平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新のコメント

このブログを書いて5年ほ..
by t_yana at 16:15
そこまで言う?というか角..
by 名無し at 15:38
分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2014年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ワタミ部

元ワーナー社員&現ワーナー社員の有志たちが集まり、ワタミの割引システムとメニューを日々研究し実践する戦略的集団。ワタミ部。
今日はそのメンバーの皆様が、お誕生日のお祝いをしていただきました。
c0051760_18583958.jpg

結論から申しあげますと、年齢が何歳になってもこうやってお祝いしていただくのは嬉しいものです。
c0051760_1859034.jpg

老若男女が集まったこの部ですが、見た目は若いものの、みんなちゃんと等しく1年に1つ、歳をとるわけで、気付けば40-50代。ワタミに行き始めたのは10年以上前で、その時はワタミ焼酎は680円くらいでした。
食べ物も飲み物もだいぶメニューや値段が変わっております。
で、妙齢の女性がこんな40~50代の枯れたオッサン達と定期的に飲んで、枯れた話を聞いてておもしろいのか?とも思いますが、毎回お付き合いいただいているどころか、楽しんでいただいております。

ワタミ部は「来るもの拒まず、去るもの追わず」という夏ばっぱのようなポリシーなので、入部ご希望の方はご一報くださいませ。
by t_yana | 2014-09-25 18:52 | ワタミ | Comments(0)

韓国:仁川のアジア競技大会

韓国・仁川で現在「アジアのオリンピック」とも言われるアジア競技大会が行なわれており、別の意味で盛り上がっているようです。
そもそも「韓国」で「スポーツ」・・・というところがすでに香ばしい匂いがするわけで、今までこの国で競技会の類をやって無事に成功したことがない。
日頃からジャッジに不正が横行し、市民にスポーツに対する理解や意識もなく、外国から多数の人を迎えるマナーもインフラもないこの国で、そんな大会をやっていいのか?ということは前から言われておりました。
で、始まってみて、本当に期待を裏切らない国でございました。

今のところ・・・というレベルで挙げておきましたが、まだまだ閉会式に向けて出てくるものと思われます。出来る範囲で内容は更新していきますが・・・読んでると、最初は腹が立ってきて、それを通り越すとイヤになってきて、それも通り越しておかしくなってきます。

