平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

このブログを書いて5年ほ..
by t_yana at 16:15
そこまで言う?というか角..
by 名無し at 15:38
分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東アジアカップ

無事優勝した日本。
今回は「1軍じゃないメンバー」とか言うけど、海外組がいないとは言え、Jリーグでレギュラーで活躍してる人ばかりです。
んで優勝。・・・おめでとうございます。

しかし最後の試合が・・・・韓国戦ということで、案の定、勝っても負けても後味が悪い国なわけで、予想通り後味が悪い。

今、韓国は経済が非常に悪く、社会自体がよくない雰囲気。
格差社会。治安や民度の悪化などなど。
みんな異常なほどストレスを抱えて生きているらしい。

そこで、学校・家庭・社会と国全体で反日教育をして育てられた人たちが社会に出て、解決しようがなく永遠に続くストレスの中で身をおくわけなので、そのストレスが日本に向けられるのは、まぁ仕方ないと言えば仕方ない。
でも、それって日本の問題と言うより韓国の問題なわけで、もうそっちで解決してくださいって言うしかないわけですが・・・。

それに、今、韓国では野球もサッカーも国内リーグで観客がガラガラです。
たぶん韓国は野球にもサッカーにもそれほど興味ないんでしょう。
バカ騒ぎで国を応援したり相手国をアホボケカスと声高らかに言える機会がほしいだけなのでしょう・・・ストレス発散のために。
だから、国の代表が戦う国際試合しかお客さんが入らない。
で、ストレス発散で良くない事をしても、それを正当化する必要があるので相手を理不尽に責める・・・という繰り返し。

今回の東アジアカップのホスト国が韓国。
しかしながら、インタビューの担当は日本語の通訳が付かないとか、韓国チームだけ別ホテル。他のチームはみんな同じホテル・・・とか、専属のシェフの受け入れを拒否して「こちらが決めたものを食え!」ということがあったりとか、やれる範囲の嫌がらせは全部やってきたのに、・・・日本に敗北して優勝できず・・・。
しかも最後に、「もう五輪で懲りてるだろ?」と誰もが思ってたにも関わらず、さらに大規模で歴史(しかも間違った)や政治を競技場でアピール・・・。

だいたい東アジアカップって、殆どのスポンサーが日本です。
しかし日本にとって、特にこの大会が何のために必要かっていうのがわかりにくくなっているとのこと。
しかも、日本相手だとここぞとばかりラフプレーを仕掛けてくる国ともやらねばならず、選手も危険なわけです。
わざわざこのカップを日程調整してまで日本以外でやる意味もないような・・・。

それに案の定、今回の東アジアカップのことで韓国はあることないこと無茶苦茶言っておりまして、予想した通りというか、それを超えて「全部日本が悪い」モードになっており、迷惑を通り越して単に見ていて滑稽で楽しくなってきているくらいです。
もう、いっそのこと韓国とは一切交流戦はしないってのもいいかもしれません。
そうすりゃばモメなくてすむ。
両国の健全な関係の構築のためには、「関わらない」っていうのが案外マジで一番いいんじゃないか?と思う今日この頃でございます。
by t_yana | 2013-07-30 01:32 | スポーツ | Comments(0)

打ち上げ&決起集会!

子供ばんどは、憧れのバンドのひとつでした。
しかめっ面せず、笑ってロックをやってもいい、と教えてくれたバンド。
んで、ライブがめちゃめちゃ盛り上がるバンドでした。
でした・・・って、今でも全く変わらないんだけど。

音楽関係の仕事をやってて、一番ドキドキするのは、自分のアイドルと仕事でご一緒できる時です。
子供ばんどの25年ぶりのアルバム『Can Drive 55』の発売に関わった関係で、最近はうじきつよしさんはじめとして、メンバーの皆様とも親しくさせていただいております。
仕事なので普通の顔してますが、実は相当うれしい。

んなわけで、時間が経ちましたが、5月5日にアルバムが発売された打ち上げと、・・・遂に秋に全国ツアーが決定!したお祝いと、これからもがんばるぞー!という決起集会を行なうべく、新宿3丁目の「世界のやまちゃん」へ。
c0051760_1161135.jpg

やまちゃん、飲み放題のコース料理で1人4000円!
料理も結構ボリューミー。安いよ。ワタミレベルで安い!

