平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ふかづめ

下の娘が、夏休みで学校のプールに行ったときのこと。
プールは爪が長いとダメなので、特に娘が爪が長かったわけではないのですが、学校の先生に爪を切ってもらうことになり、何かの手違いで酷い切り方で深爪になってしまって、血が出たりしていました。

家に帰ってそれを見た嫁さんが「どういうことでしょう」と学校に電話をかけて以来、毎日のように、その先生やら副校長先生から丁寧なお詫びの電話がかかってきております。学校でも副校長先生とかまで娘に「大丈夫?大変だったね?」とお声をかけてもらってるようで・・・。
今回のようなトラブルがあって、当事者の先生よりお詫びがあって、副校長先生からお詫びがある、というのは組織としてはまとも。ちゃんと上司への報告が行き届いており、現場と上司が問題解決にあたる姿勢があるということ。そこまでは正しい対応なわけですが、本日とうとう校長先生までご連絡をいただきました。
そこまでされなくてもいいのに・・・・と思い、僕が電話に出て、「お気になさらずに、うちは大丈夫ですよ。何も変わらずお仕事をされてください」とお伝えしました。

何か、もう気の毒なのです。
学校の先生も大変。どうしようもない生徒がいても昔と違ってドツけないし、何かあるとすぐ父兄から吊るし上げられるし、対応が悪かったら言いふらされるし、そのわりには給食費払わなかったり、平気で遅刻させるような非常識な親もいる。いろんな方面に気を遣わねばなりません。そんな中で「自信を持って、教育理念をしっかり持って教え子に接してほしい」とか言っても、そう簡単には行かないだろうに。
まぁ、娘はちょっと痛い思いをしたでしょうが、それで死ぬわけでも指を切られるわけでもないわけで、謝れば済むことです・・・。
小学生にとって先生は偉い存在であってほしいし、その先生も時々間違うけど、間違ったらちゃんと謝るんだ、ということを子供が見るのも教育。でも丁寧にやりすぎると子供はツケ上がるので、もういいのにね・・・。個人的に今回のことは気にせず、悪いことしたら、子供のケツの一発くらいは引っぱたいて泣かせるくらいはしてもいいと思いますけど・・・。

学校側のすすめもあり念のため、娘は皮膚科に行って消毒してもらったのですが(そんなことする必要ないって・・・深爪なんて、僕らの時代は時々あったことだし)、娘は自分の爪を見て、普段とあまりに違うので悲しくなって、病院に行けばもしかして指を切られてしまうんじゃないか?と思って相当心配してたそうです。
病院で消毒だけしてもらって「もう大丈夫」と言われた瞬間から元気になったみたいですが、子供なんてそんなもの。今日も学校に遊びに行ってます。

ちゃんと教えるべきを教え、そのうえで子供が喜んで楽しそうに学校に行ってるうちは、少々のことがあっても小学校レベルではとりあえず先生に感謝しております。物事がわからない小学生を扱う難しさもあるでしょうし。
でも何か、殺伐とした時代なので、学校と家庭の根底にある信頼関係というのが、なかなか探りにくい時代なのかも知れませんね。



追伸:
編集をしている、オトナのための音楽情報サイト『Warner Music Life』で、私が執筆担当しております「お誕生日のコーナー」、8月分が更新されました。よろしければご覧下さいませ!
http://wmg.jp/wmlife/sp/happybirthday/
by t_yana | 2009-07-31 02:03 | Comments(0)

オトナ?子供?

