平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ブス

宝塚音楽学校なのか歌劇団なのかに代々伝わる、<ブスの25ヶ条>。
基本的にキレイな人ばかりが集まる学校ですが、容姿ばかりじゃありませんというわけです。
男なので冷静に他人事として見ていたいと思います。

 1. 笑顔がない
 2. お礼を言わない
 3. 美味しいと言わない
 4. 精気がない
 5. 自信がない
 6. 愚痴をこぼす
 7. 希望や信念がない
 8. いつも周囲が悪いと思っている
 9. 自分がブスであることを知らない
10. 声が小さくイジケている
11. なんでもないことに傷つく
12. 他人に嫉妬する
13. 目が輝いていない
14. いつも口がへの字の形がしている
15. 責任転嫁がうまい
16. 他人をうらやむ
17. 悲観的に物事を考える
18. 問題意識を持っていない
19. 他人につくさない
20. 他人を信じない
21. 人生においても仕事においても意欲がない
22. 謙虚さがなく傲慢である
23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れない
24. 自分が最も正しいと信じ込んでいる
25. 存在自体が周囲を暗くする

・・・ブ男にならないように注意します・・・。
by t_yana | 2012-02-27 00:00 | ニュース | Comments(1)

持ち家 vs 借家

テレビで視聴率と企画に困ったら、旅とラーメンと動物の特集!みたいなものか、週刊誌でネタ切れになると必ず出てくる「家は買うべきか?借りるべきか?」特集。
最近もネットに上がっておりました。

ちなみに自分は10年少し前にマンションを買ったのですが、そのときご縁があって本の取材を受けました。仮名でその本に登場しております。amazonでマーケットプレイスで1円で出てるので(涙)よろしければ・・・。

しかし、「持ち家か借家か?」という家ネタや、「就職のいい学校は?」などの学校ネタをやると週刊誌は売れるらしい。何を隠そう、アホな私も毎回期待して買いますが、そのたびに裏切られます。
・・・当たり前だけど、ちゃんとした答えなんてないのです。

今回の記事は、買うより借り続けたほうが2000万ほど得とか書いてたけど、一体どこにどういう物件に住んでる人を前提に比べてるのかがわからん。
そもそも地方と首都圏では状況が全然違うし、結婚してるかどうか?とか子供は何歳で生まれるか?とかいうライフスタイルにも左右されます。

それよか言いたいのは「僕は買いたくて買ったんじゃない!」ってこと。
単純に4人家族になって、それでも自分の部屋が欲しかったので、4LDKに住みたかったけど、4LDKの賃貸物件がほとんど「ない」のだ。
そもそも賃貸物件は、設備や作りが安っぽいし、広い物件がない。
持ち家に比べて身軽とか言われても、そうそう引っ越せないんだから、ある程度クオリティの住居に住みたいのに、そういう賃貸物件があったとしても、それを買ったときと月々の支払い額があまり変わらない。
そもそも、賃貸は「広くて作りのいい」物件が少ないから、結局買うしかなかったのですわ。

そのときに納得いかなかったのが、家を借りると「賃貸住宅補助」が出る会社だったのに、「持ち家」になった瞬間に何の補助もないってこと。
転勤の人は仕方ないとは思うけど、それ以外にも借りてる人だけ特別に補助する必要なんてあるの?とは思った。
逆に言うと、会社から補助が出るなら家を借りててもいいとは思う。


でも・・・家って金勘定で選ぶものか?とも思う。
自分にとっても家族にとっても一番大事なスペースだし、そこでみんなが快適に過ごすためのスペースなら、お金は惜しむべきではないだろ?と。
激安だからと言って、ご近所さんがみんな同じ会社の人っていう社宅に我慢して住んでもいいのか?と。家族のベースとなる家にお金をかけることは間違ってないと思う。
その結果、買うしかそのスペースが手に入らなければ買うべきだし、賃貸物物件で充分ならそれでよし。
他人が損得で語ることもないのだ。
ポルシェが欲しい人もいる軽自動車で間に合う人もいる。
そういうことだと思うんだけど。