■外国選手の宿舎は空調なし、網戸もなし、寝具も不潔
■エレベーター故障により、日本サッカーチーム22階の部屋まで階段で昇り降り。
■おまけに宿舎のシャワーの排水が故障し、汗が流せない部屋も・・・。
■中国バスケの選手村では部屋が足りず、キッチンに急きょ設置したベッドで寝る選手も。中国選手たちは今回の選手村の布団などの状況が良くないと聞いていたため、布団を持参していたが「長くバスケをやっているが、キッチンで寝たのは初めて。見聞が広がった」と皮肉った。
■選手村に不審者が侵入し、食料や調理器具を盗もうとしてバレて逃走
■食事の種類はきわめて少なく、キムチばかりで肉料理は殆どない。 毎日キムチを食べて栄養不良になったと不満を示した選手も。
■選手用弁当からサルモネラ菌検出、大量廃棄処分~弁当に代わるパンと牛乳を数時間後に配布。
■イスラムの選手にプロテスタントの布教活動。大韓イエス長老会所属仁川教会、ヒンドゥ・イスラム教徒の選手をテロリスト扱いし「地獄に落ちる」と脅迫。
■サッカー、ビーチバレーなどの競技場付近に、更衣室やシャワーが設置されていない・・・。
■市民の理解が得られいないので、大会関係者専用の車道レーンが設けられておらず、渋滞に巻き込まれ選手が到着せず、開始遅延の競技が続出。
■開会式の打ち上げ花火は微妙に失敗。「WELCOME」花火の点火がぼやけ「HELL COME」(地獄が来た)と表示
■パンフと放送で日本を「周辺国とトラブルを起こす問題国」と紹介。政治を絡め国際試合大会憲章に違反
■プレスルームの一部に電源やネット回線は無く、WiFiもパス未公開、発展途上国記者はケータイで記事配信
■日本選手団の入場行進に観客から「帰れ」「死ね」の大ブーイング。
■天候不順や事故ではなく、不手際により大会聖火を消す大失態
■競技場では障害者用駐車場がVIP用となり、VIPが来なくて空いてるのに障害者の人の車は置けず・・・(韓国は障害者差別の酷さで有名)
■各競技場の運営にあたるはずのボランティアスタッフが、トランプや花札に熱中し、仕事をしない…とクレーム殺到
■通訳をするボランティアスタッフの460人中70人が辞めてしまっている。
(就職試験で有利になるからと証明書ほしさにボランティアに応募する人が多い)
■韓国人ボランティアは選手村へ自由往来し人気選手とのツーショット写真撮影とサイン集めに奔走
■野球場で、韓国人係員が大会公式球を盗み、それに有名選手へサインを強要し過ぎてボール不足に。
■停電で一時競技中断
■バドミントン会場で「電力不足」を理由に空調ON/OFFを繰り返し、常に韓国側に追い風。4カ国から抗議文。
■対戦組み合わせを密室で決定、韓国のみ有利なブロックにしたことが発覚
■台北のバトミントン選手も「午前9時からの試合なのに7時に会場入りするように言われ、 送迎車が来るのをみなで待っていたら、2時間も待たされた」と訴えられる。
■バドミントン会場のジャッジ席を一般人に売却
■バドミントン会場からインドチームが帰ろうとするも、送迎の韓国人運転手が失踪して選手村に帰れず45分以上孤立 。
■アーチェリー競技で、会場屋根に雨水が溜り崩壊危険発令、各国記者が退避する騒動。
■タイの野球選手たちが夜間練習をしようとすると照明をつけずに職員退勤。練習させてもらえず。
■野球の台北チームの羅嘉仁選手が試合前に抜き打ちのドーピング検査を受け、ウォーミングアップができなかったと訴えられる。
■競泳日本代表4冠の萩野公介も、決勝後の4日間で4回も作為的なドーピング検査に指名されていたことが判明。
■競泳男子決勝前、日本選手スタート台の平衡間隔を歪ませて設置。
■卓球の日本戦のときも卓球台が水平でないように設置。福原愛ちゃんが「これ、おかしくありません?」とt注意し直すハメに。
■バスケットボール公認球は、事前連絡がないままに、まったく初めて見る球を提供。
■フェンシングの男子準決勝、日本が調子付くとなぜかいくら突いてもランプがつかなくなる~14対14の後、日本がポイントを取り勝ったのに、なぜかそのポイントが無効になり、韓国の勝利に。
■女子エアライフル団体で優勝した中国が「重量超過」の失格判定、実はジャッジは無資格者だと判明 。
■重量挙げ表彰式でインドネシア旗を間違えて掲揚、抗議すると「メダルを取り消すぞ」と韓国人運営側が逆ギレ
■イスラム教徒の女性が髪などを覆う「ヒジャブ」の着用を突然禁じられカタール代表が試合を放棄。試合は規定により20-0でモンゴルの勝利となった。大会組織委員会は「組織委としては着用をOKしたはず。問題を調査している」と的を得ない回答。
■馬術競技では、馬は大きな音に過剰反応する傾向にあることから、韓国が音楽を使い他国選手や馬を妨害した。
■女子バレーボール中継をしたSBSが自国向けテロップで「大韓民国」を「大韓日本」と誤表記。国内で問題に。
■大韓柔道会長が入館許可の無い知人3人を連れ「俺は王だ。会長は試合を中断もさせられる」と発言し刑事告発さる
■自転車スプリント競技後、大会組織委が日本選手のビクトリーランのみに「ロード車でコースを走るな」と罰金を科す
■サッカー男子準々決勝対日本戦で、韓国サポーターがテロリスト安重根の肖像フラッグを掲示するFIFA規定抵触行為
■韓国と対戦した外国選手に観客から罵詈雑言、転倒すれば「ざまあみろ」と拍手喝采。
■韓国選手の金メダルが決まるや選手、観客、メディアが大騒ぎし、まぁ競技中なのに一時中断。注意を受けるもまだ騒ぎ続ける・・・。
■香港紙が「大会の運営レベルは村の運動会程度」と酷評 。村の運動会の担当者が「村の運動会はもっとまとも。村の運動会に失礼だろ!」とクレームが寄せられる。