成人を20歳にするか?18歳にするか?が話し合われてるそうです。
しっくりこない話です。
オトナを18歳にするなら、まず先にやらねばらなんことがあるはずなのに。
つまり、学校で生徒に、社会の仕組みを教えなきゃ、とんでもないことになるよ、と。
例えばお金のこと。払わなきゃ請求されるとか、自己破産したらどうなるか?とか、保証人になるとはどういうことか?とか・・・。

そして特に、民主主義を徹底的に教えろっちゅうねん。
自分に与えられた選挙の1票を平気で捨てるような生徒を増やさないような教育をせねば。これは今でも非常に不満に思っておるのだ。
だいたい昔から学校は民主主義を教えない。すなわち
「自分たちの力は世の中を変えることができる」とか
「悪いものはみんなで力を合わせて駆逐する」とか
「守るべきものを守るには、みんなの総意が必要」とか・・・そういうことを全く教えないし、経験もさせていない。だから今、いい年のオトナどころか、若者までのほとんどの人が「自分ひとりが騒いだところで世の中何も変わらんよ」と思ってる。

例えば特におかしいのが、学校の校則に改正規程がないこと。
日本の最高の法律である憲法ですら、決められたプロセスを通過すれば改正できるとルール付けされてるのに、それに比べりゃ下の下の決まりである学校の校則に「変えるにはどうすればいいか?」という定義がなく、生徒にひたすらそれを強いて、守らねば罰する。
「決められたことはとにかく守れ」としか言わないのは民主主義ではない。
本来ならば、生徒が先生や関係者と「守らせようとするルールの合理性や必要性」を充分話あったうえで、かつ生徒のまとまった総意があれば、校則は生徒の手で変えられるべきなのだ。むしろできれば在学中に一度は校則を変えた・・という経験をさせる方がよい。

そのクセ、一部の教師は「日の丸・君が代反対」とか言って、気に入らん上から押し付けられたルールは無視する。で、その一方でルールを無視しようとする生徒は「けしからん」と罰する。
これほどおかしいことはない。
自分だけ気に入らんことに反対しておいて、教えるべき生徒には、ルール自体が理不尽かどうか?という合理性や必要性を考えさせること無く「決められたことは守れ」と強いる、その二枚舌が許せん。
学校のルールの運用を全部生徒の良心と判断力に委ねる勇気があるか?ということです。言っておくが子供はバカではない。少なくとも二枚舌の人間よりも、放っておいてもいい結論を出すぞ。

つまり・・・

正しいことは正しい。
間違ったことは間違ってる。
間違ったことは変えるべき。
物事を変えることはリスクも伴なう。
これは正しいかどうか?
リスクを伴なっても、変えるべきかどうか?を考える。
自分ひとりでは変えれないが、人が集まれば意見が力になる。

そういう民主主義を学校や社会がキチンと教えることなく、例えば選挙権だけを与えると、若い子は特定の宗教団体に入ってるヤツ以外は投票率なんて低いんだから、そういう団体が指示する政党への選挙協力以外の何物でもないと強く思うわけです。・・・もしかしたらそれが狙い?
ちゃんとそれが改善されない限り、18歳をいきなりオトナに扱うなんて論外。

僕は、日本が先進国中で目立って投票率が低いのは
 ・「最初から決まってることは、つべこべ言わず守れ」と教えられてきたこと
 ・サラリーマンの税金・社会保険が、給与天引きされていること
この2つが原因だと断言できます。

また、酒・タバコや、犯罪者の実名報道を20歳→18歳にするかどうか?とか、オトナの教育ができてないうちは、オトナ扱いしちゃダメだと思うのです。
20歳じゃなきゃとも思わないが、まずはそっちの方を考えなきゃ、と強く思いますわ。
by t_yana | 2009-07-30 19:37 | Comments(2)

途中下車

通勤途中の駅で、親戚のオバサンがスナックをやってて、ご高齢なので様子見がてら年に何回か行っておりました。
本日たまたま満員電車で、降りる人に吐き出され、その駅で電車から一旦降りて、吐き出される乗客を見てる時に・・・あれ?あの店にこの前行ったのは昨年末??・・・ちょっと間が空いたので、久々に行ってみよう・・・と思って、そのまま途中下車。
で、行ってみたら店の名前はそのままで新装され、中味は全然違う店になっててビックリ。
若い女の子がたくさんいる店になってたので、
「あれ?店変わったのですか?」と訊くと、
「改装して、経営者も変わって全く新しい店になりました」と。
「前のママは?」と訊くと
「・・・3ヶ月前に亡くなりました」・・・と。
大声で驚いてしまいました。