とは言いつつ、東京で言うと、4LDK/90m2(平米)で駐車場と管理代含めて月々12万円。んで、都心まで1時間以内。・・・そんな物件が賃貸であれば、ほとんど家は買わなくて済みます。
子供ももう少したくさん作れそう。

探したときは3LDK/70m2前後・・・そんな物件ばっかりでした。
賃貸ももっと選択肢がたくさんあればいいんですけどね。
by t_yana | 2012-02-26 17:21 | 生活 | Comments(0)

口笛のイベント告知【再度】

再度告知させてくださいませ。
口笛のイベントを3月17日に都内でやるご案内です。
締め切りが迫っていますが、今週一般なら大丈夫なので、お気軽にご参加くださいませ!

*********************************

口笛太郎も所属する「日本口笛奏者連盟」は本年、皆様が気軽に参加できるイベントをご用意して、より口笛での交流の活発にし、発表の場を増やすことで、皆様の口笛の切磋琢磨のお役に立ちたいと思っております。
「吹かないけどみんな口笛を見てみたい!」って言う人も観覧希望で大歓迎です!


■■2012年・第1回口笛交流会のご案内■■

★ホールで行なうような正式なコンサートではなく、カジュアルなライブレストランで食事や飲み物を楽しみ、みんなでワイワイ言いながら口笛を楽しむイベントです。

★ 日時:2012年3月17日(土)
  【開場】18:00 【開演】18:30
  【終演】22:00予定

★ 場所:東京都品川区中延
  「ポナペティ」(ライブ・レストラン)
  http://bonappetit-live.com/

★ 参加費用
  【観覧のみ】500円 【演奏希望】1000円
  【食事】せっかくの土曜日の夜なので食事はいかがでしょうか?
  1500円か2000円の食事のコースの他、様々なメニューあり。
  今回、お店側は場所を無料で提供していただく代わりに1人1500円以上の飲食を希望していらっしゃいます。どのみち夕食は食べるので、せっかくなのでこの店でいかがでしょう?
  ▼参加費はこの演奏会と連盟の運営のために使わせていただきます。

★ 参加希望
 2月20日までに、連盟事務局まで、Eメールで
・【観覧希望】か【演奏参加希望】のどちらか?
  ・【演奏参加希望】の場合、演奏曲目
   (1人4分を目安。少々のオーバーはOK)
  ・氏名・住所・電話番号・メールアドレス
 をお知らせください。
  ・音源はカラオケです。カセット・MD・CDいづれもOKですので
   カラオケ音源はカセット・MD・CDのどれかを?も教えて下さい。
  ・また、店にはピアノがありますので、ご自身でピアニストをご手配されるのは
   問題ありませんが、その場合ピアニスト分の参加費もいただきます。

 ▼また、連盟会員以外の方も、会員の紹介であれば、参加OKとします。
  お声をかけあって奮って参加をお願いいたします。

 ▼メールでのエントリーが困難な場合は、連盟理事までお問い合わせください。

  応募先: jwf_info@yahoo.co.jp

★当日スケジュール
 参加者の演奏に加え、加盟奏者の演奏もあります。ご期待ください。
 日頃なかなか交流できない口笛愛好家や、加盟奏者の皆様の交流も!
  ・リハーサルはありません。
  ・地方からいらっしゃる方は連盟までご相談ください。宿泊のご相談に応じます。
  ・口笛太郎Duoのアルバムに収録されている曲を演奏したい!という方は、
   CD音源のカラオケがあります。口笛太郎までご相談ください。
   Kuchibue.taro@gmail.com
  (ちなみにビートルズのカバー・アルバムは2月7日に再発売決定。
  そのカラオケもありますよ)

以上多数の参加をお待ちしております。

この内容は転載自由です。
またご自身のブログやHPやfacebookやmixiなどでもどんどん載せてくださいね!