というわけでみなさん、たくさん飲んでらっしゃいました。

子供ばんどって、普段見てても面白いところがいっぱいあって、リーダーうじきつよしのワンマンバンド!っていうわけじゃない・・・というか、それより自由なメンバーが複数いらっしゃって、うじきさんがむしろまとめ役っぽい部分もある。
もう40年も一緒に付き合ってると、そりゃいろいろあるんでしょうが、傍で見てると微笑ましいし、羨ましい。
そういうのいろいろ通り越して「今が一番いい!」って思っていらっしゃるようです。
激しく同意。

そんなこんなで、東京、名古屋、長野、大阪、仙台、福岡の6箇所に、子供ばんどがツアーに向かうぞ!
みんな、つまらないオトナになっちゃいかん!
たまにはロックで盛り上がるのだ!
ということで、子供ばんどのツアー、チケットのお申し込みはこちらから。
http://kodomoband.jp/live/detail.php?id=1006029
もちろんアルバムも絶賛発売中です。

c0051760_1294827.jpg

by t_yana | 2013-07-28 23:29 | お仕事 | Comments(0)

横溝正史みたいな・・・。

ちょうど少し前に親しい人と数人で飲んでいて、なぜか揃いも揃って横溝正史ヲタだったので、久々に犬神家の一族がどーだとか、悪魔の手毬唄の岸恵子がキレイだったとか、最高傑作は獄門島だとかそう言う話をして、私が助清のモノマネをやって盛り上がっていたのでした。

で、酔っ払って帰って、その勢いで「犬神家の一族」のDVDとか見てしまい、ほぼ一睡もせず次の日に出勤したりとか、次の日は「悪魔の手毬唄」見て、2時間くらいしか寝ずに次の日に出勤したりとか、そういうことしてた矢先でした。

山口県周南市金峰で起きている、集落連続殺人事件。
もうこれはドラマなんじゃないか?と思うしかないのであります。
しかも、「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」という句まで詠んで失踪した人間もいる!
これは「獄門島」と同じ手口か?
金田一なら
「つけびして・・・・達筆すぎて読めないなぁ・・・」
とか言ってしまってるかもわからんくらいです。

それにしても2013年にああいう集落ってのがあって、そりゃ物凄く閉鎖的なんでしょうが、東京に居ればわからないことがたくさんあります。
もっといろんな関係者が出てきて、できれば3代前くらいまで遡って人間ドラマの怨念があったりしたら、もうドキドキものなのですが・・・とか不謹慎にも思ってしまいます。

しかしながら実際に被害にあわれた方もいらっしゃるのでアレですが、田舎は田舎で平和じゃないところもあるのですね。
都会は隣りは何してる人かわからん・・・っていうのが、怖い反面、気楽なのかも?です。
by t_yana | 2013-07-25 23:54 | ニュース | Comments(0)

選挙ですね・・・。

テレビで「選挙に行く、行かないは当日決める人が殆ど」って言ってた。
本当なのかな・・・?

「自分が選挙にいったところで、世の中は変わらない」
・・・ってよく訊きますが、それを言う人はホントにそれが正しいと思ってるんだろうか?
それどころか、間違いなく言えることは
「あなたが選挙に行かないと、世の中は変わってしまいますよ」
ということなのです。
この国は、どんな政策を打ち出すか?より、投票率が低いことの方がずっと問題だと思うのですが・・・。

例えば世の中を変えようと、票を集めをしようとしている人は絶えずいます。
それが例えば、普通の善良な日本人にとって不都合な団体だったら?・・・と考えるのは、あり得ない話ではないです。
例えば、大手宗教団体が後ろにいる政党は、投票日に雨が降ると喜びます。投票率が下がり、几帳面に投票に行く信者さんの票の占有率が上がり、彼らに都合のよい世の中になるからです。
もしその特定の宗教団体の後ろに、日本にとって不都合な国の勢力や人がいたりすると、非常によろしくないことになる。

