平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

矢口真理よ、胸を張れ!

ここのところの芸能ニュースは、矢口真理の独壇場!

旦那が出張中に、イケメンモデルを自宅に引きずり込んでイチャイチャしてるところに、仕事を早く終えた旦那が帰宅し、現場にハチあわせ!
浮気相手は、突然の出来事にクローゼットに逃げ込むも、引きずり出されて土下座!
んで、離婚!
しかも多額の慰謝料!
体調不良を理由に、出演辞退!
で、昼のレギュラー番組降板!

こんなバカな話は久々です。

今まで全く興味なかったですが、こんな状況になって初めて、非常に気になる存在になってきましたがな。・・・んで、とうとう他の芸能人まで、彼女のことを悪く言う人や、いろいろ暴露しようとする人が出てきた。

いわく「ネタはこれだけじゃない。まだまだある!」とのこと。

ここまで来れば、八方塞がりで頭抱えてる姿を妄想してしまい、「幸薄好き」の私の心が動かないはずがない・・・となる。
いや、今一番好きな芸能人かもしれません。
「芸能人で元アイドルで身持ちが悪い」
「暴露されて干される」
・・・なんと魅力的なのでしょう・・・。

しかし、なぜレギュラー番組を降板させたのか?
テレビ局いわく「昼の番組で、主婦層の反発が予想されるから」だと?
いや、今一番数字取れるのは、矢口本人の出演でしょ???
ここはひとつ、レギュラー枠を拡大して、「矢口っちゃんの『イケメン探索隊』」とか、夫婦相談とか、そういうコーナーをやらせる方が、テレビ的にはずっとオモロいわ。

その浮気相手とされる梅田賢三なんて「クローゼット梅田」なんていうニックネーム付けられたりしてるらしく、芸の幅が広がったとすら思う。

矢口真理は「プッチモニ」ならぬ「ビッチモニ」を結成して、加護ちゃんと一緒に再デビュー!とかになればかなり話題になりますわな。
握手会も長蛇の列だ!

芸能人と一般人は別。
同じモラルで縛ろうとする方がおかしい。
矢口が何をしようが自分とは関係ないんだから、見てるほうはこのスキャンダルは思い切り楽しみ、次に出てくる新しいネタを心待ちにしておきましょう!

ファンキー・モンキー・ベイビーズが解散しないなら、次のシングルのジャケット写真は矢口真理だっただろうに・・・。
ということで、ここしばらくは矢口推しで行くことにします。
矢口真理よ!芸能人らしく、楽しくワクワクするネタを提供し続けてね。
by t_yana | 2013-05-30 23:21 | ニュース | Comments(0)

韓国では神様は大量殺戮をする存在なのか・・・?

あんまり政治的な事も書きたくないとは思うけど・・・。

「原爆投下、神の懲罰」と韓国・中央日報。
「日本軍国主義へのアジア人の復讐」



との記事が韓国の新聞に。
韓国では名のある新聞社だそうですが、この件について日本が抗議したところ、「担当者の意見であり、社の意見ではない」と弁解したそうです。
かの国には、新聞は校閲もないのか・・・と驚く。

年中いろんなところで日本の悪口を好き勝手に言ったり書いてる国のよくあるひとつの事象だし、別にとある新聞社の記事であって、政府として発表したわけじゃないので、気にしなけりゃいいんだけど、

・アメリカが「神」だと言ってることに気付かないこと。
・「核兵器」を正当化してること。
・そして「神」は大量殺戮をすると言っていること。
・原爆て、亡くなられた韓国人も多数いらっしゃることに配慮が感じられないこと。

というところが本当にどうしようもないな、と。

韓国はキリスト教徒が多い国なのに、キリスト教団体はよく黙っているな?と不思議・・・まぁキリスト教って・・その実、かの国ではキリスト教を名乗るカルト教団がほとんどなんだけど。

差別はいけない。
しかしながら、嫌われる原因ってのが、ここまでハッキリしてるってのも珍しい。
永遠に、謝り反省しひれ伏し続けて、お金を支払い続けてほしい国なので仕方ないな。

結局、マスコミも政治も、民衆の支持を集めることを日本叩きでしかできない国。
プラスではなく、マイナスのエネルギーでしか人の心が集まらないっていう不健全な状況は、滑稽な反面、かわいそうとも思いますけどね。
by t_yana | 2013-05-24 08:23 | ニュース | Comments(0)

