平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハタチ

自分が20歳になった時のことはよく覚えている。
当時通っていた大学の授業も出ず、軽音楽部の部室に入り浸り、ギターばっかり弾いて、夜は飲み屋でバイト・・・の毎日。
その日もバイトに入ってて、20歳になった瞬間にお客さんからたくさんお酒を飲まされて、仕事中なのに酔っ払って、当時好きだった子に電話(ケータイもメールもない時代でした)したのも覚えてる。
ホントどうしようもない。

で、昨晩うちの娘が20歳になりました。
家族揃ってアイスクリーム食べました。
娘が10歳の時に書いた詩があって、時々読むんです。アホでしょ?
で、これを読むたび僕はこの子が自分の娘でよかったなぁと思うのです。

おめでと。
これからの人生は早いよ。
すぐ48歳になっちゃうよ。
この詩のように、
今でもちょっと不器用で素直な子。
ずっと宝物。
悔いなく過ごせよ〜。
by t_yana | 2015-07-23 23:06 | ファミリー | Comments(0)

アップルミュージック

話題の音楽配信サービス、アップルミュージック。
まだ聴いておりません。
たくさんの音楽が月にいくらかで聴き放題。洋楽などもいろいろあるそうです。

ユーザーにはいいサービスでも、作り手にとってはちょっと厳しい。
噂では、1回再生で、0.03円~0.3円がレーベル(レコード会社)に支払われるそうですが、そうすると例えば、0.03円として100回再生されて3円がレーベルに入ることになる。
そこから演奏者がレーベルから受け取る演奏者印税を3%としたら、1回再生につき演奏者に支払われるお金は、0.0009円くらいです。
1万回再生されて9円です。
つまり原盤を持たず、自作の曲ではない・・・例えばスタンダード曲を演奏して録音したものがアップルミュージックで聴かれると、そういうことになります。
たぶん、他の聴き放題サービスも同じようなものでしょう。
CDがなくなってもミュージシャンがダウンロードで食える時代は来ないですね。

ちなみにアップルミュージックでは口笛太郎Duoの音源が聴けます。
LINE MUSICは聴けません。

皆様、意地でもアップルミュージックで口笛太郎Duoを聴いてください。
聴いてなくても再生してください。
寝るときは口笛太郎Duo再生しっ放しにして寝てください。
by t_yana | 2015-07-22 23:26 | 音楽 | Comments(0)

祇園さん

病み上がりを押して関西出張。
京都駅で新幹線を降りましたらすっかり京都は祇園祭りモード。
夏到来です。

ちなみに今まで祇園祭りが中止になったことは2回だけだそうです。
1回は太平洋戦争によって5年間中止に。
もう1回は…応仁の乱だって。

京都的には、応仁の乱ってそんなに大変だったのですね…。
逆に言うと戦争以外なら大雨だろうが台風だろうが、何があっても絶対やるってことなのね…。
・・・もう凄すぎて何も言えません・・・。
さすが京都です。
by t_yana | 2015-07-19 15:19 | 生活 | Comments(0)

平和はみんなの望み

誰が言ったか「戦争法案」。
国会はコレで盛り上がっております。
たぶん自民党や安倍政権へのネガティブ・キャンペーンで、旧社会党・共産党の流れの人たちが付けたと思われるネーミングセンス。実に香ばしい。
夏真っ盛りで、そろそろお盆で実家に帰るのだが、そのたびに地元・高槻に辻元清美の選挙事務所があるからか、その方のポスターが街で目に付くたびに、「女性としても人間としても魅力を感じないし友達にもなれそうにない人だな」
とか
「そう言う人のポスターが地元に貼られてるのはツライなぁ」
とか思うわけです。

さて、僕はこの法案に賛成でも反対でもなく、コレを機にいろいろ考えたいと思っておりまして、まぁ僕がいろいろ考えたところで世の中が変わるわけはないんだけど、何で今これなのか?ってのが非常に知りたい。
「アメリカの言いなり」とか言う人もいるけど、そんな簡単なものか?ってのがあって、例えそうでも、それって今に始まったことでもなく、何で今なの?とか。
「国家間の争いは武力ではなく外交で」
なんて体のいいことをメディアで言ってる人もいますが、この法案が通ったところで一切の外交をやめて武力で解決するって言ってるんじゃないよ?と。
「強行採決」なんて言い方次第で、法律に則った多数決。
国会中継を見てても、もう本当に野党のレベルが低すぎて話しにならない。

