平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

GW前半は

世の中に疎い、とは思ってなかったけど、だんだんそうなってます。

新東名なんていつできてたの?作ってたのも知らんかったし、開通したのも全然知りませんでした。GWのニュースで知りました。
でもあれって、もうちょっと途中で東名と新東名が行き来できるようにしたらいいのに?と思う。どちらかで事故があってもどちらかにすぐ逃げれるようになったほうがいいんだけど。
まぁ途中で降りればいいだけなんですが・・・。
やたらサービスエリアの特集やってましたが、そのうち行きたいとは思います。
でも、新東名は静岡県内の話しで、渋滞って「秦野中井」とか「綾瀬バス停付近」とか「大和トンネル」とか「厚木ジャンクション」とか、神奈川県に入ってからがひどくなると思うんですけど、そこは何も変わらないわけで、むしろ高速が2倍になるので交通量も増え、合流したあとの神奈川県はもっと混まないか??

あと塩谷瞬とかいう俳優も全然知りませんでした。
富永愛に近づくとは大胆不敵。
c0051760_22103661.jpg

しかし料理研究家の園山真希絵って富永愛と全然タイプ違うやん?
c0051760_22105912.jpg

おまけにテリー伊藤泉谷しげるからもボロクソに言われる始末。
ちなみに、私も酔っ払うと「チューしよか?」とか簡単に言うし、ましてやお金が嫌いなわけではないので、このままでは「口笛界の塩谷瞬」と言われてしまうかもわからん。見た目はかなり違うけど。
気をつけなければ。

あと、もう阪神タイガースに振り回される人生を改めよう・・・と、今年はあえて試合を追っかけてなかったんだけど、少し前まで1位だったので、ますます気になりだして放っておいたら、今は3位だそうですね。
気になると株の値段より気になるのがタイガースの試合経過。
できるだけ気にせず過ごしたいと思っております。

そんなわけで日頃バタバタしてましたので、いろんな世の中の流れに気付いたGW前半でした。
明日・明後日は仕事です。
by t_yana | 2012-04-30 22:22 | ニュース | Comments(1)

新しいレーベル

昨年の9月くらいから何の仕事をやっていたかと申しますと、新しい音楽レーベルを立ち上げる仕事をしておりました。
このCD不況の中、音楽レーベル作るってどういうことよ?とお思いの方もいらっしゃいましょうが、まぁさおれはそれで深く考えずに・・・ですね・・・。
で、ようやく立ち上がりました。
HMVというCDショップの会社の中に作りました。
他の店でもこのレーベルの作品は扱ってくれますが、特にHMVでは必ず在庫されているはずです。
名付けてMastard Records。
いろんな意味を込めた造語です。

で、第一弾の作品が4月25日に出ました。
『東京カフェスタイル』という作品で、今後シリーズ化していく予定。
c0051760_2340765.jpg

これはコーヒーやらお茶を飲むときに、いい感じになる音楽を収録しています。
アーティスト名は"f.e.n."という女性ボーカルのオムニバス・ユニット。
毎回少しづつメンバーが変わると思いますが、今回は、池田綾子さんや松本英子さんなどに加え、特別ゲストに手嶌葵さんも参加していただきました。

歌ってるのは荒井由実のカバーです。
ユーミンは今年レコードデビュー40周年。彼女が「荒井由実」だった頃の名曲をカバーさせていただきました。

ユーミンって、最初は作家でデビューしたので、人が歌うことを前提にした曲作りでした。だから、歌の上手い人がカバーすれば、ものすごく冴えるのです。
今回の作品も本当に素晴らしい内容になりました(自画自賛)。

GW中にHMV店舗に行くことがあれば見てみてくださいね。
もちろんHMV ON LINEでも取り扱っております。(ローソンで受け取れます)
amazonでも取り扱っております。
セブンネットショッピングでも取り扱っております。(セブンイレブンで受け取れます)
大きいTSUTAYAさんでも置いてます。
タワーレコードでも置いてます。
なければ注文してください!
「東京カフェスタイル(品番:LNCM-1001)注文します!」と。

GWのお出かけのBGMでもいいですし、家でくつろぐ時のBGMでも最高です。
売れたら第二弾を作りますので、ご協力よろしくお願いいたします!

