平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

このブログを書いて5年ほ..
by t_yana at 16:15
そこまで言う?というか角..
by 名無し at 15:38
分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

明日はメレンゲ、明後日はギタマガのフェス

明日はメレンゲのCCレモンホールのライブ!
と喜んでいたら、娘2人のピアノの発表会だったことをすっかり忘れておりました。
ダメな父親ですまん。
二人の出番を見届けて、渋谷に向かうことに。
そうするとオープニングには間に合わんなぁ。

ちなみに明後日はギターマガジンのフェスティバルを見に行く予定。
メチャメチャ豪華なメンツでございます。
内容からすると、帰りの酒は美味いだろうな・・・と。

で、2日の月曜は広瀬香美さんのブルーノートってのに行く予定。
ブルーノートもジャズ以外にいろいろやるようになりました。

案外ここに来てライブ三昧な感じです。
悪いことじゃないね。
by t_yana | 2011-04-29 23:20 | 音楽 | Comments(0)

amazonで口笛太郎が・・・!

昨年発売されてすぐに発売中止となり、世間を震撼させた口笛太郎Duoの問題作『プレイズ・ビートルズ』が、amazonのマーケット・プレイスで7980円の値段が付いてるぞ
すごいプレミアム!

誰が買うのか知りませんが、僕が売ってるのではありません。
僕も1枚しか持ってないし。

でも8月頃に、曲順とジャケットが変わって再リリースされるけど。

どうしても前のバージョンがいい!というマニアの方はどうぞ。

c0051760_17501651.jpg

by t_yana | 2011-04-28 17:47 | 音楽 | Comments(0)

too child,but genius

ホリエモンのことを好きか嫌いかと言われれば、僕はどちらでもない。
でも彼を獄中に入れてよいのだろうか?という疑問は非常にある。

彼は資本主義の申し子で、ギリギリのことをやった。
ギリギリなことをやるには、既存社会の根回しが必要なのに、それを無しでやってしまった。
楽天の三木谷社長との違いはそれだけだと思う。

何で裁判官や弁護士が必要か?っていうと、結局法律なんて解釈は何通りもあり、この事例ではどういう解釈をするか?ということをその都度判断するためにある。特に民事においては。

彼は既得権者との関係に興味がなく、法律の文章の解釈だけに則って行動してしまったが、それは既存の社会を壊したいとかいう野望ではなくて、純粋な自分の知的好奇心によるものだっと思う。
いつの世にも大成功を疎ましく思う輩(やから)や既得権者は、そういう人を嫌う。財界のみならず、法曹の世界にもいるものだ。

一方、今の日本ってのは完全に閉塞の危機に陥っていて、それを打ち破るには全く新しい何かが必要なはず。
ならばなぜ誰もホリエモンを救おうとしなかったのか?
twitterや著書での発言を見ると、彼は確かに社会性に欠けている部分もあるし時に子供っぽい。が、それでも彼の意思決定は非常に合理的でブレてない。自分の信条とリサーチを信じ、それに基づいて発言し行動している。

若くてイキのいい人間がギリギリのことを仕掛け続け、既存の社会を壊して新しい価値観を想像することを良しとするのか、それを既得権者の年寄り達がツブそうとするのか?
どちらが50年後の日本のためにいいのか?

この国は資本主義で直接金融によっていろんなことができるようになった。
だったらいろんなことすればいいではないか?
マネーゲームは人のためにならないかも知れないけど、間違ってはいない。
この国の根底には、マネーゲームは「悪」という考えがあるが、マネーゲームを裁けるのは「裁判するまでもなく悪」でない限りは、裁判官ではなく、世の中であるはず。
ソフトバンクは直接金融によるマネー戦略がなければここまで急激に大きくならなかったはず。フジテレビなんて、絶対今よりライブドアに買われていたほうが、もうちょっとマトモになっていたと思う。産経新聞も然り。・・・ホリエモン逮捕を報じた記事なんてひどいものです。自分たちが中立のマスコミであることを忘れ、乗っ取ろうとした彼に対する感情的な仕返し記事。
しかしTBSを買おうとした三木谷をあまり責めなかった?
まぁ親父の力で根回しできるヤツは強いってか?

