平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

キッチンが・・・。

台所は基本的には男が居座るところじゃないと思います。
もちろん料理やら後片付けはしますが。
でもキッチンの空間の主導権は、女の人にあると思っておるのです。
にも関わらず、ここ10年ほど気になっていたことを本日、遂に決行。

うちの台所は備え付けの食器棚で、かなり容量が少ない。
狭いにもかかわらず、カントリー調の缶が多数飾られていて、余計に狭くなったスペースに食器が無造作に置くことで、使い勝手が恐ろしいほど悪い。
よく使う食器が非常に端のほうの奥に仕舞われたり、一番便利なところに、どう考えても不必要なものが長きに渡って居続けてることが多い。
おまけに「かわいい」らしいコップやらコーヒーカップが増え続けるのだ。

・・・で、本日、突然我慢の限界が来て、嫁がいないのをチャンスに強攻策を決行!

①カントリー調の缶の類のものを一斉撤去。

②カップ類を数えてみたら、いわゆるコーヒーを飲むためのカップが48個。水などを飲むコップが20個あった。一体ここは何人家族なんだ?・・・取捨選択のうえ、カップは10、コップは6、湯飲みは4に。あとは撤去。

③全ての食器を配置換え。使用頻度が高いものを手の届きやすいところに、滅多に使わないものは手の届きにくいところに。

今はすがすがしい気持ちです。

断捨離なんてことも流行っておりますが、物を減らすってことは、意識の高い人じゃなきゃできないことなのですね。
うちの家は荷物を半分にすることができると思う。
もっと物を減らしたい・・・。

CD以外は・・・。
by t_yana | 2012-11-26 00:24 | ファミリー | Comments(1)

豊洲で佐藤竹善さんのイベント!その時口笛太郎は!?

今月の7日に「Cornerstones5」を、我がMastard Recordsよりリリースした佐藤竹善さん。
それを記念してイベントをやりましょう・・・と提案してみたのが先月末くらい。
今年は「秋がなかったなぁ」という人がたくさんいます。
考えてみれば、キンモクセイの匂いってほとんど感じなかったけど、オレだけか?
で、イベントしましょう!と言った先月末は、まだ暖かかったんです。夜も。
しかしながら・・・イベントが決まってから急に冬が来たのですわ・・・。

というわけで、24日の土曜の東京は天気は良かったのですが、とにかく寒かった。
ましてや夜となると底冷え。
しかも豊洲ららぽーとのイベント会場である埠頭の後ろは海!
c0051760_23153017.jpg

「これ以上はない!」というほど寒い中ではありますが、イベントはギター弾き語り生演奏で(寒くて手が動かないんじゃないか?と心配しておりましたが)・・・4曲30分きっちりと披露していただきました。
極寒の中の弾き語りとはいえ、さすが竹善さんの生歌、抜群に上手いわ・・・。
当たり前やねんけど・・・(結構スタッフで感動してたヤツ多し)。
『Change The World』を生歌で聴かされたら、そりゃ泣いてる人もいたぞ・・・?

しかも3曲目に演奏した「The Flame In My Soul」は、楽屋で打ち合わせしてる時に竹善さんから「この曲の間奏、口笛でやってよ。できるでしょ?」と突然振られてしまい、「あっ、はぁ・・・まぁ・・・」みたいな感じで急遽共演することに。
考えてみればこんな機会も滅多に無いので、司会だけじゃなくスペシャルゲストでも出演させていただきましたがな。
いや、楽しかったです。

で、演奏終了と共に、花火がどぉーんと上げられたのですが、これは今回の「Cornerstones5」に収録している『Lady Madonna』を流しながら、この楽曲にあわせて花火の打ち上げパターンをプログラムした!という特別なもの。大いに沸きました!
その後CD買っていただいた方に竹善さんより握手とともにプレゼントを手渡し・・・でイベント終了。
中には福岡から見に来た!という熱心なファンもいらっしゃったりするほどの熱心な方もいらっしゃって、寒い中ですが皆様のおかげで温かいイベントになりました。
でも、ファンの皆様も温かい方が多いですね・・・わざわざスタッフにも「お疲れ様でした」「いいイベントでした」「口笛よかったです」などとお声をいただきまして、ファンの方のみならず我々スタッフ方には貴重な時間となりましたわ。

