平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

質屋とハードオフ

楽器屋巡りは楽しいが、楽器屋でないのに楽器を置いている店を巡るのもなかなか楽しい。
先日出張に行った先で昼間に時間があったので、いろんなところをブラブラ歩いた。新星堂とかは、キレイに丁寧にいい機材が揃っていて、欲しいものがたくさんあったが、まぁそれはそれとして、東京の店と変わるものではない。
出張の目的は、担当のバンドのライブの立ち会い。そのライブハウスは地下1階にあり、そのビルの1階はESPショップだった。いいギターがたくさんあった。何とアルフィー高見沢氏のエンジェル・ギターの廉価版が8万円で売ってた。億万長者になって、税金対策が必要になれば、8万なら是非欲しいと思う。まぁそれはそれとして、都心のESPショップと変わるものでもない。都心よりも若干安かったが。

一番面白かったのが、興味本位で行った質屋にあった5本のギターだ。
一本はヤマキというブランドのストラト、推定1980年くらいのモデル。¥12,000。ヤマキはアコスティック・ギターなどでは名の知れたブランドだったが、1980年当時はエレキも出していた。ちゃんとアコギを作るメーカーなので、エレキも物はよかったと記憶している。ならば25年を経た今、オールドの響きが出せるかも?試奏こそしないが、会社からの仮払金があったので一瞬買おうか?と思ったほどだ。もう1本はフェルナンデスのBCリッチのコピー・モデル「イーグル」。実を言うと、かなりほしい。今のではなく、昔のやつをオリジナルでもコピーでもほしい。昔のヤツはわけのわからんスイッチがたくさん付いていてそれがカッコイイのです。昔、スペクトラムというバンドが、グルグル腰のあたりで回していたギターだ!
もう1本はエピフォンのレスポール・ジュニア。これはここ4~5年のギターだろうが、¥8,000だった。キャバクラ1回行く金額で買えるんだから欲しくなる。ネーチャンとくだらん話するのもいいが、そんなんで1万円払うくらいなら、ギター好きと和民で一回2千円で飲んで1万円出してそのお釣りでこのギター買うよ。・・・まぁキャバクラも滅多に行かないけど。
あとの2本のギターはボロボロのアコギでした。

楽器がバカみたいに安いということは、ただただそれだけで面白いし欲しくなる。
質屋とともに面白いのが、HARD OFF。家の近くにHARD OFFがあって、そこは楽器が非常に安い。私が今、家で使ってるギターアンプとエフェクター・ボードはHARD OFFで中古で買いました。マジで安すぎるもん。
でも何で安いのかっていうと、買取の値段がアホみたいに安いのです。昨年の夏に金に困ってギターを売ろうと思い、HARD OFFに楽器を3本持ち込みました。1本はエピフォンのレスポール・ジュニア。偶然にも仙台で見たものと同じですが、買取価格2000円くらいだったと思う。もう一本が昔のKヤイリのアコギでこれなんかは1000円くらいでした。もう1本はアイバニーズのセミアコで、これは1万円。よくよく考えて、レスポール・ジュニアとアコギだけ売りました。
でも、今から考えるとちょっと後悔してる。楽器は売るもんじゃなく買うものだ、と。信頼できる人に譲ってあげたりするのはいいが、こういう店に売ってはいかん。ギターを好きになるということは、ただただ家の中でギターが増えつづけることに耐えなければいけないのだ。場所に困れば実家に置きっぱなしにするのが基本だ。とにかく手放してはいけない。
質屋やハードオフは、実は楽器好きにとっては「買う」にはいいところなのですが、どうしても売るならちゃんとした楽器屋さんかヤフオクなどで売るほうがいいです。愛情と値段は比例するものなのですよね。


# by t_yana | 2005-03-16 13:08 | 音楽 | Comments(0)

今と昔のギター事情

とあるパーティーに出席しました。
とある芸能事務所さんのパーティーで、普段街で見かけないようなキレイなモデルさんたちが、わんさかひとつの部屋にいて、非日常というか、要するに舞い上がってしまいました。で、そこ出会ったのは、モデルさんたちだけでなく、ギターメーカーの偉い人とも知り合い、いろいろ話ができました。

