォーマンスだった。その他・・・・うーん、細かいところはもうええわ。
たぶん待ちに待ってたファンの子たちには、非常によかったライブだったはず。
それは僕にとっても同じ。とにかくすごく嬉しくなったライブでした。

本当は派手に飲みたい気分だったけど、翌日は大阪でライブだそうで打ち上げもないようなので、先に「お疲れ様」と帰る。
今日は僕の大好きなバナナホールでのライブ(4月でcloseするという噂もあるが本当でしょうか?)昨日の調子で、も1本頑張って来いや!
# by t_yana | 2006-01-31 08:52 | 音楽 | Comments(2)

今日もクアトロ。明日もクアトロ。

おおはた雄一くんという人がいて、3月8日にアルバムを出すので、見とかなきゃと思い、本日も渋谷のクアトロに。ギター上手い上手いとは聞いてたし、みんないい、いいと言うもんだから、どれほどのもんじゃい、と思い、行って見たらびっくりした。
めちゃめちゃいい。
スウィートでもビターでもハスキーでもない、ひたすら乾いた優しい歌声。
あたかも体の一部かのように自由自在にあやつる、スウィングしまくり歌いまくるギター。
そして、最高級の音楽センス。フォーク歌手のギター一本によるひとりオーケストラ。

例えば、表現方法は全く違えど、「As Falls Wichita,So Falls Wichita Falls」や「American Garage」の頃のパット・メセニーと同じ絵を見ているのかもしれない、とか思ったほど。
ギターというのは、六本の弦という「制約」の中でアンサンブルやメロディを出していく楽器なのだ。しかし、テクニックとセンスと歌心を持っている人の手によれば、その「制約」は「可能性」となり、もう実際に鳴っているのか鳴っていないのかわからないアンサンブルが限りなく聞こえてくる。しばらく私は「趣味はギターなぞちょこっと弾きます」とか言うの恥ずかしく思ったので控えることにします。
そして彼の歌心は、ギターだけでなく、歌声や、歌い方、そしてカバーの選曲、歌詞、ライブにおける曲間の長さ・・など、全てにおいて現れてます。
ええもん見ました。誰もが幸せになる瞬間。
まずはみんな、昨年の春に出た「ラグタイム」というミニ・アルバムを買うべし。
でも、CDというメディアは、彼の生の良さを半分も伝えきれない。悲しいかな。
だから、あなたの街に「おおはた雄一」が来たら、必ず行った方がいいです、ホント。
映画も芝居も音楽も、演者が「それを演じる必然性」がビンビンに伝わるものでないとダメですね。僕たちはそれに感動し、そういうものに何度も触れることで「本物」と「うそ臭いもの」を見分けれるようになってくる。

今日のおおはたくんに続き、明日このクアトロはメレンゲがワンマンやります。
何があっても大切な、僕にとっては家族みたいなバンド。
みんなの目も厳しくなってきてるけど、彼らも成長してきたぞ。
がんばりや!ええもん見せてや!
# by t_yana | 2006-01-30 00:27 | 音楽 | Comments(0)

スケベオヤジ

昨晩は男4人・女の子1人で和民に行き、和民焼酎5本を完飲。
女の子の身の上話などを酒の肴にすると、酒が進む進む。身の上話をきくごとに好きになってしまい、告白しまくり玉砕。オヤヂですな。
最近は激しく酔うとぐっすり眠れず何度も起きてしまう。で、ひどい二日酔いと睡眠不足のまま休日出勤。
仕事で関わっていた『最終兵器彼女』という映画が今日公開なので、初日に関係者が集まるところに表敬訪問。この映画の主題歌を歌っているバンドを少し前まで担当しており、バンド関係者の人たちもチラホラ。ごぶさたです、とか挨拶などする。
その後遅い昼食を食べに行ったのだが、二日酔いの辛さがちょっと薄らいだあたりから、猛烈に腹が減ってきて、やたらに脂っこいものが欲しくなるのです。・・・でスパゲティを大盛りで食す。

その後、休日にせっかく渋谷に出たので、久々に楽器屋さんに行き、5本立てれるギタースタンドがどうしても欲しくなってしまう。高いものではないのですが、家にそんなもん置けるスペースがあるのか?を考えると、なかなか買えるものではない。結局今回も買うのをあきらめる。
その代わり、カスタムショップのストラトとテレキャスを3本ほど試奏。最近全然ギター弾いてなかったので、ちゃんと弾けませんでした。情けない・・・。帰ってちょっと練習しました。

で、家に帰って今日の朝日新聞を読むと、週末の別冊になぜか「私をスキーに連れてって」の特集が書かれてて、あの頃はよかった的な記事を読んでニヤニヤ。この映画、ビデオに録画してもう何十回見たか。この映画の原田知世ちゃんには永遠に萌え続けることでしょう。学生だった当時、こんな生活なら社会人も悪くはないな、とか思ったものです。アホでしょ?
でも、その新聞記事に、映画で主人公たちの溜り場になってた「ゼファーイン」というBARは、代々木にあったが、今はもう他の店になってる・・・とか書いてあるのを読んで、なんだかかなり胸がキュンとなりました。

時代はみんな浮き足立ってる時代。何の不自由もなく、何の義務も責任も感じず、ただひたすら遊ぶことしか考えなくて、とびきり楽しかった青春時代。
その頃の自分は、将来今の年齢になることなんて全然信じてなかったし興味もなく、そもそもその頃40歳近いオッサンって軽蔑してた。でも、もう昔のまま昔が残ってるわけではないのだ。
懐かしむ場所もこれからどんどん減っていくのか・・・とか思うと、なかなか切ないもんです。

安い居酒屋で深夜まで吐く一歩手前まで焼酎痛飲して、女の子口説いてフラれて、昼頃から仕事だか何だかわからない用事で渋谷をブラブラして、楽器屋で試奏する40歳手前のオッサン・・・あの頃「私をスキーに連れてって」を見てた自分は、まさかこんなエエ加減なオッサンになるとは夢にも思わなかったはず。エエ情けない・・・。
あんまり中身は成長してませんが、でももう飲むと二日酔いする体になりました。

朝、家にいるときに奥さんに「いやー、二日酔い。昨晩は酒の勢いで女の子口説いてたようですわ」とか言うと、10歳の上の娘に「スケベ親父だね」と言われる。
やっと実年齢を実感した瞬間です。
(でもまだ一緒にお風呂入ってくれたので、そんなスケベ親父も許してもらえた、ということかな。)
# by t_yana | 2006-01-29 01:45 | Comments(3)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