竹善さんは来月から名古屋・福岡と公演があり、来年はついにシング・ライク・トーキング25周年で久々に始動!
ご活躍をお祈りしております。
アルバムはもう出来上がっている!と言っておられました。
今から要注目ですね。
by t_yana | 2012-11-25 23:04 | お仕事 | Comments(0)

大ヒット!ミシェル・ペトルチアーニの映画!そのとき口笛太郎は?!

ミシェル・ペトルチアーニの自伝映画 情熱のピアニズム
10月13日の公開以来、このジャンルでは異例の動員1万人を突破!
僕自身もこの映画の日本での展開に少し関わった関係で、このブログでも何度も取り上げさせていただいて、それだけにこの映画が注目されてお客さんも入ってるってことは、ホントに嬉しいです。

んで、この「大ヒット」と「まだまだ行くぞ!」の気合も兼ねて、上映館である渋谷の「イメージ・フォーラム」では好評のトーク・イベント
「ミシェル・ペトルチアーニ 日本の証言者たち」
を再び開催するそうです!・・・何と今回は第4回目だそうですよ!

以下は映画会社さんからのご案内文。
そのまま転載させていただきます。

*****************************************

★開催要項
「ミシェル・ペトルチアーニ 日本の証言者たち ♯4」
 日時:12月4日(火) 18:45からの上映回終映後
 場所:渋谷シアター・イメージフォーラム
 登壇者:平戸祐介quasimode
       海老根久夫(ビデオアーツ・ミュージック)
       口笛太郎(口笛奏者)
       島田奈央子(ジャズライター)

★イベント付き上映回の鑑賞チケットは当日朝10:00より劇場窓口にて販売。

今回の登壇者は・・・・
■ブルーノート・レーベル所属のジャズ・バンドquasimode(クオシモード)からリーダーでありピアニストの平戸祐介氏!最新作「Soul Cookin'」を引っさげたツアーで明日いよいよ渋谷AXでファイナルを迎え、熱気冷めやらぬところで駆けつけて頂きます!
■今でも世界で愛聴されているライブ名盤『TRIO IN TOKYO』を企画・制作した立役者、ビデオアーツ・ミュージック代表の海老根久夫さん!
■口笛でジャズを奏でる唯一の男、口笛太郎氏
■当イベントではお馴染みとなったジャズ・ライターの島田奈央子さん!
・・・という豪華多彩なゲスト達が、たっぷりとジャジーなトークを繰り広げます!

今回は映画上映後に30分間たっぷりとトーク時間を取りますので、まだ見るか迷っている方、情報量多すぎてもっかい観たいと思っていた方、この映画を好きそうなお友達を誘いたかった方、12月4日の夜は渋谷イメージ・フォーラムにお集まりください!

*****************************************

忘年会シーズンではありますが、年末の大事な時期に、大事な人と2人で・・・仕事の後に・・・感動的なジャズの映画などいかがでしょう?
で、そのあとは30分ほどトークショーで和んだ後に、大事な人と渋谷の和民に行く・・・そしてそのまま・・・なんて素晴らしい夜じゃないですか!

是非、お待ちしております。
by t_yana | 2012-11-24 11:56 | 音楽 | Comments(1)

タワレコ渋谷店、リニューアルOPEN!そのとき口笛太郎は!?

金曜日・祝日。雨。
音楽業界中の話題となったタワレコ渋谷のリニューアル。
そのOPEN日の天気はイマイチでございました。
前日の関係者向け内覧会は1000人も人が集まったとか・・・。
で、本日も10時OPEN前からこんな感じで人だかり。
c0051760_1205461.jpg

さらに後ろには100m以上も列ができておりました!

