平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

このブログを書いて5年ほ..
by t_yana at 16:15
そこまで言う?というか角..
by 名無し at 15:38
分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2013年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

女子高の文化祭に行ってきた

次女が今年から女子校の中学生となり、文化祭に行ってきました。
女子校の文化祭なんて、正直に申しますと、19歳の大学1年生の時に、当時付き合っていた子が通っていたプール女学院の文化祭に行って以来かも。
28年ぶり?

当時は女子高の文化祭は、生徒が学校から入場券を何枚か配られて、そのチケットをもらわないと入れないって言う学校が多くて、当時大阪で人気の女子高のO阪J学院の文化祭なんて知り合いから入場券もらって学校で売ってるヤツがいたほど。
しかし、次女の通う学校なんてそんなものはなく誰でも入れたりするので、大丈夫か?と思ったが行ってみた。
入ってみるとこんな感じ。
c0051760_2232710.jpg

昔とそんなに変わらんなぁ、と思いつつ、写真とか撮ると、
「すみません。撮影には許可証が必要です」
とか生徒の実行委員らしき方に注意を受ける。
厳しいものだなぁと思いつつ、こんなものをもらう。
c0051760_2234379.jpg

いろいろ歩き回ってみましたが、長女が通う共学の文化祭と比べると、まぁ派手さには欠けるものの、それでもなかなか楽しいものです。・・・つか中学校の文化祭なのでね。
同じ敷地にある高校に行けば、もっと派手になるのかもしれません。

マザーなどやっていて、キレイで上品なお母様方がいろんなものを売っていらっしゃるが、なぜかこんなものを売っていたので、「こりゃ安すぎるだろ?」と買ってしまう。
c0051760_2263811.jpg


んで、ホールがあって、そこでダンス部の発表を見る。
c0051760_13241152.jpg

(中は撮影禁止)・・・全国大会で上位に入るほどの人気のクラブだそうで、創作ダンスとか初めて見ましたが、なかなか感動的でございました。

うちの娘はというと、軽音楽部に入って、バンドでボーカルなどやっておりまして、それも見ましたが、まぁ中学一年生のバンドなので、演奏のほうはご愛嬌。
でも歌はうまかったよ。
なぜか男子が何人か客でいて手拍子とかしていたのが気になりましたが・・・。
最初にギターの音が出ない!!とか騒いでたので、娘が僕に「パパ、わかるでしょ?何とかして!」視線を投げかけられたので、いそいそとステージまでいって直してあげました。
「うちのパパ、バンドやってるからこういうの得意なの」
とか娘が説明してましたが、うちのバンドはそんなしょっちゅう機材でトラブってないよ?(涙)
んで、直すと
「おぉーっ!」
とか複数の女の子から言われたが、それはそれで気持ちがよろしい。

普段自分の娘が通っている学校に行くってのもいいもんです。
なんか「お父さんの会」みたいなのもあるらしく、入ってみようかしらん?
来年はPTAでバンドで出演したいなぁ、と。
by t_yana | 2013-10-26 23:09 | ファミリー | Comments(0)

TIMMに行って来た。

「命!」とかやってるお笑いコンビではなく、Tokyo International Music Marketという、音楽を中心とした日本のエンタテイメント・コンテンツを外国に広めましょう!というコンベンション。
お台場のホテルの地下を借り切って、アニメーションやらテレビ番組やらアーティストやらいろんなものを外国人向けにアピールするイベントです。
初めて行って来ました。
入り口に着くと、英語で案内が。
c0051760_14161537.jpg

ウロウロしてる人の日本人と外人の比率は6:4くらいか?
c0051760_14181754.jpg

こんな風に、いろんな日本の会社がブースを出しております。中には韓国はじめ海外のコンテンツ会社も出展しておりましたよ。
c0051760_14195421.jpg

で、気に入ったコンテンツがあれば、そこらにある椅子とテーブルで自由に商談するわけです。もちろん外部を遮断して商談するスペースもあるんだけど。
c0051760_14221583.jpg


