平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

このブログを書いて5年ほ..
by t_yana at 16:15
そこまで言う?というか角..
by 名無し at 15:38
分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2008年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

NHK-FMにゲストで

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


スキマスイッチ大橋さんがパーソナリティを務めるラジオ番組にゲスト出演。本日その収録のため、NHKに言ってまいりました。その予備知識習得のため、ここのところスキマスイッチのべストなどを聴いてたのだが、すっかりファンになってしまいましたわ。
SOUND STREET 21」という老舗の番組の7月度の月間パーソナリティが大橋さんということだそうです。
その中で、「これから先の音楽人生のために覚えておきたい芸」みたいなコーナーがあり、大橋さんに口笛を教える!という趣旨なわけです。念のために分山貴美子さんが書いた「口笛を吹こう」という指導書も持って行くことに。

考えてみれば7月3日に大橋さんのソロ・アルバムが発売になる、ということは、その直後の彼の番組・・・となれば、一番重要な回なわけです。そんな大事なときのゲストが私でいいの?と終始疑問を抱きつつNHKへ。
到着するとすでにそこに大橋さんはいたのですが、まぁアーティスト写真で見るより、キレイな顔をしていらっしゃいましたが、何というか・・・素朴というか、誠実というか、朴訥としてるというか、飾り気がないというか・・・まぁとにかくリラックスさせていただいた雰囲気(?)の中での収録。
口笛の指導のみならず、ギターのビックマクニー大里氏とともに出演して、1曲生演奏。その後オススメの口笛ソングや口笛太郎duoの曲もON AIRしていただくなど、至れり尽くせり。
大橋さんは終始にこやかで私の口笛に驚いていただき、収録中以外でも色々音楽の話などで盛り上がりました。

うむ、これでスキマスイッチなどで口笛が必要なときは声がかかるはず!と確信。
名曲「冬の口笛」のみならず、例えばもし「夏の口笛とか他の季節の口笛の曲が出来たときに呼ばれるように(いつの話や?)スタンバっておくことにしよう!
・・・いや、ここはもっと大きい最終的な目標を持たねば。
こうなりゃ、オーガスタ・キャンプにゲスト出演し、『福耳』ならぬ『吹く口』を結成し、オーガスタのアーティストとともに「星のかけらを探しに行こう」をやるくらいまで頑張るしかない!

・・・って、あんまり調子に乗ってると怒られそうなのでこのへんで。
放送日は7月6日(日)の23:00からNHK-FMです。
大橋さんのソロ・アルバムも必聴ですよ。
by t_yana | 2008-06-28 19:25 | Comments(4)

スキマスイッチ

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


理由(わけ)あって、スキマスイッチのベストを聴いてます。
今まで、いいアーティストなんだろうなぁ、と思いながらもじっくり聴いたことがなかったので、あらためて聞き込んでるのですが、やっぱりよかったです。何で聴かなかったのだろう?今まで。
彼らのナンバーで「冬の口笛」という曲があって、口笛と名の付く曲なので興味本位で聴いてみたところ、曲自体には全く口笛は出て来ないのですが、これがまた素晴らしくいい曲で、聴き惚れましたわ。歌詞は職業作家の書くようなタイプのじゃないけど、シンガー・ソンングライターの書くPOPSの王道のような歌詞でメロも美しい。

ついでに、ボーカルの大橋さんのソロが来週発売されるそうで、関係者の方を探して、発売前にそれも聴かせていただきました。
何という飾り気のない上質な内容!
普通、グループで活動してる人のソロ作って、ゴージャズに作りたがるけど、その真逆。
非常にバンド志向の強い作品で、好感を持ってしまいました。
たぶんスキマって、20代後半あたりの女性に支持されてるのでしょうけど、40代オトコも刺さります。ズキュンズキュン刺さるわけじゃないけど、じわじわきます。

子供に訊いたら「ドラえもんの歌うたってる人でしょ?」とか「ますだおかだがマネしてる人」という答えが返ってきましたが、いいものとして薦めることにしますわ。
by t_yana | 2008-06-27 01:25 | Comments(4)

ライブ成功!

