平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

中国スゴいのかスゴないのかわからんわ・・・

家に帰るなり、嫁が「"変面"すごい!」とか騒いでたので、「何のことを言ってるのか?落ち着いて話なさい・・・!」と訊いたところ、中国の技で一瞬にして顔が変わる芸能のことだそうで、テレビでやってるのを見てぶっ飛んだそうです。
「オレも一瞬にして顔を変えれるぞ!」と、瞬時で面白い顔をして見せたが、「そういうレベルじゃない!」と。

youtubeで探すとありました(↓下をクリック↓)。確かにすごい。えらいことになっております。
http://www.youtube.com/watch?v=ReAC9XHA7dI

この芸のしくみ(からくり)は、国家機密だそうで、バラすと国から罰せられるそうです。
さすが年間何千人も死刑にする国だけのことはある。罰するハードル低すぎ。
考えてみれば、中国が本気になったら国家機密なみの口笛テクニックを開発してものすごい口笛を吹くかもしれん。そうなったら私も口笛太郎とか名乗ってる場合ではない・・・。恐ろしや・・・。

しかし、「こんなすごい器用さと技があるんやったら、もっとちゃんとディズニーのニセモノ作ったらよかったのになぁ・・・」と、イヤミを言うでもなく、シミジミと語る嫁を見て、「結局それかよ?」と。そういう発想ができるアンタもすごいわ・・・と感心したのでありました。
by t_yana | 2007-05-30 00:15 | Comments(0)

落ち着いております。

昨日、「久々に山下達郎御大の「For You」をi-Podで大音量で聴いた・・・」とここに書いて以後、案の定クセになって何度も聴くようになり、そのたび、「いやー、懐かしい!タツローはこうでなくっちゃ!」と思うのです。
で、阪神タイガースがべらぼうに弱い。しかし、私ほどになると、ガタガタ騒ぎません。
ここまで負け続ければ、なぜか「For You」聴いてるような感覚になるのです。
まぁ、今年は久しぶりにあのチームとマイペースで付き合っていけるわけです。

話は変わりますが、時々サンプル盤を送っていただける人がいて、それらを聴いてたら、ひっかかる作品がありました。
秦基博。
彼はいいですね。歌もいいしうまい。前からちょっといいと思ってましたが、6/6発売のシングルのサンプル盤を聴いたら、さらに「お?」と思いました。何だかいいです。
で、ちゃんと気合入れて何度も聴いてると、なるほど丁寧に作ってるなぁ、と思いました。オーガスタのアーティストってハズさないなぁ・・・・。音楽的です。
フル・アルバムはいつ出るのでしょうか?楽しみな人ですね。

てなわけで、今年はタイガースが弱いので、野球を気に一喜一憂することなく、シーズン中でも平常心でいろんな音楽聴くことにします。
by t_yana | 2007-05-29 19:08 | Comments(3)

口笛会合

昨日、「口笛吹く人達が集まるから来て下さい」と呼ばれたので、集合場所の池袋に。
池袋なんて12年の東京生活で4~5回しか行った事ないぞ。で、行くまでの電車の中では、天気が良かったので山下達郎御大の「for you」をi-Podで全開で流す。”血沸き肉踊る”とはこういう音楽を言うのだ!ナンボほどテンション上がるねん、このアルバム。

で、話は戻って、口笛奏者の集まりに行ったらいろいろ面白いことがありました。
7月7日の七夕に、世界口笛大会で入賞した日本人が集まって、コンサートするそうです。
これ、なかなか面白そうですね。
で、9月23日に、日本口笛音楽祭をやるそうです。私は昨年始めて参加させていただきましたが、今年は3回目だそうです。ちなみに、昨年の模様はこちらをクリック→●
さらにちなみに、昨年のリハーサル模様はこちらをクリック→★

今年は世界大会でも日本人の受賞が目立ったので、9月の日本口笛音楽祭自体も盛り上がるのではないか?ということですが、なぜか私もその運営を手伝うことに。
で、東京で口笛吹きが集まった団体を作りましょう、と。名付けて「日本口笛奏者連盟」。
当面は9月23日の日本口笛音楽祭の運営を行う団体にしつつ、その後は口笛の普及に尽くすそうです。
なんだか好きでピーピー吹いてた私ですが、マジメに考えている人も多くて、それはそれで刺激を受けました。口笛は別に普及を施す団体がなければ普及しないわけではない、と思うのですが、好きな人たちが集まって交流できる場があるのも、悪いことではなさそうですね。