たぶん今回の件で一時的に自民党は支持率を下げるでしょうが、また戻ると思います。
理由は簡単で、今回の安保関連の法案審議を見て、民主党ってつくづく政権政党としての責任や役割を担えない政党だってことがわかったから。これは非常に残念。

もちろんこの法案が憲法に則ったものかどうか?っていう問題はある。
でもそれは自衛隊も日米安保条約もそうだったし、時代の情勢に合わせてなんとなくそうなってきて、それで今の日本があるわけで。
なので合憲か違憲は、もう最高裁判所に判断してもらいませんか?と。
その一方で、「合憲か違憲か?」とか「強行採決はひどい!」とか言うばかりで、これからの日本の安全をどう守るか?っている建設的な話が全然出てこない。国会ですら。
今回、そういう話をするのに凄くいい機会だと思うんだけど。

「戦争反対!」なんてプラカードを持って街角に立ってる人を見て思う。
あぁ、特定の思想を持った団体やレベルの低いメディアに踊らされた被害者だな、と。
あんた、どこまで今回の法案を読んだ?・・・まさか報道ステーションとか見て「古館さん、いいこと言うわー」とか思ってる可哀想な人なんじゃない?ってご心配差し上げます。
「戦争反対」なんて当たり前。そんなプラカード持って街に立つのは僕にとっては「お金は大事です」というプラカードを持って立っているのと同じです。
「みんな戦争なんてしたくない。」
まずは、その前提を確認しなきゃだし、そこを疑うともう何の議論もできない。
そう言う意味で「戦争法案」なんて名前を付けた人は、もう多様化する2015年の国際状況における安全保障ってのを考えることすら拒否してる・・・としか思えない。
面倒くさいもんね?そういうのって。
でもね?それ考えるの国会議員の仕事なの。逃げないでくれますか?って思う。

そのうえで、「戦争にならないための手段」を考えた結果のひとつが今回の自民党の案なのでしょう。
彼らは「本格的な戦争を避けるための、戦争の一歩手前の睨み合いや、多少のいざこざまでは場合によっては仕方なし」という考えなのかもしれません。
ちゃんと見て考えたいと思います。
維新の会以外、他の野党からは、一切代替案はなし。
だから、野党がこれからの安保をどう考えてるのか?ってのが見えません。

まぁいいや。
少子化、エネルギー問題から来る経済問題を抱えてるニッポン。それは安全保障とも無関係ではなく、この国の未来は、いままでほど明るくはないのは明確。
どこが政権とっても未来の日本のバラ色にすることはできないと思ってます。
そんなことを言う政党は人を騙す悪い人たちだ、くらいは思っておいたほうがいい。

タレントのつるの剛志さんがtwitterで
『反対反対』ばかりで『賛成』の意見や声も聞きたいなぁって報道やニュース観ていていつも思う。賛成派だって反対派だって平和への想い、戦争反対の想いは同じ。
大切なコトたからこそ若い子達だって感情的、短絡的な意見にならないために色んなこと公平に一緒に考えたいよね

とつぶやくと
“「法案に賛成すると言うことは、憲法違反をおかしてるってことになるんですよ?」
「大義がない海外の戦争に日本の自衛隊を送り出すことを支持なさっているのですか?」
「反対以外の情報が欲しいということは賛成したいという意味なんですよ」
などと返信が殺到・・・と。

「味方じゃなきゃ敵」という日本赤軍的な考えを伝統的にリベラルな方はお持ちなのか、こういうのってファシズムでしょ。
方や右よりの人の書き込みも見てゲンナリすることも多いし、もうどっちもどっち。

「誰も戦争なんかしたくない」
それだけはみんなで共有して、自由活発な議論、いろんな意見を聞きたいものです。
たぶんそれが今一番大事なことだと思うんですけど・・・。
by t_yana | 2015-07-18 23:23 | ニュース | Comments(0)