また、今後はこういった企画もののみならず、素敵なアーティストの新譜もリリースしていく予定です。すごくいい新人のアーティストともお仕事が出来そうな感じで、ワクワクしております!

ちなみに口笛太郎はこのレーベルからは出しませんので。
自分で自分を売るってのも、話が早いんですがちょっと・・・ねぇ・・・。
by t_yana | 2012-04-29 00:01 | お仕事 | Comments(1)

面接

「ほぼ日刊イトイ新聞」にいい記事が載っていました。

就職活動とそのときに行なう面接に疑問を抱いている京都大学に通う学生が、糸井重里に「面接してほしい‥‥」と。
しかも「糸井事務所に入るため」ではなく、 「話を聞いてほしい」とのこと。

ほぼ日刊イトイ新聞



少し長い特集で、読むのに10分くらいかかりますが、おもしろくてすぐに全部読める。

これを読む限りですが、彼はたぶん面接ウケする子じゃないと思う。
友達を選んでしまう、誰にでも評判がいい子でもないはず。
会社の面接って、「採る面接」じゃなく「落とす面接」なので、こういう子は苦労するとは思う。実際に会って10分やそこらの面接したところで、「何だか一緒に仕事したくなる」って気にならないタイプです。

そんな子のことを今まで考えたこともなかったけど、これ読んで思った。
見た目の振る舞いや考えてることはちょっと変わってるけど、一緒に働けないわけでもないな、と。
そう思うと、こういった子も組織にいないとマズイような気もしてくるのです。
耳障りの良いJ-POPばかり聴いてるとヘドが出そうになるのと同様、一見一緒に働きたいと思えそうなさわやかで元気のいい従順な人ばかりとろうとする組織ってやっぱ絶対おかしと思う。

結局学生のときって、社会なんて全然わかってなくて、仕事のことも、人との付き合い方も、全部卒業して仕事しながら教えてもらってたように思います。
そんな中で、学生のときにすごく人当たりがよかったり優秀な人で社会で潰れちゃったりした人もいるし、「何かパッとしないヤツだなぁ」と思ってた人が意外に偉くなったりしてることもある。
なので実際は、学生のときの自分の短所も長所も、社会に出たときにも短所や長所になるのか?っていうのはなかなかわからないことで、結局そういうの全部ひっくるめて、みんな同じスタートラインに立って「ヨーイドン」なんだけど・・・偏ったプレイヤーしかスタートラインに並べてないか?最近の会社って・・・みたいな。

今まで面接うけたことも何度あるけど、面接をやるのも結構経験しました。そのとき、人事から「この人と一緒に働きたいかどうか?」という視点で見てください・・・とか言われてたけど、面接の時間内でそれを判断するって、ほぼ表面的なことだけで判断しなきゃいけないのです。

ほんとは会社には「何か変わってるけど、頼むと安心する」「いやー、仕事は一緒にしたいとは思わないけどすごく信用できる」見たいな人って絶対いるし、そういう人が企業の「キモ」ではないか?と。
第一印象でそういう人をちゃんと選ぶこともできるのか?というと自信がない。

絶対忘れないことがひとつある。
新卒でワーナーミュージック(当時のワーナーパイオニア)の入社試験を受けたときのこと。10人ほど採用するのに3000人くらい来てた。
筆記が通ったあとの面接だったんだけど、業界風の40代の黒いポロシャツにジーンズみたいなおっさんが面接官で「うちから出してるアーティストで誰が好き?」とか聴かれたので、
「ハイラム・ブロックです」
と答えたら、「えっ?」「はぁ?」みたいな顔されて「それどうやって売ればいいと思う?」と訊かれたので、「宣伝しても売れるわけありません。」「ひたすらハイラム・ブロックがギター弾いてる作品をCD化することです。」「僕は全部買います。」「なので僕みたいな人が全国に何人もいるはずなのちゃんと売れます」「それ以上でも以下でもないです」って答えたら、結構「何言ってんの?」的な顔されました。
結果、不合格。