で、僕らのレーベルのアーティスト、チャラン・ポ・ランタンは、そのタワレコ渋谷リニューアルOPENの「お客様お出迎えアーティスト」に任命されたので、OPEN前から待機。我々も朝早くから集合しておりましたがな。

今回のリニューアルの目玉は恐らく2階の「タワーカフェ」でしょう。
c0051760_1234353.jpg

たぶん業界の渋谷での打ち合わせは殆どがここになるような気が・・・。
カフェ・ミュージックのCDもたくさん置いてましたよ。
店員さんに「この工事は結構大変だったでしょう?下水道の配管を新たに・・・?」と質問したら、「いや、おっしゃるとおり。ギリギリまで工事してました・・・。でもそんなこと訊く人は初めてです。」と。
すんません。工事マニアで・・・。

で、我等がチャラン・ポ・ランタンは、入り口でOPENとともにお客様をお出迎えしたあと、チンドン屋のごとく店内を演奏しながら練り歩き
c0051760_1253212.jpg

12時からはインストアライブを決行!
c0051760_126163.jpg

たくさんのお客様に見ていただきました。

しかも1Fの入り口のところでは、インストアの様子がどぁーっと、巨大モニターで流れているではないか!
c0051760_13131100.jpg


店内は以前より小奇麗になってましたが、ちゃんとタワレコらしい楽しさは残っていてさすがですなぁ・・・と感心することしきり。
5Fの映像コーナーのところで、「カトちゃんケンちゃん」のDVDを展開してましたが、何と本物の「大丈夫だぁ~」の太鼓が飾ってて大興奮!
c0051760_1295075.jpg


あと、3FのJ-POPコーナーにはちゃんと「口笛太郎Duo」のコーナーが!
ありがとう!タワレコ!
c0051760_1342672.jpg


嬉しくてDVD2本とCD1枚、7,000円分買ってしまった。

これからも音楽好きが楽しめる店でいて下さいね!
by t_yana | 2012-11-23 23:54 | お仕事 | Comments(0)

何だか怪しい

NHKの森本アナが、電車内で痴漢して逮捕。
しかも東急の田園都市線の二子玉川駅で・・・ということ。

生々しくしてすみませんが、報道によると
「11分間も胸を触って」
「下着の中に手を入れた」
と報道されているが、これホントなのか・・・と?

毎日乗ってる電車なので特に疑問なのですが、二子玉川駅で捕まるまでに11分前女性の胸を触ろうとすると、急行なら渋谷~二子玉川が10分なので
「渋谷で乗ってすぐに触り始め」
~「途中停車駅の三軒茶屋で大量に人が降りる中でも引き続き触り続け、被害者の女性も降りることなく」
~「二子玉川で結果的にやっと捕まる」

各駅停車なら、二子玉川より11分前だと、三軒茶屋あたりからだろうか?
途中で3つも駅があって降りるチャンスはいくらでもあったのに(しかもドア近くにいたとのこと)、場所を変えることもなく、下車することもなく、駅に着くたびに人が流されるように降りていく中、我慢してその場で居続けて触り・触られ続けた・・・。

・・・ということになります。
c0051760_11305898.jpg

しかも、最近寒いので東京は厚着してる人も多い中で、下着の中に手を入れるって、なかなか大変な作業だぞ?・・・それをすると、ものすごく周りから目立ってたってことになりますが、目撃者が極端に少ない。

それに森本アナは自宅からして、反対の方向に乗った・・・どころか、そもそも沿線も違う。
ワシもひどく酒を飲むことも何度もあり、たいがい酔っ払って酩酊状態で帰ったことも何度もあったが、帰る方向を間違ったり、寝過ごして反対方向に行ってしまったことはあっても、路線を間違うなんてあり得ない・・・。
そのわりには森本アナが逮捕されたときは、泥酔ではなかった・・・とか書いてましたが・・・。
そんなことあるのか?

