平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新のコメント

このブログを書いて5年ほ..
by t_yana at 16:15
そこまで言う?というか角..
by 名無し at 15:38
分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ランチタイム

昼メシに何を食うか?は、案外迷うもの。
しかし毎日同じ事で迷うのもオトナとして情けない。
思いつくまま・何も考えないで行き先を選んでいると、案外特定の店に固まってしまうものです。

ということで、ランチ月間予定表を組んでおります。

ご賛同の方、お昼にお会いしましょう。
c0051760_0235098.jpg



by t_yana | 2016-11-28 23:21 | お仕事 | Comments(0)

澤田かおりさんのライブ

澤田かおりさんのライブにご招待いただいたので、水曜日の夜は渋谷のマウントレーニャへ。
彼女はMISIAのバックでコーラスをしていたりしましたが、本職は何とバークレー卒業のシンガーソングライター。
ピアノも上手けりゃ歌も完璧に上手い。
おまけに書く曲がとにかく素晴らしい。
ということで、機会があれば是非見たいと思っておりました。

バンドセットでのライブでしたが、バンドもめちゃめちゃ上手くてよかったのですが、ピアノの弾き語りに震えてしまいました。
c0051760_9492960.jpg

c0051760_9521759.jpg

真っ当な音楽をここまでハイレベルでやってくれる女性ボーカルを聴いたのは久しぶりで、まだこんな人いてくれたんだ…と嬉しくなり、ますますめちゃくちゃファンになってしまいました。

んで、昨日はスタッフの方と和民に。
東京は11月なのに積雪。
寒かったので和民焼酎のお湯割りと鍋をつつきながら、いかに澤田かおりさんが素晴らしかったか!を力説してしまいましたが、考えてみればスタッフの方はそんな事わかってるっちゅうねん。
ワシまだ青いのう・・・(涙)

ニューアルバムも発売されました。

amazon.co.jpへ
( ↑ クリックでamazon.co.jpの作品ページへ)


インストアイベントなども積極的にやられております。

彼女の情報はこちら → 澤田かおりHP

是非、聴いてみてくださいませ。
絶対いいと思いますよ。


by t_yana | 2016-11-27 23:01 | 音楽 | Comments(0)

ナイルレストラン

カレーは別腹。
カレーは飲み物。
カレーは身体の一部。
いつ何時でも、うまいカレーならいくらでも食べます。

で、銀座のナイルレストランにランチでお邪魔。
日本で初めてお目見えした本格的カレーのお店で、店員さんが初代からインド人の方。
初めて行きました。

中辛なのに時間が経つとじわじわあったかくなり、香草のような後味がほんのり残る不思議な感覚が心地よいものでした。
1500円と高めでしたがその価値あり。

噂では、インド人のgp主人は、一度来たお客さんの顔とどこに座ってたかも覚えてる・・・というは話もありますが、さすが掛け算の九九を「99×99」まで教える国ではある。
恐るべし。

なんでインドなのにナイル?とか、いろいろ疑問もありますが、あまりに美味しかったのでまた行きます。
c0051760_22413151.jpg

c0051760_22384416.jpg




by t_yana | 2016-11-21 22:31 | 生活 | Comments(0)

ワインの匂い

ワインの味の違いはある程度ならわかります。
しかしこれがいいワインでこれがよくないワイン・・・と言うのがさっぱりわからん。
なので、この時期話題になるボジョレーを能動的に摂取しようと思ったことはなく、たまたま飲んでもこれが特別に美味しい・・・と思えず、だったら安いワインで充分!と、飲むとしたらこの時期でも一番安いハウスワインを頼むのです。
ただし、ワインについて詳しいと、特定の場で一定の尊敬の念を持たれる…など損はしないことは感じており、その文化も否定しません。
言うなればゴルフが上手い・・・とか、フランス語が喋れる・・・とか、そう言うのと同じだろうと。
そう考えると、ゴルフのレッスンプロと、ソムリエと、フランス語の先生は、等しく尊敬される存在であるべきですが、その中でもソムリエが一番世間からイケてそうに思われてるような気がして、何か釈然としない。
別にソムリエの方に何を思うわけでもないのですが。