微力かつかなりエエ加減な人間ですが、とりあえず頑張ります。


追伸:
ちなみに、7月7日の世界大会受賞者によるコンサートは以下の通り、まさか私は参加できませんが、ご興味ある方はどうぞ。
[場 所]北とぴあ・つつじホール(車椅子席あります)
     http://www.kitanet.ne.jp/~asuka-hs/NewFiles/hokutopia2.html
[開 場]18:30
[開 演]19:00
[入場料](全席自由) 前売 2,000円/当日 2,500円
[チケットお申し込み・お問い合わせ]アイラ音楽事務所(5月14日午前10時より受付開始)
     電話受付:045-913-4346 (午前9時から午後3時まで)
     ファックスによる受付:045-913-4346 (留守電・24時間)
     e-mailによる受付:islaymusic@soleil.ocn.ne.jp (24時間)
by t_yana | 2007-05-28 08:05 | Comments(0)

ニセモノ

日曜日、メチャいい天気。
朝から奥さんと子供2人は、近所の人とディズニーランドに行っております。
朝5時起き・6時半出発でした。そこまでして行きたいと思わせるのがディズニーランドなのだろう。僕ならフェンダーのショールームの方が楽しい。この前ギタリストのソネくんと飲んだ時に、彼も「フェンダーのショールームはディズニーランドより楽しい」と言ってた。
歴代のフェンダーの名器を持った、歴代の名ギタリストのそっくりさんがパレードでもしてくれるなら、1万円出してでも行きたいわ、ワシは。
で、朝の6時半から一人でお留守番の私、昼前から口笛バンドの練習に行き、一旦帰ってきてこのブログを書きつつ、夜は口笛奏者の集まりがあって池袋に。何か話し合うことでもあるのでしょう。

ところで、ディズニーランドといえば北京だが、上の子供は
「潰れる前にあのニセのディズニーランドに行きたかった!さらに、今日東京ディズニーランドに行ってあのニセモノ達がいたらもっと嬉しい。ただし本物もいてくれなきゃイヤだけど・・・」と言っておりました。全く同感。
世界一著作権に厳しい企業ディズニーをして、たぶんあの北京のニセを見た瞬間に脱力したことでしょう。自分が社長なら「・・・おまえら、もう著作権の金は払わなくてええから、・・・もうちょっとちゃんとパクってくれ・・・子供が幻滅するやろ・・・」と言ってます。
藤子不二男先生も「あんな痩せたドラえもん見たくない・・・もうちょっとメシ食わせたれよ・・・」とお嘆きでしょう。
c0051760_15461091.jpg

いっそのこと、ディズニーランド内に「ニセモノ牢獄」とか作って、あの北京のニセモノを檻の中で住ませるってのはどうでしょうか?

もしフェンダーのショールームに、トーカイやフェルナンデス、グレコなどのちゃんとしたコピーモデルから、ファウンダー、フレッシャーやトムソンのような安いニセモノのストラトが揃えられてたらあったら、それはそれで楽しいですし。


by t_yana | 2007-05-27 19:29 | Comments(3)

打ち合わせ

昨夜は某老舗レコード会社にて打ち合わせ。
口笛の今後について意見を交わし、その後は景気づけに渋谷の焼き鳥屋さんで乾杯。12時までバカな話で盛り上がる。

まぁ、ぶっちゃけていうと、どうするのか?という結論は未定だが、まず何か演奏を音源という形にしていこう・・・つまり録音しよう・・・ということに。レコーディング大好き。頑張ります。

飲みに行った4人は、私と、ビッグマック大里氏、お邪魔した老舗のレコード会社の方2人・・・の4人で、全員いろいろ業界事情がわかっている人たちなので、何かを話しするときも、余計な説明をする必要がない。これは楽です。

今CDが売れないのは、市況が悪いとか違法ダウンロードとか違法コピーとかのせいだ、と言う人もいて、まぁそれはそれでそうなんだろうけど、でもそんな理由じゃないと思う。
僕は「制作の現場が楽しくないから」だと思う。
音を作っていく作業が面白い作品でないと・・・・作り手とそれに携わるスタッフが現場で「楽しい」と感じる作品でないと、聴く人が楽しいと思うわけがないし、そんなもの売れるわけがない。
音楽業界の偉い人の中には、宣伝のやり方でCDの売れ数が決まると思ってる人が何人かいて、宣伝の方法論にはさんざんウンチク並べるクセして、音は「売れそうな音だったらそれでいい」とかバカな事を言う。ちょっと待て、と。僕達はCDという物を売ってるのではなく、CDの中に入ってる「音」を売ってるのだ。そもそも「絶対売れるもの作れ」とか言われて面白いものが出来上がるはずがない。で、世の中にそんな音楽ばっかり氾濫したら、そりゃCDの売上げも悪くなろう。