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


口笛世界チャンピオンの分山貴美子さんが、「口笛天国」というCDを出しました。
これがなかなか好評で売れてる。
CDの中に書いてるライナーノーツ(作品紹介文章)をご縁があって、私が執筆させていただきまして、そんなこともあり、CD発売記念ライブが本日あって、ゲストに呼んでもらって演奏してきました。

口笛太郎Duoもいろいろありました。
インストアライブでは、極寒気温4度の中でやったり、お客さんの寂しい中でもやったり、スーパーの野菜売り場の隣で演奏したこともありました。
スタッフの方はどこも親切で、それはそれで楽しかったですが、そういう色んなところで演奏することで根性を鍛えられたことも事実。

それに比べりゃ、ゲストで呼んでいただいたとはいえ、渋谷のDuoという一流のライブハウスで、お客さんがたくさんいる中で演奏できるなんて、そりゃ嬉しいですわ。
寒くない!じっと聴いてくれる人がいる!モニターがある!楽屋もある!弁当も出る!ケータリングでサイドウィッチとかある!など、これじゃテンションも上がるわな。

で、なかなかいい演奏ができました。お客様の反応もかなりよく、ますますテンション上がって、演奏もするわ、しゃべりたおすわで、当初20分と言われてた時間をオーバー。
おまけにライブ会場でCDまで売らせていただき、結構売れました。
至れり尽くせりとはこのこと。
終演後はビールも飲ませてもらうわ、遊びに来てたサザンオールスターズの関口さんはじめご挨拶もさせていただき、充実した一日でした。

分山さんはチャーミングな方で、これからも一緒にライブやりたいなー、と思ってます。
7月の口笛の世界大会も会えるし、11月には愛媛県のイベントに一緒に招待されてるので、そこでも一緒です。楽しみ。
今日のコンサートで初めて我々の演奏を聴いていただいた方も多いと思いますが、まぁそんな2人組なのでこれからもよろしくお願いします、ということで。

昨日は遅くまで仕事で終電で帰り、本日も午前中は必死で働き会議も出て、午後半休で会場に向かってライブに臨んだのでした。
で、明日も仕事。サラリーマンミュージシャンは辛いのぅ・・・。
そんなこんなで結構疲れました。気持ちいいライブでしたが、疲れるのは一緒。
もう寝ますわ・・・。
by t_yana | 2008-06-26 01:25 | Comments(5)

売れてるものとは・・・

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


着うたの最大手「レコ直」で、「くてくて」言ってるキマグレンLIFE」が1位に。
ちなみにレコ直のTOP5は、他にGReeeeeeeeN(長い?)、童子-T、など・・・。
はい、参りました。
どうやら今のチャートは、私に残尿感や苦手に思う人ほど売れる・・・。
オレはリトマス試験紙みたいなもんです。レコード会社はオレが「どうなんでしょう・・・」と言うヤツを、「よし!これは売れる!」とPUSHすればよいのだ。もしくはワシと一緒に曲作りをして、「そんなことやめといた方がいい」と言うことをどんどんやればヒットするのだ!
ここまでハッキリすると逆に楽しいわ。
しかしながらちなみに言うと、キマグレンの曲に残尿感があるが、彼らのライフスタイルなどは憧れます。
案外会うといい人だったりして。
でも、GReeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeN(伸ばし過ぎた?)なんて、実態があるかないかわからんぞ。
本当におるのか?そんな人たち?戦略なのでしょうが、全く出て来ないってそりゃないだろ?芸能の基本は実演披露。室町時代からそうです。レコード制作・販売より、ライブの方が全然儲かります。ちゃんと人前に出てきてやらんかい!しかも大学生って・・・、お前らなぁ・・・・。20歳そこそこでそこまで成り上がって欲しいもの手にいれておいて、今さら「くてくて」言うたら怒るぞ?何がした「くて」なの?まだ「くてくて」言うことあるか?ないやろ?
といいつつ、見たことないがGReeN(短い?)のメンバーの一人は大阪・高槻市出身って、同郷やないか?なんで高槻の人間が東北の大学に言ってるの?興味深深ですわ。・・・・イカン。親しみ感じて、応援する気がわいてきた。本日店着のアルバム買おうかな・・・・??
こうなりゃもしかしたら童子-Tもエエ人なのかも知れません。

いやまぁ、こんなことばっかり言ってても仕方なし。
Hip-Hopと口笛・・・・案外あうかも知れません。
Ne-Yoみたいに、あっちこっちのこの手のアーティストとコラボしまくるのも手ですな。
by t_yana | 2008-06-24 21:40 | Comments(5)

ライブ!ライブ!ライブ!