まぁ、その3年後に中途入社の試験を受けてワーナーに入って、その後その面接官の人と一緒に働くことになるわけですが・・・。

あのときの自分の言ったことって全然間違ってないんですけど、第一印象などは「一緒に働きたい」と思わせるほどに良くなかったのかもしれません。もしくは面接官が違っていれば合格してたのかもしれません。
どんな人も、自分は人と違ってて特別だとどこか思ってるし、その「人と違う部分」に気付いて欲しいってみんな思ってる。
入社できるかどうか?もそうなんですけど、どんな面接官が来るのか?ってのも「縁」なのですよね・・・。

とは言いつつ、自分には特別な部分があるかないか?って、たくさんの人と出会わないとわからない。「人と違う部分の気付かせ方」も然り。
学生時代と社会人の違いは、僕の場合は、知り合う人の数の差でした。
自分の成長って、社会人になって始まったんだなぁ、とつくづく思います。

この彼には「社会ってそんな甘くないんだ!」と一喝してもいいんだけど、45歳すぎて同意してる自分もいます。今だって同じような悩みをずっと持ってますよ、みんな。


それにしても糸井重里さんの対応がすばらしい。
バブル時代をくぐった僕らの時より、全然厳しい環境にある若者たち。
・・・彼らが夢をもてる社会って、政治や行政や経済が作るだけじゃなく、オトナが若者に対する受け答えや対応のやり方で若者の能力を適材適所で引き出せたら、それだけでも少しは今よりいい社会になるのかも知れません。



by t_yana | 2012-04-28 10:21 | ニュース | Comments(0)

イタズラメール

もう本当に困っているのですが、最近携帯のいたずらメールがすごいのです。
1時間に10通くらいの割合で24時間続くのです。
「5300万円受け取ってください!」とか
「援助交際じゃないです。無料です。」とか
「あなたに決めました。今日私を●●・・・」とか
普通に考えて、そんなもんに騙されるわけないのに。もうちょっと「もしかしてこれマジ?」と思わせる文章にしないといたずらメール側もメール作成~送付の手間をかけるわりには効果がない・・・ってことにならないか?と心配してしまいます。

いくつかの文面に「(前勤務先)●●(本名)さまへ」という文面があったので、たぶんその頃に知り合った人の携帯なのかPCからアドレスが漏れてしまったのでしょう。

でも、メール来るたびに、そのドメインを受信拒否にしてたのですが、次々と違うドメインを使ってメールを出してくる・・・お前ら、ナンボほどドメインあるねん?状態。
一つのいたずらメール業者で、いろんなドメインを使い、いろんなメールを1日200通以上のメールを出す・・・って、もうこれはちょっとしたIT企業ではないか?

意地でも携帯のメールアドレスは変えたくないので、ドメイン指定でブロックをかけ、何とかならないか?と思ってたのですが、それで追いつくこともなく、夜中もガンガン入ってくるので、辛抱たまらずやむを得ず、遂に携帯メール以外は受信拒否設定にしました。

というわけで、しばらくはPCから私の携帯メールに送っても受信拒否になりますが、そういうことなのでよろしくお願いしますね。
by t_yana | 2012-04-27 23:56 | 生活 | Comments(0)

いざ!かすみがうらへ・・・!(2)

(前編から続く)

4月15日(日)、マラソン当日は何となく6時台に目が覚める。
んで、顔洗って朝飯。
口笛吹くわけではないが、勝負のときはカレーパン。その他にサンドウィッチとバナナを2本。腹一杯になるが、隣りでフル・マラソン走るヤツがおもち、団子などとにかく炭水化物を食いまくっているのを見ると、吊られて食べてしまいます。

フルマラソンなんて走るのに4-5時間かかるわけで、普通に生活していても腹が減るほどの時間。もちろんトイレだって行く。ましてや走ってるわけなのでスタミナの消費もハンパない。
僕は10マイル=16キロなので別にそこまでは行かないけど・・・。

今年は2万7000人の参加というこの「かすみがうらマラソン」。
どこから見ても人・人・人なわけで、そんな中、我々も当日合流組を入れて、フルマラソン4人(女性1人)、10マイル6人(女性2人)、5km1人の合計11名体制で臨んだのだ!