たしかに、「魔がさした」ということはあるのかもしれません。
しかし、それだけじゃこんなことにならんような気がします。
誰か、というか、何かにハメられたのか?

局内では、例えば犯罪者の報道で通名報道に反対するなど、「正義感の強い人」と言う評判もあるそうですが、その分誰かにハメられる可能性も高いのかも・・・?
あぁ、怖い。

世の中には男性女性の複数名グループで、満員電車で痴漢冤罪を誘発して示談に持ち込みお金を獲るっていうグループが、何組も存在します。
一流企業やマスコミは狙われやすい。

もちろん今回は、ただ森本アナがスケベで、電車の中で物凄いことをしでかした!っていうだけの話かもしれません。ものすごく不自然段であっても・・・。


しかしこういう報道で思うのは、エエ加減、『男性専用車両』を作って欲しい。
女性は女性の意志で女性専用車両に乗れますが、男性は自らの意志で男だけの電車内スペースを作り出すことが出来ません。
僕だって、満員で身動き取れないときに、手が女性のお尻にあたったり、肘が女性の胸に当たったりしたこともしょっちゅうあるし、そのままにしてることもある。・・・特にそれが女性専用車両の隣りの車両にあえて乗ってくる女性だったりすると、「触っていい」わけじゃないけど、「仕方なく接触していることに神経質にならず仕方ないと思ってくれる女性なのか?」とも思ったりします。・・・いやそれに甘えて触ったりしないですよ?
でも、それなのに、いきなり「痴漢です」とか言われても、困るわけです。

もっと言うと、酔っ払って電車に乗って、隣りにキレイな女の子がきわどい格好で乗ってたりすると、そりゃ「おおっ!」とか思います。チラチラと見ますよ、男ですから。
ましてや胸元が開いてたりすると「どれどれ・・」とチラ見します。
でもそういうので「何よアンタ?」的に見返されたりした場合、ホントまず自分がイヤになるわけです。
「オレが悪いのか・・・?」と。

男性専用車両があれば、少なくともノーマルな痴漢行為は起こり得ず、冤罪もありえません。
電車内は女っ気なしで、ひたすらほかの事を考え、ゆったりとすごしたいわけです。
女性がいれば邪念が浮かんでしまいます。凡人ですんませんが・・・。

「女性専用車両」がある女性には安全地帯が与えられますが、男性は今のところ無理です。
是非とも何とかしてほしいものです。
by t_yana | 2012-11-17 23:37 | ニュース | Comments(2)

初めて知った。

昨晩は、週の半ばにしてお疲れモード。
サッカーの日本代表も応援しなきゃいけないので、早めに帰宅。
危なっかしいながらも、岡崎のゴールで日本の勝利に酔いしれ、最後のゴールの時の遠藤は、W杯女子決勝の時の澤のプレーのマネしたな、とか思いながら、飯食って酔っ払う。
んで、たままテレビつけてて、そのまま「報道ステーション」など見てしまう。

話題は解散総選挙。
党首対談を長々やっていて、面白い。
安倍はスピーチ下手やなぁ…野田の方が話しは上手いわな…などと見てたけど、何かしっくりこない。
「今回の解散総選挙の争点って、定数是正・削除だったの?」
そう気付いた時、自分が政治に疎いのか、政治が世間に疎いのかわからんが、びっくりしてしまいました。

いや、別に…、景気が良くなって、公平な貿易ができて、原発を無くす方向になって、うだうだありもしないイチャモンつけてくる国を黙らせてくれるんなら、定数そのままでええんですけど…。
全部できたら、何ならボーナス出してもええわ。

原発やTPPが争点になればお互い困るから芝居やってるんじゃないか?と思った。
小泉の時の「郵政民営化総選挙」みたいな「争点すり替え選挙」は勘弁ですわ。

これから一ヶ月、街は騒がしくなりそうですね。
by t_yana | 2012-11-15 10:05 | ニュース | Comments(0)