今の彼は、自分の知的好奇心によって科学に興味を持ち、そこでビジネスを起こそうとしていたところ。それは日本にとって必要なことじゃなかったのか?と。
頭のキレる人間が、自分の興味の赴くままに何かビジネスを起こす。成功も失敗もする。そんな彼のようなスタイルで成功する人がいてもよかっただろうに。
僕は彼のような人の下で絶対働きたくないと思うが、それでもキライになれない。
よっぽど今までと違う方法で成りあがったお金持ちを嫌う社会なんですかね?
しかも実刑って・・・。何でせめて執行猶予にしない?

僕はホリエモンの逮捕で、日本の資本主義は50年は遅れたんじゃないか?と懸念している。
ホリエモンがブタ箱に入るかというより、ホリエモンのような人を面白く思わない、大きい組織の斜陽産業の人間や、エセ左翼的な考えの裁き人の判断で服役させるってことに、非常に違和感を覚える次第です。
by t_yana | 2011-04-27 01:39 | ニュース | Comments(0)

ファイアーバード

仕事でJAZZ JAPANの編集部に言ったとき、編集長と雑談などしているうち、ジョニー・ウィンターの来日がよかったらしい・・・とかいう話になって、そこからギブソンのファイアーバードの話になりました。

で、編集長曰く、
「ギブソンからファイアーバードの新型が出たのだが・・・」
ということで話を聞いてるうちに
「やばい」と思い始めるようになった。
「やばい」はカッコいいとかいう前向きな意味じゃなく、本来の意味で「やばい」と。
c0051760_231367.jpg
何だかいろんな機械が内蔵されていて、とてもジョニー・ウィンターが弾いて似合うような代物(シロモノ)ではない、と。
c0051760_2323930.jpg
ファイアバードなら全てジョニー・ウィンターが似合うものじゃなきゃダメというのも乱暴な理屈だが、ギブソン、何考えてこんなもん作ったの?
c0051760_233058.jpg
ファイアーバードがこんな未来志向だとは・・・違和感あるなぁ。

まぁ弾いてみてですが、何か僕は弾く気にならんので、誰か試奏して間奏などお願いします。
・・・ていうか、楽器屋さんに置いてるのか?このギター。
なかなか見ないけどね。
by t_yana | 2011-04-24 23:04 | 音楽 | Comments(3)

ぴあ

無くなる話ばっかりで申し訳ないけど、「ぴあ」が廃刊。
首都圏版以外はすでに廃刊してたのでいづれそうなるんだろうなとは思ってましたが、残念。
尤も大阪に住む人間としては「ぴあ」より「Lマガ」でしたが「ぴあ関西版」も時々買ってたし、東京に来てからは必ず立ち読みしてた(・・・買えよ)。

思い起こせば学生の時は、ガムやタバコ買うのと同じように習慣のようにLマガ(というか情報誌)買ってました。今でこそ電車の中で雑誌読んでる人が減り、携帯電話触ってる人ばかりになってるけど、自分たちは寝てるか雑誌読んでるかだった。

でも、こういう情報ってやっぱりネットに置き換えられるのでしょう。特にスマホが普及し、ネットの検索機能が外出先でスムーズに出来るようになると、紙媒体はなかなかつらいとは思う。

ぴあはやっぱり表紙が忘れられん。あの似顔絵はいつも今週は誰?というワクワク感があった。エンタメ情報とカルチャーを発信してくれてました。でも廃刊するとはいえ今も「ぴあ」は何万部も売れているらしい・・・その何万人ってネットを使えないわけでもないし、iPhoneユーザーだっているはずなのになぜ買ってたのか?と。
そこんところに、紙媒体としての意味(もしくはネットの不足しているところ)やビジネスチャンスがあるのかもしれません。古い人間から言わせると、サブカルってネットより紙媒体から出てくるものの方が面白いような気がする。
何年後かには電子書籍の雑誌として復活するのかもね?

