平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

勝負服

先日のブログ

休みの日に制服を着た女子高生を良く見るが、あれは登校したのではなく、自分の学校の制服を(平日はできないように)着崩したり、自分の学校の制服がダサいのでお気に入りの「なんちゃって制服」を買って休みに着て出歩く「女子高生アピール」なのだ・・・ということを書いた。

で、その話を、小学校6年生の次女にして
「自分が高校生になったときもそうなったりして?」と言うと

「はぁ?」

というような顔をして

「私、そういうので勝負しないし」

と言われた。

何で「勝負」やねん?・・・ていうか、別に勝負服として、制服を着てるわけじゃなく、高校限定の楽しみとして「制服」というものをENJOYしようとしてるだけだと思うんですけど・・・。

小6にして、次の日に着る服を前日から選んで、朝は髪をセットして、まつ毛をビューラーで上げて登校する。身長163cm。股下81cm。ほぼ8頭身。
どんだけ自分に自信があるのか?と恐ろしくなったわ…。
スタイルも性格も誰に似たのやら・・・。
イヤなオンナにならなきゃいいですが…。
by t_yana | 2012-10-31 22:54 | ファミリー | Comments(0)

お買い物と制服の女子高生

先週に引き続き、完全OFFの日。

昨日は、チャラン・ポ・ランタンの素晴らしいステージを見て、売れしくなってその後飲酒。考えてみれば1週間酒を飲まなかった。そんなつもりはなかったのですが、多忙で飲めなかった!・・・ということで久々に飲むと酔いも早く(経済的)、ぐっすりと10時まで寝てしまいました。

その後、上の娘と渋谷でデートなのだ。
何だか服を買って欲しいらしく、2人で出掛ける。
「お目当てはあるのか?」と聴くと「ない」とのこと。父親が服を選ぶ・・・っちゅうのも嬉しいもんですが、考えてみればそれが一番こちらの財布のヒモが緩むってこと。
オレは作戦に引っかかったのか?

結局、靴とスカートを2枚。
上の服は「気に入ったものが見つからない」らしくと買わなかった。
・・・でも、オレが選んでいいんじゃなかったの?
最後はヤマダ電機でケータイを見に行き、スマホに買い換えたい旨のアピールを受けるが、それはまた今度ということで・・・。

で、日曜なのに、やたら制服の女の子を見るので、
「あれは同じ学校の子?」「いや、違う」
「休みなのに・・・クラブ活動かな?」「いや、違うと思う」

どうやら、休みの日に都内に遊びに行くのも、制服を着る子がよくいるらしい。
「女子高生アピールだよ」と。
自分の学校の制服を(平日はできないように)着崩す子や、自分の学校の制服がダサいので気に入った制服みたいな服を買って休みに着て渋谷を歩く人もいるらしい。

全く意味がわからん。

僕らの時代は、背伸びしたくて仕方なかったのに・・・。
「オトナになりたくないから、みんな」だと。

いや、オトナの方が絶対楽しいよ?
そういうこと教えてあげたいわ、おっちゃんが・・・。
でも「オトナの楽しさを、おっちゃんが教えたるで・・」と近づいていったら、確実にタイホなのでやめますけど・・。

娘と歩くといろいろ勉強になりますわ。
ちょっと高い授業料でしたけどね。
by t_yana | 2012-10-28 23:58 | 生活 | Comments(0)

渋谷・表参道

土曜日とはいえど休める日なそあるかないかの毎日。
朝からフル稼働でした。

まず、朝から長女の通う学校に行くべく表参道に。
「修学旅行説明会」とのことで、キレイなホールに集められ、高校2年の父兄に対して、あれこれ説明がありました。
で、その後、それぞれクラスに分かれて、個別に説明。
佐賀・長崎・熊本と廻るそうで、長崎に泊るホテルなんて、僕が出張でも泊れなさそうなホテル。「ホテル内はドレスコードの関係もあり、制服で。」とか言われましたわ。
で、大宰府天満宮で参拝するらしい。先生自ら
「いや、クリスチャンの学校なんですけど、いいんでしょうかねぇ・・・」
まぁ、ミクスチャーというかハイブリッドな世の中ですから、宗教もそんな感じでいいんではないでしょうかね?