思い起こせば、ソウル五輪や日韓ワールドカップの時も大問題を連発しましたが、果たして2018年の冬季五輪はこの国で開催して大丈夫・・・?
冬の競技は、絶対的な基準による優劣より、ジャッジによる判定で勝敗がつく競技が多い。五輪の舞台で審判の買収やら八百長が横行するのか・・・と思うとうんざりもするが、それ以前に寒いところで問題が起きると、選手やお客さんの命や健康に関わる問題にならないか?と心配です。
by t_yana | 2014-09-24 23:38 | スポーツ | Comments(0)

28年振りのけいおん

「関西大学のどちらの学部を卒業されたのですか?」
と訊かれると、「軽音楽部です」と答えてしまうほどの大学生活。語学とゼミと体育以外は授業に出ず、バイトしてるか軽音の部室にいるか・・・という4年間でした。
卒業した時は、一般社会社会に馴染めるか?とか、ちゃんと働けるか?という不安より以前に・・・「軽音ロス」に悩まされていたほどでした。
僕らの時代の関西大学軽音楽部は、ジャズとブルース・ロックなどのルーツ系の音楽をやってる先輩がほとんど。1年生で入部したときなど、軟弱な音楽などやろうものなら「POP研に行ってやってくれ」と釘をさされそうな雰囲気でした。みなさんメチャメチャ演奏がうまく、すでに味のある演奏をされており、今思い出しても「よくあれほど上手い人たちが集まってたなぁ」と思います。
おまけに飲み会となると、怖い先輩がウロウロして無理やりめちゃくちゃ飲まされたり、酔っ払った先輩が怖くて、しれっとどこかに隠れたり・・・そんな感じでした。だから、そんなところに長い間所属した人って、一種独特で変わってて、何とも言えない絆で結ばれていたものです。
演奏してる先輩を見て、自分は人前で演奏できるほど上手くもカッコよくもないことを痛感した私。それでも音楽に囲まれる生活じゃなきゃダメだったので、音楽の裏方の仕事につき、早48歳・・・。

で、卒業して26年目の今年、先輩の1人より突然、「軽音楽部の同窓会ライブやるから、9月20日に帰って来い」とメールが。
「何ですか?いきなり・・・」とか、「忙しいんですけど・・・」とか、「家計がキツくて往復の交通費35,000円が出ません・・・」と断れるはずもなく帰阪。
今でも先輩の命令は絶対です。。。

そんなわけで、自分の人生を決定づけてしまった軽音楽部の久しぶりのOBが集ることになり、懐かしい人と久々の再会。何だかんだで音楽を続けてる人も多く、先輩、同期、後輩の演奏は錆びることなく、今でも自分に影響を与えてくれました。やっぱみんな今でも上手いしカッコいい!
みんな元気でよかった。
聴いてるだけで涙がでちゃったような名演もあった7時間に及ぶフェスはフジロックより感動的でした。・・・あぁ音楽聴いて泣いたのは何年ぶりだろ。音楽は誰かを幸せにできるってこと、ここしばらく忘れてました。
ちなみに私も、当時やっていたフュージョン・バンドを再結成して演奏。
c0051760_1820968.jpg

ベース担当は卒業以来一度も弾いてなかったけど、この日を機にもう一度ベース弾くわ・・・って。
何で今まで弾かなかったのか?で、何でこの日をきっかけにもう一度弾こうと思ったのか?・・・今度飲みながら話したいね。

他にも、ビッグバンドを再結成・・・まぁ全員じゃなかったけど、集まった人たちだけで再演!
リハーサルも何もなしでいきなり「The Chicken」を披露。
まぁご愛嬌・・・の演奏ですが、みんな覚えてるもんやね・・・。
で、私、ここで、念願の「ビッグバンドで口笛ソロ」ってヤツに挑戦!
次回はもっとうまくやるぞ!