慌てて、そこん家に電話かけると、娘さん(といっても僕の親戚なわけで・・・)が出て、「癌で、病院に行ったときは手の施しようがなくて、こんな状態でよく日常生活ができたのが不思議・・・とのことで、入院してすぐ亡くなった」と。元気良く生きてたので、病気とか思われたくないので、店を一旦閉めたのも、余命短いのも、死ぬ時も人には言わないでほしい、との遺言があったそうです。
でも・・・。ねぇ・・・・。
何か大変寂しい。

こういうこと書くと「ご冥福を・・・」と言われそうですが、そういうのいいです。
みなさん知らない人なので。

何が言いたいかというと、人は1年会わなきゃ死んでしまってる可能性がある、ということ。僕たちは忙しくて、すぐに1年くらい経ってしまいます。気が付けば、仲良かったのに10年会ってない、なんて人はザラにいて、いつでも会えるとか、そのうち何かの機会に会うだろ・・・とか思ってるのは、一生会えないと思ったほうが良い。
ならば、無理してでも機会を作って、会える人には会ったほうがいい・・・と思いました。
ここんとこ忙しかったとはいえ、僕はその店に行こうと思えば何度か行けたと思う。間を空けることで、こんなに後悔してしまってる。

盆や正月に大阪には帰るけど、そのときにでも、無理すれば会える人がいる。
何だか急にそういう人と会わなきゃと思うようになりました。
もう一生会わないだろう、なんてことは事実として起こる年代になってきたんだけど、それは悲しすぎる。相手方だけじゃなく、僕だってそもそもいつ死ぬかわからないわけだし。

もうあの駅で途中下車することもないです。
酔っ払って昔の家族の話ができる店がなくなっちゃった。
何だか自分が老いたような気分です。
by t_yana | 2009-07-29 00:43 | Comments(4)

かき氷

だいぶ夏も本番モード。暑くなってきました。
夏の風物詩といえば、かき氷ですが、甘いものを進んで食べない人にとっては、あの甘ったるい人工着色料の産物のような毒々しいシロップをたんまりかけて食べるっていうのは、あまり現実的ではありません。・・・しかしながら、氷にワタミ焼酎かけて食べればええんか?というと、昼間からそれは好ましくありません。

で、色々考えたのですが、かき氷の上に、めんつゆときざみネギとスリごまをかけて食べるって、どうでしょう?
案外おいしいかも知れない・・・と思うのですが・・・。
何年か前に思いついたのですが、実験してみる機会がないので、未だにやったことない。もちろんそんなことやってる店などありません。

誰か試して欲しいと思ってるのですが、いかがでしょうか?
by t_yana | 2009-07-28 02:15 | Comments(4)

お笑い

今やお笑い全盛ブームですが、若手に本当に面白いお笑いの人がいるか?というと微妙。もしかしたら自分が歳をとったのか?とかも思いますが、とにかく笑えないことが多いのです。

しかしそんな中で、『27時間テレビ』のさんまと紳助 のトークは見事としかいいようがないものでした。無論、漫才ではなく、フリートークなのですが、台本なしのダラダラのトークにもかかわらず、ほぼ3時間近くずっと笑いっぱなし。
ボケ、ツッコミ・・・や、受けるタイミングや切り替えすタイミングなどが美しいほどに見事。いやもう久々に笑いました。これであと3時間はやってほしかった。
しかもその間に入るビートたけしの中継も素晴らしい!の一言。

その3時間が面白すぎて、そのあとの若手中心の『真夜中のカマ騒ぎ』がつまらなかったこと・・・って、まぁ普通に面白かったはずなのですが・・・。やはり、この2人にはかなわないことは一目瞭然。
「ひょうきん族」の頃でも、この2人のフリートークってあまりなかったので、かなり期待しており、やはり期待以上でした。