僕の担当してるバンドにもギターとか提供して下さい・・・とか謙虚にお願いなどしつつ、どんなギターをどんなバンドに提供してるのですか?とか訊くと、ビジュアル系バンドに提供してて、それと同じギターは、店頭でも「●●モデル」として良く売れているそうです。
また、一説によると、アルフィーの高見沢さんのエンジェル・ギターは何百万もするのに、ギター弾けないファンの女の子で買う人がいるらしく、ケースに入れて部屋に飾ってるんだとか・・・。「アル中(アルフィー中毒)」恐るべし。

歴史的に見ても、ギターの売上のピークは、僕たちが少年時代の頃だったらしく、あの頃はクラスの男の1/3くらいはギター持ってた。今は子供の数も減ってるし、ギター自体の人気も落ちているいるらしい。つまり大量に販売できないので、今は効率よく商売することが求められる。だから、安いギターよりも高いギターを売るのだ。今の子はお金持ってるしね・・・との事。

それにしても、技術革新により、最近の安いギターでもよくできてる。
昔なんて、安いエレキギターはひどかったもん。
まぁトーカイやフェルナンデスのロゴはフェンダーに似てたし、グレコだってギブソンに似ていたが、このあたりになるとまともなギター作ってた。

しかし、名前のランクが落ちるごとにギターの内容もひどくなってたのが当時の掟。ギブソンのコピーモデル「ギャンソン」、フェンダーのコピーモデル「フレッシャー」「ファウンダー」。雑誌広告で、カーリーヘアーの兄ちゃんが赤い「YMCA」のTシャツ着て上向いてムスタング弾いてた「トムソン」(アンプ&マイナス・ワン・テープ付きで¥19800)・・・。

店で弾いてブっとんだのが、ウェストミンスターというメーカーのレスポールを弾いた時だ。何だか箱鳴りするなぁ、と思って、ボディの表面叩いたら「ポコポコ」言う。木が詰まってなかった。おい、セミアコか?と思って裏側叩いたら木が詰まってた。つまりギターの裏面は木だが、あのレスポールのアーチド・トップを、メープル削り出しではなく、曲線に加工した薄い板を貼り付けただけで作っていたのだ。それに、シングル並みに出力の低いハムバッキング(ハムバッキングなのにノイズが出る)を搭載し、独特のパフパフな音を出していた。・・・これはもはや「コピーモデル」ではない。
たぶんジミーペイジが弾いたら、怒るどころか、珍しがって買ったかも知れない。

他にも、セットネックではなく、デタッチャブル(ストラトのようにネジでネックとボディをつけている)のレスポールなんて普通にあったし、「虎目」が流行ったときなどは、¥39800で虎目のレスポールが出てたので、「なぬ?」とか思ってみてみたら、「完全虎目ペインティング!絶対見破れない!本物の虎目にしか見えない!」とか書いてた。そんなこと「売り」にするなよ・・・。

というわけで、しばらく更新してませんでしたが、これからは時々、~あの当時のギター事情~を記憶の続く限り書いていこうと思います。70~80年代のA級、B級、C級ギター。
今でこそ、何十万もするギターを買える身分になった私ですが、こんな私を育てたのは数々のB級C級のギター。思い出して数えてみたら13本ほど所有しましたが、まともなギターは半分くらいか?記憶がなくならないうちに、そういうことも文章にして、盛り上がる人たちだけで盛り上がろうと思ってます。


