平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2007年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

GW、もう半分消化。

外資系の会社なのに、明日の5/1はメーデーで休み。労働者のデモでもやれっちゅうんかい!何と言う日本的な会社。しかしGWも半分終わりましたね。

4/28(土)はTSUTAYA渋谷店の前で、CD発売イベントやってて、その立会い。キャンギャルの子は可愛く、途中雨降ったり寒かったりする中で一生懸命頑張ってくれたので、20時に仕事が終わって、一緒に飲みに行きました。40過ぎて、若いコと飲みながら盛り上がるとそれはそれで嬉しい。

で、4/29(日)は、上京してきた嫁さんの親・弟とともに東京見物。
車で8時30分に出発。都内は一般道を走りながら「これが赤坂御苑・・・」「あれが六本木ヒルズ・・・」「左が最高裁・・・」とガイドをしながら運転。なかなか大変です。
弟君の希望で最初は秋葉原に。朝10時に到着。
秋葉原に来るのは、12年の東京生活の中で3回目。僕も初心者みたいなものです。
ドンキホーテの前にすでに何百人もの列が出来ており、「アレ何なんだ?」と弟君とともに悩む。で、訊いてみたらAKIBA48のイベント整理券を求めて並ぶ人たち。向かい側ではメイド喫茶の客引き(メイド初めて見た)・・・立ち並ぶフィギュアの店・・・いろんなところで店頭に行列・・・その異様な雰囲気にビビリながら約90分、秋葉原をウロウロする。

で、早めにお昼を食べて、次の目的地の皇居に。c0051760_0144055.jpg
毎日新聞本社の地下に車を入れ、平川門から入り、ぐるっと一周。
初めて皇居行きました。あんなキレイで居心地のいいところだとは知りませんでした。
結構「城マニア」の私、江戸城だけは興味なかったが、見ていくうちになかなか感動。一番ビックリしたのは、徳川家光(3代目やね?)の時に大増築された日本一の天守閣は、たった18年後に焼失し、天守閣は無くなった。しかしその後、再び天守閣を建てることはなかったそうです・・・って、・・・・あの全盛を長きに渡り誇った江戸時代に、江戸城の天守閣を建て直さなかった・・・って、そりゃおかしいだろ?贅沢を戒めていた一族だったのか?財政難だったのか?他の理由でもあるのか?-----これで一気に興味を持った。その後もキレイな皇居内の庭を散策し、次は東京タワーに。

しかし、東京タワーに行ってビックリ。15時くらいだったのですが、ものすごい車の混雑&上まで昇るのに長蛇の列!やはり世の中「東京タワー」ブームなのか?こんなことなら朝一番で行っておけばよかった・・・。で、仕方なく東京タワー周辺をぐるっと周るだけにして、そのまま帰って来たのだ。
うちの嫁さんいわく「あんた、よう道知ってるなぁ、建物も知ってるなぁ、解説もしてくれるので、タクシーの運転手さんみたいやなぁ・・。」だと。

で、4/30(日)は、家の近くでゆっくり。
昼過ぎに、弟君だけ早めに新幹線で帰るとのことで、車で新横浜駅まで送る。
全然気付かなかったけど、新横浜駅って、ものすごい大きい建物出来てるねぇ。出張で新幹線の乗り降りするわりには、全く気付かなかった。
で、また夜までまったりとすごし、深夜バスで帰るご両親を最寄の駅まで送る。

明日は5/1で休みなのですが、口笛バンドの練習があるのだ。
本番は5/5(土)なので、よろしくお願いいたします。
by t_yana | 2007-04-30 22:52 | Comments(0)

GW突入

仕事がたまったままゴールデン・ウィーク突入。

忙しい中、メレンゲのドラマー山ちゃんよりいつものように突然TEL入り、「今晩どうですか?」と。
前回は給料日前に突然誘われたが、今回は給料日後。進歩のかけらはある。
適当なところで仕事を切り上げ待ち合わせの渋谷に。HMVの向かいの地下にある九州料理の店に。ここはよく来る店ですが、鉄鍋餃子がオススメ。
またまたドラム論に。酒が進む。・・・和民じゃないので値段が気になるなぁ。