また、若い人が投票に行かず、お年寄りばかりが投票に行くと、若い人よりお年寄りばかりを優遇さする政党に票が集まり、そういう世の中になります。

ネットでの選挙運動が解禁になるっていうのは、いろんなリスクはあるけど、選挙情報を若い人が得やすくなり、興味を持ちやすくなり、投票率を上げれるチャンスなのです。
特定の宗教団体や既得権を守ろうとする旧態依然とした団体をケチらすためにも、1票が必要なのです。
もしくは、このままの日本を守りたいと思っている人。
「変えてしまいたい」と思う勢力から守るために、票を入れねばならないのです。

個人的には、改憲は支持するし、TPPも賛成するし、アベノミクスも概ねOK。
でも自民の原発に関する考え方はやだ。

民主は、何も期待してません。
誰の味方にもなってくれませんでした。
自滅により2大政党の夢を壊してくれてありがとう。
しばらく休んで下さい。

公明党は・・・すんません。朝から電話かけてこないで下さい・・・眠いですから。
ご近所さん。家まで来ないで下さい。
今まで鬱陶しいから「わかりました、その人に投票します」と言ってきましたが、1回も入れたことないし、これからもないです。
うちはそっちに興味ないので・・・。

共産党は、ワタミの中傷ビラ撒いてたから、アウト

そんなこんなで、自分と「ぴったり」ってのがない中で、「近い」ってところを探しております。チェックリストを作って単純に「×」の数をみたら、社民党は維新政党新風より「×」が多かったり、みんなの党と維新の会が案外近かったりしますが、どうするかはまだ考え中。

歴史を勉強すれば、世の中が変わるときは、小さな力が集まったときだってことがわかる。
加藤登紀子さんが言ってた。
「革命とは起こすものではなく、今、起きている現象を認めること」と。
つまり革命は革命家ではなく、普通の名もない小さな人たちが知らない間に起こしていて、それが広がって行くものなのですね。
一寸の虫にも五分の魂。
決して無駄にすることなく、ちゃんと投票しましょう。
by t_yana | 2013-07-20 17:26 | 生活 | Comments(0)

ブラック企業と共産党

僕は共産党を支持しているわけでもなく投票したこともないんだけど、なぜかこの政党の悪口をいう気にならない。
いい悪いは別にして、ブレてない・・・っていうのもあるし、
志位委員長の話って党首の中で一番上手いと思う・・・ってのあるし、
「もう、そういう人たちなんだから悪く言っても仕方ない」・・・って思ってるってのもある。

しかし、本日非常にイヤなものを見た。
恵比寿で共産党のビラを撒いているところに遭遇。
「ブラック企業反対」と、ワタミを実名を出して「悪い会社だ」とビラをまく姿を発見。
・・・なんて手段を選ばない姑息で浅はかな政党なんだろうと思った。
それはワタミ元社長の渡辺美樹が自民党から出馬してるのを潰しにかかろうとしてるんだろうが、その前にブラック企業をちゃんと定義付けし、ちゃんと調査したことあんの?と思った。
そういうこともやったこともないクセに、選挙対策での話題作りのために、イージーに社名を出してバカ騒ぎするな!と言いたい。
もっと酷い会社は上場企業でもたくさんあるよ?社名言おうか?今・・・。
だいたい共産党本部なんて、給料の遅配も当たり前っていうような職場環境だと訊いてますが、ちゃんと金が払われないってのもブラックなんじゃないのか??

そもそもブラック企業対策を、国政選挙に使うなっつうの!
すでに労働法があるわけで、法律違反は共産党が勝とうが負けようが行政が粛々とやるべき話しだろ?
国会は立法機関。・・・選挙で騒ぐなら、ブラック企業対策でどんな法律を作って国会に出したい!ということを具体的に公約として上げろよ。
これじゃ選挙期間に、ただ特定の企業の悪口を書いて、選挙期間中だから何やってもいいだろ?的に街中でビラ撒いて営業妨害してるだけじゃないか?

