平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

このブログを書いて5年ほ..
by t_yana at 16:15
そこまで言う?というか角..
by 名無し at 15:38
分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第2弾ライブのお知らせ

レッチリの興奮も冷めやらぬうちに、口笛ライブの第2回目が決定!

日時: 8月5日(土) 恐らく夕方18時30分頃から
場所: 二子玉川 高島屋 本館1F カフェ「フーケ」 →前回と同じです。
料金: 無料。ていうかカフェなので、何か注文してください。それでOK。
豪雨の場合は中止です。

お時間ある方は是非お立ち寄り下さい。
by t_yana | 2006-07-30 04:25 | Comments(1)

レッチリ!

現在ロックの頂点に君臨する、モンスターバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
フジロックに出演すべく来日したわけですが、今回の来日のもうひとつの目玉は何とTV番組「ミュージックステーション」出演!
ホンマか?ホンマに出るのか?生演奏か?何の曲やるのか?フル尺か?脱がないか?
大袈裟に言うと、業界中の話題であったりもしたのですが、運よくその収録に立ち会えました。

昼ごろに収録に立ち会えると聞き、レッチリ大好きなメレンゲのベースのツヨシ君に電話。
「一緒に来る?」と訊くと「もちろん!」と即答。ドラムの山ちゃんも一緒に来ることに。
17時30分テレ朝到着。番組的に珍しい全くの生演奏でライブ形式。250名の観客が集結!
通しリハを聴く限り、何だか今イチだったわけで「やっぱTVだとナメてるんかいな?」とか思っておりました。しかし何といってもレッチリ。その彼らが3mくらいの距離で演奏してる。こんな機会は一生ないわけで・・・。

そして本番。・・・観覧希望に当選したお客さんは異常にテンション上がってて怖い!
スタジオ収録のゴールデンタイムの番組ライブで上半身裸の小僧がモッシュするわ、ダイブしてるわ・・・!本人たちはリハとは全く別物のテンションの高さ!
いやぁ、素晴らしいの一言でした。凄すぎる!あの他の全てを圧倒する存在感はなんだ!
何であんなカッコええねん!何も言葉が出てこないぞ!あぁフジロックも行けばよかった・・・。
c0051760_10192879.jpg

見た目でいうと、近くで見たらボーカルのアンソニー以外は老けたオッサン(元気だけど)だったのですが、若いロック小僧たちに一番求められている音は、この4人のオッサンたちが作る生のサウンドなのです。
僕がレッチリを初めて知ったのがまだ20代の前半のとき。
初めて聴いて何じゃこりゃ?!という衝撃を覚えたのですが、メンバーはオッサンになっても世界で一番カッコイイことしてます。僕も充分オッサンになりましたが、そんなレッチリの「今」を聞いてもちゃんとカッコイイ!と思えるオッサンになれてることも幸せやなぁと思った瞬間でしたた。

一緒に行った山ちゃんとツヨシくんとその後飲みに言ったのですが、山ちゃんは大満足。
ツヨシ君は憧れのベーシスト・フリーが目の前にいることがよほど衝撃だったらしく、パニック状態。「絶対手が届かない存在のフリーが、何で目の前にいるんだ?それがうまく消化しきれないほどの衝撃です!」というほどだったそうです。
みんなよかった。大満足。その模様はyoutubeでどうぞ。

フジロックは金出せば見れるわけですが、今日の収録立会いは・・・あんなに間近で限られた人達だけの前で、憧れのバンドの生演奏が見れる・・・これぞpriceless。(byツヨシくん)
by t_yana | 2006-07-29 09:40 | Comments(8)

写真と音楽とくるり

くるりのベストを店頭で見かけました。

くるりは、何となく聴いてたこともありましたが、僕が以前担当してたバンドのメンバーが大好きなバンドで、彼らと関わり出してから真剣に聞くようになりました。長くなるので、音楽についてはここでは述べませんが、彼らを知れば知るほど、「京都のバンドやなぁ」と思うことがありました。

で、TSUTAYAの渋谷店では、試聴機で音は聴けるほか、なぜかブックレットまで見れるようになってた。で、何気なく見たときに、なんだかこれらの曲が、たまらないほど愛しく感じました。
ジャケットは京都タワー。ブックレットの中は、歌詞とともに京都の写真がいっぱい。
叡山電鉄やら立命館大学やら烏丸今出川の交差点やら「いかにも京都の喫茶店」という店やらごく普通の京都の風景やら・・・・。