ゆがめられて広げられる・・・。

大阪市長・橋下氏は毎日、延々記者会見を受けているが、そこで、従軍慰安婦の問題について発言したのが大きな波紋を呼んでいます。
品のない人とはいえ、ここまで叩かれ、それに反論してるってのはさすがにおかしいと思い、橋下氏の発言を「マスコミが自分の解釈で勝手に切り取る」前の状態で読んでみた。
この人は頭も良いし、空気も読める人間だけど、何かが足りないのか・・・少し変わってるというか、エキセントリックというか、ぶっちゃけすぎというか・・・「良くぞ言ってくれた!」って時もある反面、「そんなこと言わなきゃいいのに・・・」ってこともよくある。

で、彼が今回言ったのは概ね以下のようなこと。

●戦争で生死の淵に立たされた軍人の性欲コントロールの問題は悩ましい。放って置けば、現地の人をレイプしたりするし(例:ベトナム戦争での韓国兵のやったことなど)、その対策としてどこの国でも慰安婦のような物を活用してた。その中で、なぜ日本だけが批判されるのか?はその理由を考えねばならない。
●もちろん、強制連行のような事実があったなら、日本は非難されなきゃいけない。でもそういう証拠はないのだから、間違った批判とは戦わなくてはいけない。
●戦わなくてはいけないし、不当な要求に応じる必要はないのだけど、でも戦争の中で不本意ながら慰安婦になった人の悲しみには寄り添わなきゃいけない。日韓の間で法的な賠償問題は解決済みだからと言って、紋切り型の役所的な言葉を慰安婦の方にぶつけるのは政治家の態度振る舞いではない。法的な問題は解決済みであっても、言葉のかけ方、接し方は別だ。
日本は加害側であり敗戦国なのだから「もう70年経ったからいいだろ?」って言い出すのは道理が通らない。
●意に反して慰安婦になった方は気の毒だ。そして、慰安婦が戦争が生んだ悲劇と考えれば、戦争なんかするべきではないのだ。

どこにおかしなところがあるのか?が全くわからん。

各マスコミの政治部の記者って、誰かの発言をキチンと要約できないほどバカなの?・・・もしくは、「バカな政治家を裁き、バカな国民を導いてやる」のが自分の役目とか思ってない?
あるいは、自分は選ばれた人間で、みんな俺のペンの前にひれ伏すべき!とか勘違いしてんのかな?

マスコミは結託して「週刊朝日の件」の仕返しとばかりに寄ってたかって橋下を潰そうとしている特定の意志を感じる。つまり「俺らに刃向かうと、後々必ず罰があたるぞ」的な?。
橋下かマスコミかどっちが不健全かといえばマスコミのような気がする。

少なくとも僕は、政治・経済・社会面においては「事実」が知りたいだけで、新聞記者が何を考えてるのか?は全く興味がない。
「事実」は意図的に切り取ることで、「間違い」ではないが「正しくない形」になってしまう。残念ながら新聞の政治面に「事実」をその通りに伝えろ!ってことは期待できないんだな、と痛感。

そもそも何で太平洋戦争のことや慰安婦問題について、こんな何度も何度も政治家の発言が問題になっているか?ってことには「しくみ」があるってことに気付いて方がいい。・・・大体こんな感じだろう。
●事あるごとに、戦争責任やら慰安婦問題、靖国神社など、どう答えても中国・韓国が何でもかんでも大騒ぎしそうな問題を質問する。
●その答えが概ね問題ない場合でも少しでも引っかかる言葉を言えば、揚げ足を取るが如くそこだけを切り取って大々的に取り上げて、マスコミが大騒ぎする。
●それを見て、中国と、韓国と、社民党と民主党の残念な女性議員が大騒ぎする。
●テレビで訳のわからない勉強不足のコメンテーターが頓珍漢な事を言ってもっと大騒ぎにする。
●結局、誰か議員が辞めるハメになる。

・・・この繰り返し。

改めて思うのは、殆どのマスコミは、
中国・韓国・北朝鮮が大好きで、
日本はそこに平伏し続けないと気が済まなくて、
戦争の責任は100%日本でないと我慢できず、
他の国が悪者であっては気に入らないんだなぁ、と。
で、この仕組みに刃向かう人は、徒党を組んでツブす・・・そのために定期的に見せしめとして気に入らんヤツに問題をなすりつけてツブしていくことで「ニラミ」を掛けているということですな。
まぁ早い話、小学生のイジメみたいなもんです。

橋下市長は、自分をツブすつもりで来た週刊朝日を、逆に潰す手前まで血祭りにして(なぜ潰れなかったのが?が不思議なんだが)謝罪させたもんだから、朝日新聞はじめマスコミは「機会があればやり返してやる・・・」だったのでしょう。
テレビ・新聞メディアの、橋下市長に対する陰湿な怨憎の執念と、彼と対抗しても簡単に負ける浅はかな知識・・・それを見てると、この国のマスコミのレベルの低さを痛感しもっとイヤな気分になるし、好きかどうかはさておき、にしても、ここまで酷い扱いをされてると、そりゃ擁護もしたくなるわな。