ちなみに焼酎、日本酒、ウイスキーの類いは…酔っ払う前なら、美味しい・美味しくないは割とわかりますが、これは多分学生の頃に積極的にいろんな銘柄を飲んでいたからだろう・・・と思います。

そもそも自分が学生の頃には、ワインを飲むなんてことはありませんでした。
しかし一時、イケてる人やそれをめざす人が、こぞって盛んにワインを飲み始めた時期があり、すっかりその時期に取り残されました。「ワインの会」とかやったりする世間に、「わぁイヤな集まりやわ・・・ちょっと前までそんなん飲んでなかったやん?」・・・と思いつつ。
酔っ払うと何でも一緒やろ?とか。
やはり多感な時期に物事は経験しなけりゃわかりません。

昨年の入院以来、酒の量が激減しており、そうなると飲むと結構酔っぱらうようになりました。
たまに飲むときはゆっくり味わって飲むようにしております。

この時期くらいはワインを飲むべきか・・・。
たまにしか飲まないだけに、どうでもいいことに悩むわけです。



by t_yana | 2016-11-18 23:17 | 生活 | Comments(0)

3時間おきに目が覚める

ここのところずっと眠りに障害があります。
もう何年も連続して4時間くらいしか眠れず必ず起きてしまうのが、最近は2〜3時間になって、一晩で2回くらい目がさめる。
当然昼間はずっと非常に眠い。
んで、目が覚めてyoutube見たりFBなどやってしまううちに朝が来たりするんだからツラいなぁ・・・。
「睡眠外来」とか病院を探しても、何かめっちゃ値段が高いので、行くのを躊躇してしまいます。

こりゃ明日も仕事中は眠いわ。


by t_yana | 2016-11-17 22:12 | 生活 | Comments(0)

クラシック・ロック・アワード

ライブを見て、「来てよかった!」と思うのはアーティストの存在やパフォーマンスが良かった・・・ってのは当たり前なのですが、その裏でいろんなハプニングやトラブル、アーティストの気まぐれやわがままが、お客さんの前に出て行かないように、万全の準備と血とゲが出そうな丁寧な交渉や現場での対応をギリギリまでやって解決しているプロのイベンターさんの存在も大きいのです。

クラシック・ロック・アワード」の件、「ジミー・ペイジとジェフベックの共演」とまで大々的に謳っておいてジミーは弾かず2分くらいで退席で大問題に。30万円のチケットを出してまで来た人は・・・そりゃおさまらんわな、と。
それ以外は上手くいったとは言え、ウドーやらキョードーが主催してればこんな事には・・・と思わなくもない。

このイベントの主催者は新参者。
もともとIT系の会社で、新規事業としてエンタメに参入し、イベント事業を始めて間もない会社。
それ自体は悪い事ではないが、アニメやゲームのイベントやってるうちはいいんだけど、こんな神経質なイベントを仕切れるだけの器も力も経験値もないのに手を出すからこんな事に・・・と。最近だとこのイベンターはアリアナ・グランテの公演もすっ飛ばしてるし。

ちなみにこの会社のイベント事業の責任者はだいぶ前からの顔見知りで、当時からお金と業界ヅラが大好きな人。胡散臭くてデタラメで、独立してお金集めて上場目当てに作った会社も結局ツブしてたし。
音楽業界のことがわからない一般企業が、エンタメに興味持った瞬間にこういう人が近寄って来てだまされるのだろう。
で、ソイツはいい加減な事を場所を変えて繰り返す。
この会社の経営者も彼に引っかかったのかも。
僕は過去にこの人から不誠実でとてもイヤな思いをした事があり、それ以来、顔も見ないし話もしない。
あぁ今はこんな会社にもぐりこんで生き場所を確保して、こんなことしてるんだ・・・と。
・・・もしくは経営者も似た者同士か?