もちろん口笛太郎も参加いたします!
by t_yana | 2012-02-19 23:29 | 口笛 | Comments(0)

今日の飲みは・・・

全然偉そうぶって言うつもりも無いし、僕はいわゆる芸能界の人でもない。
だから実際何も偉くないし、業界に力があるわけでもない。
ただし音楽人としての自覚はあるつもり。

僕は今、とあるところで音楽レーベルを立ち上げる仕事をしていて、どんな作品や誰の作品を制作して発売するか?に関わっている。なので新人の売込みを受けることは非常に多いのです。
で、今晩は、知り合いを通じて、とある女の子の売込みを受け、んじゃメシでも行きましょう、と食べに行きました。
立ち上げたばかりとはいえ、レコード会社の人間とメシを食うわけなので、デビューを目指すその女の子にとってみれば一大事だし、意気込んでくるはず。こちらだってできるだけ気を遣って和ませ、本来の彼女を見ようとする。
大変おいしいものをご馳走になりました。

こう言う場合、見るのはそのタレント志望の女の子というより、マネジメントやマネージャーなわけです。
実際、売れるタレントは「偶然」売れることはマレで、その後ろで血尿出してるほど頑張ってる人がいるか?もしくは超ヤリ手の人がいるかというどちらか・・・「必然性があって」売れるのです。
もちろん本人の資質も大きいですが。
つまりその子を「どれだけ本気で売ろうとするところなのか?」のヤル気が感じられないところからはヒットは生まれません。

でも今日は残念なことに、そういうのが感じられなかった。

本人がいるのに、周りはその子を置いて、ゴルフや海外旅行や会社の買収とか他のことばかり喋っているし、むしろ僕が気を遣って会話の隙間を見つけてその子に話題を振ったりしていたほど。

んで、その後、彼女の歌でも聴きましょうとカラオケに行くことに。
で、カラオケに行ったら行ったで、関係の無い他の女の子を呼んだりして、その子たちにカラオケを歌わせたり、そちらで盛り上がったり。

実は僕は難聴と耳鳴りがひどくて、正しい音質で音楽が聞こえないこともあって、だからそういう時は薬を飲んででも、ちゃんとした状態で聴ける様にして行くようにしている。
それは対面するタレント志望の子への礼儀だと思っているし。

でも今日は「そういうところに何で自分がいるんだろう?」と思った。

そりゃ若い女の子とキャーキャー言って騒ぐのは好きだけど、それならそれでそういう飲み会として行きたいのです。そうすれば目一杯楽しめるのに。

歌手を目指す子は上手かろうが下手だろうが一生懸命。
誰でもいいところはある。そういうところを一生懸命アピールするスタッフと仕事がしたいと心から思ってるし、そういう人の期待に応えられる音楽人でありたいと思っているのです。
業界の仕事は、人の夢を買って大きくする仕事だと思ってます。
業界のノリは好きだし、業界に染まってるかな?と思うときもある。
でも、売れてようが売れてまいが、デビュー前であろうがベテランであろうが、「人生を賭けてこの世界で勝負しよう」としてるタレント本人が、この世界で一番大事なのだと思います。
そういう人に、ちゃんと礼を尽くしたい。
それだけです。

あの子がかわいそう。
タレント抱えるってことは、金持ち会社のアクセサリーじゃないのに。
そんな気分でホロ酔いで帰ってきた次第です。
by t_yana | 2012-02-17 01:32 | お仕事 | Comments(0)

HMVも・・・

一部で(涙)大好評の口笛太郎Duoの3rdアルバム「Plays Beatles」。
2月9日に発売以来、amazonが【注目アーティスト】に選んでいただいたほか、何とHMVでも大絶賛。
http://www.hmv.co.jp/news/article/1202020051/
まだご購入をためらっている方は、是非これを機会にお買い求めくださいませ。
by t_yana | 2012-02-16 05:51 | 口笛 | Comments(2)