# by t_yana | 2005-03-11 12:57 | 音楽 | Comments(0)

不思議な体験

先週金曜日のこと。
久々に早く仕事が終わったので、渋谷で早々に飲んでる同僚に合流。九州料理の店で旨いものと焼酎を食らう。で、満足したところで、その中の4人と、ショットバーで更に深酒に及ぶ。
その店で、不思議な女性と出遭ったのだ。
店に入って、男4人集団の我々の前に現れた、推定45歳、魔女系、髪にツヤなし、でも着てるものとかは若く、昔はキレイだったんだろうなぁ、と思わせる人。
僕らの前に立ちはだかるやいなや「はーい、脱いでいいですか?」ときた。いきなりだが、断わる理由もないので、「あ、どうぞどうぞ」と了承したところで、その魔女のお連れさんが「すいません」と謝りながら自分達の方に引っ張っていった。
しかし、ことあるごとに魔女は僕らの方にやってきて、「私、霊感強いの」と言いながら、手を握って占いを始めた。僕たちの仕事は何か?とか訊かないうちに、最初の男に「あんた、2年はおとなしくしときなさい」・・・へぇ、そんなもんなんだ・・と一同深く頷く。
2目の男に「あんた、ネズミ男みたいな顔してるけど、上に行く見込みあり。2週間以内に何か企画書書きなさい」・・・”ネズミ男みたいな顔してる”・・・確かにそうだ!これですっかり魔女を信用してしまう一同。そして3人目の男に「あんたはパワーが溢れてる」・・・そいつは普段物静かな男なのだが、仕事に秘めた情熱を感じるヤツだけに、「この魔女、やはり結構わかってる」と虜になってしまう。最後に僕の手を握り、「あんた・・・今年は一気に行きなさい!」とか抽象的なアドバイスをされる。男女関係の攻め方を言われているのではないだろう。仕事に関しては、最近ちょっとユルんでいただけに、「わかりました!」と返事してしまいそうだった。
帰りの電車の時間もあったので、仕方なく帰ったのだが、何か名残惜しかった。別に魔女が脱ぐ姿を見たかったわけではない。占いなど生まれて信じたこともなかったが、「そういうのもあるものなのか?」と思った瞬間でありました。一度くらいちゃんとした占い師に見てもらうのもありなのでしょうかね?
# by t_yana | 2005-03-07 19:46 | 生活 | Comments(0)

びっくり

娘は可愛い。本当に可愛い。
極端なパパッ子に育てたので、尚更可愛い。

特に上の娘は、音楽もたくさん聴いてる。
好みもハッキリしていて、例えばビートルズは青盤よりも赤盤の方が好きみたい。僕は青盤が好きなのですが・・・。小学生ながら、親とは違う好みと性格と人格を持ってるんだなぁ、と感じることが多く、子供というより結構友達感覚で付き合ってます。
一方で、「子供をいろんな悪いことから守るのは親の義務」であり、「タイガースは正義。ジャイアンツは悪」「ジャイアンツ・ファンとは付き合うべからず」「読売新聞は読むべからず。デイリースポーツこそ『聖書』」」・・・と、東京では一般t的でない教えを説いております。

また、普段から僕がキライな楽曲やアーティストからは遠ざけ、僕の好みの音楽を主に聞かせており、大きくなったらちゃんと僕の好みの音楽について、深く話し合える素養と知識を今から植え付けてるわけです。
そう、2010年には1970年代ロックやAORやR&Bやフュージョンやジャズに詳しい美少女・女子高生になるよう育てるのだ。「やっぱりガッドのドラムは『STEPSの”smikin' in the pit”が一番いいわねぇ』とか言う女子高生って、同級生と話合わないやろなぁ・・・とか思いつつ。

で、昨日家のすぐ近くで殺人事件がありました。犯人逃走中とのことで、学校から児童に説明があり、集団下校の通達があったようです。
普段は明るい長女ですが、相当恐かったようで、家に帰ってからも母親の横から離れようとせず、ずっと半径50cmにいたそうです。
9・11のニューヨーク・テロの時も、テレビでビルに突っ込む飛行機の映像を見て、相当ショックだったらしく、しばらく「恐い、恐い」と言ってました。今でも高いビルはあまり好きじゃないみたい。
事件は深夜に犯人が捕まったようですが、いつもは早く寝るのに、そのニュースがあるまでではなぜかずっと起きてました。恐くて眠れなかったようです。
こういうことに、子供は敏感ですね。
トラウマにならないよう願いたいです。

音楽においても「こんなの聴けばパパに怒られる・・・」・・・と、トラウマはしっかり植え付けられてたりして・・・。それはそれで問題かもと、ちょっと反省してます。
ええねんで、好きな音楽を訊いて。
ただ、すぐ「感謝」とか歌詞で歌いたがるようなしょーもない歌以外は・・・。