芥川賞と古館

ピース又吉が何と芥川賞に。
年に一冊くらいしか本を読まない私も読みたくなってきた。
受賞インタビューで、
「これをきっかけにいろんな本を読む人が増えてほしい」と言った又吉氏は立派。

本と音楽の業界は似ていて、お店がどんどん減っていって、買う人もどんどん減っている。
過去の名作の知名度や価値も落ちてきている。

文学界はいい人材を輩出しました。
こういう若い人への訴求力があって、本を書く才能があって、過去へのリスペクトがあって、マーケットを活性化してくれる人が出てきたのは本当に素晴らしいと思います。

音楽業界も例えば、売れっ子のイケメンタレントで、昔の音楽への知識とリスペクトがあって、めちゃ楽器の演奏とかも上手くて、いい曲書いて・・・みたいな子が出てくればなぁ・・・とか思います。

ちょうどこの日は台風のニュースばかりで、芥川賞のニュースがなかなかやっておらず、チャンネル回しているうちに「報道ステーション」に当たって、そこで芥川賞のニュースやってたので見たところ・・・
又吉氏の芥川賞受賞のニュースを読み上げた後に

「うーん、最近は芥川賞も本屋大賞も変わらない」
・・・などと言ってしまう古舘伊知郎を見て愕然・・・。

あのな、お前一体何もの?何さまだ?と。

又吉氏にも芥川賞にも本屋大賞にも失礼すぎる。
もっと言うと、同時受賞した羽田圭介氏にも失礼すぎないか?
一体、又吉氏と羽田氏の両方小説を読んだうえで言っているのか?ってのも甚だ疑問。

前から思ってたが、言葉が軽すぎないか?この人。
自民党の強行採決のときも、まぁ腹も立ってコーフンしたんだろうが、テレビで
「民主主義とは・・・多数決ではない!」
とか言っちゃってビックリした。
コイツまじか?と。
・・・いやいや直接であろうが間接であろうが、民主主義ってそういうことですがな・・・。
沖縄の多数決は「民意」で、国会の多数決は「数の暴力」か?
何?その二枚舌。

もう結局、制度とか結果は関係なく、自分の気に入らない結果は全て悪い!ってことか?
古館の頭の中には「民主主義」なんてなくて、「オレ主義」「マスコミ主義」で染められたテレビの人なんだぁ・・・・と。
リングアナウンサーとしては素晴らしいが、ニュースキャスターとしては向いてない人であることがつくづくわかりました。
前から見なかったけど、今後も一切「報道ステーション」は見ないことに。

こうなりゃ「火花」はいっそのこと「本屋大賞」もとって欲しいわ。
40万刷増刷し、100万部突破。自分も読むことにします。

ちなみに、直木賞を受賞した東山彰良氏の『流』は、文句無く面白い!と評判です。
こちらもご興味ある方は是非。
by t_yana | 2015-07-16 10:56 | ニュース | Comments(0)

CHABOさんのインタビューに

ご縁があって、仲井戸"CHABO"麗市さんの取材に立ち会う。
会うといつも
「どーも、口笛くん」とニコニコしながら握手していただける。
そのたびに生きてて良かったと思うのです。

物静かでシャイな方。
CHABOさんのストーリー的な話を聴いてると、何だか胸がいっぱいになって泣けてくる。

キヨシローさんとは古井戸時代からバンドが違えど行き来があったそうで、「いつか一緒にやろうな」ってずっと言ってたそうです。
だから、フォーク時代のRCサクセションから一気にロックバンドに移行するときって、てっきり
「イエー!時が来たぜ!ここからはロックだ!」とキヨシローさんとCHABOさんが手を組んだ・・・とばかり思ってたけど、実は
「そんな方向転換はやめた方がいい。RCの魅力はウッドベースだし、フォークギターだから」って、ずっとキヨシローさんに「それはよくない」と反対してたのはCHABOさんだったそうです。