今まで日本のカルチャーを引っ張ってくれた「ぴあ」。
お世話になりました。
・・・というわけでところで、記念すべき「ぴあ」の最終号の表紙って誰なのでしょう?
by t_yana | 2011-04-23 13:15 | ニュース | Comments(2)

微笑がえし

小学校6年生の時、クラスは男女も含めてキャンディーズ派 VS ピンクレディー派に分かれておりました。
だいたい女の子はピンクレディーが好きで、休み時間にはトイレで振り付けの練習してたりして。全体的にキャンディーズ派は押されておりましたが、僕は終始一貫してキャンディーズ派でした。
「日本のシュープリームス」を目指して作られた・・・なんてことを知る由もなく、ひたすら好きだったのです。
『年下の男の子』の「ハウッ♪」というコーラスの部分でやられました。
「何コレ?」と。
『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』は毎週見ました。「食べごろってどういう意味?」なんてことも小学生が初めて知って、ドキドキしたものです。んで、しらけ鳥音頭も電線音頭も覚えました。
『8時だよ全員集合』の体操のシーンも見てました。

キャンディーズって今から思うと歌が上手かった。ハーモニーもキレイだった。
『あなたに夢中』なんてド頭からハモリで始まる衝撃。『アン・ドゥ・トロア』のロマンチックさにハマり、解散決定後、センター未経験だったミキが初めてセンターで歌った『わな』の歌詞にオトナを知りました。

実は初めて行ったコンサートは、高槻市民会館で行なわれたキャンディーズの公演。
彼女たちよりもバックバンドにやられましたが。ちなみにそのバックバンドは後に「スペクトラム」としてデビュー。今でもスペクトラムはよく聴きます。
このコンサートは自分がギターを弾くきっかけになった体験。将来はアイドルのバックバンドになる!と思った瞬間でした。後にギターの西慎嗣とスーちゃんが付き合ってるという噂を聞いたとき、アイドルと付き合うにはバックバンドしかない!と自分の決断の正しさを痛感したのでした。

「次がキャンディーズ最後のシングル」って時に、幼心にも何か壮大なバラードを想像してたんだけど、出てきたのが『微笑みかえし』っていう軽快な曲。
逆に切なかった。
明るくバイバイとか言われる方が切ないのかな?と、これまた幼心にも思いました。

ピンクレディーは昨年再結成したけど、キャンディーズは後楽園球場の解散コンサート以来、一度もない、伝説のグループです。

メンバーの中で一番好きだったのはスーちゃん。
自分が好きなアイドル歌手が亡くなるのは、人生で初めてかも?
一気に自分は若くないって意識してしまった。

『微笑みかえし』の歌詞の
「1・2・3、見つめ合ったら私たちお別れなんですね」
ってのが特に切ない。
今度の別れは永遠の別れのようです。

でも、僕は天国でもキャンディーズ派ですから。


by t_yana | 2011-04-22 23:58 | 音楽 | Comments(0)

さわやなんだけど

今年一番の注目新人といえば、斉藤祐樹。
古くはハンカチ王子として世間の人気の的となり、高校野球で全国を沸かし、大学野球で時代を作って、「持ってる」で流行語大賞にもなったお方。で鳴り物入りで日本ハムに入団。

品行方正にしてルックスも良し!何をしても模範生なさわやか青年が、本日先発でプロデビューを飾りました。
・・・でも、今日のデビュー戦とか見ても、一体どうなんだろう?と思ってしまう。
何か、ピッチングに全然若さがない。
変化球の落ちる玉で内野ゴロを打たせて獲る・・・みたいなのばっかり。
高校野球のときなんて園長18回で150km/hくらい投げてたのに。大学野球でも、通算30勝したのって過去に6人しかいないとか行ってたほど、成績を残してるピッチャーなのに。