で、酔っ払って1時前に帰る。で朝起きてこのブログを書いてるのだ。
若かりし頃は休みの日は昼間で寝てたが、ここ2~3年は眠くても9時には起きてる。
特にすることもないとしても。

で、今日は土曜日ながら仕事です。
一日中、TSUTAYA渋谷店の前でCD売ってます。
昼の14時から20時まで。キャンギャルのお姉さんも来るので楽しみです。

で、今日の夕方から嫁さんのご両親が来るので、明日は東京観光の案内人に。
タワーやHMVやライブハウス連れて行くわけにも行かず、お決まりの観光コースを案内するのですが、それって自分にとても行くの初めてなので、案外楽しみかも。

で、5/5は口笛ライブなので、よろしくお願いします。
by t_yana | 2007-04-28 09:10 | Comments(1)

特待生

ここにきていきなり高校野球のスポーツ特待生はダメということになってる。
関係者は前から知ってたはずやろ?んなこと。知らんかったわけないっちゅうねん。

勉強できる人を特待生で受け入れ、世界数学選手権で優勝しても文句ないはず。
ピアノ上手い人を特待生で受け入れ、世界ベートーベン・コンクールで優勝しても文句ないはず。
なのに野球はあかん。
大学はいい。なのに高校はあかん。

特待生という仕組み自体が悪いのか?
それに乗じて懐を肥やしてる人がいるのが悪いのか?
それを利用して金をバラ撒くプロ野球が悪いのか?
をハッキリさせなきゃいけない。
プロに入ってきた選手を育てるのも偉いが、プロに入れる人にまで育てるのも偉い。なので、高校野球の監督ももらえるなら金もらっても悪くない。家族も土日も放り投げてそればかりやって、プロ野球という一大産業に寄与してるんだから。発明の対価みたいなもんです。
選手本人は、ベラボウに上手い選手には1億であろうが10億であろうが、ほしけりゃ金払う人間に買わせればいいだろ?それだけの商品価値があると思わせてるわけだし。親ももらえるだけ欲しいと思ってるに違いない。

それが問題あるなら、12球団の新人は全部、完全ドラフトで日本プロ野球機構に一旦入社させ、そこからドラフトで決まった各球団に出向で行かせればどうだ?で、2年目に各球団に転籍。なので最初はどの球団もドラフト順位ごとに条件一緒!みたいにするしかないでしょ?
つまりアマチュアは「どの球団」ではなく「プロ野球選手になりたいか、なりたくないか」しか選ばないようにする。戦力の均衡化や腐敗を無くすにはそれしかないと思うのです。

で、特待生を廃止し、日本プロ野球が奨学金制度を幅広く募集する。プロになれば返済義務無し!とか。先生になったら奨学金返さなくてもいいってのもあるんでしょ?それと同じ。プロ野球は、アマ野球がなければ選手を取れないわけだし、堂々とアマ選手・・・というかアマ野球界に援助すべき。キレイにお金を援助するにはコレしかない!

西武ライオンズが自ら「裏金あった」って発表したのは、コレ以上裏金払うのが会社の体力的にキツくなったので、自らバラして球界から裏金なくさないと、球団経営できない!と悲鳴から、自らバラしたのでは?と思う今日このごろです。

松坂の移籍金は60億。北朝鮮の隠し口座の金額は30億。
有望な選手には、しょーもない国とはいえ、とある国家の隠し金の倍を払います。
それほどの価値を生みだすのがアスリートと言われるプロ野球選手なんですから、払いたい人がいれば払えば?と思うのですが・・・。
by t_yana | 2007-04-24 19:25 | Comments(2)