RC時代にCHABOさんのソロアルバムを出したとき。
バックのドラムとベースはRCのメンバー。
キヨシローさんは面白いわけがないと思うんだけど、レコーディングの現場に来てくれて「いいじゃん、いいじゃん」って言ってたんだよな。どんな気持ちだったのかな・・・とか。

その他、淡々と話されるいろんな話しを聞いてると、マジ泣けてくる。
んで、古井戸とRCサクセションとCHABOさんの作品を全人類に届けたい衝動と、自分も全部聴き直したい衝動にかられてしまいます。

思い起こせば、昔は居場所がないヤツにはRCの音楽があって、それに救われたヤツも多かった。
でも今は、夢は叶うとか頑張れとか無責任にいう歌ばかり。

うるせーっつうの。
同じ空なんて見てねーよ。
そんなこと言われたら、ますますくすぶってるヤツの居場所がねーんだわ。

そんな簡単な問題じゃないのもわかってるんだけど、若い子の間で残念な事件が多いのも、何か流行歌と関係あるんじゃないか?とか思ってしまう。
流行歌に、いろんな若い子を受け止められるキャパがなくなってきてるのかな?って思う時がある。

振り返ると、あんな負け犬にも優しかった音楽はそうそうなかったのかもしれない。
それはやってる人が、こんなにも優しい人たちだったからなんだな。

本当は音楽って人を救っちゃうもんなんですよね…。
by t_yana | 2015-07-14 10:31 | お仕事 | Comments(0)

おデート

ようやく退院。
人生で初めてでした。
入院する前は、何だか入院生活ものんびり休めるからいいや、とか思ってましたが、二度としたくない。
まず眠れない。そもそも21時に眠たくならない。
一部屋に6人くらいいるので、夜はとなりのオッサンのうめき声やら、点滴を吊り下げた柱を転がしてトイレに行く音とかが気になって全く眠れん。
で、ようやくウトウトしたころに明るくなって朝の6時に起床。
あと、ベッドが固い。

という日々を過ごして家で過ごした最初の朝。
やはり家のベッドは慣れているので良く眠れるました。
朝から下の娘がおめかししてるので、「何してんの?」と訊いてみると「デート」だって。
相手は超進学校で有名な、私立男子校に通うひとつ上の高校1年生。
家は広尾に住み、日本の最高学府・T大を目指しているらしい。
家柄を比較されては勝ち目無いな・・・と打ちひしがれてる時に
「デートのお金がないからおこづかい頂戴!」
・・・と言われ、せめて恥かかさないようにお金を渡して送り出す・・・(涙)。
なんで鴨にネギを背負わせて男のところに向かわせなきゃいかんのだ?と思いつつ仕方なし。

二人で飯食って映画みて・・・とのことなので帰ってくるのも遅いのかな?と思っていたら、17時頃には「今から帰る」とLINEが入る。
んで、続いて怒りの一文が

「パスタ食べたんだけど食べ方汚いし残してたしマジありえない」
c0051760_10291520.jpg

・・・あぁマトモに育ってるわ、うちの娘・・・と安心しました。
部屋汚いし、性格もガサツなんだけど、
金や学歴や家柄ではなく、男に何を求めるべきか?をちゃんと理解しとる。

食事の時のマナーってのは大事なのです。
性格、健康状態、生きざま、家庭教育、しつけ・・・・全部出てきますから。

ま、今回の子は役不足ということで。


by t_yana | 2015-07-12 22:14 | ファミリー | Comments(0)

口笛太郎、夏フェス出演決定!

福島県猪苗代湖で行なわれる夏フェス「オハラ☆ブレイク」に口笛太郎が出演決定

オハラ☆ブレイク公式HPへ
↑ クリックで「オハラ☆ブレイク公式HP」へ


出演は8/9(日)、そらいろ劇場で、おおはた雄一くんとスペシャルユニットで出演の予定。

たぶんロックの夏フェスに出る口笛奏者は初めてなんじゃないかな?って思います。
ローケーションも最高の野外ですし、出演のメンツも最高。
僕が出演する日は他にも、麗蘭、浅井健一さん、トータス松本さん、大友良英さんなども出演予定で、かなり楽しめる一日となっております!