ベテランの中継ぎ投手が「いや、今日は特別です」と先発したような感じ。
こういうの見たいんじゃないんだけどなぁ・・・。
そういうの見たいなら、下柳の投球術見てるほうが全然オモロイ。
132km/hのストレートで三振を獲っていく勇気もないだろ。

クレバーなピッチャーであることはわかるのですが、それほど速い球が投げられなくても、なんかもっと若さでグイグイ押すようなピッチングを期待しております。
で、やっぱり期待されてるピッチャーってのは三振とらないとダメです。
同じ歳で高校卒業後から数えてプロ4年目のマー君の方が、若さをむき出しにして投げる姿がカッコよくて、やっぱ見てて拍手も出る。
プロってのは仕事なので勝たなきゃいけないけど、お客さんを沸かせなきゃいけないので、見ててスカッとするピッチングをお願いね。
by t_yana | 2011-04-17 16:55 | スポーツ | Comments(2)

祝!15周年の伍芳さん

金曜は会社を午後半休して、中国琴(古箏)奏者の伍芳(ウーファン)さんの15周年記念コンサートにゲスト出演。
場所が品川にある教会で行なったリサイタルでした。
教会は音がものすごく響くので、非常に演奏しやすいものでした。
c0051760_0512910.jpg

何だか十字架とかがあると神聖な気持ちになるもんです・・・。

当日は昨年末にリリースされたアルバム『神戸チャイナ倶楽部』から主にお届けしたのですが、途中で僕が入って「星に願いを」を古箏とピアノと口笛で演奏。
間奏の部分で童謡の「ふるさと」を挟んだスペシャル・アレンジでお届けいたしました。
で当日のもう一人ゲスト、歌手の普天間かおりさんが「守りたいもの」を熱唱。
ウーファンのアルバムの1曲目に入っている「守りたいもの」の原曲です。
沖縄出身の彼女は、それはそれは素晴らしい歌唱力でございまして、聴き惚れてグッときてしまいましたわ。

当日は東北の大地震の募金も集めたりしましたが、やっぱりいい音楽を聴いた後って、お金も払いやすくなっているのか、結構な金額が集まりました。
皆様、どうもありがとうございました。

会場には、大御所カメラマンのTAMJINさんもいらっしゃっていて、「お前の口笛、感動したよ、すごいな!」とお声をいただく。
いやこれ以上うれしいことはありません。
おまけに演奏中の写真や、楽屋での集合写真もTAMJINのご好意で撮影していただきました。(本当ならいくらかかることか・笑)

なかなか忙しい毎日ですが、録音物でもステージでも、やっぱり音楽を作ってる時が一番楽しいってこともよくわかりました。
最近あまり音楽聴く時間もない。
たまにはこういうのも必要。
時間が遅かったので、ライブの打ち上げはまた後日。
それもまた楽しみです。
by t_yana | 2011-04-16 23:36 | 音楽 | Comments(2)

気になって仕方ない

この週末テレビを見てて一番気になったのは、ヤックンと石川秀美が出てるイオンのCMでございました。

石川秀美。
健康的な太ももピチピチでデビューしたのはかれこれ30年前。

花の82年デビュー組の中では「ちょっとエッチなミルキーっ娘」というキャッチフレーズで出てきた中森明菜にやられたが(「スローモーション」は名曲)、だんだんヤンキーっぽくなるので醒めてしまい、同じ理由で小泉今日子も好きになれず、松本伊代は細すぎてダメ。結局、早見優と堀ちえみの間を行ったり来たりしてた私。
で、あの時の石川秀美は、まぁ可愛い子だな、くらいの印象でした。

しかし今回のCMで見た映像にやられた。ヤックンに微笑みながら話しかけたりする表情を見て、可憐過ぎて苦しくなってしまいましたわ。
いや、石川秀美(薬丸秀美か?)。今が一番いいよ。
ちなみに森高千里も今が一番いい。
広末涼子も今が一番いい。
やはり女性はある程度歳とって、子供の一人でも産んだ後の方が(石川秀美は5人産んでるけど)キレイになるのでしょうか?