そのあと、父兄懇談会。
進路説明などをお話いただくが、大学の付属校なので、緊張感がない。こっちも緊張感ないんだけど・・・で、何かホテルのケーキとコーヒーがケータリングで出される。
c0051760_004916.jpg

廻りを見渡せばハイソサエティっぽい奥様、パパが来てるのはクラスで4人ほど。で、他の3人のお父様も南かゴルフとか上手そうな人ばかり。居心地が悪く、懇談会が終わり次第早々に退散。
高校と大学が同じ構内になっていて、大学の学園祭が近いみたいで、何とそこで亀田誠治さんが講演会をやるとの看板が!
c0051760_06625.jpg

むしろワシが見に行きたいわ。
渋谷の楽器屋に飛び込みブラブラ・・・。

で、嫁と次女が他の用事で都内に出てきてたので、待ち合わせて昼ご飯。
日頃、全く家族サービスをしておらず、せっかくなので・・・ということでセルリアンタワーの25階のレストランでランチコースをオーダー。
c0051760_012053.jpg

この前にNHKに出たギャラも入るし、まぁいいか、と。子供どころか嫁が喜ぶ。
「読んでも意味がわからない名前のメニューだわ」「おいしい」と喜んでおりました。
頼む、日頃の食生活にフィードバックしてくれよ・・・。

その後、家族と別れ会社に出勤し、残っている仕事などをコツコツと・・・。

で、またまた表参道に出て、青山の「CAY」に。
担当してるアーティスト、チャラン・ポ・ランタンのCD発売記念のワンマンライブ。
今までは200名ほどの集客でしたが、今回はどうか・・・と不安でございましたが、何と350名ほどが集まる大盛況!
c0051760_23545949.jpg

・・・あぁ、頑張った甲斐がありましたわ。
んで、大変・・・つうかこれ以上はないほどにステージは盛り上がり、
c0051760_23551939.jpg

めでたく終了。
c0051760_23565188.jpg

正直、ここまでいいステージをやってくれるとは・・・とちょっと感動しました。
この2人姉妹の才能と努力の底知れぬ奥深さが怖い。
頑張って売らねばならん!と心に固く誓ったのでした。

その後、twitterなどでもかなりの評判になっているのも嬉しい限り。
今度は12月26日にアルバムが発売になります。
皆さま、是非!

大阪の皆様、11月の6日と8日に大阪近辺でチャラン・ポ・ランタンがイベントやります。
歌とアコーディオンの素晴らしい音楽。
よければ聞きに来て下さいね!
by t_yana | 2012-10-27 23:58 | 生活 | Comments(0)

おい!小池!

「おい!小池!」
誰が付けたのか、このキャッチコピー。
何年このポスターを見たのだろう。
駅前やら何やらで警視庁のポスターによく乗っているのは
「おい!小池!」と
「走る爆弾娘」菊池直子と
同じくオウムの高橋
この3人でした。
あまりに長い年月、見続けたために、小池までがオウム関連犯じゃないか?と勘違いもしてきますが、小池は違います。念のため。
c0051760_175507.jpg

で、今年、長きにわたって捕まらなかった3人とも解決。
まさに激動の2012年です。

おい!小池!・・・おい!・・・おい!・・・あれっ?返事がないな」
と思ったら死んでた、という話。
しかも岡山で病死って・・・。

岡山なんてのんびりしていいところですわ。メレンゲのツアーで何度も行ったけど、メシうまいし、酒うまいし、人はみんな良い人だし、広島にも大阪にもすぐ行けるし・・・。
最後は15歳も年上の女性と同居して、それなりに幸せな余生を過ごしてたのかしらん。
by t_yana | 2012-10-21 17:03 | ニュース | Comments(0)