大阪出身の人間にとっては、吉本の面白さが全てだった子供時代、吉本以外の面白さを提供してくれたのが「ひょうきん族」で、それは画期的でしたが、あの番組は今考えても、画期的であるのみならず面白かった、と再認識。つまらない週も結構あり、当たり外れも大きかったですが、そういうのも含めて面白かったと思っております。

ドラマの再放送とかするくらいなら、夕方の時間帯とか、ひょうきん族の再放送やってほしいんだけどなぁ・・・。
by t_yana | 2009-07-27 01:07 | Comments(2)

松屋

勤務先のある青山一丁目は、何もない。
昼飯を食べるところも少ないし、オサレな店も少ないし、マクドナルドもないし、唯一あった牛丼店の吉野家も潰れてしまった。ワタミもない。
最近食中毒が流行ってるとのことで、昼飯のお弁当をずっと止めていて、なので昼はどこかで食べねばなりません。
でも青山一丁目って何もない。
SABWAYはあるが、そんなサイドウィッチばかり欲しいわけじゃない・・・。

とか言ってると、何と松屋が出来た!・・・吉野家がなくなると同時に少し離れた場所に松屋が新規オープン!しかも24時間営業!

実は私は、吉野家より松屋派です。
松屋のほうが、定食(値段は吉野家より高い)のメニューに幅があるし、豚丼・牛丼のご飯に乗せる肉の量が多いし、味噌汁(マズイが)を付けてくれる。それにサラダとかにかけるソースがたくさん選べる。

オススメは500円のうまトマトハンバーグで、これなんかは、ハンバーグ半分食べたあとに、残り半分を細かく切って、そこにライスをぶちまけ、うまトマトハンバーグ丼にして食べるのだが、素晴らしく美味い。吉野家の豚生姜焼き定食よりも満足度は高いぞ!
また、豚丼に備え付けの「カルビソース」をかけると・・・アラ不思議。何ということでしょう・・・豚丼なのに牛丼の味がするのです!まさに魔法のソース!
ビビン丼も秀逸だ!なんでこんな美味いもの今まで誰も作らなかったんだ?と不思議になる。スプーンで食べるのも楽。

今まで松屋食べたさに、わざわざ隣り駅の赤坂見附か2駅向こうの渋谷まで出て行ってた手間がなくなる!徒歩で松屋を楽しめる!
あとは青山一丁目にハンバーガー屋がないだけ。フレッシュネス・バーガーはあるが、ハンバーガーなんてジャンクなものにわざわざ「フレッシュさ」とかいう付加価値を付けようとする理屈が気に入らん。ハンバーガーは質を追求せず、安いのが本来の姿。従ってフレッシュネス・バーガーは一切興味なし。青一にマクドを!・・・たまに猛烈にマクド食べたくなるのを抑えきれません・・・。

ともかくそんなわけで、ここのところ松屋に通ってます。うまトマトハンバーグは、7/30まで580円→500円のキャンペーン中なので、それまでは連投も辞さない予定です。
by t_yana | 2009-07-25 21:28 | Comments(0)