仕事とは「神は細部に宿る」と言われます。
万難を排し、縁起の悪い人間を中心から外して進めねば、時として大きな間違いが起きる。困ったこと、難しい課題は、時間が経っても解決しない。
「何とかなる」と思ってても、自分が動かないと何ともならない。
真相はわからないんだけど、いい加減な人間が関わるのでこうなったのか?と勘ぐってしまいます。

そもそも、こういうのは金儲けで新規事業としてやるビジネスじゃないって。
まず主催者が、ZEPやジェフベックをどれだけ好きでリスペクトしてて、そのファンの顔のみならず心まで見えてるかってことでしょう。イベント告知の文章にも、全くロックへの愛が感じられないもん。

やる資格がなかったんじゃないか?
例え問題なく終わったとしても。


by t_yana | 2016-11-13 22:17 | ニュース | Comments(0)

ビックリしたけど意外ではない・・・。

個人的にあんまりアメリカの大統領選挙に影響されない生き方をしておりますが、世界で起こっている事には興味はある。

トランプ勝利を「いい・悪い」ではなく、ひとつの現象として見た場合、こうなる気配は何となく前から感じていた人も多いと思います。

「こうあることが理想」「これからはこうあるべき」とポリティカル・コレクトネス、IT化とグローバル化で急速にドンドン変わっていく世の中で、「こんなの開発した」「こんな仕組みでもうかった」という勝者(エリート)だけが勝って、勝者が全てを手にし、勝たないと負けになりつつある昨今。
世の中にいろんな対立が生まれてますが、今回の選挙で一番深刻だったのは・・・
「それでも理想は正しい」と思える進歩的な人と、「そんなこと知らん。昔みたいにしてくれ。耐えれない」とそれを受け入れられない人の間の、待遇と意識の乖離ではないか思います。
アメリカは世界の警察!経済の中心!・・・と言われる反面、「2ヶ国語喋る人はバイリンガル、3ヶ国語はトリリンガル、1ヶ国語しか喋れない人は・・・アメリカン!」なんてジョークもあるほど他国に興味がない人たちがたくさんいて「ご立派な話はさておき、それで今はサッパリだ。とにかく昔は良かったんだからそれに戻してくれ」・・・と言う事だったのでしょう。
また「移民の国」って言ってるので移民をどんどん受け入れるんだろうけど、先に移り住んで何十年も定住すれば、新しく移民してくる人に対して「先にオレが住んでるんだから、後から来て乱すような事はするなよ」と言いたい人もいるでしょう。・・・ましてや後から来る人が自分を経済や安全面で脅かす存在だと思ってるんだから。
かつての自分が、他の誰かにとってそうであった事はさておき。

メディアは完全にエリート側なので今回の結果を見抜けませんでした。
自分達のことを世間を導ける・導くべき特権階級と思っており、もうそのような時代ではないことを認めれない彼らにとって、世の中の急速の変化を受け入れられない人の多さや、そこで感じる不公平感の強さには気付けなかったのでしょう。・・・アメリカもイギリスも。

ワーナーで洋楽の仕事してる時に、日本では知名度もなく絶対売れないカントリー歌手が、突然ビルボードチャートの上位に来ると、「アメリカはようわからん・・・」とか冗談で言ってましたが、いわゆるホントにフツーのイケてないアメリカ人の事なんて案外知らんわけです。
もし自分がアメリカ人として地方で生まれ、ドップリ50年間も中流層で田舎で生きていたとしたら、「大草原の小さな家」を夢見て、銃を持って、ウエスタンブーツ履いて、バーボン飲んで、カントリーとかキッドロックとか聴いてたかも知れません。
そうなりゃ今回の選挙でどっちを選んでたのか?も、案外わからんもんです(別にトランプにシンパシーがあるわけではないですけど)。

かつて一億総中流階級であったことで、民度・治安・教育・産業・雇用を維持できた日本も、世の中の変化により中流層が減り、取り残されて僅かな夢も見れない人が増えていってます。
一度敗者になると、復活やリベンジがなかなか難しい日本の現状。恐らく遠くない将来、治安の悪化と階級闘争が起こるでしょう。
対岸の火事ではないように思います。