ただし、沖縄の問題で「米兵による性犯罪が多い風俗活用すればいい」話は、さすがにちょっとどうか?と。
こんなこと言うから・・・他にいいことを言ってても価値が下がるんちゃうか?。
大戦中と今の米軍の沖縄駐留っていうのは状況が違うし、「強盗するならサラ金に行け」と言うのと同じ理屈だろ?という解釈もできなくもないが、性風俗は裏社会と結びついて犯罪の温床になることも多い。
こういうこと言うってことは、そもそも性処理に金払うってことに抵抗がない人なんだろうが、下ネタ話が好きな自分でも、正直そこの部分は分かり合えないな、と。
だからと言って、そこと結びつけてこの人のこと全否定するってのもイヤなのですわ。

あと、他の政治家は今のままでいいと思ってるのだろうか?
従軍慰安婦の問題なんて、韓国が好き勝手に海外でロビー活動やっているので、だんだん世界的には公然の事実のようになってくるぞ。wikipediaの英文表記だってひどいもの。
もし、そのような事実が「ない」のなら、それを海外に向けて発表しなきゃ誤解されたままになってしまい、「うそも100回言えば事実」がモットーの韓国のやり方に負けてしまいます。
韓国や中国や朝日や毎日が何を言おうとも「そんな事実はない」ならそのように海外にアピールしなきゃ・・・それって、誰がやってくれるのって思うと、日本人としては寂しい限り。

すでに1960年代には韓国ですら何も問題になっていない慰安婦問題は、「私が慰安婦だった」って人が、ウィルスの如く増え続け、最近では20万人説・・・まで膨らんでおり、案の定「金をくれ、金をくれ」と言い出している。
南京大虐殺も20万人からさらに最近では30万人になりつつある・・・何で増えるんだ?って、要するに相手は国益を考えてウソをを吹っ掛けてくる国なんだから、日本は「武士は黙って我慢」的な美徳は通らないんじゃないのか?と。
そう言う意味では、今回の橋下氏の発言だって全部が悪いわけじゃないのかも。

一方、同じ維新の会の西村というさらに品のない議員が、今回の件に関連する「失言」が原因でクビになるようだが、彼の人間性やキャリアは別として、「日本には韓国から売春婦がウヨウヨ入ってきている」という「紛れも無い事実」は、世の中や国会で問題にしてはいけないってことなんだろうか?と考えると怖い。
オーストラリア、アメリカなどでは韓国人女性の売春が増えすぎて、社会問題になっているほどなのにね。

あと、さらにイヤなのはここぞとばかりに「女性蔑視だ!」とか出てくる女性議員さんたち・・・。
めちゃめちゃ苦手。ニュースであっても出てればチャンネル変えるわ。
特に「橋下は大阪の恥さらし」とか言ってた辻元とかいう議員さん。
汚職と不義理と厚顔無恥な・・・あれ、高槻なのよね・・・言わせもらうと「高槻の恥さらし」ですわ。
福島瑞穂・・・慰安婦問題をでっち上げた張本人。「国の恥さらし」ですわ。
徳永エリ・・・拉致被害者家族会の意見を捏造して国会で内閣を揺すろうとした「国会の恥さらし」。

心が篭ってない抗議活動は、売名と選挙対策にしか見えず、うんざりです。
by t_yana | 2013-05-19 00:49 | ニュース | Comments(0)

子供ばんど、西へ。

ここんとこよく大阪に来てます。本当に。
この前、チャラン・ポ・ランタンのキャンペーンで来たばっかりですが、今回は、復活して25年ぶりの新譜を出した「子供ばんど」のうじきつよしさんを連れて、大阪キャンペーンに。
子供ばんどは『Can Drive 55』という、本当にいいアルバムをリリースしました。
皆様、ホント聴いた方がいい。大人が聴いて元気になるロック・アルバム。
聴くと、もう一度バンドをやりたくなるアルバム。
この商品CD+DVDなんだけど、今、HMVで買うと、もう1枚別のDVDが付いて来る(最新のライブ映像DVD)。是非お買い求めください!