そういうことをこの4人は感じてて、「少なくとも口笛太郎プロジェクトはやってても飲んでも楽しそうだから、売れる可能性はある。」などと楽観的なこと語り合って飲む。しかも飲んだ焼き鳥屋が、渋谷なのにやたら新橋ライクな店だったので、雰囲気につられたくさん飲んでしまい・・・いや・・・割り勘にしましょう・・と提案するも、結局ご馳走になってしまう。
あぁアマチュアのアーティストが、レコード会社の人間にメシを食わせてもらう時の気持ちって、こういうことなのだ、と。初めて立場が逆になってその意味がわかりました。

今はレコード会社といえどもいろんなことやってるので、録音すればすぐにCDとして発売されるわけではないのですが、ちょっとづつ前には進んでいるようです。

そんなこんなで来月もライブありますので、よろしくです。
by t_yana | 2007-05-26 19:19 | Comments(2)

口笛のレコーディングでした

本日は久々のレコーディング。
といっても、誰かの作品をディレクションするのではなく、演奏家として。

NHK-BSで、関口知宏さんが出演する「中国鉄道大紀行」という人気番組があります。
関口さんが列車で中国大陸を横断するという番組で、これがなかなか面白いそうです。
主題歌は大山百合香さんというシンガーが歌う「光あるもの」という、まだCD化されていませんが、非常に美しい曲です。作曲はMISIAのEverythingなどで知られる松本俊明さん。
で、番組のBGMで、その曲のインスト(歌なし)のいろいろなバージョンを作ることになったらしく(例:オカリナ編、ウクレレ編、サックス編・・・など)そのうちの一つとして口笛バージョンを作ることになって、私に御指名がかかったということです。

口笛では2バージョンをレコーディング。
1つはアコースティック・ギターをバックに口笛を吹く、という、いつもライブでやってるような感じのもの。で、もう一つは無伴奏で口笛だけで深深とメロディーを歌い上げる・・というもの。

会社を定時で終わり、麻布十番にあるレコーディング・スタジオに行き、19時過ぎから始まって、終わったのが22時前。ちょっと時間がかかってしまいました。反省。しかしなかなかいいものが出来上がったと自負しております。
今日録音した音源は今週中にMIXが終わって完パケとなり、来月くらいから放送されるのでしょうか?また、人気番組なので、サントラは出ないと思うけど、DVD化は大いにあり得ます。
そうなると嬉しいなぁ。

というわけで、来月も口笛のライブを行うので、そのときにはこの曲もやる予定です。
今週金曜日は某音楽関係者と口笛活動の展望について打ち合わせる予定。
なんだかいろいろ面白くなってきました。
乞うご期待!
by t_yana | 2007-05-24 00:12 | Comments(0)

またまたリクオ

日本を代表するピアノマン・リクオから、3月に続いてライブの招待を受けました。
下北沢440で、彼がホストになって次世代アーティストを紹介する、というイベント。
前に飲んだときから「リクオのライブを見てみたい!」と話してたメレンゲ山ちゃんを誘って行って来ました。・・・・いやー、相変わらず素晴らしい。素晴らしすぎる。
やっぱ本物は違うわ。
一緒に行った山ちゃんもド肝を抜かれたようで、「感動しまくりました・・・」とのこと。
ゲストで出た大久保海太くん、大柴広己くんもなかなかいい演奏を見せてくれました。特に大柴くんは若干24歳にして素晴らしいギタープレイ&歌を聞かせてくれましたわ。うん、彼は素晴らしい。
打ち上げも参加させてもらい、旧交を温めたほか、遊びにきてた寺岡呼人さんともご挨拶。一度はお会いしたかった人なので、嬉しかったです。