# by t_yana | 2005-03-04 12:58 | ファミリー | Comments(0)

居酒屋いろいろ

少し前の日記で、「和民」一本槍だった私が、最近「笑笑」に行ってる、ということを書いた。
「笑笑」に浮気してるわけではない。日本を代表する2大居酒屋コンツェルン、「ワタミフードサービス」グループと「モンテローザ」グループの綿密な比較調査をし、結果をもって安心して一番いい店で飲みたい!ということなのだが、個人的所見では、素晴らしい従業員教育と、同じ値段で質が高い分だけ、ワタミフードサービスに軍配が上がろう。
和民で、650円の焼酎を飲みきれなかったときにキープするのだが、その際、名前と誕生日を記入するのだが、あまりにしょっちゅうキープするため、外苑前の和民の店員さんは、一時もう僕の名前と誕生日を覚えてくれていたほど。誕生日を覚えてくれているのなんて、家族と和民の店員さんくらいのもんだ。本音を言うと、「ワタミフードサービス」の株を買って、一株主として、株主優待チケットでさらに安く飲みたいと思うほどだ。
がしかし、このブログを読んだ某関係者が、「和民ごときで騒ぐんじゃない。もっと安いところあり!」との情報を流してくれた。居酒屋一休というチェーンで、ここの会員になると、もともと和民レベルの値段からさらに
●9,19,29日は、食べ物とドリンクが半額、
●月曜は食べ物30%オフ、ドリンクは半額
●火水木日は食べ物30%オフ
●金土は食べ物20%オフ
●毎日、17時~19時と23時からラストまでドリンク半額
という超大盤振る舞い!これはすごいぞ!ただし、仕事や通勤に関係する場所に店がないのが残念。でも、新宿に店があるので、調査もかねて「本当に安いのか?」「旨いのか?」を確かめに遠征に行こうと思っております。http://www.izakaya-ikkyu.com
みなさんも周りでベラボウに安くて旨い居酒屋があれば教えて下さい。ちなみに、「やる気茶屋」は外苑前にあるので行ったことがありますが、ダメですね。ここなら和民の方がいい、という結論が出て、ますます和民に行くようになりました。何だかどんどん自分で選択肢を狭めてるなぁ。
# by t_yana | 2005-03-03 20:55 | ワタミ | Comments(0)

冨田ラボ

会社の隣の女性デスクがあまりにも冨田ラボの新曲ばかり聞くから、気になって真剣に聞いてみた。そしてぶっ飛んだ。こんなすごいことやってる人が日本にいたんだ。
冨田ラボとは、プロデューサーの冨田恵一さんのソロ・プロジェクト。キリンジのアルバムでもプロデュースしてたので、彼の作る音は聞いたことはありましたが、ソロ・プロジェクトまでは聞きませんでした。今になって反省しております。
今回のシングルは、ボーカルにSOULHEAD、作詞に吉田美奈子さんを迎え、作曲・アレンジはもちろん冨田恵一さん。この土日で50回は聴きました。みなさんもシングル買ったほうがいい。
AOR以上にAOR、それに加え日本人の一番好きな形態のファンクのエッセンスをミックスさせてる。早速ギターでコードを獲って分析してみましたが、その緻密な作曲とアレンジにため息が出ました。過去のかっこいい音楽すべておいしいとこ獲り!しかもそれを彼のオリジナリティでもっとカッコイイ形にしてます。もう、我慢できないくらいにね。で、吉田美奈子さんの歌詞もめちゃくちゃカッコイイのよ。いまさら僕が言うのも何だが彼女も天才だわ。
ボーカルのSOULHEADって、今まで気合入れて聴いたことなかったですが、姉妹2人ともすごく対照的な「花」がありますね。今度アルバムちゃんと聞きます。とにかくやられました。やられたって言っても、別に張り合ってるわけじゃないので、素直に聴かせていただきました、と言ったほうがいいですね。
で、少し前に出た「Shipbuilding」というアルバムも買って聞きました。これも基本的には作曲とアレンジが冨田さんで、作詞と歌がゲスト・・・という曲をコンパイルした作品。
いきなりユーミンのボーカルの曲から始まります。ユーミン狂を自称する私が言うのも何だが、この曲、ユーミン以上にユーミンじゃないの?アレンジもメロディーも。ユーミンも調子にのって、ここ最近ではみられない、90年代初頭の最もユーミンが勢いのあった時代の感じで歌詞を書いている。参りました。他にもハナレグミ、畠山美由紀さんをフィーチャーした曲など、秀作ばかり。久々に大人の鑑賞に堪えうる、素晴らしい作品です。大人のみなさん、買って聞きましょう。こりゃ充分すごいです。
ちなみに、MISIAの「エブリシング」の作曲・アレンジも彼のお仕事。ありゃ良い曲です。僕はカラオケで歌いましたよ、オリジナル・キーで。(自慢)