と言う話はさておき、今回はうじきさんはマネージャーが付かないので僕と2人旅。
で、15日は朝から山手線で人身事故がありSTOP~その後動き出してもノロノロ運転~と、、待ち合わせの東京駅まで間に合うかどうか?心配したが無事到着し、新幹線で大阪へ。

最初にMBSに行き、押尾コータローさんがレギュラーでやっているラジオ番組『押しても弾いても』の収録。
ギター2本でセッションなどをして多いに沸く。初対面なのにそう言う感じが全くしないってのも頼もしい。
c0051760_754674.jpg

収録終わりで、同じくMBSの場所を借りて、大阪日日新聞の取材。
・・・取材が女性の方なのですが、何だかとっても面白い方でしたわ。

その後、FM802に移って打ち合わせをして、タワレコの梅田丸ビル店に再び移動。そこあるスタジオから放送されている、FM COCOLOの『MARK'E MUSIC MODE』に生出演。
c0051760_23384192.jpg

ここではうじきさんがアコギ1本で生演奏するコーナーがあったのですが、急遽口笛太郎が参加することに。
子供ばんどファンの方もたくさん現地に集まっていただき、盛り上げてくれました。
c0051760_15374999.jpg


で、またまた802に移動して飯室大吾さんの番組『RADIO INFINITY』を収録。(5/30-O.A.)。
その後、FM COCOLOの『Prankster's Night』という日曜夜の番組のマンスリー・パーソナリティに指名されたので(6月は日曜が5回ある!)、その収録を行なったのだ。
とりあえずこの日は前半3回分を収録したところで、夜も23時近くになったので、一旦収録。
うじきさんのひとり喋りだけじゃなく、メンバーの方との1対1の電話トークなどもあって、結構今まで「こんなこと話したことなかったよね」なんてことがボロボロ出てきて、なかなか感動的でした。
6月度のオンエアが楽しみです!

その夜は心斎橋まで出て、FM OSAKAでDJをやってるRIOさんと楽しく食事。
明日の朝が早いので、1時過ぎに切り上げて、ホテルに戻りましたがな。
うじきさんはカルトQならぬ「バタンQ」状態だったそうです。

で、次の日は9時にホテルをチェックアウトしFM802に。
そこで再びFM COCOLOの『Prankster's Night』の残り2本分を収録。・・・途中、シンガーソングライターの馬場俊英さんが、朝の番組ゲストで生出演でFM802に来ていたのと遭遇・・・馬場さんは30年来の子供ばんどファンだったそうで、初対面だけど挨拶にいらっしゃり、うじきさんに「いかに自分は子供ばんどが好きだったか?」を朝から切々と語っておられました。
c0051760_23451516.jpg


で、お昼は南森町の商店街のうどん屋さんへ。
東京にはうどん屋さんが極端に少ない。てか大阪は多い。
そもそも美味いし。
返ってくるとうどんを食いたくなり、うじきさんとともにうどんを食す。
c0051760_074060.jpg

で、食事から再び802に戻り、場所を借りて夕刊フジの取材~FM COCOLO『AFTERNOON DELIGHT』に生出演。パーソナリティのMEMEさんがキレイでドキドキしましたが、うじきさんも同じような事を言ってました。好みが似てるのか?
c0051760_755353.jpg

2日間お世話になった大阪に別れを告げ、新幹線で京都に。
「α-station」に来たのはこれで3回目ですが、前に来た時はもっと北のほうにあったとき。今の場所になってきたのは初めてです。つまり10年以上前ってことか・・・?
そこの『KYOTO AIR LOUNGE』という番組の生出演のお相手は西村愛ちゃんという30代の女性DJ。
c0051760_0124535.jpg

「中学生の頃は、テレビに出てるのを見て、うじきさんのファンで、本当に結婚しようと思ってました」とか生放送で告白され、めちゃめちゃテレておりました。
放送終わりで「あんなこと言われたらさぁ・・・オレ、独身なんだけど・・・」とボソっと言っておられましたが、・・・僕に言われても・・・。
愛ちゃんに言わなきゃ!55歳!

生放送後に新幹線に飛び乗り、帰京。
お疲れ!とビールを飲んでると、本当に二人とも疲れてたのか、結構酔っ払ってしまう。
c0051760_0131561.jpg

あり得ないレベルのめちゃめちゃ忙しいキャンペーンでしたが、一切文句言わず2日間びっしり・・・しかも全て笑顔で・・・こなしていただいたうじきつよし・・・これはプロ中のプロと言わざるを得ない。
・・・なかなかできないですよ、こういうこと。
しかも僕にもいろいろお気遣いいただき・・・いや正直改めてファンになりましたわ。

というわけで、まだまだ子供ばんど最高!
まだまだ売って行きまっせ!
by t_yana | 2013-05-17 00:08 | お仕事 | Comments(2)

タモさん

若手の「お笑い」と名乗る中途半端なタレントさんが増えましたが、「タレント」さんって言っても「タレント」とは「才能」ってこと。
それを言うにふさわしい「才能」がないと、ちょっと見る気になりません。

タモさんは、もう、そういうぽっと出の三流芸人とは、全て違うわけです。
別格。格別。
才能とはこのようなことを言うのであります。


by t_yana | 2013-05-14 23:00 | 生活 | Comments(0)