で、その中で行なわれるショーケースライブに、我らがチャラン・ポ・ランタンが出演。もともと彼女たちはヨーロッパや台湾、カナダ、アメリカなどに呼ばれて演奏旅行したこともあり、日本はもとより外国でもアピールできそうなものだと思っておりまして、今回所属事務所さんがエントリーして、見事にこの場で演奏できるようになった、ということです。
ただし、こんな感じのホテルの宴会場・・・・。
c0051760_16364659.jpg

にしてもこのアウェーな場所で、普段どおり爆発的なパフォーマンスを繰り広げた彼女達はえらいぞ!演奏後は外人さんの業界関係者から問い合わせもあったり、インタビューもされておりまして、ブースで記念撮影なんかもしておりました。
c0051760_16385355.jpg


「クール・ジャパン」とか言っていろんな日本のコンテンツの輸出を後押しする試みがありますが、そう言う現場って案外面白いものだな、と思いました。それにエンタメのコンテンツってホント幅が広いというか、知らないものが多いというか、こういうところで初めて触れ合うことで発見するものも多い。
チャランポも、こういうところで、面白いものを探してる人に「初めまして」で届くとええなぁ、と思いつつ。
また、口笛太郎もこういうところでアピールしていいんじゃないか?とか思ったりして・・・。
by t_yana | 2013-10-23 23:11 | お仕事 | Comments(0)

水戸で口笛イベント!

以前にこのブログで告知した水戸での口笛のイベントに行って参りました。
意外にもに水戸は優秀な口笛奏者を輩出しており、本年度の世界大会でティーンの部で優勝した加藤万里奈ちゃん、そして成人女性の部で優勝した高木満理子さんは水戸市出身。
特に加藤万里奈ちゃんは、世界大会以来、中学生ながら水戸を中心に慰問活動をはじめとした演奏活動を続けてることもあり、地元ではちょっとした有名人なのだ。
まぁ、実際上手いし、カワイイから有名になるのも早いわな・・・。
で、なぜか万里奈ちゃんはお母さんも含めて、口笛太郎を気に入っていただいており、今年の6月にも八重洲のワタミでメシを食ったほどでございまして・・・。
そんなこんなで、全国の口笛教室の人が集まる年に1回の大発表会のお祭りは、今年は水戸でやりましょう!ということで、水戸市長までお祝いに駆けつけるイベントとなり、加藤親子の政治力を知りことになりましたわ・・・。
そこで、まぁ教室は持ってないけど、口笛太郎さん・・・ゲストでいかが?とお声をかけていただき、お邪魔することに。
c0051760_8413581.jpg


本番の日は朝早いので、前日に水戸入り。
車で水戸に入ってチェックイン。前泊で水戸に入ってる人たちは、昼間から市内観光などして、みんなメシ食ってる、とのこと。・・・電話してそこに合流。万里奈ちゃん親子もいた。
僕が合流するとみんな食事が終わっていて、なぜか「プリクラ撮りましょう」ということになり、プリクラ会場に。

今日び、プリクラは男子禁制てのがあったとは知らんかった。
c0051760_840211.jpg

んで撮影したらこんな感じ。
c0051760_8401917.jpg

どんだけメルヘンやねん。
ちなみに僕の下にいるのは、こちらも女性口笛奏者の草分け:分山貴美子さん。・・・分山さん・・・どうなの・・・お互い・・・。

で、プリクラ撮影後はみなさん解散となり、まだメシをちゃんと食ってない私は、ワタミにGo!・・・水戸まで来てワタミに行くのもどうかと思うが、何と満員で入れなかった!水戸のワタミ、恐るべし!
c0051760_842848.jpg



次の朝は、ホテルの朝食からスタート。水戸だけに納豆は必須アイテム。
しかし・・・バイキングの朝食は魔物。・・・「食べ放題」という言葉につられて、皿に盛りすぎるクセは死ぬまで治らんと思われます。
c0051760_8465051.jpg

おまけにこれを全部食べた後、第2ラウンドでモーニング・カレーも食す。
食べすぎやろ?明らかに・・・。

んで、チェックアウト後にイベント会場に向かう。
c0051760_850123.jpg

あいにくの雨。
とはいえ、この茨城県近代美術館、、駅からタクシーでも1メーターのところで、隣りには偕楽園もある、という絶好のロケーション。今度改めて来たいと思ったほどの美しさです。