それに、ビラで「悪い会社」と罵られたワタミで、頑張って働いてる人の気持ちって考えたことあんのかよ?と思う。
・・・ライバル企業と言われている「魚民」のモンテローザ社は、みんなが働きたがる恵まれた職場なわけか?「村さ来」や「養老の瀧」や「天狗」チェーンはどうなんだ?もっと高給で労働時間が短く、ワタミと比べて離職率が低いのか?と。
他の居酒屋から金でも貰ってんのか?とすら思う。

ちなみに、かく言う私も渡辺美樹の出馬には反対。
しかしそれとこれとは別だろ、と思う。
今回のそういう共産党の態度は許せん。
意地になって週明けにもワタミに飲みにいってやる!
by t_yana | 2013-07-19 15:59 | ワタミ | Comments(0)

5社が2社に

僕が転勤で東京に来たのが1995年。
で、何となく知り合って、1997年くらいから頻繁に仕事を一緒にしたり、飲みに行ったりしてるレコード会社の仲間がおります。
当時は、フォノグラム、ポリドール、EMI、BMG、ソニーミュージック・・・で僕はワーナーミュージックにいて全員30代の血気盛んな若手社員で、そこから16年経った今でも年に何度か集まります。

このたび、その中から出向で、レコード業界の関連会社の社長になられた人がおり、「とうとう我々の仲間から社長が出たか!」「こりゃ祝い酒じゃ!」ということで、それをネタに集まり、飲むことに。

結局16年経って40代後半を迎えた今でも、男たるものシモネタで盛り上がらねばいかん!・・・とばかりに毎回そっちの話しで盛り上がり、みんななぜか角川映画にやたら詳しく、僕が助清(というか青沼静馬)のモノマネやらされて場が盛り上がって最高潮に達しお開き・・・というのも、あんまり変わらん。
まぁそれが楽しいわけですが・・・。

ただ、「あいつ死んだ?」とか「あの人、まだ生きてるの?」とかそう言う話しが増えてきました。
やっぱり歳とったんですね、我々。
まぁ音楽業界って、やたら酒飲むし、時間不規則だし、不健康だからか・・・?

フォノグラム、ポリドール、EMI、BMG、ソニー・ミュージックの5人は、転職もしないのに、ソニー・ミュージック2人、ユニバーサル・ミュージックの3人となりました。・・・業界の資本関係の移り変わりを感じます。
僕はワーナーから転職しましたが、ワーナーが音楽業界の資本再編の荒波の中、独立を保ってるのが非常に不思議。すごいね。

考えてみれば、私の最初の就職先は証券会社でしたが、そこもなぜか金融再編の荒波を潜り抜け、奇跡的にまだ独立独歩を辿っております。
・・・オレはそういうところを無意識に選んでしまうのか・・・?
by t_yana | 2013-07-17 23:17 | お仕事 | Comments(1)

あまちゃん

もうね・・・・
アホ!とか、ボケ!とか、カス!とか、言ってもらって結構。

c0051760_683963.jpg


今さら『あまちゃん』見始めました。

日曜の昼に、前編の総集編があったので、見てみました。
その直前でやった今週のハイライトも見ました。

こんな面白い話だったんや・・・。
そりゃ話題になるわな。

今まで見ずに「話題ですよね」とか知ったかぶりして話を合わせててた自分が情けない。・・・これからは心してみます。
明日からは、驚いたら「じぇじぇじぇ」と言います。

しかし、主演の能年玲奈ちゃんってめちゃくちゃカワイイね。
たぶん今年の年末の紅白は、「あまちゃん」総出演になるような予感・・・。

まわりでは
「『あまちゃん』が終わったら、毎日何を楽しみに生きていけばいいのかわからん」
「最終回が来ることを考えるだけで、生きるのがつらい」
「NHKの受信料を生まれて初めて払う気になった」
などと言っている人もおりますが・・・。

問題は毎朝、ドラマが始まる前に家を出なければならないってことなのだ。
あと、総集編じゃなく、全話見たくなってきた・・・。
これってDVD化されるのかなぁ?
by t_yana | 2013-07-14 22:12 | 生活 | Comments(0)

非リア充は、万国共通の感覚?