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


先週の木曜にマイク・スターンを見にブルーノートへ。
最前列でカブリつく。ドラムにデイブ・ウェックル、トランペットにランディ・ブレッカー。
しかしマイク・スターンって、何か家で弾いてるように弾くなぁ。ステージ上で頑張って弾いてる観が全くない・・・というか(もちろんかなり熱いプレーを見せてくれてるし、汗もかいてるようなのですが)、本当にリラックスしてすごいこと弾いてます。
上手い人って、コマメにボリューム・コントロールを触ります。これは音量をコントロールしてるわけではありません。ボリュームを上げ下げすると、音色が極端に変わるのです。
足元にはボスのディストーション、同じくボスのデジタル・ディレイが2発のみ。
そこからラック式のエフェクターでコーラスをかけ、ツインリバーブ2台にステレオ・アウト。以上。ライブ中は、全くセッティングを変えず、ディストーションのオン・オフくらい。それ以外はボリュームつまみを触るくらいでした。こまめにいろんなツマミやらを触ってる仕草って、「やっぱりギターを操ってるな・・・」と思わせる。たまらん。思ってる以上にカッコイイ。マネしよう。

そのマイク・スターンの余韻をもって、土曜日の口笛太郎Duoのライブを二子玉川で決行!
はじめて雨が降りました。野外とはいえ屋根があるから大丈夫でしたが、2年ここでライブしてますが初めての雨です。雨の音がパチパチうるさいけど、それはそれで「・・・シーン・・・」とならない、適度のザワメキ感として、ありなノイズでした。雨を呼んでくれた人!ありがとう。
演奏自体は、マイク・スターンばりに熱い口笛・・・ってことはなかったけど、久々のホームグラウンド、フーケでいい演奏ができました。
妙齢のお美しい女性が「わざわざ我々を見に来ました」と言っていらっしゃいました。CDも買ってくれ、舞い上がってしまいました。
また大変カワイイお子様を連れたチャーミングな親子連れの方も終演後お声をかけていただきました。我々の演奏目当てでわざわざいらっしゃった、とか。このブログも読んでるそうで・・・ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
この日は、日経流通新聞の取材があり、演奏後にインタビュー。7月の上旬に掲載されるみたいです。よければ是非お読み下さいませ。

25日(水)は、渋谷Duoで、分山貴美子さんのライブにゲスト出演します。
4曲ほど口笛太郎Duoで演奏します。口笛太郎が渋谷区で生演奏するのは初めて!案外地方向けのアーティストだったのね・・・。コレを機に、アーバン・ピーポーに向けてもっと活動します!チケットまだ少しあるようですので、ご興味ある方は是非お越し下さいませ。
by t_yana | 2008-06-23 20:01 | Comments(3)

ごくせん

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


やっぱり女の人はイケメンが好きなのです。
だから若いイケメンがたくさん出演している「ルーキーズ」とか「ごくせん」の視聴率がいいのだ!と勝手に思っております。

それにしても「ごくせん」は、ありゃ2008年の「水戸黄門」ですな。
各回ごとに話は完結で、毎回同じ展開。悪者が成敗される姿は、見ててスカッとするといえばする。それにイケメンが出てるわけで、そりゃ人気も出るだろう。

でも、何で戦うときに、仲間由紀絵は髪の毛をほどくんだ?
むしろ、くくっておいた方が戦いやすくないか?それに戦うときにメガネを外すが、危険防止と言う意味ではわからないでもないが、相手の動きがちゃんと見えないのじゃないか?
しかも毎週毎週暴力沙汰に巻き込まれてるような治安の悪い学校環境。なので、いつ事件が起きて戦ってもいいように、動いても外れない、スポーツタイプのメガネにしておかなきゃ!
とすると、本来はテレビとは逆で、「戦うときに長い髪の毛をくくって、メガネを掛けなおす」というのが正解だと思うのだが・・・。