これで何だかんだと毎年夏に東北にはお邪魔していることになります。
継続していければ・・・と。
あと、これをきっかけに来年はアラバキはじめ、いろんなフェスにも出れるなら・・出タイデス・・・・(声小さ)。
たぶん楽しいと思います。夏フェスに口笛って。


東京から車で3時間くらいかな??
家族でも楽しめる施設がいっぱい。
お盆前の家族サービスとしてもいかがでしょうか?

チケットは現在発売中です。 → コチラ
by t_yana | 2015-07-10 19:00 | 口笛 | Comments(0)

人生初入院・初手術。

人生初病院メシ。
c0051760_22544182.jpg

病院のメシなんてまずい!って言う人も居ますが、食べてみると案外美味い。
これに酒があれば・・・なんて不謹慎なこと言えたのも、手術前の日だったからかも。

最近では日帰り手術もある・・・というものだったので、まぁ楽勝だろうとナメておりました。
目一杯余裕を持ったスケジュールで、月曜入院・火曜手術・金曜退院(5日間)で考えてて「まぁこの間ゆっくり骨休めでも・・・」などと考えてた自分が情けないわ。

元気が良かったのは月曜日だけ。
火曜は朝の10時からオペ。全身麻酔につき嫁さんに来てもらい、いろんな書類にサインを。
点滴を入れられて、手術室の台まで歩いていって乗って、そこから点滴が麻酔薬に変わる。
しばらくは何も変化がなかったけど、だんだんフワフワしてきて、「まだ効かないのか・・・な・・・?」と思った瞬間に一気に墜ちました。(死ぬ時もこんな感じかも?)

で、気がつけば手術室の台から病室のベットに移される途中で、またすぐに墜ちて、今度気がつけば病室で寝ておりました。次の朝まで安静ということで寝たきりを強いられ、飲まず食わずの点滴生活。
おちんちんの先には管が入れられ、知らない間におしっこが出てる・・・という、「THAT'S病人」の姿で約1日過ごす。
寝返り打つと、管を突っ込んでるおちんちんが痛いし、変なものを足に付けられているので、ほぼ同じ姿勢の
寝たきりえ長時間過ごすこととなり身体中が痛い。
もう正直泣きそうでした。

水曜日の朝に、おちんちんの先の管を抜かれ、足に巻きつけられてた変な機械を外され、一般病棟に移動。
昼から食事が摂れるとのことで食べようとするが・・・。
食べれない。
もっと言うと、歩けない。かがめない。起き上がれない。咳ができない・・・などワシどうなってしまったの?って感じであることに気付き、ズドーンと落ち込み始める。
しかも夜は、病室って眠れないのよ。
何か和わりのベッドの人の音が凄く気になったり、廊下の音が気になったり。
そもそも21時消灯って、そんな時間に眠くならんし、6時起床って早すぎるだろ?と。
だいたいいつも6時起床で体温や血圧を測ったりしてもらってる最中にようやく眠くなり、ウトウトし出すと「朝ごはんです!」と持ってこられてまた起きる・・・みたいな。
昼も夜もベッドの上でゴロゴロしてると身体中が痛いので、ますます眠れません。

夜に看護士さんに「睡眠薬と痛み止めの点滴」を打ってもらって、
c0051760_231255.jpg

氷まくらを用意してもらって・・・少し寝るけど目が覚めたらまだ夜の1時・・・みたいな感じですわ。

こんな身体になってわかることは、建物の中のいろんなところに手すりが着いていますが、あれって大事でなかなか良く出来てるな・・・てこと。
それと看護師さんの仕事ってホント大変で、でもホントに大切な仕事で、頭が下がるってこと。
あと、健康の有り難さですね。
普通に身体が動くのは、全ての箇所が正常に機能してるからであって、それって当たり前だと思ってはいけない、と。できるだけ努力して健康で居続けようと思った次第です。

まだ入院生活は続きます。
余裕見たつもりが長引きそうかも・・・。
by t_yana | 2015-07-09 10:52 | 生活 | Comments(2)