自浄作用がないのか・・・

一瞬読んで目を疑いました。

週刊朝日の橋下叩きの記事。
表紙にドカーンと「ハシシタ」とか書いて、橋下市長が、被差別部落エリアに関係しているから、あいつはダメだ!的な記事を延々と・・・。

「えっ?書いちゃっていいの?マズくない?」・・・と。

「ハシシタ」は言うまでもなく、橋下を「ハシモト」と呼ばずに茶化した読み方をしているわけですが、これは「橋の下に住んでいる」という、被差別部落を揶揄する、放送禁止にひっかかるどうかギリギリ?くらいの差別的な使い方。
おまけに政治に携わる人間なのに、政治的な切り口は一切関係なく、ひたすら卑しい家系と卑しい土地から出てきたので、政治などもってのほか・・・みたいなことを延々と書いている。

大阪で育った人間ならわかると思うが、大阪には被差別部落やら在日朝鮮人やらいろんな差別問題を抱えていて、子供の時からそういう問題と背中合わせで育ってきた。
その反動なのか何なのか、酔っ払ったりしたときなどは、少し差別をネタに茶化したりすることもある不届きものの私ですが・・・そんな私でも、見た瞬間に一発で「こりゃヤバイだろ」とわかる記事。

何でこんなもん雑誌に載せたんだろう?

そこまでして橋下をツブしたいのか?
そこまでやる必要があるのか?
そこまでする資格が、新聞や雑誌にあるのか?
そこまで、なりふり構わず潰さなきゃ潰れないような相手か??
なぜ堂々と政策や実績で善悪を問おうとしないのか?

しかもこりゃ、橋下市長の言うとおり、便所の落書きと同じですわ・・・。
それを天下の朝日がやるんだから・・・。

もうひとつビックリしたのが、橋下が朝日新聞出版のみならず、朝日新聞も取材拒否にしたことを、「それは筋が違う」と指摘している勘違いマスコミ人の多いこと。
日本はマスコミを甘えかせ過ぎたんでしょうか?
どんなひどいことをしても、「言論の自由」という盾を振りかざせば自分達は許されると思ってる。おかげで、その盾の後ろで好きなこと書いて、責任も取らずやり逃げする確信犯なわけです。
さらにビックリしたのが、他の殆どの新聞・メディアも朝日新聞や朝日新聞出版を責めず、むしろ同調してたってこと。
つまりメディアは、他人には厳しいが、自分には甘い・・・どころか同業者にも甘い、馴れ合いの護送船団みたいなもので、そこに自分たちで牽制しあったり切磋琢磨する自浄作用もなにもないということなのでしょう。

今朝の朝日新聞は、こんな大きな問題をちゃんと記事にしていない。
紙面の端のほうに「朝日新聞出版が謝罪」とか申し訳程度に書いているだけ。
「子会社とはいえ、別会社なので関係ない」と逃げ廻る朝日新聞。
あのなぁ・・・、100%子会社で住所も同じ(本社ビル内)、経営陣はほとんどが朝日新聞からの出向や転籍。人的交流も頻繁な完全子会社を「関係ない」なんて言えるわけないっつうの・・・。

普通は、こんな酷い記事を世の中に送り出してしまったら、記事云々以前の「メディアとしての存在価値」が問われる。
ましてや親会社もメディアの端くれなら、週刊朝日を今回のことだけをもって廃刊を決断して然るべき。
子会社が「お詫びのひとつで済む」と思ってることに、株主・・・しかもメディアの中枢にいる企業・・・としてどう感じてるかが疑問で、朝日新聞出版のみならず、親会社として・完全株主としての見解も、ちゃんと紙面で発表すべきだろと強力に思うのですが・・・。

まぁ前から思ってたが、朝日新聞って自分たちの偏った思想を守るためなら、国益も関係なくとにかくメチャクチャなさるっていうのがホントあり得ない。
少し前に、3500円のカツカレー食べる人間は自民党の総裁にふさわしくない、とか書いてたし(笑)。
しかも日教組と結託してるからかどうか知らんが、学校の授業に時々使われる。
差別促進会社に出資・投資する新聞社の新聞を教育の場で使うってことに学校は考えたほうがいい。
子供向けの新聞も取っているが、そりゃ内容はひどいよ。できれば読ませたくない。しかし子供の受験のこともあり、仕方なく朝日新聞をとっておりますが、受験が終わった瞬間に購読を中止することを本日、固く決意いたしました。
文化欄は好きでしたが仕方ない。