お金出してCD買うのは、3ヶ月に一回。そういう人がほとんどだと思いますが、ならばこのCDは買いましょう。うちの会社からの発売じゃないけど。いい音楽に巡り会えるなんて、年にそう何回もないことです。付け加えて、洋楽ではジャック・ジョンソンの新譜がオススメです。
# by t_yana | 2005-03-01 01:27 | 音楽 | Comments(0)

携帯

「音楽とギターだけじゃない」というタイトルなので、全然違う話をば。

人よりも少し遅れて、僕は1996年から携帯電話を使い出した。それ以来1度も電話番号を変えていなかった。「いなかった」というのは、遂に変わったのだ。
ずっとTU-KAだった。今となっては弱小だが、1996年当時はTU-KAも珍しいわけではなく、docomoと充分はりあえる存在だったのだが、もうひとつのライバル同士の合併により「au」という大きい会社が出来てからは、すっかり"docomo vs au"という図式が出来あがってしまい、TU-KAはどんどんマイナーな存在になった。しかし、何と言うか・・・滅多にいないTU-KAを使っている人と仕事や飲み会で一緒になると、それだけで意気投合するという妙な仲間意識もあった。まるで、負けつづけ、勝つ見込みもないときに、「運命」と受け入れ応援しつづける阪神ファンが如く。

で、今使ってる機種は2年くらい使っていて、1000件の電話帳メモリーと10万画素のカメラ(今ではありえないほどの低解像度)が付いた、ごく普通の2年前の携帯だったが、昨年の夏あたりから、酷使したためか表面が割れはじめ、受信も発信も電波が弱くなってしまい、仕事にも支障が出始めた。出張先の岡山のメインストリートの真ん中で「圏外」と画面に出たときは「頼むよ、TU-KA・・・」と、めまいがしたほどだ!
で、そろそろ買い換えなのか・・・とあきらめてTU-KAショップに行った。驚いたのは、2年経った今でもまだ自分の使ってる機種は、TU-KAでは高性能機種に属する機種だったのだ。新製品出せよ、おい。年寄り向けばっかり作ってないでな・・・。で、ちょっとぜいたく言って、30万画素くらいでいいのでちょっと良いカメラ付いた機種ってありますか?(ぜいたくでもないな?)とか訊くと、「はい、それなら機種変更で15,000円です」と言われた。・・・ちょっと待て。なんでそんな前近代的なモデルを15,000円も出して、買い換えなければいかんねん! だったら解約だ!と思うも、2年契約の料金プランだったので、途中解約は9900円も違約金を払わねばならん。
つまりどちらにしても金は払わねばならん・・という状態。
でも今や高性能携帯が新規なら1円で買える時代だ。僕は胸を張って違約金9,900円+新規機種代1円で、docomoのFOMAに乗り換えた。だってその方が安いし、いろいろできそうだし、楽しそうだもん。

今回思ったのは、TU-KAのみならず、ほとんどの携帯会社は、新規の人はベラボウに安い値段設定してるけど、機種変更の人にはすごい値段をふっかけてる。この差額は何なのだ!
そもそもどちらが大事な顧客か考えんかい!今まで金を払ってきた客やぞ!「いちげんさん」と「お得意さん」で、ここまで「お得意さん」が低く扱われるのも珍しいだろ。
だいたい携帯の会社を変えたくなる時って、機種変更するときでしょ?その時に他が劇的に安ければ他に変えようと思うよ。もっと機種変更の値段を落とした方が、逆に離れていく人は少ないと思うのですが・・・。TU-KAよ、あんたこのままじゃマズイよ。もっと機種変安くしてよ。そうすりゃ、docomoなんて使わず、まだTU-KAでいたよ、俺は。阪神ファンなんだから負けには慣れてるから。今、自分が阪神を裏切って巨人応援してるような気がして、居心地が悪いのだ。

で、今メモリーに入っている500件の電話番号&メールアドレスは、全く新しい携帯に移せないらしく、一件一件全部手で入れてます。今やっと「か行」が終わったところ。でもいちいち操作の数が多い。TU-KAの方が、ボタン押す回数は絶対少ないね。まぁ、こんなことが気になるようでは、やっぱり「シンプルな携帯」がお似合いな人間なのでしょうか・・。
# by t_yana | 2005-02-27 18:44 | 生活 | Comments(1)