やっぱりハードロックでした

会社勤めなので会議はあります。
月に1回、約3ヵ月後に出る新譜の試聴会があり、一日かけてたくさんの上がってきたばかりの作品の音を聴くのです。

邦楽の新譜は、自分の好みもハッキリしてるし、好み以外の音はだんだん興味がなくなってきてるので、「へー、こんな作品なんだ・・・」とか素直な気持ちで聴いております。

洋楽は、最近わからんことがある・・・・。最近のUKロックは何がいいのかわかりません。
3ピースだの4ピースのUKお子ちゃまロックが毎月出てきますが、好きな人は好きなんでしょうし、それなりに売れてはいるので、何年もこの業界にいると、「これは売れそう」「これはダメだ」が何となくわかります。しかし何がいいのか、がわかりません。rockin' onよ、あんたらの記事ほどそんなに毎月”事件”だ、と言わせるような新譜が出てるのか?ワシの感性が鈍ったのか?もう40だし・・・。
まずUKロックのバンドの9割が演奏下手。歌も大したことない。音も目新しいものなし。貧乏臭い。聴いててスカっとしない。こじんまりしすぎてる。見た目もひ弱。線が細い。10年後に残ってなさそう。

会議中、何となくうんざりしてるときに、いきなりホワイトスネイクのライブ盤の日本盤が発売されるから、と音を聴いた。
いやぁ、震えたね。
・仰々しいイントロ、
・劇的にメロディアスなボーカルライン、
・これでもか!と歪み、アンサンブルに壁を作るギター、
・派手なハーモニクス、
・ツイン・ギターのソロ、しかも早弾き
・キャッチーなリフの応酬、
・ドラマチックな編曲、
・起承転結がハッキリしすぎてる曲展開、
・必要以上盛り上げるキーボードのストリングス・サウンド、
・重すぎる8ビートと主張の強すぎるドラムのフィル・イン・・・・。
上記のどれもが2007年には無いものばかり。おっちゃんは今まで寂しかった!
けどやっぱホワイトスネイクだ!おっちゃんは嬉しいぞ!
デイヴィッド・カヴァデールよ、あんた一体年齢いくつになったの?エモーショナルに歌い上げすぎ!too muchなことが詰め込まれてるのに全てがワビサビの結晶!これこそハードロック!聴いた後の爽快感たるや、UKロックの1万倍はすごいね。久々に眠ってた血が騒ぎ始めたぜ! 

血気盛んな中高生は、内向きなUKロックではなく、必要以上に開放的なハードロックをもっと聴かなあかん!ホワイトスネイクなんて、メンバーチェンジ激しいし、スゴイ人ばかりなので、過去作品聴いてるだけで、殆どのハードロック界の主要人物の演奏が聴ける。

しかし、今の若い人はこの手の音楽聴いてどう思うのでしょうか?
ハードロックが再び世界を制覇する時代はやってくるのでしょうか?
・・・・なんて言ってると、あぁ自分も歳をとったのだ、と痛感するのですが、それでもまたあの良き時代が来たら、おっさんたちがもうちょっと元気になると信じるのです。
by t_yana | 2007-04-23 20:37 | Comments(3)

祝!口笛世界一!

昨年からいろいろ口笛の活動をしている中で、いろんな方と知り合いになれました。
その中で、ひたすら新参者の私にも優しいエールを送っていただいているのが高橋先生
何度もお会いしているわけではないのですが、最近マスコミでも取り上げられる機会が増えてる立派なお方。横浜で口笛教室もやられていらっしゃるので、ご興味のある方は是非。

で、もっと若い層の口笛シーンを支えているのが、祐天寺と国立で口笛教室をやられている分山貴美子先生。国立音大を出た、ちゃんとした音楽教育を受けている人。
美人口笛教師とでも言いましょうか、生徒さんも若い人が多く、カジュアルな雰囲気の中みなさん切磋琢磨していらっしゃいます。分山さんとは口笛新年会に参加させていただいた関係で、何となく面識ができました。飲んでる時の席が隣で、いろいろ話してたのですが、そのときに「世界口笛大会出ようかな~」とか言ってたのですが、それ以来ご無沙汰。