もう10年以上付き合いのある人で某ネット検索エンジン大手のG社に転職して、しかも偉くなっちゃったってヤツがいるんだけど、今でも時々連絡など取り合ってて、定期的に飲みましょう、ということで、六本木ヒルズへ。
ヒルズで飲むなんて滅多にないので、店を探すのに迷う迷う・・・。

で、指定されたお店「新(ARATA)」に集まった人に「初めまして」の人が何人かいて、話してみると、日本の「Kawaii(かわいい!)」って感じるカルチャーを世界に向けて輸出したい、という会社を興した人がいて、いろいろ話を聞かせてもらった。
c0051760_21321624.jpg


先日、パリで行なわれた「JAPAN EXPO」に行ったときの話しだそうですが、特にフランスでは日本のアニメだけじゃなくアイドルもすごく人気がある、と。

・・・それでよく見てみると、アイドルを応援している姿というかポーズというか振り付け・・・みたいなものも、日本人と同じようにしていててそれで盛り上がっており、・・・もっとよく見ると、応援してる子たちは、日本と同様、「おまえ、実生活では絶対リア充ちゃうやろ?」と思われる・・・たぶんモテなさそうな外人の男の子ばっかりなのだそうです。

そんな話を訊いて思ったこと・・・もちろんこれは私の推論なのですが。

今までは、世界中でスポーツできる男やカッコイイ、たくましい男などがモテて目立ってチヤホヤされるイヤな世の中だったのです。
しかしもちろん世の中は、そうではない(・・・ヒーローの影で目立たな生きてる)男の方が多く存在します。
たぶん・・・そういう負け組「非リア充」野郎のマインドは、世界共通なのでしょう。・・・彼らの気持ちや願望にグイグイ入ってきたのが、日本のアニメやアイドルだったのですね。
・・・さらに「オタク」というグループ称号を与えてあげることで、
「イケてない君達、・・・そのままでもいいんだよ・・・」
と彼らの存在意義と、外に彼らの居場所を作り、表舞台に引き上げることで、一気に状況が広がりだしたんです。

「非リア充」たちが引きこもり気味ってのも世界共通だったと思われるが、そこで彼らがドップリだったインターネットの功績も大きい。
自国のマスメディアに登場しなくても、彼らはネットを駆使して日本のアニメやアイドルと出会い、「いかに自分たちの非リア充マインドを埋めてくれるか」ってことを知った・・・のみならず、自分と同じ境遇の人たちと知り合い、交流し、組織化し、ともに活動するまでに至ったのですね。

ここまで一気に結論が出たところで、金目鯛の煮付けが到着・・・。
c0051760_2153528.jpg


まぁこれも推論でしかないんですが、そういう「オタク向け・カルチャー」っていうのが日本からは出てくるってのも何となくわかる。
日本は「非リア充」に優しいお国柄だったのですね。
例えば野球でいうと、決勝ホームランを打った打者よりも、打たれた相手方のピッチャーや、負けたチームの「ベンチ入りしてるけどレギュラーじゃない主将」や、はたまた1回戦でコールド負けしたチームの女子マネージャーの話しなんかに感動したりする国民性。
リア充も非リア充も、勝った人も勝てなかった人も、みんなにスポットライトが当たり、仲良く暮らしてたので、特に非リア充向けのカルチャーが出てきたからと言って、冷たい目で見ることもなく、ちゃんと社会の中で健全にいろんな人から消費してもらえる・・・受け入れられる素養があったのです。
このあたりの感覚があったので、日本はオタク・カルチャーの担い手としてコンテンツを輩出し続けることができたのではないか?と思うわけです。

もともと非リア充は、女の子と遊ぶために高い食事や洋服などにお金を使うことがないし引きこもりガチなので、所得が高いかどうか?はさておき、使えるお金はたくさんあると思われます。
消費能力が高いのです。
今後、例えば日本のアイドルが、世界の音楽シーンの中でマジョリティとなるか?と言われればそうでもないんですけど、限られたパイであっても底にいる人の購買意欲と消費能力が高ければ、マーケットとして成立するのかもしれない・・・そう感じたのです。
少しでも「カワイイ!」って要素がある女性アーティストは、日本だけじゃなく、海外でもマーケティングを考えたほうがいいかもしれませんね。

こうなりゃ言葉の壁を越えるべく、美少女口笛奏者5人組とか結成すれば、海外でウケるかもしれないな。
オッサンが口笛吹くよりは売れそうな気がしてきたわ・・・。

G社のO君、いいセッティングありがとうございました。
みなさん、また飲みましょう!
by t_yana | 2013-07-10 23:21 | お仕事 | Comments(0)