それから、ルーキーズが人気だからって、バレーボールの応援団はないだろ?
全く必然性ないぞ?HeySayJumpも必然性なかったが、ルーキーズもどうなの?と。
まぁそれより、松田聖子がユニフォーム着て歌ってるのも、ものすごい違和感あるけど。
しかし、松田聖子、現在47歳。まだミニスカで歌ってらっしゃいます。歌声も体型も全く変わらない。たぶん化粧落とした顔は変わってるんでしょうが、化粧してる限りはわからん。
あんな47歳いません。電車の吊り広告でも、ユニフォーム着て、プリンセスメグやらと一緒に載ってました。そりゃ、ものすごい違和感でした。でも、永遠にOKです。その吊り広告見た、隣のサラリーマンもそう話してました。

男もキレイな人が好きなので、女の人のイケメン好きは責められませんな。
by t_yana | 2008-06-22 02:32 | Comments(3)

家計簿

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


いつも無料でポストに入る「サンケイリビング」。
エリアによっては「山の手リビング」とかいろいろ名前が変わるが、まぁ内容は同じようなもの。
あれ、いろんな地元のお買い得情報や、ショップなどの割引や読者優待の申し込みなど付いてて楽しく読んでます。

でも、一番楽しみなのは、いつもそこに家計簿相談のコーナーとか載ってるヤツ。
他人の家の家計簿を見るのって、何でこんな楽しいのでしょう。
それはうちの奥さんとて同じことですが、相談内容が、
「33歳、収入・夫婦で月50万、ボーナス時150万、現在貯金1000万」とかたまに載ってることがあって、そういう時は「こんだけ収入があって、何を相談すんねやろ?家が欲しいけど買えますか?やて。相談してるヒマあったら、さっさと買えっちゅうねん」とか、「この人、自慢したくて相談に応募してるんやろか?」とか、キレてます。
しかし、「40歳で、月収28万、ボーナス時50万」とかで、車の出費が月に4万、「毎月赤字です。将来は不動産の購入も考えてますが、これから子供にもお金がかかるし・・・」みたいな相談内容で、答えるファイナンシャル・プランナーの人も
「なかなか厳しい。」「奥さんがパートに出るべきです」「生命保険を解約して掛け捨ての共済会に」「この際、車は手放しましょう」みたいなアドバイスだと、非常に楽しそうに読んでらっしゃいます。
それは私も同じことなので、他人のことは言えません。

CDもヒット曲がたまったらベスト盤出すでしょ?
この家計簿相談も、たまには「ベスト・オブ・家計簿相談」として特集号で、苦しい家計の例がたまったら、そんなのばかりを載せてもらう特別号を作ってほしいです。
読んでるほうは、ものすごい楽しい!サンケイリビングさん、ちょっと考えて!
by t_yana | 2008-06-20 01:52 | Comments(2)

乾杯屋

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


帰りの通勤電車で、隣のオッサンの読んでる駅売りの新聞の風俗記事を何気に盗み読みしてたところ30代OLのエッチな記事で、大学時代にちょっとだけ付き合った年上の人のことを思い出してしまう。

その人は当時僕がバイトで働いてた地元のBar「乾杯屋」の常連さんだった人。
で、そこから「乾杯屋」での色んな出来事を、もう何時間も思い出しっぱなしで眠れないのです。

もう20年以上前の話ですが。
大阪郊外にある僕の地元・高槻の駅前にあったグリーンプラザというテナントに入っていたお店で、カウンターに席が7つ、ソファ席が15人分ほどの店。チャージは1,000円。ボトルは好きなものを買ってきて、1,000円払ってそこでキープする、という珍しい店。ある意味明朗会計。カウンターにマスターとバイトの男の子が立ってるだけの、全然垢抜けたBarじゃない。