3連休

二子玉川のフーケのライブがなくなったので、久々の完全OFFの3連休。

土曜は、家の蛍光灯が切れたので電機屋さんに買いに行くも、一人じゃ寂しいので上の娘と一緒に行く。・・・考えて見れば、もうすぐ誕生日か・・・。
蛍光灯を探すうち、娘がずっと欲しいと言っていたi-podの前を通り過ぎるときの、訴えるような視線に負けてしまい、
「・・・んじゃHappy Birthdayということで・・・」
と、16GBのi-pod Nanoを買ってしまう・・・。金が無いクセに、娘の喜ぶ顔が見たいばかりに・・・・親バカですな。
で、電化製品買うときは値切るのが大阪人の礼儀なのに、Appleの製品を値引きしない店員。だんだんイライラする。・・・で、i-Tune Storeの1500円ダウンロード券をお付けします・・とか言ってるが、・・・頭に来て、
「ダウンロード券なぞいらんから、そのままキレイさっぱり1500円引こうや!気持ちよう買い物させてくれや、なぁ兄ちゃん?」と言うと、意外にあっさり1500円引いてくれた。・・・最初からその値段で売らんかい!今度はそこから値切るから。
それにしてもi-pod Nanoは小さく軽い。これは便利だなぁ、と。
買い物から帰ってからは、昔からある貴重なテープをMP3に落とす作業に専念。高校・大学時代の自分のライブ音源とかをi-podで聴けるようにするのだ。・・・ってたぶん聴かないんだけど。
そのうちカセット・テープも聴けない時代が来るので、その前に今あるカセットを全部MP3にしなければならん。長く険しい道だが、諦めません。

日曜は寝てばかり。
いつも仕事してると昼に眠くなるが、休みの日は眠ければ寝ればよい。なので寝る。
夕食前に起きて再びカセットをひたすらMP3に落とす。
マイi-podは80GBですが、今やっと40GBまで入れた。そのうち一杯になりますが、娘のi-podを買うときにいろいろ見て気付いたが、今のi-pod Classic(120GB)って、すごいね!薄いし軽い・・・しかし120GB。でもそのうち200GBとか出るんだろうな・・・。そうなったら今あるCDが全部入るかも知れない。・・・それに買い換えていっぱいにしてやろう。なので、ワシが死んだら、棺桶にはそのi-pod入れてくれ・・・と遺言を書こう。

月曜は、突然思い立って、口笛太郎DuoのOfficial Web Siteをリニューアル!
まぁ時間と手間がかかるので、今回はTOP画面だけですが、何とか半日で仕上げる。リサーチしたところ、このOfficial Web Siteを訪れた人は、ほとんどスケジュールのページしか見ていない。もっといろんなところがあるので、いろいろ見て欲しい!→ もっとわかりやすくする・・・ということで、ガラッとTOP面を変更しました。
いやしかし、6年前のパソコンで、しかも買ったときに付いてた「ホームページ・ビルダー」のお試しキットでサイトを作るにはも限界がある。もっとフラッシュとかいろいろ使いたいんですが・・・。
昼飯後は、ベランダ掃除。
年に1度しかしないが、必ずやらねばならない。
交通量が多い国道が近くに走ってるので、排気ガスのススがベランダの柵や壁や置物にこびり付いてる。そういうのをブラシと洗濯用洗剤を使い徹底的に洗う。ベランダの床もゴシゴシこすって、サッシもゴシゴシ洗う。
洗剤と水をベランダ中に撒き散らしまくり、全身も水と洗剤とススでびっしょり。
夕方に終わり、シャワーを浴びて、家族で外食。
外食って、結局運転しなければいけないので、飲めない。・・・なのでつまらん。
まぁその方が健康に良いのかも知れませんが・・・。

人間ドックのときにも言われたのですが、休みの日にもう少し運動した方がいい、と。・・・・で、自転車とか買おうかなぁ、と考え中。でも一人じゃ何もできないのですわ・・・。
by t_yana | 2009-07-21 01:05 | Comments(2)

レギンスって

 昭和の話ですが、ミニスカートの丈が短くなれば、景気が回復する・・・とか言う迷信があったりしました。女性蔑視だとかセクハラだとか言われようが甘んじて受け入れますが、女性の露出が増えると、男は元気になり、そうなると時代も元気になるわけです。

で、その時に思うわけです。
例えば、ミニスカート穿いてる女性の「偶然見えてしまった」状況に遭遇すると幸せですが、平気でパンツ見せてるような女性は全く色っぽくないし、見てもすごく損したような気分になります。
・・・つまり、女性が露出が多い服装をすると、当然いろいろ隠さねばならないところが増えてくるわけで、それをさりげなく隠しながら普通っぽく振舞おうとする姿というのが、即ち「女っぽい」というか「色っぽい」というか「艶っぽい」というか、そういう振る舞いなのではないか?と。