我々のグループは土浦市内にある歯医者さんの宣伝も兼ねて出場しており、「ランナーは歯が命 土浦市内●●歯科」という紙をユニフォームに貼り付けて走るのみならず、何人かは歯をアピールするカブり物でマラソンを走るわけです。僕は被らないけど、こちらはカブリものをして走る兵(つわもの)たち。
c0051760_23551857.jpg



まず最初に我らが10マイル組がスタート。
c0051760_013163.jpg
スタートはこんな感じとにかく人!
c0051760_23553559.jpg
んで、走り出すと、なぜか巨人の清原ソックリさんやら、桑田投手のソックリさんやら、長渕剛のソックリさんやらが手を振ってる。「がんばれよー!」とか言われても「おまえ・・・ニセモノやろ・・・」と突っ込みつつ、楽しすぎる。
c0051760_23571645.jpg


しかし楽しいとかいってるうちは最初の3kmくらいで調整不足の私はあとはツライ・・・。5km過ぎたあたりで歩いたりしてるうちに、歯の被り物の身内の女性ランナーと遭遇。一緒に走ることに。
沿道は市民の方が「がんばれー!」と手を振ってくれるし、太鼓は鳴らすし、踊りを披露してる人もいて、まさに地元上げてのお祭りなのですが、こういう被り物をしてるととにかく人気で、特に見てる子供などは、きゃーきゃー騒ぐわけです。僕は被ってないが、被ってる女性と一緒に走ってるだけで手を抜けない・・・・。
彼女なんてもうひざがダメです・・・とか言ってたが、子供たちが応援するし、くたばったら歯医者のマイナス・プロモーションになるから・・・と、走ったり歩いたりで、頑張って16キロ走破・・・。
僕は10km越えたあたりで、呼吸が非常に安定してきて、結構楽に走れるようになってきた!・・・と思ったら少しひざが痛くなってきたけど・・・この日はそれを見越してガチガチにテーピングしてサポーター巻いてたので、何とか大丈夫。彼女のペースで走って一緒にゴールしたのでタイムは2時間超えちゃったけど、まぁ自分だけで走ってもあんまり変わらなかったかも。

そうこうしてるうちに、フルマラソンで招待選手のプロが帰ってくる時間。
真っ先に帰ってきたのはやはり川内選手。
c0051760_074027.jpg
ゴールの画像ですが、どんだけ早いねん?という速さです。ほぼ僕らの線速力で42km走ってます。・・・人間と違いますわ・・・。
遅れること3時間ほど、我らのチームのフルマラソン組が、3人で手をつないでゴール!被り物をしたままでよくぞ42.195キロ走った!結構感動しました(涙)。
c0051760_0113317.jpg


で、被り物をしたまま帰路につくのでありました。
c0051760_0152939.jpg

友達の家に帰り、買ってるワンちゃんにさよならを告げて帰京。
c0051760_0153175.jpg

お疲れ様でした。

前回も思ったのですが、10マイルは誰でも走れると思います。
事前に何度か走り込みをしてれば大丈夫。マラソン用の靴を履けば、自然に走れるようになるから不思議です。
とにかく苦しいけど楽しいし、ほんとお祭りって感じなのです。
まぁお祭りと言うか、大勢で行って騒ぐ、オトナの合宿って感じかも。

おかげで今日は、ヒザは痛いし、筋肉痛で全身痛いし、おまけに日焼けによる痛みという二次災害までやってきて、ボロボロの状態で働いてましたが、それも年1回のご愛嬌。

ヒザが痛いのは体重を落とせば何とかなると思う。来年に向けて痩せよう!
まだフルは無理だけど、16キロをちゃんと走れるようになりたいな、と。

一緒に行った皆様、お疲れ様でした。
反省会は是非ワタミでやりましょう!
by t_yana | 2012-04-16 23:49 | 生活 | Comments(0)

いざ!かすみがうらへ・・・!(1)

一昨年に出場して以来、「毎年出るぞ!」と意気込んでたのに、昨年は地震の影響で中止になった、かすみがうらマラソン大会。
一昨年は2万3000人と、関東でも有数のマンモス・マラソン大会。
今年も行って来ました!
何と今年は、フルマラソン、10マイルマラソン、5キロマラソンなど合わせて2万7000人!恐らく抽選のないマラソン大会では関東一でしょう。