二子玉川、恐るべし

下の娘と二子玉川でお買い物&デート。
前日はマラソンだったからゆっくりさせろよ・・・とかいう理屈は、家族には通らない。

4月から通う中学校は、制服が「ない」んだけど「模範的な格好」で通え、というルールらしい。で、夏に着ていく服を買えと言われ、二子玉川の高島屋へ。
ポロシャツもOKらしく、んじゃユニクロかGAPで買えばいいやと思っていたが、「クラスの子はラルフ・ローレンかバーバリーかフレッド・ペリーのポロシャツしか着て来ない子がいる・・・」とかいろいろ言われ、
「よそはよそ、うちはうち!」
・・・と、自分の親によく言われた言葉を言おう!と思ったが、たまたままさに言おうとしたのがラルフ・ローレンの店の前だったので、「・・・まぁ見てみようや・・・」とか店に入る。

するとお上品なかわいい店員さんが来て、
「あらまぁ、お嬢様、お父さんとデートですか、いいですね」
「大人っぽく見えますねぇ、うらやましいわ」
「背が高くて細いので、これなんかすごく似合います」
「わぁ、よく似合う」
「素敵なお父様ですね」
とか、次々と口から出てくる、出てくる。
で、そのたびにどんどん服を持って来よる。
いや、通学で着るものを買いに着たのに、とか言おうにも「いや、これとかかわいいですよぉ・・・」と。そのたびに試着してご満悦の娘の表情を見てると、さすがに「ヤバイ・・・!」ってことに気付き、どうしようもなくなり、とりあえず白とピンクのポロシャツを1枚づつ買って退散。

その後、East Boyに行き、夏用の通学スカートとカーディガンを2着づつ、んでピンクの開襟シャツを1枚購入。
いろいろ店内見てみたら、ラルフローレンのポロシャツを百貨店で正規品を1枚買うなら、East Boyのポロシャツだと3枚買える。
同じラルフローレンでも並行輸入を通販で買えば2枚買えたのに・・・。

んで、2店で総額でワタミ40回分(激涙)。
c0051760_22462893.jpg


何気なく目に入ったバーバリーのポロシャツとか見てみたら、胸のボタンの返しの『部分がさりげなくバーバリーチェックになってる、実にお上品なポロシャツを発見。
2万円。
誰が買うねんな・・・。

その後、少し前までよくライブやってたカフェ・フーケに久々に顔を出す。
店員さんも「どーも、ご無沙汰です」「またライブやってください!」などと言われ、楽しいひと時を。
ここのコーヒーは東京で1番美味しいかもしれない。
ケーキも美味しいので、娘はケーキを食す。

ということでその後、家に帰ったのでした。

ところで、今回思ったんだけど、なぜ女子学生は夏にカーディガンとかベストを着てるの?クソ暑い中、よくあんなもん着てるわ。
普通にポロシャツだけでええと思うねんけど。

あと、制服が「ない」のに「模範的な格好」で通え、とかいう学校よ。・・・ 頼むから制服指定してくれ。・・・庶民には厳しすぎます。
服を買うときは嫁さんじゃなく必ず僕と2人で出かけたがる下の娘・・・、確信犯ですわ、たぶん。バブルの時で言う「ミツグ君」状態になりつつあるのかも・・・。

それから二子玉川の高島屋のラルフローレンのお姉さん、あんたええ加減にしいや?・・・かわいい子やったから隙を見て逃げ出さなかったけど、結婚してると最後に訊いて「騙された」と思った自分を反省してます・・・。
(てか、何を期待してるんだ!)

気が付いたのは、二子玉川の高島屋ってすごい人が多い。
百貨店なんてそんな人が集まる場所じゃないのに、ここだけは別です。凄く人が多くて、しかもJust Lookingの人じゃなく、みんな買い物してるの。
やっぱりハイソな街なのですね。
それに飲み込まれ、予想外の買い物をしてしまいましたわ・・・。

こっちは、3年前にGAPのバーゲンで買ったポロシャツ、3シーズン目に突入・・・。
まだまだ着続けます。
by t_yana | 2013-05-12 22:49 | ファミリー | Comments(0)

エンタテイメント+ラン

空前のランニング・ブーム。
皇居の周りは1週5kmで、毎晩走る人で渋滞状態です。

そんな中、へヴィーに走るのも良いけど、仲間と仲良くリレー形式でマラソン大会しましょう!という企画が誕生したのが、「エンタラン」というもの。
5月11日に有志とともに出場しましたがな。

場所は日産スタジアム(横浜)で、グラウンドおよび敷地内を走ることで1週2.3km。これを何人かで走り続け、6時間走ったところで、一番長い距離を走れたチームが優勝。
もちろん個人で6時間走るのもOK。