代わりに新聞なんてイランかな?とも思いましたが、金土日のチラシを読むのが異様に好きなので、朝日と同じくらいチラシが入る読売でもとることにしようか、と。
巨人もどうせ中日に負けるやろし、ええ気味なので読売でもええか?と。

そもそも、なんで橋下ってあんなにキラワれるんでしょ?
「それちゃうやろ?!」というところもいくつかありますが、総じて他の政治家より遥かに勉強熱心で実行力もある。全部の問題で記者とやりあうし、逃げずに矢面に立つ。そのパワーはすごいとは思う。
「記憶にない」などという政治家特有の逃げ言葉も使わない。
あれほど記者の前で話す政治家もいない。ゆえに失言を取り上げられる機会も多いのだが、それをもって「コイツはダメだ」とは言えないような気がします。
それに、この国は早急に手を打つ必要があるのに、既存の政党に大きな変化を期待できると思ってるのでしょうか?
どのみち誰がやってもダメなら、新しい人にやらせりゃいいんじゃないの?と単純に思うのですけど。
気に入らんところは多々ありますが、それより新しいものを潰そうとするマスコミの姿勢が怖いわ。。。と。
by t_yana | 2012-10-20 01:35 | ニュース | Comments(5)

450円で買える幸せ

ローソンの店内BGMってバカにできないです。

スタバのように店頭でコーヒーを売るサービス「マチカフェ」の販促として、「マチカフェ」をイメージした音楽をプロデュースしております。
内容はJ-POPのジャズ・カバー。・・・で、これがね、エエ加減なジャズのカバーアルバムと違うんです。全部、有名ミュージシャンによる生演奏。

サウンドプロデュース&ピアノ 青柳誠
ギター  天野清継
ベース  一本茂樹
ドラムス  渡嘉敷祐一
フルート  坂上領
ヴァイオリン  伊藤彩
口笛  口笛太郎

まぁ一部、有名ミュージシャンじゃない人も混じってますが、この音楽は
machi cafe life #1
としてCDになっています。
しかも、7曲700円ですよ?こんな安いCD知らんわ・・・。

で、驚くのはまだ早い。
このたびこれが、iTune Storeで配信開始されることになったのだ!!

しかも・・・7曲で450円・・・超お買い得価格!

是非、こちらからダウンロードしてくださいませ。
   ↓    ↓    ↓
https://itunes.apple.com/jp/album/machi-cafe-life-01/id567055312 

450円。
明日のお昼ご飯をコンビニ弁当にすれば、450円くらいは浮きます。
それを元に、是非、このアルバムをお聴きください。
ちなみにiTuneだと無料で試聴も可能!

ちなみに冬には第2弾を予定しています!
こちらもお楽しみに!
by t_yana | 2012-10-19 00:11 | 音楽 | Comments(0)

エマニエル夫人

今日のニュースで、エマニエル夫人の女優、シルビア・クリステルさんが亡くなったという記事を見ました。
c0051760_23401327.jpg

で、twitterで普段からお付き合いさせていただいてる音楽ライターの印南敦史さんのつぶやきを見てビックリしました。

「60歳だって、オレと10歳しか変わらん・・・」と。

ということは、僕とも14歳しか変わらんということか・・・。

小学4年のとき、同級生で仲のいいアホな坊主がいて、よくそいつが
「エマニエルのボイン!」
・・・とか言って、しょーもないことしてました。それはあまりにしょーもなくて今でもよく覚えております。
でもそんな頃から知ってるだけに、めちゃくちゃ雲の上の人というか、年上の人だったとは・・・。

14歳年上なんて、磯野貴理の24才下に比べたら全然生易しい。
自分と結婚してもおかしくない範囲の年齢差の人だったとは・・・。
驚きです。

よほど若いときからお世話になっていたということか・・・。

もちろんエロいんですけど、上品でキレイな方でした。
こちらでお買い求めできます。せっかくなので、いかがでしょうか?