会場に着くと、早速リハーサル開始。教室の生徒さん達の趣向を凝らした発表会となるのです。決して上手さだけを競わない・・・っていうポリシーこそが美しいですね、口笛なんですから。
c0051760_8525284.jpg


そんなこんなしてると、お昼のお弁当が到着したので「どうぞどうぞ」とか言われるが、朝ごはんを思い切り食い過ぎたので・・・と言いたいところをぐっとこらえ、「いただきます!」と食す。
それは何と、水戸だけに「印籠弁当」!
c0051760_8574910.jpg

腹一杯だが「この紋所が胃に入らぬか?」と言われているようで、「ははぁ---っ!」という気分で食べてみたら、ヘルシーで美味しかったです。

本番は非常に盛り上がりまして、高橋先生、分山さん、高木さんはじめ、たくさんの口笛奏者の皆様とも久々に交流も持てました。
万里奈ちゃんとも2ショット。彼女のステージもご立派でした。
c0051760_914431.jpg


また水戸には必ず行きたいなと思ってます。
できれば演奏で行きたいけど、観光でも見所は満載。

というわけで、水戸のみなさま、ありがとうございました!
by t_yana | 2013-10-20 23:03 | 口笛 | Comments(1)

何があったんだ?

日本は安全とか言われますが、外国で長く生活したわけではない大半の人は、それを実感できないもの。
しかし、この風景はどうだ?
c0051760_851855.jpg

これで無事にモノを盗られず無傷で帰宅できることは、幸せに思わなきゃいかん。
c0051760_854850.jpg

一体何があったんだ?
一車輌の中で5mと置かず、この人たちがいる姿は圧巻!

しかもなぜか座っている人の姿勢もユルい人ばかりでした。
何なんだ?この車輌は?
魔法にかけられた車輌か?

まだ忘年会シーズンでもなかろうに。。。

ちなみにこれは終電で、私は時間ギリギリに駆け込んだのでトイレにいけず、そこからじっと最寄り駅まで我慢するほかなく、かなりやばい状態だったので眠気どころの話ではありませんでしたわ。
そのかわり、「何だ?あのオッサン。ずっとモジモジしてる・・・!」とか思われてたかも知れません。
まぁ、どっちもどっちですな。
by t_yana | 2013-10-19 10:59 | 生活 | Comments(1)

ミナホでチャランポ

ミナミホイールに行って来ました。
ミナミホイールとは、大阪の人気ラジオ局FM802が主催して行なうイベントで、大阪ミナミのたくさんのライブハウスでたくさんのアーティストが一日中出演するのを、共通のパスで自由に見てまわれるっていうイベント。
なので、実施期間中にミナミを歩いていると、首からミナミホイールのイベントの入場バスを下げた人が、ぐるぐるライブハウスを回って歩いている光景がよく見受けられます。

今年は10月12日~14日の3日間。
我らがチャラン・ポ・ランタンが14日のMUSE HALLに出演するのに同行しました。
考えてみれば、僕がミナミホイールに足を運ぶのは、メレンゲのマネージャーをやってた時代以来。その様子はメレンゲ・マネージャー・ブログで今でも読めますが、これは2004年ってことなので、実に9年ぶりということで・・・。

最初はお客さんが入るかどうか?を心配してたのですが、始まる前からこんな感じ。
c0051760_721438.jpg

何と満員札止め!入場規制がかかるほどの集客!
今まで大阪のライブは売り切れたことがないチャランポですが、「わざわざチャランポのために入場券買って・・・っていうんじゃないけど、見れるチャンスがあるときには見ておかなきゃゃいけないな」と思ってくれる人がこんなに多く居たってことなのです。
今まで頑張ってきた甲斐があったわ・・・と、しみじみ・・・。
んで、ライブ中はこんな感じで大盛り上がり。
c0051760_7213136.jpg