当日はあいにくの天気でしたが、こんな感じでスタート。
c0051760_22163845.jpg

この企画は、「楽しく走る」「走ってない時も楽しい」ということで、グラウンド内に特設されたステージで、いろんな芸能人やアイドルなどの生出演・生演奏が楽しめる、というもの。
何と小林幸子さんなどもご出演されて盛り上がっておりました。
c0051760_22164791.jpg


で、これが、周の終わりでグラウンドに入ってくるとところのシーンです。
走りながら撮影したった!
c0051760_2217326.jpg


で、結果は6時間で30週。みんなよくがんばった。
c0051760_22185525.jpg


この大会自体が今回第一回目ということや、天気が悪かったのもあって、スタジアムがビッシリ埋まった!ってわけじゃなかったんだけど、かなり楽しかったです。1時間に1回くらい1週すればいい・・・みたいな感じなので、みんな頑張れば充分こなせるレベル。
走ってない時も楽しめた。
何か、みんなが走ってる前で唄とか唄ってるのって、テレビで言うと芸能人水泳大会みたいな感じ。ゴール寸前で、サンプラザ中野くんが登場してバンドで生演奏で「♪走る~走る~、オレたち~♪」と演奏してくれた時には盛り上がりました!

気軽に出れて健康気分が味わえる。
次もあるらしいので出たいと思います。

それはさておき、マラソンの格好すると、女の子はみんなカワイくみえる。
雪山で見るスキー女子みたいなもんです。
最近の女子のマラソンウェアはかわいいしスタイルも良く見える。
マラソン合コンってのもありかもしれません。
案外出会いの場になるかもしれませんね。
by t_yana | 2013-05-11 23:00 | スポーツ | Comments(0)

家族サービス

ずっと働きっぱなしだったので、GW最後は家族サービス。
でも、上の娘は何だか宿題が大変らしく「遊びに行けない!」ということで、下の娘と奥さんと僕の3人でスカイツリーに。
先月にチャラン・ポ・ランタンのイベントでスカイツリーに行って以来ですが、娘と嫁さんは行ったことがない!行きたい!とのこと。
普通に考えて、何でGW最終日のスカイツリーなんて「混むのがわかっている」日に「混むのがわかっている」場所に行くのか?と不思議だし、今でも自分でも不思議なんですが、とにかく罪滅ぼし的な家族サービスってのがあるわけです。
形をつけなきゃいけないので、とにかく行楽地に行くのです。
もう行くだけでこっちの本意ではないので、あとはもう混もうが並ぼうがいいのだ。
そうやって行楽地が混むんだろうな・・・ということが何となくわかりました。

朝の7時くらいに起きて9時くらいに出ようとしたら、田園都市線が人身事故でSTOP!・・・おいおいGW最後の日で飛び込みたいのもわかるが、ちょっとわかりやす過ぎないか?
とか思ってるうちに、電車が再始動し、乗り込み、スカイツリーへ。

到着してまずはお約束の写真をパチリ。
c0051760_0305681.jpg

文句行ってても仕方ない。せっかく来たんだからパーフェクトに家族をガイドし、こっちも楽しんでやる!ということでこの写真を機に心を入れ直す。
まずははケンタッキーで軽く小腹を膨らませ、展望台に直行。お昼前だったが、すでに「15:00~」の整理券を配っておるではないか。
仕方なくそれをもらい、それまでの時間をソラマチやら何やらをブラブラ見て歩く。
展望台は2,000円!水族館も2,000円。空も海の中も高いみたいです。
水族館は諦め、休憩がてら抹茶スイーツで有名な「Nana's Green Tea」で抹茶アイスを食す。
c0051760_0311564.jpg

広場では、スカイツリーのゆるキャラたちがイベントをやっておる。
c0051760_0313449.jpg

何気にゆるキャラ好きの娘はご満悦!
c0051760_0315491.jpg


んで、時間が来て、1人2000円払って、いざ330mへ。
ものすごい勢いでエレベーターが上がる。東芝製らしいぞ。
で降りるとこんなかんじでした。
c0051760_0321748.jpg

wikiによると総工費400億円をかけて作ったこの建物。物凄いわ。
330m地点のレストランでコースを食べると1万7000円ほどする。ここまで上ってくる費用も考えればアバウト2万円か・・・。よほどの勝負の時しか使えないぞ!