Blanky Jet City

Blanky Jet Cityは、僕達の世代にとっては少し特別なバンドだった。
3人のカリスマの個性が激しくぶつかりあうバンド。危なっかしくて、脆そうで、とてつもなく力強い。
一切の飾り気の無いステージなのに、ライブでは客を熱狂させ、17枚のシングルと9枚のオリジナルアルバムを発表し2000年に解散。
横浜アリーナで行なわれた、最後のライブをシューティングした映像作品「Last Dance」は今でも売れ続ける名ライブと言われております。
椎名林檎はじめ、今でもフォロアーが多い。

で、その解散から13年。
彼らの解散ライブツアーの裏側を追ったドキュメンタリー映画が公開されることに。
DVDは、うちのレーベルから出せることになりました。

で、その映画「Vanishing Point」の試写会に行ってきました。
もう素晴らしいの一言。
この3人がいかに最高で、いかに脆くて、いかに力強いか・・・いかに微妙なバランスで最高のものができていたのか・・・なぜ「Last Dance」が、あれほど素晴らしい作品になったのか?がわかる感動的内容。
「Last Dance」と今回の作品があって、初めてBJCの最後が完結するのだ。

試写会では、最後のエンドロールが終わった瞬間に大きな拍手が起こりました。
あの拍手は、この映画を見て、結局ブランキーみたいなバンドはもう出てこないってことがあらためて痛いほどわかった切なさと、それを共有できた自分達のあの頃への感謝なのかも知れない・・・と思いました。
そう、これは制作にかかわった全てのスタッフから、映像のなかに出てくる熱狂的な観客までも含めて、全てのブランキー好きによって作り上げられた奇跡の作品なのだ。

監督をつとめられた翁長裕さんとは少し前からお付き合いをさせていただいているのですが、よくぞまぁこれだけ奇跡的な映像を収められていたもんだと関心することしきり。
そしてそれをよくもこんなに感動的に編集したな、と感動することしきり。
試写会では大変幸せそうな顔でしたが、少しだけ体調を悪くされておりました。
そりゃあれだけのもの作り上げたので、魂も抜けただろうと本音で思う。
ごゆっくりご養生下さい。
落ち着いたら飲みに行きましょう!

映画の公開とDVD発売は来年の1月。
ブランキーが好きだった人も、そうでなかった人も、ロックが好きなら必ず感動する作品です。
出来れば是非、映画館で大きなスクリーンと爆音で聴いて観てほしいです。
by t_yana | 2012-11-14 01:59 | 音楽 | Comments(0)

自然エネルギーで武道館ライブってできるのか?

佐藤タイジ率いる「シアターブルック」って、好きな人以外は聞かないアーティストなのかもしれません。
まぁ好きな人以外聞かないのが音楽ってものなのですが・・・。

しかしながらもうメチャク、チャカッコイイのです。
個人的に日本で一番か二番にカッコイイ、ロックな男達。
しかも生半可じゃなく上手い。

ギター/ボーカル: 佐藤タイジ
ベース: 中條卓
キーボード: エマーソン北村
ドラムス: 沼澤尚

最高のリズム隊に乗って繰り広げるタイジのギターとボーカルは最高。
4人とも「これ以外はできない」と思わせる、潔いかっこよさに溢れる40代~50代のバンドです。youtubeでもたくさん上がっているので聴いてみてくださいませ。

で、このたびシアターブルックの新譜をうちのレーベルが与ることになりました。

このバンドは・・・つうか佐藤タイジという男は、とにかくロックなので、「やりたい」と思ったら動いてしまうお方。「原発反対!」・・・というより
「原発・・・もうえぇやん・・・わかってるやん、みんな。原発に反対できひん人の立場もわかる。でも・・・マズいやん?」って感じで、「だったらミュージシャンとして何をするか?」を考えた結果
自然エネルギーだけで武道館コンサートをやる!
という結論に至り、12月20日、武道館を押さえてしまいました。