ちなみにサウンドトラックも名盤と言われているものです。
もしよければサントラもいかがでしょう?
CDジャケットがすでに18禁っぽいですが・・・。

幼心にドキドキをあたえていただいたのは、オバサマではなくお姉さまだったのですね。
ご冥福をお祈りいたします。
by t_yana | 2012-10-18 23:37 | ニュース | Comments(0)

取材続きでした

我が「Mastard Records」は11月も順調にリリースを行います。
んで、そのプロモーションで取材続きも毎日でした。

まずは火曜日。
Sing Like Talkingの佐藤竹善さんが11/7に、名物シリーズ『Cornerstones』の「5」を、うちのレーベルからリリースしていただけるとのことで、共同通信の取材を入れました。
汐留にある共同通信で竹善さんと待ち合わせ。
インタビューされる記者さんは、。共同通信の文化部の方で、非常に音楽が好きな方。音楽が好きなら竹善さんも好きなはず(リクオのファンだとも言っておりました!)で、案の定「大ファンです」ということで、いろいろ熱くかたっていらっしゃいました。
で、それをにこやかに「そうですね」と訊いてうなづく竹善さん・・・。
おっ?逆じゃないか?
とも思いつつ、喋るところでは丁寧にわかりやすく、音楽とは?洋楽とは?を語る竹善さんの、オトナないいインタビューとなりました。
近々、全国の地方紙などに配信され紙面を飾ることとなります。

びっくりしたのは、この記者さんが、何と口笛太郎Duoのファンでもあったこと。
僕がそうであることを言うと、「マジですか?」「いやいや・・・」と。CDも持っているようで、「そんなんだったらCD持って来てサインしてくもらえばよかった・・・」と。
こういうこともあるんですねぇ。
一気にヤル気モードになった私でした。

で、水曜は、11/14に、20年以上のキャリアで初めて自分名義のソロアルバムを出す、the Pillows真鍋吉明さんのインタビュー。
音楽専門誌「Sound Designer」と、楽器メーカーの「Line 6」、そして音楽サイトの「Barks」のインタビュー3本立て!
喋るのも取材3本続けてだとキツかな?とも思いましたが、こちらもオトナな対応でにこやかにこなしていただきました。
the Pillowsは子供からオトナまで幅広いファンを持つロックバンドですが、そのサウンドブレインともいえる真鍋さんのソロは、何とギターインスト。ロックとフュージョンのちょうど真ん中にある非常に心地よいサウンドになっています。
ここまでギター弾きまくりのギター・インスト・アルバムって久しぶりで、結構書く方面から絶賛されております。
インタビューは弊社でやったのですが、受付になぜかAKBの大島優子タソの等身大立て看板があるのです。
それを見つけるや、一緒に写真を撮る真鍋さん・・・。
c0051760_2382754.jpg

あの・・・ロックな人とちゃうんですか・・・?
連続で取材3本もやったから壊れたんやろか・・??などと心配もしましたが、至ってマトモでしたわ(涙)。


うちのレーベル、今後は11月の最後には、職人・林立夫/小原礼さんのリズム隊による、インストアルバムを出します。んで、12月には日本最強のグルーブロックバンド、シアターブルックのニュー・アルバムも出ます。
もちろん新人も出して行きます。
絶対いいものしか出さないので、皆様、ご期待くださいね。
んで・・・是非、買って下さい・・・。
食欲の秋、飲酒の秋、音楽の秋なので、何卒よろしく、ということで・・・。
by t_yana | 2012-10-17 23:07 | お仕事 | Comments(0)

フランスに勝っちゃった。

サッカーの日本代表:ザック・ジャパンがヨーロッパ遠征中。

現在、日本の主力メンバーはヨーロッパで活躍中。
今まで彼らを日本に集めて試合をしていたことを考えると、ヨーロッパで試合ができることは彼らのコンディションなどを考えても意味のあること。
それに強豪国の代表チームを日本に呼んで試合することなんて難しいわけで、試合したけりゃ現地まで行かねばならないのですね。
で、今回は親善試合ということで、フランス(FIFAランキング13位)とブラジル(同14位)を相手に試合を行える。・・・いづれもワールドカップの優勝国。