んで、450mまで上がれると気付くも、あと1000円払え、とか言われる。
何じゃ?その寸止めビジネスは・・・?安物の風俗じゃないんだから・・・と突っ込みたくもなるが、ここまで来たら毒食らわば皿まで!・・・いざ440mまで上昇!
c0051760_033483.jpg

着いたところで、嫁と娘をパチリ。
c0051760_0335348.jpg

ちなみに地上450mにあるトイレはこちら。恐らく東京で一番高いところにあるトイレでしょう(微妙な言い方だが・・・)。
c0051760_0342942.jpg

さらにちなみに450m付近からの眺めがコレ。
c0051760_0343111.jpg


で、結局そんなこんなで11時くらいから17時近くまでおりました。
写真撮ったり、お土産屋さん見たり、普段絶対しないことをしましたが、案外楽しいもんですね。
結局、休みだからと1日家で寝てても、身体が鈍って次の日には疲れてしまうことが多く、無理してでも身体を動かして正解でしたわ。

帰ると、上の娘がカレーを作って待ってくれていて、それはそれで嬉しいもの。
終わりよければ全て良し。
案外いいGWだったかもしれません。

ということで、明朝から仕事です。
みなさんがんばりましょう!
by t_yana | 2013-05-07 00:35 | ファミリー | Comments(0)

長い一日でした【後半】

5月5日のこどもの日。
頑張った一日の後編でございます。(前編はこちらから)

タワレコ渋谷で子供ばんどのイベントをこなし、平井真美子さんのイベントを見守った後は、そのままJR渋谷駅に。
毎年のゴールデンウィークは、渋谷駅のハチ公前で小さなステージが出されて、そこでいろんなミュージシャンが出演するイベントが行なわれます。
そこに昨年に引き続き、自分たちのレーベルから、アルバム 『僕らが最後に少年だった夏』をリリースしている大西洋平くん(僕が昨年の夏を捧げた男だ!)が出演するのを手伝わなきゃいかん!

何とこの日はピアノが青柳誠さん!僕のセッティングしたレコーディング以来、青柳さんには非常に大西君を可愛がっていただいており、青柳さんが一緒に出るとあらば何かお手伝いしなきゃバチがあたりますがな・・・ということで、演奏スタート直前にステージ付近に。
c0051760_19223625.jpg

大西くんは先週のフジテレビによるインディーズのイベント『KampSite』において、入場者による投票で準優勝(しかも1位とは1票差!)した。
その時の演奏を見ても思ったのですけど、最近の彼は昨年までとはちょっと違うというか、「無造作」であったり「無意識」と言うことが、ステージにおいて無くなってきた。
これは非常に伝えることが難しく、言っても受け入れられないことも多く、言うだけ言って自分で気付いてもらうしかないし(気付いたところで「あの時にあの人に言われたことか」と気付いてくれることも少ないんだけど)、ようやくそれによりしっかりとした芯の太いパフォーマンスが人前で出来る子になったんだなぁ・・・と嬉しくなってきました。
そうするとやっぱり結果は現れるもので、『KampSite』の準優勝・・・もそうなんだけど、足を止めて演奏に聴き入ってくれてる人にチラシを配る僕に「この方は何と言う方ですか?」「CDを出している人ですか?」など、質問してくる人が増えた。
単純にチラシを拒否されることも少なくなったもん。

彼のワンマン・ライブが5/29(水)に赤坂BLITZで行なわれます。
是非、ご覧下さい。
特に業界関係の方、メジャー・レーベルの方、観覧希望の方はお知らせください
是非見ていただきたいので。

そんなわけで、大西君のステージが終わって軽く挨拶などするや否や、JRで鶯谷へ。
鶯谷と言えば、鶯谷ミュージックや、ラブホテル街なのですが、そこに「キネマ倶楽部」という非常に昭和のキャバレー的なイメージの素晴らしいホールがあるのです。
そこで、我らがチャラン・ポ・ランタンのワンマンライブが行なわれたのでした。
c0051760_19434987.jpg

マネージャーとも話したし、ファンのひとからの声もあったんだけど、
チャランポは絶対キネマ倶楽部が合う!
あそこでまずはできるようになりたい!
あそこで見たい!
っていうのがあった。
それがこの夜に叶ったわけです。
c0051760_2243596.jpg

しかも、昨今派手なセットや映像でライブを飾るのが主流の中、チャランポは本物のサーカスで活躍する人や、ソロ・ダンサーなどをフィーチャリングして、全て生身の人間たちだけで、最高の舞台を作った。
たぶん、チャランポがキネマ倶楽部でやるってことを想像したみんなが考え付く最高のことを形に出来たんだと思う。
また、たぶんこれが本人たちのやりたかったことのドンズバなんだと思う。
恐ろしいほど人の心を打つライブでした。
(twitterで「チャラン・ポ・ランタン」または「チャランポ」で検索してくださいませ)