毎年土浦市にあるお友達のお家に前日から入って、リクレーション~坐和民・土浦店~寝て次の日マラソン・・・という流れになっておるのだ。

今回の前日のリクレーションは、途中で寄り道して潮来にある、「池沢さとし・サーキットの狼・記念館」に立ち寄るのだ!
思い出せばスーパーカー・ブームは30年も前の話し。
その中心にあったのが、この漫画なわけで、今でもお金持ちになったらスーパーカー買うぞ!という気持ちは捨ててない。

で、その前にお昼ごはんで立ち寄ったのが、JAZZラーメン・レストランの、その名も『JAZZ麺』。
c0051760_23365896.jpg

店内はライブもできるようになっている。非常にハイセンスだが、潮来市の端にあるおかげでガラガラ。都内にあれば絶対流行るのに・・・勿体無い。
c0051760_23372339.jpg

んで、ここの名物は、つけ麺の麺をトーストで焼きつける、『やきつけ麺』。
c0051760_23373143.jpg

食べてみたが非常に美味。

で、サーキットの狼記念館に到着。
c0051760_23394540.jpg

入り口からしてすでにソソられる。ドキドキです。
c0051760_23395854.jpg

いざ入るとスーパーカーが勢揃いだ!・・・まずはフェラーリ328GTとBMW。フェラーリの女豹とピーターソンという、いきなり因縁の対決車が並んでるぞ!
c0051760_23414135.jpg

んで、ロータス・ヨーロッパ!
c0051760_2345391.jpg

ロータス・ヨーロッパを見て、風吹裕矢が首都高グランプリで、早瀬左近と争ったときに、フロント・スタビライザーが外れたことを思い出し、全員でフロントスタビライザー・チェック!
c0051760_2345214.jpg
大のオトナがみんな揃って何をやっているのだ・・・?
で、スタビライザー発見!
c0051760_23461160.jpg

そしてデ・トマソ・パンテーラとランチア・ストラトス!両方とも実物を見たのは初めてで感動して泣きそうになりました・・・。
c0051760_2347770.jpg


そして日本の誇る名車、トヨタ2000GT。全てが美しすぎる。
c0051760_23483959.jpg

TOYOTAよ、頼むからこれを再生産してくれ!

で、あとやっぱり感動したのは、フェラーリ512BB、
c0051760_23511648.jpg

ランボルギーニ・ミウラ・・・おおぉっ・・・飛鳥の兄ィの車・・・。全てが美しすぎる!
c0051760_23512810.jpg

で、ランボルギー・カウンタックだ!
c0051760_23514245.jpg


少し離れたところにはポルシェ928・・・京極さくらだ!
c0051760_23531837.jpg

んで、箱スカのGTRまであったではないか!
c0051760_23532571.jpg

紹介しきれないが、まだまだスーパーカーがあったぞ!
入場料も700円と安い!おまけに「サーキットの狼」が全巻揃ってるから、読み始めると1日あっても足りない!・・・あかん、ガマンできん・・・「サーキットの狼」全巻揃えたくなってきたわ・・・。

この時代の車はみんな人の手でデザインされたもの。
コンピューターで設計されたものより、はるかに人間臭くて、カッコイイ。
音楽もデザインも人の手でやりたいものですね。

そんなわけで、土浦市に移り、スーパー銭湯に行く。
帰りしなに、何と、「すき家」の前で、マラソンのオリンピック候補選手の川内選手を発見!・・・オリンピックを狙うっていう選手が走る前日に食べるのは牛丼だったのだ!
・・・んで、坐和民に行くも、何と満員!・・・どういうことだ?
・・・仕方なく、近くの飲み屋でみんなで乾杯!
c0051760_23565482.jpg


明日も頑張るぞ・・・というわけで、深酒してしまうのであった・・・。

(つづく)
by t_yana | 2012-04-15 23:57 | 生活 | Comments(0)

例の人たちの新曲は・・・

このところ、J-POPウォッチャーの私にとって、非常に良くない作品がリリースされておる。

まず、上地雄輔のアルバムのタイトル。
見て目を疑った。

『あの・・涙があるから愛があるんですケド』

キミ、・・・GReeeeeeNか?