いや、スタッフは大変です。
そんなことできるんか?と日々、音楽業界の人間なら、まず一生会わないエネルギー関係の人に会いに行き、話を聞いて協力を仰ぎ、また打ち合わせする・・・の連続。
結論から言うと、出来そうです、何とか。

んで、その主旨に賛同するアーティストが続々集まってきて、
シアターブルックがホストとなり、salyu、奥田民生、藤井フミヤ、斉藤和義、増子直純、Char、Love Psychedelico、仲井戸"CHABO"麗市、ほか(まだ未発表ゲストもあるそうですぞ!)・・・とにかく日本で一番カッコいいロックの人たちが勢揃いして送る、一大ロックイベントとなるのです。
名付けて「The Solar Budokan
こうなりゃ本人も大変です。これだけのゲストをホストとして招いて、3時間やそこらのコンサートにしなきゃいけないわけですから・・・。

でも、とてつもなく面白く感動的なコンサートになると思います。
まだチケット売ってます。そのうち売り切れます。
今のうちに買っておいたほうが良いです。

シアターブルックの新譜は12月5日発売。
タイトルは「最近の革命
タイジさん曰く、反原発の活動を通じて知り合った加藤登紀子さんから
「革命って、起こすものじゃないのよ。すでに起こってる現象のことを言うの」
と言われたのが「カッコよすぎる!」と感動して、そういうタイトルにしたとか・・・。
c0051760_1344522.jpg

まぁ加藤登紀子さんにそんなこと言われりゃ、ひれ伏すしかありませんわ。

それと、タイジさんと話してて印象的だったのは・・・、
今回の武道館のテストで、一度ソーラーパワーで溜めた電池でコンサートをやったそうなのですが、ものすごく音が良かった、と。
それはまぁソーラーパワーだから・・・というか電池でやったので、他の電気と干渉することがないので、ものすごくいい音だった、ということらしい。
それからリハーサルも電池でやってるので、ダラダラとリハをやると電気の無駄遣いになってしまうため、かなりテキパキとリハーサルをすることになり、案外いいリズムが出来て、心地よく本番を迎えることが出来た、とのことです。
いろいろあるんですな。

まぁそんな難しい話はさておき、年末は最高に豪華なロックフェスが行なわれるってことだけでも覚えていただき、できればそこに足をお運びいただいて、最高に贅沢な時間をお過ごしいただければ、と思う次第です。

CDの方も予約受付中です!
by t_yana | 2012-11-13 23:33 | 音楽 | Comments(0)

毎朝見る天気予報

平日の朝はだいたい6時50分に起きて、8時ちょうどに家を出る。
みなさんも時間の早い遅いはあってもそんなもんでしょう。
で、時計代わりになるのが朝のテレビ番組で、フジテレビの「めざましテレビ」、日本テレビの「ZIP!」(大阪なら「おはよう朝日です」)あたりを見る人がほとんどだと思います。

こういう番組に共通しているのは、お天気お姉さんが可愛いってこと。
「キレイ」系じゃなく「カワイイ」系です。
前まで「ZIP!」のお天気予報を伝えてた佐々木もよこちゃんはハートを一撃にしてくれたが、その後を引き継いだ上野優花ちゃんも日に日に良い感じに成長しとる。
「めざましテレビ」のお天気は鉄板ともいえる長野美郷ちゃん。
最近は人気急上昇すぎて、お天気以外のいろんなレポートでも登場することが多い。

でも・・・あかんねん・・・。
もう民放のタレント・アナでは満足できないカラダになってしまったワシ。
ここのところずっと朝に見てるのが、ケーブルテレビのCSチャンネルで見る「Weather News」の朝の番組「Soliveモーニング」なのだ。
「Weather News」は、24時間お天気をお届けする専門チャンネル。
「Soliveモーニング」は、朝6時から9時まで放送している3時間番組で、3人ほどのお姉さんが毎日日替わりでひとりで登場して進行される神番組だ。、