別にリクオはミスチルみたいに何十万枚もCDが売れてるアーティストではなく、ライブも年間何百本もやって活動してるアーティスト。
それだけに彼のライブは、力が入り過ぎないのに実に堂々として、ちゃんとお客さんが入り込む隙間があって、優しくて、全然リクオのこと知らない人が何も作品聴かずにフラッとライブ行っても、大満足できるライブを、"必ず"やってくれる人。来た人はライブが終わった後は、必ず幸せになって帰れる。彼のライブは、本当にお金を出す価値がある。(といいつつ昨日は招待で行きました、すんません)
来月もライブがあるので、また行くことにしよう、と決心。やっぱいいライブは見なきゃいかんのだ、と実感。リクオも「東京におるねんからたまには飲みに行こうや」などと話しながら楽しく飲めました。帰りの電車では山ちゃんから「本当にいいライブに誘っていただきありがとうございました」と連絡が。・・・・でしょ?誰でもリクオの音楽に一番最初に触れた時は、それくらい感動するものなのだよ。
世の中で今となっては数少なくなった「聴く価値のある音楽」。
ライブで体験するもよし、タワレコでCD買うもよし。
やっぱり、リクオは外せません。
by t_yana | 2007-05-22 09:08 | 音楽 | Comments(2)

ドビュッシーがいいと言われても・・・

柄じゃないですが、クラシック音楽について。
まずもって死ぬまで縁がないと思っておりましたが、上の娘の影響で最近時々聴くように。
12歳の上の娘は、もうかれこれ7~8年はピアノを習っていて、そこそこ上手く演奏できるみたいですが、諸々のコンテストに出るほどではありません。
で、彼女が「ショパンもモーツァルトもあまり好きじゃない。ドビュッシーがすごくカッコイイ」とか言って、ドビュッシーのピアノの曲ばかり聴いています。食事の時も大きい音でCDかけてます。

「クラシックのピアノの曲なんて全部一緒やろ?何が違うねん?・・・」とか思ってましたが、意識して聴いてると、ドビュッシーってものすごくモダンな曲だなぁ・・・なるほど20世紀の人だったのか?と、知るようになりました。
「月の光」とか「アラベスク」とかのバラードは、非常に繊細でコード感があり、たぶん後にJazz ピアニストに与えた影響は大きいのではないか?と。
他にも非常にテクニカルな曲や、リズムが跳ねる曲もあり、要するにこの人の曲ってやたらに「今っぽい」のです。まぁクラシックの素人が言えるのはこれが限界。難しい話は知りませんし。
で、大学1年のときに、付き合ってた1歳下の女の子がマジメにピアノを勉強してて、ドビュッシー好き、とか言ってたのを思い出した。あのコ今頃何してるかなー、とか考えると甘酸っぱい。「これは単なる偶然か?」と自問自答。

で、今日港北ニュータウンに新しく出来たショッピングセンター「ノースポートモール」に行ってきました。山野楽器さんが大きいCD店を出しているので、うちの奥さんが娘のためにドビュッシーのピアノのCDを買ったようです。見てみたら当社から発売してるクラシックCD。「言ってくれれば会社からもらって帰ってきたのに・・・」と言いつつ、1000円だったので、まぁええか、と。
クラシックのCDって1000円で売ってるねんなぁ、弊社も・・・。安いなぁ・・・と痛感。
で、2000円まで買い物したら駐車場代タダだったので、あと何か1000円買わなきゃ・・・と店内うろついてたら、ウェス・モンゴメリーの「ザ・インクレディブル・ジャズ・ギター」が1100円で国内盤が売られてたのを発見。アナログしか持ってなかったのでついつい買ってしまった。
安すぎるよ。こんな名盤、ここまで値段下げることないやろ?と思いつつ、うちも1000円でクラシックのCD売ってることに気付き、「あんまり他社のことも言えないか?」と反省。見渡せばリバーサイドのJazzの名盤がガツンと値が下がってるのを発見。さすがに1100円なら買うやろ・・・ボーナス出たら一気に買い揃えよう、と密かに決心したのでした。ウェスの「ザ・インクレディブル~」のピアノはトミー・フラナガン。リバーサイドにはピアノがいい名盤もたくさんあります。
ドビュッシーが好き、とか言いだした娘なので、そろそろJAZZピアノを聴かせてもいい時期なのかも知れません。
by t_yana | 2007-05-21 00:20 | 音楽 | Comments(2)

カウントダウン

とうとう竹内まりやさんのアルバムが今週発売なのですが、仕事中には今作のみならず、昔の作品も久々に聴きながら働いております。
バラエティ」「リクエスト」・・・いや、めちゃめちゃ懐かしいけど、全然古くない。ええわ。

昔は学生もさることながら、特にOLでまりやさん聴いてる人が多かった。
大学のときにパブ・スナックみたいなところでバイトしてたのですが、会社勤めのOLさんが帰りによく来てて、まりやさんの歌を歌う人が多かった。