優しい時間

僕はどうやら自分の女性の好みがハッキリしてきたことがわかった。性格やスタイルはあまりこだわりがなく、とにかく「顔」至上主義なのだ。しかもどんな顔が好みなのかというと、タイプが2つあって、
①小動物系の顔をした人・・・・そしてもう一つが
②幸が薄そうな人
芸能人でいうと、あまり小動物系の顔はいないが、幸が薄そうな顔・・というと、今までいいなぁと思ったのは、井川遥、ボニーピンク、森口瑶子、原田知世・・・。他にも、スキャンダルで叩かれてる最中の広末涼子は、何だか不幸っぽくて、デビューしたての若い時より数段よかったし、怪しげな宗教団体の教祖と結婚するだのどうのと話題になっている最中の若村麻由美とかも大好きだった。(ここまでくれば、「幸薄そうな顔の人」が好きなのか「不幸な人」が好きなのか?がわからんようになってくる・・・)
で、最近いいなぁと思うのは、平原綾香さん。こんな基準で「いいなぁ」とか言われても、全く褒められたものではないが、とにかく良い!歌ってる曲も良いし、歌が上手い。

日本は自分で詞や曲を書かないと「アーティスト」とは思われない・・・という、おかしな価値観が芸能の世界にあるが、海外を見れば、クラプトンをはじめ、別に積極的に曲を書かないのに「歌がうまい」「ギターうまい」というだけで、その上手さのレベルが凄ければ「アーティスト」として認知される。それでいいと思うのだが。
平原綾香さんの新曲「明日」は今、倉本聰さん作のドラマ「優しい時間」の主題歌になっており、これが良い曲なのだ。でも前に売れた「ジュピター」も「明日」も自分で作った曲ではない。
でも非常に情緒のある繊細な歌い方には充分感動するし、その歌の表現力たるやアーティストと言っていいと思う。それで顔が少し幸薄そうなんだから、僕的には言うことなしだ!

で、ドラマ「優しい時間」を見て毎回泣いている私としては、毎週長澤まさみちゃんに萌えまくっており、今日、奥さんが「髪の毛切りに行く」と言ったので、「ならば長澤まさみちゃんみたいな髪型してくれ」と言ったら、「絶対いや」とピシャリと拒否された。劇中の大竹しのぶさんも凄く良い!考えて見れば大竹しのぶさんも幸が薄そうな顔だと言える。ならば、と「じゃぁ大竹しのぶみたいな髪型してくれ」と言うと、「あんたアホちゃう?」と一蹴されてしまった。まぁ確かにアホなのですが・・・。そんなに冷たくいわなくても・・・。
そういえばうちの奥さん、結婚してどんどん幸が薄い顔になってきたなぁ・・・。それが仲のいい原因だったりして・・。
# by t_yana | 2005-02-25 23:24 | ニュース | Comments(0)

男はアホです

空前の韓流ブームで、うちの奥さんも友達とともに、韓国もののビデオ借りて見てる。
奥さんの友達は、空港までよく韓国の俳優見に言ってるようです。好きでやっているわけなので、文句を言うこともないが、見てくれや言動全て、20年くらい前の日本のアイドルに似てるなぁと思う。

誤解してほしくないのは、これは韓国が20年遅れているというのではない。つまり日本のアイドル文化が、進む必要のない20年前から、20年分変な方向に行ってしまって今に至る、という言い方もできる。女の子のアイドルも20年前は可愛かった。たぶん今でもモテそうにない童貞臭い中高校生くらいの男の子たちは、今のアイドルよりも20年前のアイドルのルックス、言動に萌えるはずだ。
また、当時女の子だって、松田聖子の歌とユーミンで情操教育や恋愛を学んだのだ。
前髪1ミリ切りすぎた午後、あなたに逢うのがちょっぴり恐い・・・
なぜ、知り合った日から半年過ぎても、あなたって手も握らない・・・
今年も最初に会う人が あなたであるように・・・
なんと切ない歌たちなのだ。