ちなみにチャランポは、
11月6日に、初めてのライブCD+DVD『悲喜劇』がリリースされます!
「ライブ至上主義」を掲げるチャランポの、鉄壁のライブ演奏をベスト選曲でお届けする、まさにベスト盤のよなもの。しかも華やかな女の子ばかりのステージの模様を収録したDVDまで付いていて2800円(税抜)というお買い得商品!・・・しかも生産限定商品なので、追加生産はなし!の早い者勝ちです!
すでにamazonでは品切れ!・・・わぁ・・・キモチええわ!・・・。
あとは、HMV ONLINEで買うか、CD ショップでお買い求めいただくか?ということでございます。特にHMVはたくさん商品を仕入れているので万全ご安心ください!

で、youtubeから彼女たちのライブの様子を1曲アップしております。・・・アルバム『悲喜劇』から「サーカス・サーカス」です。

踊り子さんなどをフィーチャーしたステージは圧巻!早くこの規模のコンサートを大阪でもできるようになりたいなぁ・・・。

このアルバム発売後は、またまた精力的に全国ツアーに出ます。
皆さん、ここのところ更にぐぐっと力を付けたチャランポを見ていただきたく、是非CDをお買い求めのうえ、ライブに足を運んでいただければ・・・と。
スケジュールはこちらをご覧下さい。
んで、チケット・CDのお買い求めはこちらから。

いやー、レーベルやって新人がブレイクする瞬間ほど楽しいことはないです。才能が花を開く瞬間に寄り添えるってことほど素敵なものはないですね。
是非、チャラン・ポ・ランタンを間近でご体験くださいませ!
by t_yana | 2013-10-14 23:29 | お仕事 | Comments(0)

披露宴で口笛など・・・

久々に結婚披露宴に出席させていただきました。
前職の僕の部下の女の子。しかも美女。
旦那さんは、一流企業で働くさわやかイケメン&性格良し!のナイスガイ。
まぁ、稀に見るベストカップルです。
c0051760_6553621.jpg

今回は新婦側の主賓ということで、新郎側の主賓の挨拶の次に、僕が挨拶と乾杯の音頭をすることに。
人前で話したり演奏することは数知れず、披露宴の挨拶も(主賓ではないが)10回以上やってるので、全然平気なはずなのですが・・・
いざ本番となると・・・思い通りに話ができなかったと反省するくらい舞い上がってしまいました・・・。
結婚式の「最初のスピーチ」って・・・仕事やステージで話しをするのとは全然違う重圧があるってことに気付きましたわ・・・。

おまけに挨拶のあと、ちらっと口笛を吹こうとしたのですが、音がかすれてうまく音が出なくて、「すんません、続きは2次会で・・・」と途中でごまかしてしまった。
これ、口笛太郎を知る人にとっては、事件です。
人生で恐らく2度目の口笛失敗。
ちなみに初めての失敗は2007年11月にアコースティック・ギターの神様:石川鷹彦さんのライブにゲストで出演したとき。これは完全に緊張して音が出なかった。
それ以来です(涙)。

自分なりに分析してみました。
カレーパン食ってなかったからか?とか、空腹だったからか?とか、乾杯前なので口が潤ってなかったからか?とか・・・。
それもある。
でもね、正直言うと、口笛吹こうとしたときも少し舞い上がっていたのです。

なぜか?

披露宴の「最初にする挨拶」の重圧に加え・・・新婦側の友人で披露宴に出席してた女の子が・・・全員美人だったからです。
こういうシチュエーションで口笛吹くのは初めて。
あぁ・・・なんてワシは小心者なのだ・・・と改めて思ったが、何十人の美女の前で口笛を吹いたヤツなどまだ世界中でいないぞ?
しかも一目見て完璧に好みの女性が1人いたのだ(笑)。
そんな状況でやってみ?
ものすごい舞い上がって、音が出なくなるから・・・。