で・・・フランス相手に・・・勝っちゃった。

長友からのパスを香川が決めた。・・・実に香川らしいゴール。
ACミランのサイドバックから、マンUのトップ下にボールが渡ってゴールを入れて、フランス代表に勝った・・・なんて・・・おっちゃんらの世代にとってこんな時代が来るとは思ってませんでしたわ・・・。

この点数が入ったのが試合終了間際。
たぶんみんな0-0のドローか、負けるに違いないだろう・・・と思っていたのでしょう。
中継してたテレビ局・・・フジテレビもそう思っていたようで、試合終了後の勝利インタビューやってるところに、思い切り「JAPAN惜敗」とか画面テロップ出してる・・・。
c0051760_11445475.jpg

韓流好きすぎて日本のことキライになったのか?フジテレビ・・・。万が一とはいえ日本が勝った時のためにテロップくらいちゃんと作っとけ!っちゅうに。

火曜日はブラジル戦。
2002年、日本でワールドカップがあったときの優勝国です。
日韓共催なってしまったため、あまり評判がよくなかったワールドカップでしたが、それでも日本では盛り上がりました。
毎晩六本木は外人で溢れ、優勝した夜にブラジルのメンバーが繰り出したブラジル料理の店はよくランチを食べてた店だったりして、個人邸にもサッカーを好きになるきっかけとなった出来事でしたわ。
その時の優勝チームと戦えるなんて感慨深いわ。
本音で言うと、さすがに勝つのは難しいとは思うけど、負けてもいいので1点とってほしいなぁ、と。・・・とは言いつつ、何だかまかり間違って勝ってしまったりして・・・とか思ってしまう・・・そんな妄想を抱かせてくれるほど日本代表は強くなったのだ。

でも真夜中ていうか明け方にキックオフってのが辛いところ。
やっぱり日本でやってほしいんですけどね。
by t_yana | 2012-10-13 23:36 | スポーツ | Comments(0)

ワタミ越え

ワタミを愛する一方で、ワタミを上回るコスパの実現を絶えず研究する私。
この自己矛盾を抱え、心苦しい毎日ではありますが、遂にそれが実現出来るかもしれないことに気がつきました。

「どの飲み屋がワタミを上回るか?」という視点で考えてましたが、何も比較対象は飲み屋に絞ることもない、という発想の転換により思いついたのだ。
IPS細胞における山中教授みたいなもの。
凝り固まった発想からは、何も生まれない。

バーミヤン」で、いいちこのボトル(720ml)が1200円なのだ。
ボトルキープもできるらしい。
しかも「お水・氷はドリンク・バーからご自由に」と書いてる。
...で、餃子二人前セットで350円。ザーサイ199円。山盛りポテト399円。
全部で2,148円=税込で2,255円=2人で行くと1人あたり1,128円!
ファミレスは食事がメインだけに、1品あたりの食事の量も多い。なので居酒屋よりも少ないオーダー数で同じような満腹感を得られるはず。しかも美味いはず!

これは検証に行かねばなるまい。

また、飲み物を焼酎に絞らなければ、「サイゼリヤ」は凄すぎるな。
何とワインの500mlのデキャンタが370円。これが案外美味いのよ。
「店の美味しさはハウスワインの美味さに比例する」を持論とする私、サイゼリアはバカにはできません!
なので、このワインを2本で740円。
399円でピザ食って、ソーセージも399円で、アラビヤータ399円。
これで閉めて1,937円。税込で2034円。2人で行って1人あたり1,017円だ!
腹も充分膨らんでいるはず。

サイゼリヤは都心・郊外に関係なく店があるので、検証はやりやすいはず。
是非敢行せねば・・・。
by t_yana | 2012-10-12 23:59 | ワタミ | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