僕は、松田聖子やユーミンのアルバムを聞くたびに、松原正樹さんというスタジオ・ミュージシャンがスタジオミュージシャンとしてアルバム・クレジットされているのを見て、「スタジオ・ミュージシャン」という職業を意識し、その後は「誰のアルバムか?」というより、「誰が弾いているのか?」ということばかりを見て音楽を聴く時期があって、その影響で音楽業界で働いているといっても過言ではない。当時の音楽は、アイドルでも何でも、今のような機械が演奏するようなものではなく、人間の手がこんでいて聞き応えもあった。

話が戻って、韓国だが、奥さんたちが韓国俳優に憧れるように、男だって韓国女優はキレイだと思ってる。何だか今日のニュースで、イ・ウンジュさんが自殺したというニュースがあった。
見れば、めちゃキレイな人ではないか。
男はアホなので、こういうニュースを聞くと、不謹慎ながら「自殺するなら死ぬ前に一回でいいから俺と付き合って欲しかったよなぁ・・・」とか言う。多分、男の90%はそんなことを考えてたり、友達との会話にしてるはずだ。今日その話を会社の女の子にしたら、思いっきり「サイテー!」と言われてしまった。でも男ならみんな世間話でこんなこと話したことあるでしょ??
# by t_yana | 2005-02-23 18:44 | ニュース | Comments(0)

飲みました

知りあいの音楽ライターの方とこの前飲みました。その人とは忘年会するはずが新年会になり、それが延期して、ようやくこの前飲めたのです。
ロックとギターと阪神をよくなく愛するという、僕とよく似た嗜好を持つ人で、かつ使っている携帯がTU-KA(RHマイナスAB型の血液型の人よりも珍しいぞ!)ということまで僕と一緒とくれば、そりゃ話も合いましょう。

会社が引っ越す前までは、相手が誰でも「和民」一本槍だった私。ビールなど頼まず、最初から「和民焼酎(700ml、650円)」を飲み、料理は1人2品程度、だいたい2時間で2人で1本飲む頃には酔っ払って、支払いは1人1500円。よく飲む仲間では「1500円」を「1和民」という単位というか通貨のようにみなし、「昨日は結構食って飲んだので1.5和民(2250円)」とか、「昨日行った店は高かったぁ、3和民(4500円)もしたよ」とか言ってた。
しかし、会社が青山一丁目に引越し、どうしても和民が遠いので、近くの笑笑に行くことが多い。この二つは、比較すると、料理の質・量ともに和民が勝っている。値段はどっこいどっこい。「笑笑焼酎」も700円前後なので、料理の量さえ我慢すれば、笑笑でも1和民で飲むことができる。

さて、この日は最初にビールで乾杯したので、その分高くなった。メールではやりとりしてるが、会って飲みに行くのも久々なので、奮発してたくさん料理を頼んだので、その分高くなった。調子に乗って、「笑笑焼酎」を1人1本飲み尽くしたので、その分も高くなった。しかし、19時30分から夜の2時まで6時間半もひたすら喋りながら飲んで、一人2500円。。「笑笑」、えらいぞ!
しかしこういう飲み方って、オヤジ臭くて若い女の子に嫌われる飲み方なんだろうなぁ、とつくづく思う。また、「んなの関係ないぜ。オヤジはオヤジの飲み方があるんだ」と割り切ることで、ますますオヤジ臭くなるのだ。開き直りだが、こういう飲み方が嫌いな女の子とは付き合わないことにしている。(たぶんそんな機会もないだろうが)

実際、飲み屋の席で、買ったばかりなのにボロボロのギターを出してきて弾くし、他の人が聞いてもわけのわからんロックの話するし、なぜかそこから阪神タイガースの話やら家の話に結びつくし、20分おきにトイレには立つし・・・・実際こいつらどういう集団やねん?と思われてたかも知れない。でも、ロックとタイガースと家庭は全部深いところでつながっているのだ。それがわかる彼と飲めるのは嬉しい!
次の日は朝から新幹線で大阪に行ったが、二日酔いで、新幹線の揺れが気持ち悪かった。
しかしながら、何も格好つけずに好き勝手に飲めて喋れる機会は大事。どれだけ睡眠不足になっても、ものすごく体が楽になる。好きな仕事やっててもストレスはたまるものです。
# by t_yana | 2005-02-21 13:19 | ワタミ | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