マスターは脱サラで「乾杯屋」を立ち上げた人でロック好き。この人からクラシック・ロックを教えてもらいました。
マスターの友達(昼間はサラリーマンしてる人)が時々手伝いに来てて、その人はものすごいレコード・コレクターで、その時借りたアナログは20年以上経った今でも、返し忘れて僕の手元にあります。フュージョンやAORやワールド・ミュージックを教えてもらいました。
来るお客さんは、近所のお好み焼き屋の大将や腕のいい板前さんやら国鉄職員やらゴミ収集の人やら、いろんな人が毎日来てました。

でも女性客は、なぜか幸薄い人ばかり。・・・・お子様3人かかえて離婚した人、旦那がいるけどDVが酷くて別居中の人、冴えない外見だったのに不倫を始めた途端見違えるほどキレイになった人、お酒好きだったのに糖尿病になってしまった人、向かいにあるスナックのママさん・・・・。みんな明るいし飲んでも楽しいけど、時々寂しそうな顔するし、飲みすぎたときに、時々静かに泣いてたりする。あぁ、演歌の世界・・・オトナっていろいろあるんですね・・・と教えてもらいました。

20歳になった瞬間もここで働いてました。「お祝い」と散々飲まされて、「好きな女のところに電話かけろ!」と言われて、電話かけさせられました。
酒の飲み方やら、酔っ払いの扱い方、初めて会う人との話題の作り方、オトナのモノの嗜み方、音楽からHなことまで、いろいろ教えてくれた所。

結局、「乾杯屋」は経営がキツくなって、バイトを抱えきれなくなり、僕は2年ほどで店を辞めることに。その後も店は続き、僕はバイトから常連客になりました。
マスターは僕が証券会社に就職した時に、「へぇー、がんばりや」とだけ励ましてくれた。で、卒業~就職して東京で働き出して2年目くらいで店は閉店。
「地元に実家以外で帰る場所があったのに・・・・潰れちゃった・・・」と、寂しかったのも、もう20年前の話になったとは・・・。
マスターとは、その何年後かに偶然地元で会ったとき、店をたたんでからは普通に働いてる、と言ってた。僕が「音楽関係に転職した」というと、「それでこそお前や!」とすごい喜んでくれたのはよく覚えてる。

地元に行きつけのBarがあって欲しい理由。
純粋に酒を飲みたい、というのもありますが、勤め先からサッと家に帰るより、どこかでワンクッション置いて切り替えて、家に帰りたいと思うことが多々あります。
そんな時は居酒屋でいいのか?っていうとそうじゃなくて、地元のBarなわけです。一人でブラっと行ける店じゃなきゃ、なのです。で、そこには常連の客がいて、コミュニティができる・・・まぁ言うと大学のクラブの部室みたいなもの。地元に家庭以外に所属先がある、というのは大事なことです。
今住んでるところは、新興住宅街で、駅前に飲み屋が一軒もない。
何て文化が乏しいのだ?と思ってしまいます。

「乾杯屋」のことを思い出したのは何年ぶりなのだろう??
マスターが当時店を開いたのは当時29歳。僕は今それより10歳以上年上ですが、あれほどオトナではないと感じます。マスターは今50歳ちょっとか?
あの店で一緒だったみんなにものすごく、会いたい、と思ってしまって眠れません。

このまま生きれば、あの人たちと再会せずに寿命を全うしてしまうかもしれない、とか思うと、ものすごく切ないです。あぁ・・・誰に連絡先を訊けばいいのだろう・・・。
ますます眠れない・・・朝の4時20分・・・。
by t_yana | 2008-06-19 04:18 | Comments(4)

ジャーニーって・・・

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


すっかり過去のバンドだと思っておりました。ジャーニー
そりゃ中学~高校のときは聴きまくりました。ヒット曲満載の「エスケイプ」とか、地元の商店街のアーケード街のBGMにもなっていた『セパレイト・ウェイズ』を収録した「フロンティアーズ」。
これらのアルバムは100回は聴いてるはず。ライブ盤もよかったですわ。
高校のときは文化祭でジャーニーのコピーバンド作って出てました、ボーカルで。
いやー、あのときはジャーニーやってりゃ間違いない時代でした。
来日コンサートも行ったぞ!大阪府立体育館。前から4列目で、ベースのロス・バロリーのまん前。彼が投げたピックは、隣の友達が拾いました。

しかしボーカルのスティーブ・ペリーが抜けたとき、「あぁ、このバンドも終わったな」と感じました。

だが・・・しかし・・・バンドは続いた・・・。スティーブ・ペリーのソックリさんを入れて!