ちょうど京都と大阪の間で生まれ育った僕は、高校のときにバイクの免許をとって、京都の友達とともに京都の街を走りまくったり・・・、京都の女の子と付き合って送り迎えで車で市内を走り回ったり・・・、社会人になっても京都エリアのCDショップの営業担当だったり・・・で、京都のいろんな風景が頭にこびりついております。
特に今のような暑い時期は祇園祭を見に京都に行きたい・・・とか思う。京都用金庫の窓口のお姉さんは浴衣になるし。

京都は歴史の街なのですが、学生の街でもあります。
東京や大阪の文化から遮断された独特の学生文化がある。喫茶店もライブハウスも他の都市に比べて潰れない。
学生だけでなく、街全体にある何となくよそ様の文化を遮断する気質は、京都独特の文化というのを、いろんな分野で作り上げてます。歴史的建造物がない普通の街並みですら、京都独特の雰囲気があります。
夏は異常に暑く、冬は激しく寒い。そんな京都を僕は好きでたまらん。年取って、東京で仕事を失うことがあれば、京都に住みたいとすら思うほど。

店頭でブックレットを見て、たまらずくるりのベスト買って、その写真とともに、彼らの音楽聞いてみたのですが、なんだか今までと違ってすごく身近で暖かくておかしくて、非常に好きになってしまいました。みなさんはあの写真をどのような気持ちで見るのかなぁ?とかも思います。

武道館で1万人の前でやっても、必ず磔磔で200人の前でライブやる彼ら。
くるりって本当に京都のバンドだったんだとあらためて感動です。

c0051760_15405689.jpg

by t_yana | 2006-07-28 18:39 | Comments(2)

ついてるのかどうなのか・・・。

世の中、悪いことばかりでもない。

先日、全社研修旅行というのがあって、まぁ研修とは名ばかりの、全社旅行で山中湖に。
お昼にちょこっと研修やって、夕方からは飲めや歌えやホホイのホイ、次の日は朝から自由行動~帰りたい人は帰宅、ゴルフしたい人はゴルフ、自然散策の人は自然散策・・・というようなユル~いものなのですが、学生のときからなぜかこういう時は宴会の司会の役どころが廻ってくるのだ。今の会社に入って全社的な宴会の司会やるのはもう5回目です。
僕はそろそろ40歳なのだが、一体いつまで宴会の司会をやるのだろう?
そのそも宴会の司会は、ゆっくり酒も飲めないし(タダなのに!)、メシも食えない(そこそこうまいメシなのに)。損ばっかり。

しかし今回ばかりは違った。
研修で全社をグループ分けして、グループ対抗でゲームのようなものを競い合う研修だったのだが、優勝チームの賞品はディズニーランドのチケットをペアで。
宴会のときに優勝チームの表彰があり、自分は優勝チームではなかったが、これも人助けか・・と思って、「会社も儲かってるんだから、優勝チームにペア宿泊券もつけろ!」と司会の立場から社長に直訴。すでに酔っ払ってる社長は「OK!」とのこと。
そして後になんと司会お疲れ様ということで、僕の手元にもディズニーランドのペア入場券とシェラトンのペア宿泊券が!

でも・・・子供がいるので、夫婦2人で行こうとしても子供を預かってくれる人がいないし・・・。
4人家族で行くとなると、あと2人分の宿泊費やら入場券やらで結構な出費がかかるし・・・。
せっかくもらった券なので、売ってしまうのも勿体無いし・・・。
かといって一緒に行く愛人がいるわけもなし・・・(いれば家族で行くより出費がかかるっちゅうねん)。

世の中、うまくいくことは少ないのですね・・・。
by t_yana | 2006-07-24 19:00 | Comments(1)

TDLに行ったのですが・・・、

少なくとも1シーズン1つは子供に夏休みの思い出を。ということで昨日はディズニーランドに。
33℃と、めちゃ暑かったけど、ずっと曇りだったので直射日光はなし。でも日焼けしました。
たえず汗をダクダクにかいてたので、いくら水飲んでも、おしっこが出ないのです。