そういう意味で言うと、時代を面白くなくしているものに、最近女性がよく穿いている「レギンス」というものが挙げられます。常々不満に思ってたところ、mixiのニュースにも「レギンスどうなの?」的な記事が載っていたが、イマイチ深くうなづけるものではないので、個人的な意見をここで。
c0051760_214431100.jpg

レギンス穿いてると、足がスマート見に見えたり、冷え性の人は助かるのかもしれません。
・・・でも、全然色っぽくない!ていうか、このせいで緩んでる女性多くないか?
レギンスのおかげで、短いスカート穿いててもパンツ見えることもないので安心しきっていて、態度というか振る舞いが色っぽくない。
レギンス穿くと、カワイさ30%減!モテ度50%減!と勝手に言わせていただきます。
短いスカートが流行ってるのに景気が悪いのは、レギンスが流行ってるからじゃないのか?と勝手に思ってますが、これに賛同する男子は多いはず。

見た目や性格も大事ですが、振る舞いの色っぽさで女の子を好きになることも多いのです。レギンスはそれを阻害しておる!それに、暑い夏は、レギンスなど暑いだけです。
世の女性は、世の中のためにも、正々堂々と生足を晒すのだ!

・・・って、いかがでしょうか?
そのうち男もレギンス穿く時代にならないか怖いのですわ。
by t_yana | 2009-07-19 21:49 | Comments(2)

緊急告知!

明日の二子玉川・フーケでのライブは、お店の都合で中止になりました。
楽しみにしてた方、ごめんなさい・・・。
是非次の機会に・・・。
by t_yana | 2009-07-18 11:04 | Comments(4)

クーポン券

ワタミの飲食代半額チケット・バック・キャンペーンのチケット配布期間が終了。
飲食代の半分の金額分だけ無料券がもらえるのだ。頑張って期間中に16,000円ほど飲んだので、500円券を16枚ゲット。大事に使わねば、と

で、会社で短期のバイトで働いてる子がいて、「歓迎会しなきゃね」とか言ってるうちに本日が最後です・・・とか言われ、慌てて歓迎会ならぬ送別会をするので、関係部署の女の子3人と私の4人で渋谷のワタミに。
4月末にOPENしたばかりの渋谷のワタミは、新しいゆえにキレイな新感覚ワタミ。最近はここばかり行っております。
女3・男1というハーレム状態ながら、飲んだり食ったり喋ったり。会計が・・・・4人で4,703円・・・・。

「今日はワシがオゴる!」とか言っておきながら、いざ財布を見ると500円しかないことに気付く。・・・仕方なく、無料券8枚(4000円分)を取り出すも、残りの703円だけカード切ることもできず、自分は500円出して、主役の女の子以外の2人に事情を説明して100円づつ徴収。
100円くらい徴収するっても、ケチ臭い男と思われてないかと心配してたが、「これはずごい!人生で初めて!この安さ!」と感動してもらう。いい子たちです。

よく女性誌などのアンケートで、「食事に行ってクーポンとか割引券使う人はキライ」とか言うのを目にしますが、そのたびに「私に何か問題でも・・・・?」と突っ込みたくなります。
そもそも一流の店は、割引券やクーポンなど使えないようになっており、使える時点で大した店じゃないってこと。そんな店なんだから、割引チケットやらクーポン使わないと損でしょ?と。そういうのがイヤなら、一切割引サービスの類のない店を指定しろ、と、読むたびに突っ込んでしまうわけです。
でも不景気でそんな強気な店も減ってますけど。

ていうか、本当にそんなこと思ってる子っているの?
大阪人からすれば信じられん感覚。
まぁ、700円で4人で飲んで食って・・・というのも信じられん感覚なのですが・・・。
by t_yana | 2009-07-17 20:53 | Comments(3)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