*あまり可愛くないコが「けんかをやめて~」とかカラオケで熱唱してて、「あんたには、ない、ない・・・」と突っ込んだり、
*憂いを帯びた人が抜群の歌唱力で「OH NO,OH YES!」とか歌ってるのを「上手いですね~」とか褒めると、同じグループの人から「今、あの娘、上司と不倫しててね・・・」と訊いたり・・・。
*フラレた友達いたら、とにかくやたら「元気を出して」とか歌ったり(大きなお世話やっちゅうねん)。
*ちなみにうちの弟は「ねるとん紅鯨団」に出て、それで知り合った女性と結婚したのですが、番組の中で結婚式の模様とか流れたときにも、まりやさんの「本気でオンリー・ユー」が流れておりましたし。

ニュー・アルバムを聴くと、必ず昔の作品も聴きたくなるのが竹内まりやさん。
昔の作品も含め、しばらく家の中でもパワープレイ状態になりそうです。
by t_yana | 2007-05-20 00:56 | Comments(0)

なぜ人は酒を飲むのか?

今週が終わります。

月曜はソネ君との飲み会(@三軒茶屋・坐和民)で、"つばき"の新譜をもらう。
ソネ君のギターが目一杯フィーチャーされたサウンド。正直に言って、彼は30歳にしてかなり上達したと思う。いいギター弾いてる。アルバムもすごくいいアルバムなので、ご興味ある方はどうぞ。ちなみに、8と9曲目でエピフォン・カジノというジョン・レノンが使ってるギターを使っているのだが、それは私のギターです。弟の家の押入れにずっとしまっていたものを、勿体無いから彼に貸したのが2年くらい前。「ホンマ、このギターはオレんとこ来て幸せやなぁ」とうなづく彼を見て、しばらく「返してくれ」とは言わないでおこうとか思ったのでした。ソネくんは飲まない人けど、実は聞き上手で、気が付けばこっちが喋って飲んで・・・2時まで飲んでかなり酔っ払って帰る。

火曜から名古屋~大阪出張。
出張は会社にいなくていいので気が楽なのでダラダラしてて、夜の20時すぎに大阪・天王寺にある新星堂さんに寄る。そのまま店が終わって仲のいい店員さんと飲みに行く(@天王寺・坐和民)。CDショップの人と深く飲むのは本当に久しぶり。まぁ偉そうなことも言ってしまったが大いに盛り上がり、気が付けば3時。金がないのでそのままネットカフェで仮眠し始発で実家に帰る。

水曜はそんなわけで朝6時過ぎに実家に帰ると、早起き年寄りの典型:オヤジがすでに起きてたので、二日酔い気味にもかかわらず一緒に朝食をとり、そのまま寝る。12時くらいに起きて、大阪をぐるぐる周って帰京。新幹線の中で、缶酎ハイ500ml飲むとそのまま激眠。

木曜は会社の研修。
これって人事の仕事を増やしてるだけだと思うんだけど?
たぶん人事担当者の年間目標に「人材育成のため研修を充実する」とか設定したので、それを遂行するためにやってるとしか思えん。そんなのに一般社員を巻き込むなよ。
で、夜は、今日本で一番売れてる、背の高いのと低いのの男2人組シンガーKBKRのサウンドを支えるプログラマー(メレンゲでもお世話になりました)と、レコーディング・エンジニアS氏(メレンゲでもお世話になりました)と飲みに行く。3人とも仲良しですが、なぜかこの3人で飲むのは初めて。僕が連日のように坐和民ばかりなので、普通の和民にしてもらう。非常に下世話な話で盛り上がり気が付けば1時。また電車で帰れない。

金曜は出張~研修で溜まった仕事を一気にやって(終わらなかったけど)23時くらいに帰ろうと思ったが、同僚と飲みに行く。和民まで行く時間が勿体無いので近くの「笑笑」に。終電までの1時間で2人で焼酎ボトル1本、サラダ、軟骨唐揚げ、お好み焼きを平らげ、割り勘一人1200円。料理、酒ともに笑笑と和民の違いは歴然であることを痛感。終電に乗り、i-Podでつばきを聴きながら帰宅したのでした。

ウィークディ5日のうち3日が和民。1日が笑笑。しんどいわ。さすがに。身体も財布も。
来週はやっと給料日。それからNHKからの仕事で口笛録音することになったのでそのレコーディングも入っております。楽しみ。
by t_yana | 2007-05-19 08:34 | Comments(3)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