それにしても、ヒラリーさんが人気なさすぎた・・・ってのが案外一番大きな要素だったのかも。
民主党も他の候補者なら勝てたでしょうに…

それから、選挙運動を通じたトランプ氏の発言の報道と彼の勝利で、あたかも様々な差別が許されるようになった・・・と勘違いしてる人がいる事は残念。

本を薦めるのも珍しい私ですが、何となくオススメの一冊です。
売れてるみたいです。もしよろしければ。

amazon.co.jpへ
( ↑ クリックでamazon.co.jpの作品ページへ)





by t_yana | 2016-11-10 08:36 | ニュース | Comments(0)

電器屋さん

電器屋さんは夢があります。
なぜならうちには買い替えなきゃいけない家電がたくさんあるからです。

例えばテレビは10年以上前の地デジ非対応の32inch。
せめて4Kの40inchにはしたい。
パソコンは6年前のものでだいぶヘタってまして、ブログを更新するのもやっとこさです。
プリンターは7年前のものでハガキを印刷すると1枚ごとにツマリます。
オーディオは10年ほど前のものでCDがかからなくなる事が多くなりました。嫁は家事のBGMでCDをかけるので、時々不機嫌です。
ウォシュレットは次女の出産時に嫁のために買ったのでもう16年目…便座にはヒビが入ってます。
家は4LDKですがクーラーはリビングにしか付いておらず、子供の部屋も寝室も夏と冬は厳しい自然をそのまま享受することになり子供に不評です。
掃除機もかなり古い。

電器屋さんで計算すると、全部何とかしようと思うと100万円近くかかることがわかり、遠い夢であることがわかるのです。

で、先月と今月は学費の支払いで、来月は半年定期券を買わねばならん。
年末調整の住宅ローン控除は昨年で終わった。
ジャパネットたかたの36回ローン手数料無料がガツーンと胸に響きます。

で、毎年年末ジャンボを買うのです。
そろそろそんな季節ですわ・・・。


by t_yana | 2016-11-08 12:29 | 生活 | Comments(0)

祝!Sissy8周年

Sissyの8周年記念の8days Live。
その初日にひょっこり顔を出してみました。

彼らが「節目」として企画したライブだろうし、応援してるバンドのそういうライブはやっぱり目で見て耳で聴いておきたいな、と。

c0051760_1225023.jpg


アコースティック・セットで、珍しく1曲ごとに長いMCがあったりして、彼らにとってもやっぱり特別なライブだったんだと思う。
もう何年も関わっている気がしたのに、考えてみればまだたった2年間だった事に驚愕。短くても一時は密な時間を共に過ごしたものです。

僕が彼らを好きなのは「好きでバンドをやっている」と言う所からいろんなことを通り過ぎて、そのうえで「バンドという職業を選んだ」という覚悟と決断に至って今活動しているから。

縁があって出会った彼ら。
これからも彼らが頑張ってる姿を見守っていきたいと思います。

彼らのオフィシャルホームページは → こちら

今月は頻繁にいろんなところでライブやってます。
そんなライブ情報のほか、スキマスイッチの常田さんとの共同作業で、毎月シングルを発売中!で、これはイベント会場かこちらのサイトのみで入手可能です。
一度のぞいてみてくださいませ。



by t_yana | 2016-11-06 23:20 | 音楽 | Comments(0)

ハロウィン

ネットで見たニュースに、ハロウィンの商業規模がバレンタインを超えた・・・というものがありましたが、そうなんでしょうか・・・。
少なくとも僕たちが子供の頃には、バレンタインにチョコレートをもらう習慣はありましたが、ハロウィンなんて言葉も知りませんでした。
今でも、盛り上がってるのは都会の一部だけだろ・・・と思っていただけにびっくりです。

一昨年あたりから、渋谷の交差点はこの時期、それはそれはものすごいことになります。



今年はうちの下の娘も参戦したようで、コスチュームを通販で買ったようで支払いをこちらに回されております(涙)。
c0051760_1261816.jpg

・・・たしかにバレンタインに使うお金は超えている。

んー、この格好で家で酒でもついでくれればモトはとれると思ってもいいんだが・・・。


by t_yana | 2016-11-05 22:59 | ファミリー | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