で、何と彼女は今年の世界口笛大会で優勝したのだ!
いやー、うれしいね。日本の口笛が世界を制したわけです。これはすごいよ。
分山先生、おめでとうございます。
僕も頑張らねば。
身近な人が大活躍すると、来年はエントリーしようかな・・・とか真剣に考えてしまいますね。

というわけで、当面はライブ活動していきます。
5月5日(土)、二子玉川の高島屋一階カフェ「フーケ」で17時30分からの予定。
今年1発目の口笛ライブ。是非お越し下さい。
ちょっとでも分山先生に追い付かねば・・・。
by t_yana | 2007-04-22 22:28 | Comments(3)

まだこんなこと言ってるの?

意見が違う人がいて気分を悪くされたら申し訳ない、と予め謝っておきます。

安倍首相が従軍慰安婦問題につき、「当時の慰安婦の方々に心から同情するし、日本の首相として大変申し訳ない」と改めて謝罪・・・とニュースに出ておりました。
今回は相手がNewsweekとWallstreet Journalのインタビューらしいが、関与もできない60年前の出来事の歴史認識を正すことに何の意味があるのか?がさっぱりわからん。
また、NewsweekとWallstreet Journalで謝罪するというのもおかしな話。何なのだ?

正直に言って、こういうニュースが出るたびに、「まだこんなこと言ってるの?」と思ってしまう。
歴代首相や天皇陛下までも、一体何回同じ事で「お詫び」やら「謝罪」やら「責任の明確化」やら言わなきゃいけいないの?と。
二度言わされるということは三度も四度も言わされるということ。案の上ですわ。
一度言えば充分じゃないのか?

韓国やら中国なんて、与党の支持率が落ちたり選挙前になると、日本を叩いてもう一度謝罪させて支持率回復する・・・なんて、誰が見ても分かりやすい形になってる。
で、日本も内閣入りできるのはゴマ擦りお気軽政治家ばかりなので、「んなこと言ったら中国やら韓国とモメるだろ?」ということを平気で言う人が多い。
で、それをわかったうえで、エセ左翼の朝日新聞をはじめとするボケマスコミは、今さらそんな事を訊いても仕方ないのに、いちいち新たに政治家になった人間に「日本の戦争責任をどう思うか?」とか「靖国は・・・」とか質問して、あら捜し&揚げ足を取って、韓国&中国を怒らせて、謝罪をさせようとする。マスコミと韓国・中国はグルか?

例えば西暦2500年まで人類が健全に生き延びるとして、そこまで今の国家の枠組みが残るとすれば、2500年になってもまだ日本は、「日本の戦争責任は・・・」とか「慰安婦問題の責任は・・・」とか答えて謝罪しなきゃいけないの?
じゃぁ、逆に1274年と1281年に起こった元寇の責任問題を中国に問うたれよ?と思う。

欧州その他では1000年前の出来事などが、今でも国民対国民の草の根レベルで誹謗中傷のテーマになったりすることもありますが、それをネタに国際政治の場で何度も謝罪を求められたりすることもないだろ?
日本のアホマスコミは、政治家の歴史認識など興味があるのは新聞記者と日教組だけで、一般庶民にとってはどうでもいいレベルの話、そんなことより重要なことが100もあることをもっと知っておけ、と。
お気楽政治家も、んなしょーもない質問訊かれても不用意な発言してしまったり歪曲されて報道されて問題になるだけなので、「ノーコメント」ということで何も答えるな、と。ちゃんとその人の意見を真意のまま伝えてるのか?もかなり怪しい。
中国韓国は、もっと大人になれよ?と。そんなに何度も謝らせないと前に進めないの?いつまで拘る気?あと100年?200年?1000年?明らかに「日本に対しては、どんな無茶行っても無理を言っても何をやっても、結局戦争問題やら慰安婦問題を持ち出せば、ヤツラは黙るしかないだから・・」という甘えが見え見え。ナメてるとしか思えん。もしかしてこの先、どの政治家かの発言の揚げ足を取られて、慰安婦の孫の代まで補償しろ?とかいうバカなこと言わないか不安ですわ。