バレンタインデイなんて

バレンタインはチョコの日。
日本だけのこのルール、国際化の波を受けて下火になるか?と思っていたが、ますます最近流行ってきたように思います。
今までは女の子が男の子に渡すものだったのが、「友チョコ」名義で女の子同士が渡しあってるらしく、娘二人もいっぱいチョコを持って帰ってきました。

私はと言えば、心ある女性3人から合同で義理ならぬ義務チョコをいただきました。
昼飯前に空腹だったので、すぐに一気食いしてしまいましたわ。
もらったものは、その場でその人の前で食べることが私の信条なのだ。

で、その日はたまたま早く仕事にケリがついたので、珍しく(何ヶ月ぶりかで)家で夕食を食べることになり、20時台に家に帰る。
家に買えると、娘より「学校で渡しそびれた子の分が余ってるから」とチョコを手渡され、ありがたくその場で頂きました。

で、バレンタインの次の日である本日も、またまた珍しく早く帰宅。
やはりこのあたりは一緒に飲みに行く人もいない時期なのでしょうか?
帰りしなに、刺身でも買おうとスーパーに寄り、残り物半額になってる魚コーナーを物色し、あまりにブリが安かったので購入。

で、家でブリを切って刺身にして食っていると、嫁さんが横から「そのブリは刺身用じゃないと思う」と指摘。・・・よく見れば確かにそうみたい。
今まで普通に食していたが、それを知った瞬間、戻しそうになる。

今のところまだ大丈夫ですが、明日にはどうなることでしょうか・・・。
2日連続早く家に帰る・・・なんて慣れないことしちゃダメですわ。
by t_yana | 2012-02-15 23:05 | 生活 | Comments(1)

私を苗場プリンスに連れてって 【後編】

前編よりつづく
c0051760_4561467.jpg
日本では夜の9時過ぎから始まるコンサートっていうのは珍しいと思う。
だいたい会館が公営なので遅くまで使えなかったり、電車がなくなってしまうので帰れなくなったりするからですが、ここは別。・・・だって、みんな苗場に泊まるんだもん!
そんな安心感と、もう何度もここに来てるって人ばかりで、会場はすごくみんなリラックスしてる。
ショーは21時45分に、「Sunny day Holiday」でスタート。
3曲目でアルバム『Reincanation』から「心のまま」と「ずっとそばに」を、その後に『Love Wars』から「心ほどいて」を立て続けにやったときに感動のあまりホロリ・・・。

ショーの途中で、「リクエスト・コーナー」があり、会場のお客さんが挙手し、ユーミンに当てられた人が「歌って欲しい曲」を、その曲にまつわるエピソードとともにリクエストする!というもの。毎回3人の方が当てられるそうです。
でも、この選曲は難しい・・・。
ここに来てる人の殆どがコアなファンで、あまりに代表的な歌をリクエストすると(残念そうな)「ぁ-。」という声が上がる・・・で、ユーミンが却下・・・みたいな。で、最近のアルバムの曲だとまだ馴染みがなかったりして反応も薄い。
「懐かしい、代表的でもない、知る人ぞ知る名曲」っていうのをリクエストしなきゃいけない・・・という、大変センスが問われるもので、私は手を挙げませんでした(小心者ですまん)。
当てられた人はステージに。で、武部さんのピアノ伴奏でユーミンが歌ってくれて、最後にユーミンと写真撮って客席に戻る・・・。普段のコンサートじゃまずやらんわな、こんな企画。