それはさておき、実のところ正直に申し上げて、家族とは買い物や帰省以外にあまり遠出をしたくないのです。それは、どんなところでも結局僕一人で全て仕切らねばならないから。これはかなり疲れます。
特にうちの奥さんは、「機転と言う機転が全く利かない」人。
もっと言うと、”状況把握能力”や”危機管理能力”、物事の順番付けなど”効率運営計画能力”・・・つまり論理的思考(ロジカル・シンキング)が100%欠落しており、さらに外出してると舞い上がってしまうので、余計にトチ狂ってしまい、手に負えません。
・・・昨日の例で言うと以下のようなことが、約16時間の間に起こります。

●6時半出発といってて、僕の準備が遅れて6時35分くらいに出発するとかなり責められた。
●前の晩午前1時くらいに「ビデオのカセットがないよ」と言っておくが、当日の朝、行きしなにコンビニに寄ってビデオカセットを買おうとすると「どうして前の晩に買っておかないの?」と責められる。・・深夜1時過ぎに買出しにいかねばならんかったのか?オレは・・・。
●行きしなに、僕が道を間違えたら突然烈火のごとく怒鳴る。
●「念のため」と、入園を待つ人の列に並ぶ前にトイレに行く。どうせなら、並んでから行けよ!トイレしてる間にかなりの人が先に並んでるんだから。せっかく早くついたのも意味ないでしょ!
●入場とともに、嫁に”ビッグサンダーマウンテン”に並んでしてほしいと言われ僕1人でダッシュ。嫁と子供には「あとから歩いて来ればいい」と言うがいつまで経ってもこない。携帯で「いい加減早く来ないと・・・」と電話をかけると「うん、うん」とだけ言って切られる。さらに待てども来ないのでもう一度電話をかけると、何と「”スプラッシュ・マウンテン”のところで待ってるけど??」とのこと。アンタが”ビッグサンダーマウンテン”に行けって言ったんだろうが!
●さらに、スプラッシュ・マウンテンのところに僕がいない(当たり前だ!)のは、すでに僕が中に入ったのかと勝手に解釈し(んなわけないだろ?)、自分たちも勝手に中に入ってしまう。・・・わからないことは俺の携帯に連絡しろよ!「携帯は何だか聞こえにくかったから、『うんうん』とだけ答えて、まぁいいやと思って電話を切った」そうです。唖然。
●念願のビッグサンダーマウンテンに乗るが、そこで携帯を失くす。昼飯の時にそれに気付くが、一向にあせる様子もなく、時間をかけてゆっくり昼飯食うてる。僕なら一刻も早く探しに行くが・・・。
●自分が楽しみにしてるはずなのに、どこに行きたいか全く考えてない。何かアトラクションを終えると「次どうする?」「ねぇどうする?」と必ず毎回しつこく訊いてくる。全く自分で答えが出せない。悪いけど男はあまりTDLのこと知らないし興味ないんですけど・・・。
●(1時間半前から)昼のパレードの場所獲りをしてあげるので、嫁と子供はその間に他を見てきたら?と言うと、行ったきり帰ってこない。パレードの最後になってようやく戻って来る。それまで最前列で誰も座らないシートを一人で広げ守ってる僕の居心地の悪さったら・・・。「場所がわからなくなった」のだそうです。地図持ってるだろ?間に合わないなら携帯に電話をかけてこいよ・・・・。こちらから「大丈夫か?」と携帯に電話かけても、奥さんは携帯をいつも底の深いカバンにマナーモードのまま投げ込んだままなので、この日に限らず、かけても絶対気付かない。携帯に出たためしがない。何度注意しても全く直す気配なし。
●ちなみに家や車の鍵なども裸で底の深い鞄にそのまま放り込んだまま。出すときにいつも苦労して探してる。間違って何かを取り出したと同時に一緒に鞄からこぼれ落ちる・・・とか考えないのだろうか??
●こんなメチャクチャなのに、子供の失敗や悪さにはいきなり厳しく怒鳴る。
●22時くらいに帰路に就くが、車に乗り込むと同時に子供より早く寝始める。仕方なく疲れ切った身体にムチ打って、1人で渋滞を運転しました。僕も眠いんですけど・・・。

せっかくの子供の夏休みの思い出なので、喧嘩こそしなかったけど、不機嫌が顔に出てたと思う。僕もまだまだ子供なのかもしれません。
遠出をするといつもこんな感じで、ぼくにすれば普通に考えれば起こりえないトラブルが、奥さんが原因で必ず数多く起こります。

それに加え、ディズニーのミュージカル・ショーを見てたときに、周りはニコニコして見てるのに、なぜかうちの奥さんはフィナーレで号泣しておりました。何も悲しい場面などなかったと思うけど・・・??普通ディズニーのミュージカル・ショー見て40前のお母さんが泣くか・・・?