しかし石川秀美は同じ歳で、ならば今年45歳のはず。
あんな可憐な45歳は滅多にいません。
ヤックンが勝ち組!と思える瞬間でした。

では、こちらの映像をどうぞ。
ロング・ヴァージョン
ショート・ヴァージョン

次はフックンと結婚した土屋かおりも見てみたいものです。
・・・ちなみにフックンも3人の父親。シブガキ隊は子たくさんですね!
by t_yana | 2011-04-11 23:53 | 生活 | Comments(2)

やっまりメディアっておかしい

テレビ局ってヒドイよね、とかいう文を以前に書きましたが、やっぱりまだおかしいなぁ、と思うとことも多数ある。
まず最近入りだした、東京電力のCM。
汚い話だ。
結局、東電でテレビ局はお金を儲けてるわけです。
今までも電力会社はテレビ・ラジオ・新聞などの各メディアや、勝間和代ほかたくさんの文化人などに「これでもか!」とお金をばら撒いているわけです。「原子力の安全さを是非PRしてくださいね」と。
この機に及んで、どうして東京電力から金をもらってCMなどを流す必要があるのか?
「そんな金あるなら、被災地に金を直接落とせ!」となぜ言わない?
それに、なぜ本日全国各地で行なわれている、大規模な反原発の運動やデモなどが全く報道されないのだ?
ホントにそんなんでいいの?
言論や報道の自由を、得られる利権と引き換えに簡単に放棄していいのか?

もちろん原子力を「安全で安価なエネルギー」とか言われても、世の中で100%安全なエネルギーなんてないわけで、唯一あるとすれば何も発電しないことだってのもわかってる。だからそういう意味で原子力だって発電の方法のひとつだとは思う。
しかし「コストが安いエネルギー」と言うのが本当か?というと、廃炉になっても何十年にも渡って冷やし続けなくてはいけないことに膨大なコストがかかることや、今回のように何かあったときに何兆円ものコストがかかり人命をも危機にさらされることを考えると、消して安いエネルギーとも思えなくなってきた。

結局、何で原子力推進するヤツがいるのか?というと、そこが利権にまみれてるわけで、例えば原子力発電所が一番建設費が高くつくのでそこに建設業との利権が発生するし、ヤバそうなものを作るので地元にもたくさんお金を配り、落とし続ける。そこのにも利権が生まれる。
で、それほど安全でもないんだけど、「安全です」と言い続けることにコストをかけてる。広告代理店やメディアもこの恩恵を被ってるわけです。

それに各地方の経済連合会なんて、会長か副会長はだいたい電力会社の人間が就任してる・・・そりゃ原子力ダメだと思ってても文句も言いづらいでしょう。
もう、世の中のいろんな仕組みでもって「原子力の悪口言いません」ってのが出来上がってるわけだ。

そんな中、そういうのをちゃんと言えるのって、あるとしたらネットだけなのかも。
もうテレビなんかは、無責任な人達が視聴率かお金しか考えずに番組作ってるので無理。新聞もダメでしょう。
ネットは嘘やトラップがたくさんあるけど、真実もあるし、それを一番早いタイミングで見つけることができる。

福島のメディアは東京電力のお詫びCMの話を断ったそうです。
これでこそマスコミ。

「頑張れと日本」とか「日本の力を信じてる」とかいろんなところでいろんな人が言ってますが、メディアも小売もメーカーもアーティストも、自分達が持つべき魂だけは絶対に売ってはいけないと、そういう時期なんじゃないか?と。
これから求められるのって正直さであるべきで、そうじゃなきゃ結局今までの繰り返しなんじゃないかな?と思う次第です。

そういう意味で、一番正直になってないのって、やっぱテレビ局なのかな、と。
東電のお詫び広告が目立つ中、「原子力・反対!」のデモが全く報道されないのが、すごく怖いのです。
by t_yana | 2011-04-10 19:00 | 生活 | Comments(2)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