このコンサート自体が、ニューアルバムのツアーじゃないので、今までの何百という曲から自由に曲を選んでる。だから意外な選曲があれば「はぁー!」とか言って涙ぐんでるファンも居るし、ほとんど全曲歌ってるファンもいる。
リゾート気分も手伝って、演奏してる方も見てるほうも本当に「楽しもう」ってのが手に取るようにわかる楽しい時間は、その後も懐かしい曲から最近の曲まで織り交ぜられて進み、アルバム『No Side』から、名曲・苗場と言えばの「ブリザード」で終了。本編が終わったのも24時を超えておりましたが、アンコールも3回ほど応えてくれました。2回目のアンコールは、アルバム『Surf & Snow』の最後の曲「雪だより」。実はこのアルバムで一番好きな曲。この曲聴くたびに18歳に戻ってまたスキーに行きたくなるのです。生で聴くのは初めて。聴いてホロホロきてしまいました。

最後のアンコールは「海を見ていた午後」。
もう腹いっぱい。大満足。感動の3時間。

ライブ終了後は、ホテル内のラウンジでバックバンドの中から3人が生演奏をする!というアフターパーティーがあり、そこにも参加。パーカッションをやっていた女性の方がピアノを弾き、そこにギターとドラムが加わったの3人で約1時間のセッション。
c0051760_513722.jpg

ラウンジからは夜のゲレンデが見える。カクテルなど飲みつつ、深夜の生演奏を・・・。
c0051760_523643.jpg

終わったら2時30分。
記念にコースターをゲット。
c0051760_525787.jpg


興奮さめやらないはずですが、このアフターパーティーがいいチルアウトになってみたい。
さすがに眠くなって部屋に戻って眠りました。

次の日の朝食もゲレンデが見えるレストランでバイキング。
c0051760_535759.jpg

自分は普段着ですが、周りはスキーウェアばかり。東京に帰って仕事しなきゃいけない自分がバカバカしくなってきた・・・。
朝食後、バスの時間まで少しホテルをウロウロしましたが、苗場プリンスのホスピタリティの高さに関心しました。この時期はホテルをあげてユーミンを盛り上げようとする姿勢が非常にうれしい(何たって彼女は"名誉支配人"だそうです)。カクテルに名前をつけたり、売店の音楽が何気なくユーミンだったり。非日常をうまく演出してくれる・・・お金を払う価値のある時間を提してくれるのです。

窓を見ると、みんなスキーを楽しんでおります。
c0051760_533287.jpg


で、ゲレンデと反対側で、窓から見える向かい側の山にリゾートマンション。
c0051760_54328.jpg

「あぁ、まだあったんだ。」と懐かしくなりました。
約25年以上も前、僕が高校時代に、友達がこのリゾートマンションを持っていて、毎年1週間ほど苗場に行ったってことを思い出し、急に切ない気持ちに。
1週間分の食料とスキー用具とゲームなどいっぱい宅急便で送って、勢いつけて苗場に入り、「大阪の高校生が、東京の女子大生をナンパできる唯一の機会!」と苗場のゲレンデを徘徊しまくった・・・かわいい子見るたびに「あの・・・プリンスホテルにお泊りですか?僕ら向かいのリゾートマンションに泊まってるんですけど、遊びに来ませんか?」とか声かけ玉砕しまくっていたあの青春時代・・・。あの時はアルバム『No side』あたりでした。
まだあの頃一緒に行った友人とは繋がってる。歳とったけど、またみんなと苗場に行きたいな。

大学時代にユーミンが大好きで一緒にバンドやった皆んなとも苗場に行きたい。
「彼から手をひいて」が「私の高校時代のテーマソングだったの」と言って、僕にアルバム『Surf & Snow』の魅力を教えてくれた某女史に、今度は僕が苗場での『Surf & Snow』コンサートのよさを教えてあげたい。
音楽が縁で一緒になった、ユーミン大好きな今の奥さんも連れて行ってあげたい。