・・・という話はさておき、最近は会費制の結婚パーティーみたいなのが主流なので、ちゃんとした「披露宴」に出ることなんてここ10年くらいは殆どなくなっており、特に自分の娘がお年頃になってから披露宴に出たのは初めて。
・・・何か前とは違う気持ちでした。
新郎・新婦のご両親は、本当に立派に振舞っていらっしゃいましたが、「あぁいつか自分もあの立場になるのか・・・」とか思うだけで、ウルウルしてしまったわ。
最近は娘を連想することは涙もろくなってしまう。
そういう感情もあって、平常心じゃなかったのかも。

それにしても若い夫婦の門出を見るのは本当に微笑ましい。
これからはお互いを頼って、心の支えにして毎日を送ってくださいね。
パートナーを幸せにするってことは、自分と相手の両親を尊敬し幸せにするってことと同じ。
自分も、奥さんを大事にしなきゃと改めて思いました。

結局、口笛は2次会のパーティーでちゃんと披露して、少しは面目躍如。
来週末は水戸で久々にステージで口笛を披露いたします。
by t_yana | 2013-10-12 23:59 | 生活 | Comments(0)

なんとかSong・・・とか何やねん?

ある意味、今年知った一番衝撃の曲。
「LINE既読なのに返信来ないSong」 キャラメル・ペッパーズ。



あー、あかん。ないわ、このタイトル。この歌。
もうソナーポケットくらいで「何じゃ?この軟弱な歌は・・・」と思ってた自分が懐かしい。
質の悪い切なさの押し売りも、ここまで来たのか・・・と頭が痛い。

  LINEのID訊くのもマジで緊張したし
  最初に送る言葉スタンプも慎重に選んで送ったんだけど
  なかなか返信が来ない 既読表示にタメ息がぽとり
  笑顔や涙みたく好きもうつせたらいいのにな


歌詞を読んでみたら
お前らメンタル弱すぎ!
LINE既読なのに返信来ないことがそんな切ないか?そもそも、既読のものに全部、即座に返信するか?一体スマホやSNSに何を期待しとるねん・・・。粘着野郎が・・・。

んで、これが「お前の笑顔、オレが守るからSong」


何?この目新しさが全くない歌詞・・・。

あかん、久々に来た!生理的に受け付けないアーティスト・・・!

だいたい、切なくなるレベルが低すぎるぞ。ゆとり世代アーティストよ!
・・昔の歌なんて・・・
  ごめんなさいね 私見ちゃったの あなたの黒い電話帳
  私の家の電話番号が 男 名前で書いてある 

・・・やぞ?
  折れた煙草 の吸い殻で あなたの嘘がわかるのよ
  誰かいい人出来たのね 出来たのね

・・・やぞ?

切ないレベルが違う!と言いたいですわ。
「着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでるSong」とか
「15~16~17と、私の人生暗かったSong」なのだ。
もう「切ない」を通り越して「悲しい」わ・・・。

LINEなんて便利でインスタントなものがなかった昔は、それこそ
 ダイヤル まわして 手を止めた・・・
になるんですけど、今やダイヤルをまわすっていう電話が無くなってるので、番号がメモリーされてて自分で覚える必要がない携帯しか使わない若い人は、切なさがよくわからないんでしょう・・・。

しかしこんなのでいいのなら、ワシも切ないSongはたくさん書けるぞ!
 「ワタミに行ったのに一人2000円超えたSong」とか
 「資料作ったのに会議で使われなかったSong」とか
 「今年は期待したのに3位になりかけた2位だった虎Song」とか
 「宣伝費かけてイニシャル積んだのに売れずに返品になったSong」とか
 「最終電車で寝落ちして終点まで行ったSong」とか・・・。
 「いくら頑張っても予算に届かないSong」
 「お前の評価、オレが守るからSong」
などなど、身近にあるリアルに切ないことを歌にすりゃええんでしょ?