この日のキネマ倶楽部は、ほぼいい感じで人が埋まっていて、見た感じだと初めて見る人も多く、作品をリリースするたびにファンが広がっていっているのもわかる。
また、コンサートの中で、7月7日にもう一度、ここキネマ倶楽部でライブをします、本日先行でチケット発売します!と言うと、終演後にチケット売り場に人が殺到して、持ってきたチケットがすぐに売り切れて、100人以上が買えない状態になってました。
・・・いや、こんなことは初めて。

今日みたいなライブをやってしまった後、この次は何をやればいいのか?と心配になるほどの素晴らしいショーでした。
出たばかりのアルバム『ふたえの螺旋』
まだ聴いてない方は是非お聴きください。

子供ばんど、大西洋平くん、チャラン・ポ・ランタン。
5月5日はみんな働いておりました。しかも最高にいい具合に。
我らがMastard Records、まだまだCD不況に打ち勝つパワーはないんだけど、それでもすごくいいアーティストに所属してもらってるんだなぁ、と改めて心強く思った次第です。

何だか働き続けてあっという間にすぎたGWですが、やっぱりいいアーティストのいい音楽を聴いてるのが最高です。
by t_yana | 2013-05-06 03:14 | お仕事 | Comments(0)

長い一日でした【前半】

5月5日はこどもの日。
それは子供のみならず子供に帰ったオトナのために、たくさんのオトナが働いた1日でした。

いつも通りの時間に起きて、会社に寄って、その後タワレコ渋谷へ。
今日は「こどもの日」ならぬ「子供ばんどの日」なのだ。
彼らの25年ぶりのニューアルバム『Can Drive 55』が、うちのレーベルから発売される日!そしてタワレコ渋谷で発売記念イベントライブを行なう日!ということで、まずはタワレコ渋谷に。
c0051760_9571048.jpg

( ↑ 子供ばんどの機材車に貼っているステッカー)
何だか、ステージにめちゃくちゃたくさんアンプを並べており、トーベンさん(ベース)が「武道館でやったときと同じ物量じゃないか・・・」と。
c0051760_106834.jpg

( ↑ これは、リハーサルの様子。)
なんでそんだけタワレコのステージに並べるのかさっぱりわからないが(笑)、要するにそんだけ気合の入ってるってことなのだ!
演奏が始まったら、めちゃめちゃ音でかい!・・・しかしかなり心地良いぞ!
ロックはデカイ音鳴らしてナンボじゃ!ってのを改めて教わりましたわ。
メンバーもアツいがお客さんもアツかったぞ!
c0051760_95882.jpg

若い人もいましたが、僕と同じもしくは上の年齢の・・・白髪交じりのオトナがTシャツ着て飛び跳ねて熱狂する姿を見て、やっぱこのバンドがスゴいんだなぁ・・・と改めて感動。
c0051760_9596100.jpg

タイトルの『Can Drive 55』は、55歳になったメンバーたちによる「55歳でもまだまだいけるぜ!」という子供ばんどの決意表明。・・・でも、バンドだけじゃなくお客さんもそうなですね。オッサンになってもオバハンになってもロックは最高に楽しめる。
うじきさんが「これは子供ばんど史上、最強の作品」と言ってます。
是非お聴きください。ホントにいいアルバムです。

んで、ライブ終わったあとのメンバー握手会って、「えっ?」と思って見てみれば、4人バンドのはずが5人並んでお客さんと握手してる・・・。
c0051760_9592587.jpg

よく見れば、ジュンスカの純太さんでした。
この人、ホントに子供ばんど好きなのですね・・・。恐縮しながらも嬉しそうに、メンバーの間に入って、「子供ばんどです・・・」とか言いながら子供ばんどのファンの方と握手してる姿が、なかなか微笑ましかった・・・。

ライブの後片付けが終了次第、同じくタワレコの6階に駆けつけ、僕の大好きな「可憐すぎるピアニスト&コンポーザー」の平井真美子さんのピアノによるインストア・イベントに顔を出す。
c0051760_1013290.jpg

彼女の楽曲はよくテレビなどで使われていて、その音源で口笛なんかも吹かせていただいているのがご縁なのですが、見たとおりの可憐でやさしくて"はんなり"してるけど、ちょっと芯の強さを感じる楽曲とピアノが大好きなのです。
c0051760_19421736.jpg

うちのレーベルではなく、とある音楽コーディネイター(よく知ってる方です)が、彼女のこの作品のためにレーベルを作ってまでリリースした、という作品。
c0051760_1014654.jpg

僕ももちろん買いました。皆様もどうぞ。
ピアノに癒されてください。

というわけで、平井さんのイベントが終わるや慌ててタワレコ渋谷を離れ、渋谷駅に向かうのでした。

【続く】
by t_yana | 2013-05-05 23:17 | お仕事 | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