苗場にはフジロックでは何度か来たけど、冬に苗場に来たのは本当に約30年ぶり。
そこで一番聴きたかったユーミンを聴いて思ったのは、やっぱりユーミンって音楽とか歌手とかそういうのを超えて、カルチャーそのもの何だなってこと。思い出以上に人生に入り込んでて、どこかで知らない人と知らないうちにそういうのを共有してる。そういう人がここで集まり、過去が一瞬にして手元にくる楽しい時間が作り上げら​れる。・・・苗場プリンスは「時のないホテル」なのでした。

それから、もう僕たちはあまり何も躊躇しないほうがいいんだな、って思った。
残された人生を考えれば、いろんなことで後悔したくない。今まで何となくやりたくてやらなかったことは、できるだけやったほうがいい。・・・・それはだいたいすごく楽しいことであることが多い。
僕は苗場に来るのが遅すぎたと後悔してる。だから、「行きたいけど」と何となく毎年見過ごしてる人がいれば無理やりにでも連れて行きたいと今思っております。

ユーミンこそがニューミュージックです。
何もなかった日本のPOPSシーンは彼女の才能からスタートした。彼女の歴史が日本のPOPの歴史。40年もの間、毎年アルバムを作り、コンサートをやる、というアーティストなんて世界中どこにもいない。
僕は彼女の音楽とともに歳をとることができて本当に幸せだな、と思っています。

しばらくは、「Surf & Snow」をはじめユーミンの作品を聴く日が続きます。
また来年行くのだ。できれば大人数で。スキーもしたい。行きたい人、集まれ!

僕はこれから毎月、ユーミン貯金して来年に臨みます。
by t_yana | 2012-02-12 05:07 | 音楽 | Comments(0)

私を苗場プリンスに連れてって 【前編】

想い焦がれてようやく辿り着いた所は、思った以上で最高の場所でした。
2月9日(木)、ユーミンのコンサートを見に苗場プリンスに。
ユーミンは1980年に「Surf & Snow」という名盤をリリースして以来、「Surf & Snow」と題したコンサートを夏は逗子、冬は苗場で行なってきました。今は逗子でのライブは無くなってしまいましたが、苗場は健在。今年で32回目(年目)。
約30年も前からユーミン好きだった私、ちょうどその頃から始まった苗場プリンスでのコンサートも、今まで一度も行くことなく過ごしてきました。武道館や大阪城ホールなどでユーミンのコンサートはたくさん見てきたし、たぶん人生で一番感動したコンサートは武道館で見た「Love Wars」のツアーだし、人生で一番聴いたアルバムは「Surf & Snow」だし、ネット上で「あなたの好きなユーミンの曲は?」とかいう質問を見るたびに「アホか?こいつは・・・そんなもん選べへんやろ・・・」と思いながら、1日中その質問が気になってしまう・・・そんな45歳の男です。
ユーミンとは実際に1度ご挨拶させていただく機会があって、それは人生で一番至福の時間だったりしましたし、コンサート・マスターの武部聡さんとはお仕事で何度かご一緒させていただいております。

そんな自称ユーミンマスターの私も、心の中で苗場での「Surf & Snow」コンサートに行ったことがないっていうのがずっと引け目になっておりました。

そんな私の2012年にどういう心の変化があったのか自分ではわからないのですが、年明けに某筋から「ユーミンの苗場でのチケットが取れる」という話をきいて、もうどうしようもなくなってしまいました。
もしかして今までだって、チケットは取ろうと思えば取れたのでしょうが、毎年「行ければいいな」と思いつつ行かなかったことを繰り返してるのが本当にイヤになってしまい、気付けばあまり考えず「そのチケット、お願い」と頼んでしまいました。
宿泊とか仕事とかお金とかそういうのあまり考えず・・・。
(今になってみると、あまり考えなかったから行けたのだと思いますが)。

そんなわけで、2月9日は仕事を午後イチで切り上げ、同行者と待ち合わせ東京駅から新幹線に。
約1時間半で越後湯沢に着きました。
c0051760_3151191.jpg