マスコミを潰せだのどうの・・・

昨今話題になっている、自民党での勉強会での作家の百田のオッサンと某自民党議員の発言。
安保関連の法案の審議時期と重なって、自民党のけん制の意味から、盗み聞きされて無理やり引っ張られて話題にされてるって感じがしないでもない。

しかしダメなものはダメなんですわ。
「マスコミを懲らしめる」ってのは、政治家もやってもいいと思う。
しかしその方法が、経団連に圧力かけてスポンサーから降りてもらうとか、不買運動をけしかけるとか。
・・・もう、発想が姑息で貧困で下品でございます。
気に入らないヤツの家の前で立ちションする・・・とか、犬のウンコ置いてくるとか、発想のレベルとしてはそんなレベルだぞ?
政治家がマスコミを懲らしめる方法は「討論を挑んでやっつける」しかないだろ?
マスコミが間違っていれば勝手に自滅するわ。・・・朝日新聞みたいに。

沖縄の新聞2社は「潰す」んじゃない。・・・「勝負できる保守の新聞社を立てて、購買部数で勝負する」だろ?
それが民主主義における戦いなんじゃないの?
今の自民党の議員さん、数で有利なので何でもできると思ってるからか、脇がガラガラに甘い。
保守は限りなくスマートでないと支持は得られんよ?

ちなみに百田のオッサンは政治家ではないのでどうでもよろし。
こんなオッサンってのがわかったうえで呼んでるんだろうから、呼んでる側の責任。
このオッサンにも思想と言論の自由はあります。

あと、是非言いたいことは、言論の自由絶対主義の皆様が必死で守ろうとしていらっしゃる大手マスコミは、「言論の自由」を大切にしていないってこと。
勝手に放送禁止用語を毎年増やし、「報道の自由」をタテにマスコミに不都合なことはほとんど報じない・・・という、「国民の知る権利」より「自分たちの利権」を堂々と優先する人たちです。
テレビは電波法で公正中立が求められどちらかに偏る報道はできないことになっているが、新聞は自由。
なのに新聞は資本系列の関係からか、テレビの不都合は書かないもん。

例えば問題になった百田のオッサンが入った勉強会のときにも、免許事業である放送局に、電波を割り当てて使用を許可する使用料ってのが、欧米その他に比べて日本は劇的に安い・・・みたいなことは発言としてあったのだが、全く表に出て来ない。どこの新聞もテレビも報じない。

また、「派遣法の改正(改悪)」が進んでおりますが、自民党と派遣会社が利権でくっついてるからだ!と指摘して怒っている方たちも居ますし、たぶん間違ってないんだろうとは思う。
これなんてあまりにひどい法案なんですけど、それもあまりマスコミが叩かないのは、野党が提出している「同一労働同一賃金」を報じたくないから。
これはヨーロッパあたりのいくつかの国では当たり前になっているものですが、それが導入されでもしたら一番困るのがテレビ局やらなどの高年収であるマスコミ各社における、制作会社、ライターなど正規雇用と非正規雇用の給料の差がどうしようもないってのが問題に成らざるを得ないのです。
また、日本には子会社・関連会社への「出向」っていうシステムがあり、「同一労働同一賃金」なんてことになったら、そのシステムが維持できなくなってしまいます。
などなど、大企業やマスコミに都合が悪いことは、大事な事であっても彼らは自主規制して書きません。

あれだけ騒いでた特定秘密保護法案が通った後でも、ネットやら何やらで書き込んだりする言論の自由は、何ら傷つけられることなく守られております。
相変わらず、読者を向かず自分達の都合で報道し続ける大手マスコミが政治家とバトルしているのを見て、
その中で出てきた「マスコミを懲らしめろ!」なんて発言は、正直僕にとってはどうでもいいとすら思うこともありますが、「それでも言っちゃイカンだろ」とは思います。
特に絶対的多数を持つ与党の人間が・・・。

繰り返しますと、保守は限りなくスマートでないと支持は得られんよ?
ってことがわからない人が多いなら、自民党もそろそろヤバイんでは?とか思う今日この頃です。
by t_yana | 2015-07-03 22:10 | ニュース | Comments(2)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