アルバムにこういうタイトルを付けることが、まだカッコイイと思えるセンスがすごい。
 「ケド」って何なんすか?
 「あの・・・」って何なんすか?
いかにも「こんな当たり前のこともアンタ知らないんですか?」と言われてるようで、非常にイラっときます。だったらハッキリ言いますが、「涙があるから愛がある」なんて理屈、私は知りませんので。
今までもこれからも。


んで、もう最近大注目のソナーポケット。
新曲のタイトルは
『月火水木金土日。~君に贈る歌~』

またそれか?
てか、日本海軍か?(・・・それは「月月火水木金金」か・・・?)

『100年先まで愛します』
『ラブレター。~いつだって逢いたくて~』
『365日のラブストーリー。』
と来て、
『月火水木金土日。~君に贈る歌~』

・・・テーマ一緒やん?

次は
『子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥~ずっとキミだけを見てる』
とかのタイトルにするんとちゃうか?

今後、どんなことでワシをイラつかせてくるのか・・・?
恐ろしいですわ・・・。
by t_yana | 2012-04-11 01:44 | 音楽 | Comments(0)

角松敏生氏のインタビュー

角松敏生というミュージシャンは、ナルシストっぽいところが鼻につくことがありましたが、80年代はディスコで流れる数少ない日本のミュージシャンで、こだわりを持った骨のある音楽をやる人のような気がして、作品が発表されるごとに聴いておりました。

で、今度昔の自分の曲をレコーディングし直してベストを出すとのことで、そのインタビューをナタリーで読みました。
http://natalie.mu/music/pp/kadomatsutoshiki

でね、読んだ後、マジで気分悪くなりました。
あんた何者?と。
もちろん「なるほど」と思うところもありますが、「おれは上質の音楽やってんだから心して聴け!」的なことをこれほどまでにしゃーしゃーと言われたら、何と言うかシラけます・・・。
「リスナーを教育したい」とか言ってるし。
「SSLでミックスした」とかわざわざ言われてもねぇ。
「・・・あぁそうですか・・・」「スタジオ代が高くつきましたね・・・」
としか言えません。
でもハードディスクで録ってるんですよね?と。
昔はテープで録ってたはずで、音を云々言うならそっちじゃないの?と。
もしくは誰がミックスしたかってことの方が、ProToolsか?SSLか?より大事な気がします。

「FMの番組ではギターの機種ごとの音の違いや、ステレオ音響とはどういうことかとか、そういうところから啓蒙してきた。」とか言われても、FMラジオって既に16bitでもなければ放送用のコンプがパキパキにかかっていたりして、それこそMP3で普通に聴く方が音が良くないか?と。

「音楽が好きだと思うんなら、ラジカセでいいから、耳を澄まして聴いてみてほしい」とか言われても、それはそれで一理あるが、どんなラジカセでもいいってわけじゃないぞ?
無論、スピーカーから出た音が空気を震わせて耳に入る・・・という音の方が、本来あるべき姿だとは思うけど、若い子の中にはいい音を求めて、高いヘッドフォンで聴いてる子もいる。普通に考えて、そちらのほうが「SSLでミックスしたかどうか」がわかると思うねんけど・・・。

てか、好みの問題だけど、90年代の彼のアルバムのミックスって、エコーやらディレイがかかりまくって何やってんだかわかりにくい音だったよ?
ギター・インストのアルバムも聴いたけど、ギターのプレイ自体に緻密さやアスリート性を求める僕にとっては、少し退屈な作品だった。
「トーキョー・アンサンブル・ラボ」なんて豪勢なビッグバンドだったけど、ビッグバンド経験者としては何だか勿体無いアルバムになってたし。・・強いて言うと前田憲男さんがプロデュースした曲(「ニカズ・ドリーム」だったと思う)が1曲入ってて、それだけは最高だったけど・・・。

それに、これも個人的な見解ですが、昔の曲をレコーディングし直したところで、いくら機械や自分の技術が発達しても、それを超えることは非常にマレ。
限られた予算とスケジュールでがむしゃらになって作った勢いみたいなものが大事なんだから。・・・それに角松氏は過去に売れてるわけで、いろんなところで耳にした。好きな人は当時の音源が当時の思い出と共に頭に染み付いてる。
それはそれで最高なのだ。