中国も韓国も人は好きだし、友達もいる。話せばいい人が多い。
けど、国家としては非常にさもしい。卑しい。まぁ日本もそう思われてるかも知れませんけど。
とにかく冴えない政治家が多すぎる。そんなのに税金払いたくない。今なら参議院いらんでしょ?とか。自分は別に国粋主義者でもありませんが、それにしてももっとどの国に対しても胸のすく毅然とした態度が取れ、かつ平和主義な政治家の出現を期待しております。
by t_yana | 2007-04-22 07:17 | Comments(2)

ビックリしました

阪神が大逆転負けした翌日の今朝、朝刊読みながら朝食食べてて、飲んでるもの噴出しかけた。
女子高生とおいたしてタイーホ。・・・との記事を読んで、捕まった人の名を見たら知ってる人でした。

その昔、某有名ロック・ミュージシャンが逮捕されたニュースで、幼児ポルノを収集してたとかいう理由だったのを見て、「めちゃめちゃかっこ悪い」と。
まだクスリや暴力なら「どうしようもないロッック・バカ一代やなぁ」で、世間的な信用を落としても、ロッカーとしての面目は保たれたものの、そんな理由で・・・と情けなくなったものです。

マズイなぁ、こういうの。
自分はもう20年以上も女子高生とお近づきしていないので焦る必要はないとはいえ、このような形で新聞に載るようなことをすると、どうしいようもないやろなぁ・・・と痛感。
この人も、明朗快活な普通の人です。

悪いことをすると新聞に載る・・・、そんな当たり前のことを、朝から痛感したのでした。
by t_yana | 2007-04-20 12:58 | Comments(1)

ホンマどうでもええことですが

TSUTAYAさんの発行してる「VA」というフリーペーパーがあります。
毎月楽しく読ませていただいております。
で、ご縁があって、文章など書かせていただいております。

だいたい、電話がかかってきて
「次の号で書きませんか?
「いいですよ。締め切りは?」
「・・・明日なのです・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・わかりました・・・・・・・・・・・・・・・・」
みたいな。

たぶんライターさんが見つからなかったり断られて、ギリギリまで放っておいて「ヤバイ、明日入稿日だ」「・・・じゃぁ、アイツに頼むか・・・」とかいう感じなんだと思います。(でも、イヤじゃないので、これからもふって下さい)

で、本日から全国のTSUTAYAさんに置かれる「VA」の5月号にも、ハード・ロックのギタリスト、ランディー・ローズについて、私の顔写真入りで文章を載せていただいてます。

ご多分にもれず、中学時代はハードロックの洗礼を受けました。初めてやったバンドでは、オジー・オズボーンの「オーバー・ザ・マウンテン」コピーしました(ボーカルとして)。この曲のギターがランディー・ローズ。このギターをコピーしてたK君は、今何をしているのか?
噂によると、パロマガス器具のクレーム事件で、謝罪してる会社側の人間の一人で、それらしき人を発見!との話も訊いた・・・。
ホンマか?誰か知ってる人教えて下さい。

というわけで、よければ「VA」、お読み下さい。
(103ページに載ってます)

                   ↓会社の私の机と「VA」
c0051760_1824543.jpg

by t_yana | 2007-04-19 19:02 | Comments(0)