オレは思った。このボーカルはかわいそうだぞ!
一生、自分のスタイルで歌うことは許されず、スティーブ・ペリーのように歌わねばならない。つまり、スティーブ・ペリー以下ではダメで、スティーブ・ペリーを超えてもダメなのだ。
まるで、「はるな愛」における「松浦亜弥」みたいなもんだ(超えてるか?)。

で、今回またまた、さらなるスティーブ・ペリーそっくりさんのボーカルを立て、ニュー・アルバムを出したぞ!新しいボーカルはyoutubeで見つけたフィリピン人・・・って、おいおい、そんなもんでええのか?似てりゃええのんか?・・・・いいそうです・・・すまん。
それが・・・しかも・・・ビルボード初登場全米5位ってスゴくないか?
Ashantiのアルバムより売れてるぞ!
全然過去のバンドと違うがな!メチャメチャ今のバンドやがな!
会社の同僚いわく
「試聴して心が震えた・・・今回のジャーニーの作品は全盛期に戻った!」
と言っております。よっしゃ、そこまで言われたら聴いてやるぞ!

一方TOTOは活動終了だそうです。
どっちかと言えばTOTOの方が好きだったんだけどね。
オリジナル・メンバーがスティーブ・ルカサー一人になったから・・・だそうですが、それだったら、それぞれのパートにソックリさんを立ててやればいいじゃないか!と言いたいところ。

でも、まぁ肝心かなめのジェフ・ポーカロのそっくりさんは世界中どこにもいないしなぁ・・・。
そう考えてみれば、ジェフがいなくなったところで、TOTOは終わってたのかもね。

というわけで久々に「ハイドラ」でも聴いて過ごしますわ。
by t_yana | 2008-06-15 19:59 | Comments(7)

声が出ん

↓↓↓読む前にクリックを!↓↓↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


風邪を引いたからか、喉が荒れて声が全く出ない状態。
森進一みたいな声で、夜は堰(せき)が止まらずぐっすり眠れません。
実際にはウトウトと寝てるわけですが、そこで見る夢もかなり現実と交錯した夢なので居心地が悪く、眠った気がしません。

なぜか堰をするたびに、会社の自分のパソコンのデスクトップに新しいフォルダが発生して、堰を繰り返すうちにデスクトップがフォルダでいっぱいになる・・という恐ろしい夢。日頃より、デスクトップにアイコンが増えるのがたまらなく嫌いな私にとっては、これほどの苦痛に満ちた夢はありません。

朝の4時頃に、たまらず起きて病院でもらった薬を飲む。

近くの内科で処方箋を書いてもらい、行った先の薬局で言われた話。
「漢方はお腹が減ってるときに飲んでください」と言われました。知りませんでした。
「漢方の粉薬は、お湯に溶かせて飲んで下さい、お湯に溶かせて出る香りも、効能があるのです」だそうです。漢方薬のようなものすごいものを開発するほどの国が、どうして「羞恥心」ばりのおバカ国家に成り下がったのでしょうか?
そう説明する女性も含め、薬剤師の女性は、何気に幸薄顔が多い。やはり普段から病気の人の冴えない表情ばかり見てるので、自分も元気いっぱいの表情が出来ずに、やがて幸薄顔になってしまうのでしょうか?

なるほどお湯に溶かせて飲んでると、不思議と心が落ち着くもので、やがてコロっと寝れました。・・・が、9時頃に「朝ごはん食べないの?」とか「私の口座にお金を振り込んでくれた?」とか起こされる。久々の安眠中だったのに・・・・・。
あのなぁ・・・オレが調子悪いのわかってるやろ・・・それって、今確認せねばいかんことか・・・?

しかし怒鳴ったり怒ったりする声も出ないので、グッとこらえる。
全ては健康に戻ってからでございますわ。
by t_yana | 2008-06-14 12:41 | Comments(2)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