この番組に出てくるお天気キャスターさんの、民放テレビ局に比べたときにわかる・・・親しみやすさ、「もっと磨けば光るのに磨きすぎない」ユルさ、番組進行自体のしまりのなさ・・・など、何が面白いのかが一見でわかりにくいが、ハマると抜け出せないこの番組のよさにどっぷりです。
河村さやかさん、今田佐和子さんの二人が主にウィークデイを担当。
2人とも文句はない。
河村さやかさんは「あと少しで民放のお天気お姉さんで活躍できる」・・・くらいの「あと少し」感がたまりません。
また、今田佐和子さんの、ちょっと鼻にかかった低めの声の少しぶっきらぼうな話し方にハマッております。筑波大学を出られた才女。気象予報士でいらっしゃる。民放に居がちな「ミス慶応からアナウンサー」的な浮かれたところのない表情・・・強いて言うなら「研究室でキラリと光る可愛さ」的なものがあるわけです。
この前、twitterで今田さん目当てに毎朝Weather News見てるとかつぶやいたら、ご本人から「ありがとうございました」とResがあってビックリしたやら嬉しいやら。

また僕が制作を担当している「東京カフェスタイル」でお世話になっている拝郷メイ子さんが、「Solive」の公式サポートソングを歌っているとのこと。
縁を感じずにはいられまへん。

ということで最近はWeather Newsにハマっているわけですが、現在、お天気お姉さんを募集しているみたいです。
  一日9時間労働で週休2日。
  月額給与30万円+住宅付きor交通費支給。
  (勤務地が幕張なので、交通費を出すか、遠い人は住居を用意するということ?)

うむ・・・このおおざっぱな募集要項の待遇面の表示もたまらん。

皆様もよければチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
ワシの朝を楽しませてください。
by t_yana | 2012-11-11 11:12 | 生活 | Comments(0)

焼肉

本日は、久々に家族4人でお出掛けして、夕食は牛角に。
家族の誕生日で、お祝い!ということで。
c0051760_161549.jpg

家族の誰かの誕生日のときは、主役の人の希望により家で特別な食事をするか、外食するかして、必ず「イベントごと」にしております。

以前は家の近くに牛角があったのに、閉店してしまってからは焼肉に行く機会はほとんどなくなってしまいました。しかし奥さんが「久々に焼肉にいきたい!」と言い出し、車で少し離れた牛角に。

車で行ったので私はお酒を飲めず、ずっと水を飲んでおりました。
しかし・・・初めてお酒を飲まない焼肉を体験したんですけど、それもそんなに苦痛でないことに気付きました。・・・今までのビールは何だったんだ?
これからはあんまり当たり前のように酒を飲むのは止めようかしらん?

で、酒を飲んでいないと冷静なので、いろんなことに気付くわけです。
例えば、焼肉って牛角であってもそれほど安いものではない。
肉が一皿500円くらいだけど、例えばこれは絶対100g500円くらいの肉ではない、もっと安い肉のはず。
一体、焼肉店の付加価値とは何ぞや?と。
 1. いろんな肉を用意している
 2. 炭火で焼く
 3. 上げ膳・据え膳
これくらいのもんだ。

このうち、家で焼肉するにしても「1」は解決できなくもない。
「3」は外食なら当たり前なので考えないことにする。
そうすると、外で焼肉を食べる、という付加価値は「2」なのか、とわかった。

しかしこれとて、外でバーベキューすると同じ体験が出来る。
しかも自分達でバーベキューするなら、同じか金額でもっと高級な肉を用意するか、もしくは同程度の肉をもっと安価で調達できる。

そう考えると、外でバーベキューするってのが、一番安くておいしい肉の食べ方だということに気付いたのでありました。
できれば家族で出掛けて、僕は飲んで、奥さんに車を運転してもらって帰りたいものですけど。
by t_yana | 2012-11-10 23:09 | ファミリー | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