NHK3連発

竹内まりや布袋寅泰ライブときて、NHKの特集番組付いてる私ですが、日曜の朝に、NHK-BSで、「NHKスペシャル」のアンコールをやっておりました。

お題は「松田聖子」。
日本で最初の子供を産んでも活躍するアイドル。27年もTOPを走り続ける彼女の様子を、初めて楽屋やスタジオ、オフショットを含んだ特集として、放映されておりました。
こういうのは、まぁ「NHKスペシャル」じゃなきゃできないだろう・・・。さすがNHK。
夫婦揃って松田聖子好きの我が家にとっては、このNHKスペシャル見逃して涙ながらに後悔してしまったのですが、アンコール放映で無事録画GET!
2ヶ月ほど前にこのブログでも書いたのですが、やはりこの人はすごいと思う。歌も上手いし、45歳とは思えない。娘の沙也加よりも断然良い。
年末の武道館とか行きたかった・・・・。誰と行っても、2時間ずっと知ってる曲(しかも大ヒット曲、しかもカバーではなくその人の持ち歌)歌いっぱなしのライブなんて他では考えられん。

番組見て思ったのですが、彼女がここまでBigになったのは、彼女の才能や、いろんな社会情勢とマッチしたのもあるのでしょうが、何と言っても
「絶対売れてやる!」という野心と
「他人に何を言われても、自分は絶対正しい」という自信が、やっぱりハンパでないわ、と。
歌や歌以外の彼女の行動が、人々を楽しませ元気付ける・・・エンターテイナーというのは、その人自身が、とてつもないパワーを持っていないといけないのだなぁ・・と痛感いたしました。

昔は45歳のアイドルなんてどうよ?というもんでしたが、こうなりゃ50歳のアイドルを目指してほしいものです。竹内まりやさんの歌で元気付けられる中高年もいるように、50歳になってもアイドルをやってる彼女に元気付けられる人も多いはず。
また、往年のファンとしましては、今はご自身で作詞・作曲されているようですが、松本隆・呉田軽穂(Yuming)のコンビでの新曲も聴きたいなぁ、と思っとります。
by t_yana | 2007-04-17 13:15 | Comments(0)

やっぱりCharなのか・・・。

NHK-BSで布袋の武道館ライブやってました。見れなかったので録画。
Bowwyに全くシンパシーのない私なので、布袋氏のギターにも全くシンパシーがない。
昨今、この人にギタリストとしての評価が集まる理由も理解もピンと来ないし、今井美樹も布袋氏のプロデュースする前の方が好きなのです。

で、何で録画したのかと言うと、Charがゲストで出ているからなのですが、ゲストの出演している姿を見て、「やっぱこの人日本で一番カッコええわ」と確信した。
デビューして約30年、ずっと一番カッコいいギタリストであり続けてる。上手い、ルックスもかっこいい、立ち姿が本当に惚れ惚れする。布袋と並んで弾いてるのを見ても、音色、フレーズ、立ち姿、全てにおいて10倍勝ってる。てかゲストに呼んで何曲も弾かせちゃダメだろ?食われるのわかってるんだから。うちの娘まで「この人カッコイイ」と言い出す始末。

ギタープレイの細かい解説もできなくもないが、そんなことよりも結局ロックやってる人は立ち姿の存在感が必要なのだと思う。もう30年も一番カッコいいギタリストなんだから、ギター抱えたときに自分が一番カッコいい姿なんか自然にわかってるはず。
エエ加減オッサンなのに何でこんなにカッコええんやろ・・・。
早速、私も鏡の前でギターを抱え、Charと同じ位置にギターが来るようにストラップをセッティングし直す。・・・案外ポジション高いのね?・・・。
でも全く違いますわ。自分がやっても美しくない。

もう一人のゲスト、ブライアン・セッツァーもカッコよかった。けどCharです。
僕と同じ年代のギター弾きには、特別な存在。Charはやっぱり別格。一生追いかける!と心に誓い直したのでした。
by t_yana | 2007-04-16 00:43 | 音楽 | Comments(3)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