当日の運営に携わっていただきました先輩、同期、後輩、ありがとうございました。またやりたいです。僕はここの部の出身でよかったし、ここがあったから音楽業界で頑張れてるのです。

これは1986年と2014年の違いを表現したタイムマシンのような写真。
c0051760_1759369.jpg

同じメンツによる同じ位置でパシャリと撮った。
c0051760_18002.jpg

後列右から、ギターで今は口笛奏者。
隣の女性は歌うたいで今は愛犬とともに暮らすネイリスト。
その隣は、ドラムで外資系金融機関のえらいさん。
その隣・・・左端はベースで証券マン。
その前の人は、今も昔も日本を代表するピアノマン、リクオ。
28年後にこんなことしようって言って撮った写真でもないし、この時は将来のことなんて何も考えてなかったんだけどね・・・。
みんなそれぞれこの28年間にいろいろあったの知ってる。
命があって、友情があって、それでまた同じ写真が撮れてよかったと思う。
たぶん今の方がピュアに笑えてるね。
これ以上書くと泣きそうなので書かないけど、何か甘酸っぱい。
ちなみに、今はデジカメですが、当時はフィルム写真。

ちなみにこの日は僕の誕生日でした。人生4周目に突入です。
たくさんのメッセージをいただき、ありがとうございます。
日が明けて48歳になる瞬間は、大阪の実家で、大好きだっだ祖母の位牌に久々に手を合わせ、両親と兄貴の顔を見ながら迎えることが出来ました。
嫁さんと娘たちからは、嬉しいメッセージをもらいました。
そして軽音のパーティーに行って、酔っ払って帰ってきた・・・なんて、これ以上の楽しい日は考えられない最高の誕生日になりましたが、48年目の2日目は激しい二日酔いからスタート。でも悪い気分じゃない。
人生はとっくに折り返してる。仕事だけじゃなく、口笛もギターがんばらなきゃな。
皆様、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
by t_yana | 2014-09-21 17:35 | 口笛 | Comments(0)

お客様の声

遅ればせながら、八月に青森・十和田に口笛を吹きに行ったときのこと
参加者の皆さんとバスで奥入瀬渓谷を巡ったことや、ちょっとした口笛教室をやったこと、それを録音したこと・・・など、楽しんでいただいた方が、新聞に投書していただいてたみたいです。
こういうの嬉しいですね。
少し前の記事みたいですが、よろしければ。

人に教えるのってなかなか難しいし、そういう機会もないのだけど、こういうの見るとやってみてもいいかな?とか思ってしまいますわ。
c0051760_1724157.jpg

by t_yana | 2014-09-16 23:58 | 口笛 | Comments(0)

スカウト

また事務所のスカウトマンが声かけてきたと娘よりLINE。
そのたびにもらった名刺を写メで送ってくる。だいたいが、登録料とかレッスン料とか取って、それで食ってるような残念な事務所。
c0051760_9555013.jpg

すまん。
うちの娘は、ワシの知ってるところか大手の事務所のどちらかだけに決めておりますので、それ以外は声かけんといて下さい。
最近は、東京は繁華街ではやたらとスタウトがいる。そんなやたらとかわいい子なんていないので、結局誰でも声かけなきゃいけなくなる。
芸能人の質も下がってきたので、若い子はみんな芸能人になれるチャンスがある!と思っているのか、簡単にこういうお誘いに乗っちゃう人も多いらしい。
昔なら、スカウトと称して事務所に引っ張りこんでテゴメにして風俗で働かせて香港に売っちゃう・・・なんて、どこまでホントかどうかわからん怖い話も耳にしました(汗)。
最近はいろんなオーディションに合格するためにウォーキングや演技や歌唱のレッスンを受けましょう!とそのレッスン料をとられたり、オーディション自体にお金がかかるとか、事務所に登録するためにプロフィール写真の撮影代だからとお金をとられる・・・・という商売が流行ってるようで・・・。