これをやるなら・・・「歌がよくなかった」と言うなら、当時のマルチ持ち出してきて、歌だけ録リ直してミックスし直せよ?とか思う。まぁそれでも絶対よくならないと思うけど・・・。
なぜなら時代と共にその歌詞を書いた自分と、歌う自分が同じだった…という辻褄があるはず。今歌っても、その歌を書いた自分とは違うのです。
角松氏の曲なんて、エバーグリーンな名曲というよりは、メチャメチャ時代を反映したような曲なんだから・・・。それよか、最高のミュージシャン集めてライブやってそれをレコーディングしたら?と。そうしたら歌も歌い直せるし。

何か、リメイクする理由が、「昔がよくなかったから」何て言われると、過去に聴いていた自分まで否定されてるみたいで、ものすごくゲンナリする。
よっぽど、「いや・・・もう一度やってみたかったのさ」とか言って、アルバム丸々1枚を同じ曲順でやり直す・・・くらいやれば「聴こう」って気にもなりますが。

そもそも、みんな自分の過去のアルバムなんて録り直したいと思うよ。
でもそれでも前を向くわけです。

何かと達郎さんに似た事をインタビューで言うし、たぶんあぁいう存在になりたいんでしょうけど、達郎さんは絶対こんなことしないと思う。
昔の音源は昔のままがいいです。
せいぜいリマスターして再発するくらいでいいのでは?と。

ここまで書いておいて何ですが、やっぱり才能とキャリアとそこそこ影響力がある人なだけに、こういうインタビューは個人的に見たくなかったなぁ・・と。
まるでリッチー・ブラックモアが、金髪の巨乳のネーチャンと組んだユニットのブラックモアズ・ナイトを出すときの「Burrn!」のインタビューで、「ディープ・パープルやレインボウでやってた俺は間違いだった」とか言ってるのを読んだときの気分に似ておりますわ。

本音を言うと、口笛太郎も、今年リリースした「プレイズ・ビートルズ」はいいけど、1枚目の「風とギターケース」と「ジブリとギターと口笛と」は口笛だけでも録り直したい・・・とか思うときありますよ・・・。

売れたらやったるねん!

・・・・んっ?


by t_yana | 2012-04-10 23:39 | 音楽 | Comments(2)

陶磁器

結婚20周年は陶磁器婚式って言うそうです。
何だか価値があるのかないのかわかりませんが、陶磁器を奥さんに送る予定もなく、ただただ先週、普通に結婚20周年を迎えました。
ちなみに僕が結婚式のスピーチをさせていただいた夫婦は、ほぼ6割の確率で離婚している中、自分ら夫婦は何とか続いてます。

いろいろ理由もありますが、よくよく考えてみたら、あんまりいい旦那さんじゃないので、奥さんのほうに相当な我慢を強いてるような気もしますし、今さらそれは治らないな・・・と。

今さら、さだまさしさんの「関白宣言」を夢見てるわけでもなし。
今でも学生の時みたいな感じかも。
奥さんの我慢に応えるべく、これからも見捨てられないように頑張りますわ・・・。


by t_yana | 2012-04-09 01:34 | ファミリー | Comments(0)

信じない!と言いつつ・・・。

2位とか言われてもね。
・・・それほど強くなかった昨年から比べて、ほとんど新戦力の補強がないのです。
この前の試合なんて、『安藤、涙の復活・・・』って言われても、今まで先発で信用できた経験がないだけにねぇ・・・、「復活」って言うのも違うやろ、と。

今日だって、3安打。相手のピッチャーが杉内とはいえ・・・です。
しかも内野ゴロの間に1点、それだけって・・・。
たまたまピッチャーがゼロに抑えたからいいものの。

人を心配させたりしてほしくないし、振り回されたくないので、あまり思わせぶりなことは止めて欲しいです。
今年は横浜と共に、「リーグを引っ掻き回す」っていう役割だと思ってたので。

それにしても大補強を行なったあのチームは何がどうなってこうなっているのか?
これじゃ"MAKE DRAMA"は「メークドラマ」じゃなく、「マケ・ドラマ」ではないか!
お家騒動に連敗!って・・・いやいやこれじゃますます酒が美味くなる。

で、だいたいタイガースの試合は、衛星チャンネルで夜に再放送するねんけど、それ見たら明け方くらいまでになり、明日は昼まで寝ることになり、1日潰れるってのも勿体無い。

今年は平穏に暮らせるのでしょうかね・・・。
by t_yana | 2012-04-08 00:25 | スポーツ | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