今年は大雪なのでしょうが、個人的にも久々に見る雪景色。
スキーに行ったのは今から6年ほど前の話。それ以来です。
越後湯沢は駅の中まで寒いよ。
c0051760_3154062.jpg

んで、バス乗り場に行って
c0051760_3155838.jpg

プリンス直行の無料バスで約35分で苗場プリンスに到着。
もうそれだけでワクワクする。ホテルのロビーにはユーミンあてのお花がたくさん飾られている。
c0051760_316217.jpg

元ワーナーの役員で、現在EMIの社長の方も花を出しております(どうでもいいけど)。
c0051760_31640100.jpg


チェックインを済ませてホテルの部屋へ。何とゲレンデ側ではないか!
窓からナイターで滑ってる姿が見える。あぁ懐かしの「私をスキーに連れてって」の世界。
c0051760_317492.jpg


んで、あまり腹もへってなかったので(というかワクワク度で腹がいっぱいだったのか?)、夕食は軽く済ませませましょう、とビア・レストラン「カバーナ」へ。そう、アルバム「Surf & Snow」の2曲目の「灼けたアイドル」の歌詞にちなんで出来たお店で、店内からゲレンデが見渡せます。
c0051760_3172419.jpg


地ビールなど楽しみながら適当に食事してホテル内(とにかく広い)をウロウロしてると、ユーミングッズの即売会があるので立ち寄る。
今までのCDがズラっと販売されてたり、
c0051760_317448.jpg
ツアーグッズがたくさん並べられている。
c0051760_318429.jpg
さんざん迷いましたが、奥さんのためにTシャツを購入。うちの奥さんもかなりのユーミン好きで、一緒に来たがってましたが断念した経緯もあり・・・。

というわけで、ビールでほろ酔いでいい気分になった20時40分頃、ライブ会場が開場。
そこそこ広い会場でしたが、真ん中にステージが組まれたので、お客さんとユーミンの距離がメチャ近いぞ!
場内は約1000名の満員のお客さん。たぶんここまで来るくらいのコアなファンの人たちばかりなのでしょう。
中年夫婦や30代~40代OLの友人同士という方々がほとんど。その中でも若い子もいる。

で、21時45分という遅い時間から、その至福のときは始まったのでした。(つづく
by t_yana | 2012-02-11 23:59 | 音楽 | Comments(0)

口笛に興味のある方へお知らせです

口笛太郎も所属する「日本口笛奏者連盟」は本年、皆様が気軽に参加できるイベントをご用意して、より口笛での交流の活発にし、発表の場を増やすことで、皆様の口笛の切磋琢磨のお役に立ちたいと思っております。

まずは、2012年第一弾の口笛イベントのご案内です。
お気軽に参加できるので、お気軽にお申し込みください!
また「吹くよりまずはみんな口笛を見てみたい!」って言う人も観覧希望で大歓迎です!


■■2012年・第1回口笛交流会のご案内■■

★ホールで行なうような正式なコンサートではなく、カジュアルなライブレストランで食事や飲み物を楽しみ、みんなでワイワイ言いながら口笛を楽しむイベントです。

★ 日時:2012年3月17日(土)
  【開場】18:00 【開演】18:30
  【終演】22:00予定

★ 場所:東京都品川区中延
  「ポナペティ」(ライブ・レストラン)
  http://bonappetit-live.com/

★ 参加費用
  【観覧のみ】500円 【演奏希望】1000円
  【食事】せっかくの土曜日の夜なので食事はいかがでしょうか?
  1500円か2000円の食事のコースの他、様々なメニューあり。
  今回、お店側は場所を無料で提供していただく代わりに1人1500円以上の飲食を希望していらっしゃいます。どのみち夕食は食べるので、せっかくなのでこの店でいかがでしょう?
  ▼参加費はこの演奏会と連盟の運営のために使わせていただきます。