しかしだんだん理解できん曲やアーティストが増えてきました。
しかもそういうのが売れるんです。
なので、これも売れるのでしょうね・・・。
あぁその現象こそが切ないわ・・・。
by t_yana | 2013-10-10 23:10 | 音楽 | Comments(0)

「ワタミアプリ」で検索

何気なく・・・なのですが、「ワタミアプリ」をYahoo!で検索してみたら、広告枠を除いた上から8番目に、このブログでワタミアプリについて説明した日記が上がってる。
Googleで検索しても上から8番目だった。

たぶんワタミの広報が出したプレスリリースを掲載しているいくつかの大手サイトより上に来てるぞ。これからはワタミの広報は、僕にも情報ちょうだい。このブログに載せるから。
その方がワタミ好きには広がる。謝礼はワタミ焼酎サービスでええよ。
しかし、読んでる人は「いかに安く飲むか?」しか考えてない人が多いと思われるけど・・・。

10月2週目は、月・火・水・木と4日連続のワタミ通いとなる。
そんなことしてたら今、「スーベリアゴールドランク」やぞ?・・・ってわかる人少なすぎだが・・・。
c0051760_9525568.jpg

このアプリのおかげで、劇的に飲み代は節約できております。
皆様も是非。
by t_yana | 2013-10-08 23:34 | ワタミ | Comments(0)

から揚げの恨み

少し前ですが、ガストに言ったとき、から揚げ(4個入り)ってのを頼みました。
で、出てきたのがコレです。
c0051760_0534352.jpg

大きさの比較対象として、ヨコにタバコの箱を置きました。

言いたいことは2つ。

4つしかないうちの貴重なひとつが、こんな大きさってどうのなの?と。
Facebookに上げたら「ちょっと大きめの鼻クソやな」とか言われました。
いや、ここまで大きな鼻クソはないとは思う。
しかし、そのように例える気持ちもわかるわ・・・。
ちなみに「さすがにこれはちょっと・・・」と店員さんに言ったんだけど、笑顔で「ええ・・・そうですか・・・」とかわされてしまい、そのウェイトレスの女の子はうちの上の娘と同じくらいの歳の子のように見えたので、あんまりギャーギャー言うのもなぁ・・・と。いうことで黙りましたが、今から思い出しても腹が立つ。
ウェイトレスの女の子はさておき、キッチンのスタッフは普通コレは出さないだろ?お客さんに・・・。

で、もうひとつ。
皿はこの大きさが必要か?
もっと小さい皿にしたほうがいいよ?お皿がガラガラやもん?
広すぎて転がるし。見てても貧しい気分になるの。
こんな大きさの更に、これくらいしか乗っけられないのか?オレは・・・みたいな。

ワタミでは考えられません。
この件以来、何となくガストから足が遠のいてしまっているのですわ。
から揚げ好きは多いです。
なのでから揚げの恨みは、なかなか根深いですよ・・・。
by t_yana | 2013-10-06 23:44 | 生活 | Comments(0)

男の子の普段着

休みの日に、何となく次女とブラブラと出歩く。
んで、大きめのカジュアル・ウェア・ショップに入ってみる。
普段は全く何も気にせず店内を歩くのですが、何気なく店内を注意深く見てみると、とあることに気付きました。
男の子のカジュアル着って、30年前と全く変わってなくないか?
これ、30年前のアメリカ村で飾ってたものと殆ど変わらんぞ?と。
c0051760_02588.jpg

女の子の方は、よくわからないが、何となく当時と違っているのか・・・?とも思うんですけど。

もっと言うと当時は男の子は、ファッション誌を結構読んでいて、もっといろんなカジュアルファッションがあったような気がする。
アイビーだのフレンチアイビーだのトラッドだのDCブランドだのイタカジだの・・・。

更に言うと、30年前と比べても値段は上がってないどころか、安くなっているような気がします。

物価を考えたら、当時はお金をかけていたんだなぁ・・・と思いましたわ。
いい服着て、車に乗って、オシャレで美味いメシ屋に女の子連れて行く。
それに全ての金を注ぎ込むのが当たり前だった時代でございました。
カーステで「いい音楽を流すか?」にも命かけてました。
イコライザーがキラキラ光ってそれが車内のイルミネーションとなってたものでした。

NICOLEの靴下2,000円とか、Men's Melroseのセーター17,800円とか、学生の身分で、なんでそんなもん買ってたのか?・・・今思い出しても恥ずかしいわ。

音楽業界も厳しいけど、ファッション業界も厳しいのかもね。
by t_yana | 2013-10-05 21:19 | 生活 | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