男子校の文化祭に出掛けるときにおめかしする娘。
c0051760_1023120.jpg

帰ってきたときに「どうだった?」と聴くと、「収穫なし!」と。
30年前、男子校だったわが母校の文化祭に遊びにくる女の子って、何を考えて男子校の文化祭なんて来るのか?と思っていましたが、こんな感じだったのですね・・・。
男子校の文化祭で収穫ないなら、そりゃ芸能人になっても成功はしないだろ。
芸能人って一握りの成功者になれば華やかですが、一般人の方が好き勝手できるし、カワイけりゃ幸せになれる確率は一般人の方が高いと思うのです・・・。

カワイイ娘なので、普通の世の中で、普通に幸せに生きて欲しいものですわ。
by t_yana | 2014-09-13 23:51 | ファミリー | Comments(0)

チューリップ

ただ単に音楽好きだった16歳の私。
洋楽全盛で貸レコード屋で借りて聴きまくってましたが、邦楽も大好きでした。
一番好きだったのはオフコースは、1982年くらいからメンバーの不仲がささやかれていて、ファンとしては自分の人生の一大事として毎日心配しておりました。『Over』という名盤を出した後、このツアーの合間を縫って作られたのが『I LOVE YOU』というこれまた名盤。7ヶ月しか間がない中で作られ発売されました。

なんでこんな早い期間でアルバムを出さなきゃいけないんだろう?
メンバーはツアーで大変なはずなのに・・・。
解散も噂されてるし・・・何か事情があるのではないか?

で、16歳の私、時々エッチなこと考えながら週刊プレイボーイなど読んでおりまして、ある号の誌面を見てビックリ!
オフコースとチューリップのオリジナル・アルバムが同じ日に発売され、誌面に見開きで左側がオフコースの『I LOVE YOU』、右側がチューリップの『2222年ピクニック』の広告が入ってました。
高校生の当時の私でも、オフコースとチューリップは、ライバルで、バンド同士も仲が良い、同じレコード会社に所属する人気グループってことも知っておりました。

なんで、この2つのグループが同じ発売日でアルバムを出すのだろう?
競わすなんておかしくないか?
・・・オフコースに何か早く作品を出さなきゃいけない事情でもあるのか?

そんなことがあってこれが「レコード会社」っていう音楽の裏方に興味を持つきっかけとなり、それから8年後にワーナーミュージックというレコード会社に入ることになるのでした。東芝EMIには入れませんでしたが・・・。

と言う話はさておき、この週刊プレイボーイの見開き広告を見て、あまりにジャケットを気に入って買った『2222年ピクニック』から本格的に好きになったチューリップ。

チューリップ/2222年ピクニック


サウンド感はオフコースの方が好きでしたが、アルバムのジャケットはチューリップの方が好きだったなぁ・・・。
それと演奏はチューリップの方が上手かったように思う。
そこから遡るように過去のアルバムもよく聴きました。

ギターの安部俊幸さんが亡くなったニュースで読んだのは9月9日。
この人のギタープレイは好きでした。
もう全盛期の再結成も見れくなっちゃった。
ずっとインドやネパールに住んでいらっしゃったらしく、そういうことも知らなければ、なくなったのが7月7日で、2ヶ月も経てニュースになるってのも、何だか悲しい。

64歳、合掌。
我が青春の一部。

もう誰か亡くなると、再結成できないってことを痛烈に感じます。
オフコースだけがしていない再結成。その時は全国ツアー全部ライブ行くよ・・・。
by t_yana | 2014-09-09 10:36 | 音楽 | Comments(0)

金木和也くん

若くて新しい才能。
22歳・滋賀県在住。金木和也くん。
10月1日に、うちのレーベルからリリースする強力新人です。
ギターがメチャクチャ上手くて、歌声がすごく印象的で、ホントに良い曲を書く子。
アルバムタイトルは『LUCKY』。6曲入りのミニ・アルバム。
頑張って、税込1,500円で発売します!
是非、買ってください!

amazonでお買い上げの方→ こちらから
HMV ONLINEでお買い上げの方→ こちらから。(缶バッジの特典付)

6曲入りをダイジェスト・トレーラー風にメドレーでつないでみました。
youtubeで公開中です。是非聴いてみてみて!