七夕の夜の出来事

チャランポのライブ後って、基本的にみんな片付け次第、「お疲れ様でした」って帰って行く。
もちろんお年頃のお嬢さまたちばかりなので、早く帰るほうがいいんだけど、ライブ後の「打ち上げ」ってのをやったことがないのです。
スタッフ同士で軽く乾杯したり、大阪でライブ終わったあとに「今から車乗って帰るけどその前にみんなでメシ食う」とかそういうのはあったんだけど、「打ち上げ」をやったことがないグループなのです。

それがなぜか、七夕のライブの時は、打ち上げをやることに。
初めてだわ。マネージャーのねこ太くんもそう言ってた。

で、その打ち上げ会場ってのが、鶯谷の中華料理屋?かどうかわからんような、何とも言えず親しみやすい店なのだ。
僕らが入るや、お客のオッサンが酔っ払って店員にクダまいてるし、中華料理店なのに店内に「急募」とかいう張り紙があって、「店員さんの募集か」と思ってみてみると
c0051760_2115859.jpg

「木造解体工 運転手」・・・なんでここで募集するねん?
しかも「給与、国籍、要相談」とか書いてるし・・・。
いやいや・・・国籍、要相談って言っても、漢字で書くと、中国人、日本人、台湾人しか読めないだろう・・・。

おまけに、メニューの写真見て、カリカリチーズを注文したところ、メニューと出来上がりが全然違う・・・。個数が違いすぎるだろ・・・。
c0051760_2116034.jpg

でも、あまりに庶民的で、そういうのをイチイチ突っ込むのも悪いな、思わせる不思議なお店でしたがな。
23人で4万円ちょっと。
安いわな・・・文句言っちゃいけません。

んで、その後に帰宅すべく鶯谷から山手線に乗ったらこんな人がいた。
c0051760_21164159.jpg

何をしてらっしゃるのでしょうか?
男なのか?女なのか?
人間なのか?連邦軍の新しいモビルスーツなのか?
・・・謎だ。

山手線沿線でも普段は、池袋~新橋あたりの半分しか乗らないのですが、そのもう半分ってのはなかなか沿線の店も、電車内もワイルドだということがわかった・・・。
上京して18年ですが、まだまだ知らないことが多い東京なのでした。
by t_yana | 2013-07-08 23:52 | 生活 | Comments(0)

チャランポの七夕

我らがチャラン・ポ・ランタン。
4月にフル・アルバムをリリース以降も活動のペースを緩めることなく、いろんなところで話題を振りまいておりますが、彼女達が毎年やっている七夕企画ライブ
「織姫、彦星、遠距離恋愛もう限界」
が今年も行なわれるということで、鶯谷の「キネマ倶楽部」に。
c0051760_18425712.jpg

元キャバレーと言う感じで、昭和のにおいのするステージが、なぜだか彼女達には合うのです。
c0051760_18431679.jpg

この日は500名以上のお客様がいらっしゃいました。
c0051760_18433726.jpg

昨年の七夕ライブは、200名に届くかどうか?って感じだったから、まぁ1年で約2-3倍にがなったわけで、ゆるやかながら彼女たちの音楽が世の中に広がって言ってるのがわかる。

ライブは、かわいい女の子ばかりのホーンセクション・バンド「カンカンバルカン」をフィーチャーした派手で華やかなセットリスト。お客さんも大満足でございました。
こうやってアーティストが大きくなっていく過程に携われるってのが楽しくてこの商売やってるわけでございまして、皆様にも是非機会があれば彼女達の演奏をCDで聴いたり、生で見たりして欲しい、と切に思っております。
彼女達はホントにハイペースでライブをやっておりまして、そのスケジュールはこちらからご覧になれます。
http://charan-po-rantan.o0o0.jp/Schedule.html

11月には青山円形劇場で2日間連続のライブを予定しております。
レコード会社としても、いろいろ動かねばならん・・・と。

この夏は京都、名古屋、札幌といろんなところに出掛ける彼女たちを是非よろしくお願いします!


というわけですが、他にびっくりしたことと言えば・・・実はこの夜は、チャランポのライブ史上初めてとも言えますが・・・「打ち上げ」があったのでした。
by t_yana | 2013-07-07 23:49 | お仕事 | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