上の子はそろそろ、そういうことに気がつき初めており、こうなりゃもう少し上の子にしっかり屋さんになってもらい、家を仕切ってもらうしかないのか・・・?と最近は諦めております。
僕がいない間(ウィークデイ)は、うちの家は普通に過ごせているのだろうか?と不安です。
時々、「上の娘さんもそろそろ難しい時期になってくるのでは??」とか言う人もいますが、うちは逆。上の娘が”難しい時期”くらいに早くなってくれた方が、家のことは安心して任せれるのです。
by t_yana | 2006-07-17 22:01 | Comments(3)

やりたいこと

暑い。
死ぬほど暑い。なぜならニュースによると、死人が出たようだ。
昔も暑かったが、昔の暑さとはちょっと質が違う、非常に不健康な暑さですな。

そんな中、大阪出張。新幹線降りた瞬間にクラクラきましたわ、暑くて。
重い荷物持って待ち歩いてたら、気分は砂漠横断みたいなものです。
先月の大阪出張で、久々の・・・念願の・・・KYKの豚カツを食し、懐かしさとおいしさでクラクラしたのですが、どうしてももう一度、今度はKYKのヘレ豚カツが食べたくて、わざわざ梅田のKYKまで行き、1180円出してヘレ豚カツ定食を食べる。
やりたいこと一つ達成!
KYKはキャベツおかわりOKなのですが、ドレッシングも美味しいのです。
で、ヘレ豚カツは、「ポン酢と大根おろし」「特製豚カツソース」の2種類とも併用して完食!

明日は久々のフュージョン・バンドの練習です。ホンマに「サム・スカンク・ファンク」とかできるんやろか?と不安になる。で、今、個人練習してた最中です。
でも本当にしたいのはビッグバンド。そこでギター弾きたいです。どこかのビッグバンドに入りたいよう!
そう思うと、タンスの中から、お宝Tシャツを出してきて久々に着てギター弾きました。
c0051760_1473080.jpg

大学のときやってたビッグバンドのユニフォームTシャツです。まぁ世間的には何の価値もない20年前のTシャツですけど、絶対捨てれません。おーい、同志たちよ!まだ持ってるか~?
私は死ぬときがあればこのTシャツ着て棺おけに入りたいです。

そんなこと考えてたら、大学の生協のマズい飯が食いたくなってきたのです。
毎月大阪出張があるので、たまには吹田まで行って、大学の学食食べたい。ついでに軽音楽部の部室ってどうなってるのかも見に行きたい!・・・でも行くと今の部員さんに「何や?このおっさん?」と鬱陶しがられるんやろなぁ・・・。

とか書いているうち、腕から汗がつたって落ちそうです。一体ナンボほど暑いねん?今日は。
うちの家は、嫁さんがクーラー嫌いなので、リビングに一台クーラーがあるだけで、4LDKのほかの部屋は一切クーラー無し。・・・・寝れません。
本当にやりたいのは、明日・・・いや、今すぐにでもヤマダ電機に行って、クーラー買いたいのです。
by t_yana | 2006-07-15 01:47 | Comments(0)

なんで?

サッカー選手の中田ヒデが現役引退だと。
何だか、世の中自体に、ボロボロになる前にキレイなうちに去ることが「かっこいい」「潔い」と思われる風潮があるようで、君は山口百恵か?新庄か?と言いたくなる。
まぁ、ワシが言ったところで、屁でもないのだが。
自分自身のことはさておき、認められた好きなことをボロボロになるまで好きなことをやり続けるのは、そんなダサいことなのでしょうか?
彼はもう前に進めないほどの限界まで来たのか?と思うと甚だ疑問。
代表チームを去る・・ということと現役引退というのは、ワケが違う。