金木くんは息子のようにカワイイ。
まぁ、充分お父さんであってもおかしくない年齢なのですが・・・。
それに滋賀県出身・在住って、訊くとうちの嫁さんの実家の近くだそうでビックリ。ますます親近感を感じてしまいますわ・・・。
最近若いアーティストと接すると、自分は全然若いつもりでいるのに、向こうにとってはどう考えても親父くらいの世代で、対等な感じで仲良くなれるのかな・・・?的な不安を覚えることもある。
まぁ若いつもりなのに、食事後にゲップとかしちゃうほどオッサンの年齢なんですが・・・。

で、彼はメレンゲが好きで、アルバムで言うと『初恋サンセット』が好きらしい。
ワシはその頃ちょうどメレンゲのマネージャーをやってて、このアルバムの発売時期はめちゃくちゃ忙しく、その様子は『メレンゲ・マネージャー日記』として毎日ブログでアップしておりました(これ書いてたの9年前やねんなぁ・・・)。
あの時に作られたアルバムを聴いて、影響されて、プロを目指す子が出てきたのか・・・と思うと、感慨深い。そりゃお父さん的な気持ちにもなるわ・・・。
自分が携わった仕事が、誰かの人生に影響するっていうのは嬉しいものですが、めぐり巡ってそういう人と自分が仕事をするってのも嬉しいしちょっと不思議な感じ。

というわけで、せっかくなので私も1曲だけパーカッションと口笛で、彼のアルバム参加させてもらいました。
メレンゲの「タイムマシーンについて」っていう名曲があるのですが、彼がそれをカバーしたい!ということで一緒に演奏しました。
2人だけの演奏で仕上げたアンプラグドなバージョンになりました。

そのほか全部良い曲。6曲。1500円。
是非、聴いて買って確かめてみて!めちゃくちゃいいですから。
by t_yana | 2014-09-08 09:34 | お仕事 | Comments(0)

今の状況は・・・

15年ほどのワタミ仲間が、仕事を休んで夫婦水入らずで旅行に行った、とか。
それはそれで羨ましいが、行った先が高山だそうで、ますます羨ましい。

で、その近辺をいろいろ巡ったそうですが、高山って昔、奉行所があり、裁かれてすぐに刑が執行されるための拷問スペースもあった・・・とかで、当時のその様子がわかる記念館もあるそうです。
そこにあった印象的な画像を1枚いただきましたわ。

c0051760_9233629.jpg


あぁ、これ今の仕事におけるワシのポジションに似てるなぁ・・・と。
ていうか、こういう境遇の人、多いのではないでしょうか?
このオッサン、情けない顔してるよな・・・、うんうん、痛すぎると痛そうな顔を通り越して、情けない顔になるもんなぁ・・・。

それにしても、こんなツライ刑を誰が考えたのだろう?
2014年でも悪いことしたら、こういう刑を与えてそれを一般に公開したら、なかなか犯罪の抑止効果もあるのではないか?と。

犯罪者ではないですが、仕事でかなり追い込まれて、こんな感じです。
ここは頑張って早く脱出しなければ・・・。
by t_yana | 2014-09-07 09:16 | お仕事 | Comments(0)

ワタミに次々と挑みかかる兵(ツワモノ)たち

ワタミも変わった。
まず、ワタミ・アプリは、今まで「3回の来店ポイントでワタミ焼酎1本が無料」になっていたが、前回のアプリのリニューアルで「5回の来店ポイント」になってしまった。
これはヘヴィ・ユーザーにとっては痛かった・・・。
メニューも、何だかまた変わってしまい、だいぶ安くて満足できる高コスパメニューが減ってきたぞ!