★ 参加希望
 2月20日までに、連盟事務局まで、Eメールで
・【観覧希望】か【演奏参加希望】のどちらか?
  ・【演奏参加希望】の場合、演奏曲目
   (1人4分を目安。少々のオーバーはOK)
  ・氏名・住所・電話番号・メールアドレス
 をお知らせください。
  ・音源はカラオケです。カセット・MD・CDいづれもOKですので
   カラオケ音源はカセット・MD・CDのどれかを?も教えて下さい。
  ・また、店にはピアノがありますので、ご自身でピアニストをご手配されるのは
   問題ありませんが、その場合ピアニスト分の参加費もいただきます。

 ▼また、連盟会員以外の方も、会員の紹介であれば、参加OKとします。
  お声をかけあって奮って参加をお願いいたします。

 ▼メールでのエントリーが困難な場合は、連盟理事までお問い合わせください。

  応募先: jwf_info@yahoo.co.jp

★当日スケジュール
 参加者の演奏に加え、加盟奏者の演奏もあります。ご期待ください。
 日頃なかなか交流できない口笛愛好家や、加盟奏者の皆様の交流も!
  ・リハーサルはありません。
  ・地方からいらっしゃる方は連盟までご相談ください。宿泊のご相談に応じます。
  ・口笛太郎Duoのアルバムに収録されている曲を演奏したい!という方は、
   CD音源のカラオケがあります。口笛太郎までご相談ください。
   Kuchibue.taro@gmail.com
  (ちなみにビートルズのカバー・アルバムは2月7日に再発売決定。
  そのカラオケもありますよ)

以上多数の参加をお待ちしております。

この内容は転載自由です。
またご自身のブログやHPやfacebookやmixiなどでもどんどん載せてくださいね!

もちろん口笛太郎も参加いたします!
by t_yana | 2012-02-08 01:06 | 口笛 | Comments(0)

風邪ひいた

あぁ調子悪い。
この時期になると必ず調子悪くなります。
風邪なのか、花粉なのかわかりません。
症状が全く同じなのです。
のどが痛く、堰が出て、鼻水が出て、ボーっとする。
で、マスクすると、自分が吐く息(なま温かい)を直接吸い込むので、ものすごく顔がほてってしまい、余計にボーっとしてしまう。・・・だいたいマスクすると余計に気分が悪い。

考えてみれば最近あまりグッスリと眠れておりません。
なぜかというと、寝てる途中に、尿意を感じ、早朝に目覚めるのです。
これは老化現象の始まりか?
なので最近は寝る前はあまり水分を取らないことにしております。
しかし飲みに行くと大量のワタミ焼酎のウーロン茶を摂取するので、ガンガン尿意感じます。飲んでるときから30分に1回くらい放尿しにいきます。
考えてみれば、尿のキレも悪いかも・・・・。
あぁ、確実に老化が始まっている・・・。
みんなも笑い事ではありません。早いか遅いか?の違いであって、みんなそうなるのですわ。
まぁそんな話を知りたくてここを読んでる人もいないのでしょうが・・・。

というわけで、そんな中、最近は少しだけ早く帰宅して、アコギの練習をしております。
本当にこの1年くらいはポロンポロンくらいしかギターを弾いておらず、指が鈍ってしまいダメになる寸前です。鍛えるには、太い弦を張ったアコギを練習するに限ります。
できれば、ギターを弾きながら口笛を吹ければ・・・ということに真剣にチャレンジしてみよう、と。

本日発売の「プレイズ・ビートルズ」は、口笛はもとより、ギタリストの方にも是非聴いて欲しいと思っております。アコギのうま味がギッシリとつまってます。

3月にライブを2本行なう予定です。
1本はレコ発ライブ。もう1本は老人介護施設でのコンサートです。
詳細が決まればご報告いたします。
by t_yana | 2012-02-07 23:59 | 生活 | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