そんな中、次々と飲食業界からワタミに挑みかかる存在が出てきた!
まず、だいぶ前から注目されていたが、サイゼリア。
先週末に、芸術家の守章さんの次の作品に協力してほしい・・・と頼まれ、協力しに行った帰りに「メシおごります・・・」とサイゼリアでワインのみ。
500mlのデキャンタ(380円)を3本空け、そこそこ料理を頼んでアバウト3,000円。
ちょうど1人あたり1watami(≒1500円)だ。
満足度はかなり高い。

そこに来て、衝撃のニュースが!
何と吉野家が、夜に飲み屋に変わる「吉呑み」という店をやっているらしい!
c0051760_23411641.jpg

値段は以下のように説明されている。
(右上から時計回りに)「生ビール」(310円*キャンペーン価格)、「枝豆」(150円)、「まぐろ刺身」(300 円)、「牛すじ煮込み」(350円)、「牛皿(並)」(250円)、「メンチカツ」(350円)、中央は「子持ちししゃも」(350円)。そのほか、「ホッピーセット」(400 円)、「角ハイボール」(350円)など、アルコール類も充実(*価格は店舗により異なる)
恐らく・・・だが、たくさん飲むならワタミの方が安いと思う。ただし、ちょこっと飲んでちょこっと食べる・・・と言う感じなら、ココが安い。
今度一度行ってみて、ワタミとのパフォーマンスの差を検証してみようと思います!

そしてそれを見て・・・なのかどうなのか、すごい強敵が現れた!
何と富士そばで、そばを頼まず、ビールと天ぷらを食べる!との作戦だ!
富士そばで飲む!

富士そばは今、生ビール(350円)を240円(24を「ふじ」と読ませる)に、ひそかに値下げしているらしい。吉呑みの吉野家でも生ビールは310円なので、富士そばの値段は圧倒的に安い。
それに110円ぐらいの天ぷらを2つほどつまみにしてビールを飲む。これで460円。ビール2杯飲んでも770円。
立って飲まなきゃいけないので、長居せず、恐らくビール2杯が限界のはず。
さっと飲んでさっと変えるには最適で一番安いと思われます。

選択肢が増えるのはいいことですが、「ちょい呑み」なら飲まなくていいや・・・と我慢していたのが、我慢しなくていいという便利な世の中になってきており、それはそれで飲んでばかりになるのではないか?と心配ですわ・・・。
by t_yana | 2014-09-06 23:31 | ワタミ | Comments(3)

SwingOut Sister @ Billboard Tokyo

1980年代に「Break Out」の大ヒットで一躍スーパースターになったスウィングアウト・シスター。
オサレ系音楽の象徴、ボーカルのコリーン様はオサレ女性の憧れ&お手本。ジャズっぽい音楽を基調とした「モテる音楽」ってこれでしょ?!・・・っていう典型として、大学の時より大好きでした。

その後、世界的な人気は落ち着いたものの、日本ではずっと高い人気を誇っておりました。・・・まぁ、日本人好みなんでしょう。
うちの奥さんもずっと好きだったそうですが、主婦などやっているとなかなかライブに行くこともできず、何となく放っておいたのですが、何かの雑誌なのか?スマホで見た何かのサイトなのか?に「スウィングアウト・シスター来日!」というニュースを発見し、「行きたい!」と騒ぎ出したので・・・これは行っておかねば、と思い、Billboard Tokyoに。
年代的に、あのコリーン様もいまや50代の中盤ではないか?と思われ、ここで見ておかねば、もう一生見れないかも知れない・・・とか思うと、少々の無理をしてでも見に行かねばいかんだろ?嫁は納得しないだろ?と。

というわけで、嫁とBillboard Tokyo でSwing Out Sisterのライブ。
二人でココに来るのは、3年前にLevel42のライブを見に来て以来です。
c0051760_2258538.jpg

まぁ、結論から言うと、今、週末に趣味でやりたいバンドはこれだな。

ジャジーでオサレでキレイな女の子のボーカルの後ろで楽器を弾く。
何の不満があるんだ??

コリーン様は相変わらず細くてオキレイでオサレでした。
表情が可愛くて仕草が何だかシャイ。・・・こういうところも日本人好みなのかも。

しかし、2人で良い席で見て、合計つまみ2品とドリンク3杯。
これでワタミ20回分の料金(涙)。

帰りに嫁さんをいつも行ってるワタミにご招待して、いつも食べてるものを召し上がってもらいましたわ。
by t_yana | 2014-09-03 23:39 | 音楽 | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