本人は「んなこと知ったこっちゃない」と思うかも知れないが、それなりに名前が知れてる人は、芸能人でも政治家でもスポーツ選手でも、それなりに立ち振る舞いにも責任が伴うはず。
ヒデはやっぱり今の若者への影響力も大きいと思う。役割ってものもあると思う。
なので、好きなことを本当の限界まで、最後まで突き詰めるお手本になってほしかったし、辞めるなら明確に次のビジョンを世に示してから辞めて欲しかったとは思います。
「自分探しの旅に出ます」って、そりゃないだろ?B級歌謡曲の歌詞じゃないんだから。

無論、中堅チームで出場機会が少なかった・・・とはいえ、本場イタリアやイングランドで、サッカーを見てきたが故に、限界を悟ったのかもしれない。でも、まだ進歩できる年齢だろ?と。
もしそうなら、日本に帰ってきて、Jリーグでプレイすることもできただろうし、それが一番彼のスピリットをたくさんの人に伝える方法だし、それはそんなにカッコ悪いことじゃない。
何だか、とにかくスタイリッシュな生き方を突き詰める・・・というのも、彼らしいといえばそうなのだが、本当にそれでいいのかしら?と違和感を持ってしまう。

なので僕はヒデよりカズや野茂の方が人間らしくて全然好感が持てます。
試合を途中で降りて、悔し涙を流すベッカムのほうが、感動したりするのです。
by t_yana | 2006-07-04 08:00 | スポーツ | Comments(3)

無事終了。

口笛ライブは無事終了。
いくつか教訓を得ました。
●まず直前にものを食べたほうが口笛の鳴りがよい。
●軽くビールでも1杯飲んだほうが口笛の鳴りがよい。
●「ウォーミング・アップ」のレベル以上に相当ピーピー吹いたあとに本番に臨んだ方がよい。
●普段エレキばっか弾いてると、アコギ弾くのがめちゃ下手。(なのでいいアコギ欲しい!)

で、本日は17時からと19時からの2部制だったのですが、2部の方が鳴ってました!
あー、知り合いはほとんど1部を見に来てくれたのに!・・・残念!
でも、まぁこんなものです。1部も平均点は行ってたので満足。

トベタさん(お花ありがとう!家に飾ってます!)、メレンゲのツヨシくん、TSUTAYA・VAの皆様、リエスクランブルeggさん、+U+N+I +さん、あ やさん、同じマンションに住むFさんご一家、はじめ・・来ていただいた方、ありがとうございました。ケーキとコーヒーもおいしかったでしょ?
8月もやるみたいですので、またここで告知させていただきます。
まぁ無理せず、ゆる~く続けていけたらいいな、と思います。
c0051760_0294964.jpg

写真協力:リエスクランブルeggさん

★追伸★
気になるW杯。日本、イングランド、ブラジル・・・。私が応援しだすと、次々とそのチームがと敗退!・・・・・オレの応援は「Death Note」か?・・・次はどこを応援するのか、難しい・・・。
by t_yana | 2006-07-02 23:34 | 音楽 | Comments(3)

カーペンターズ吹かねばならぬが・・・

口笛バンドの練習で本日もリハスタに。
今回カーペンターズの曲を急遽1曲やることになったので、i-podでレパートリーとなった曲を何度も聴き直す。
まぁしかし、カーペンターズなんて死ぬほど聴いてるのに、聴くたびに感動してしまうのはなんでだろう?とか思う。そもそも、カレンさん、あんたの声は卑怯ですぜ?そんな声でそんな切ない歌い方で歌われたら・・・、みんなイチコロですわ。
彼女の声が流れた瞬間、ぐっと周りの雰囲気が変わるのです。

カーペンターズは、メロディーラインも抜群にいい!という人も多い。もちろんそれに異論はないが、メロディラインを追ってるときに、みんな頭の中でカレンの声でメロディを追ってないか?だからいいメロディに聞こえるのではないか?と質問したい。
例えば、カーペンターズの曲を口笛で吹いたとして、カーペンターズを知らない人がそれを聞いて感動したら、いいメロディということは間違いない。しかし、だいたいの人はカーペンターズを知ってるわけで、僕が口笛でカバーしてもみんな頭の中では、カレンの声を思い出して、僕の口笛を聞くのかもしれない・・・。
それくらい彼女の声はすごいということなのでしょう・・・と改めてそんなこと考えました。

で、ヘッドフォンで聴くと特によくわかるのだが、アレンジもすごい。奇をてらわない王道に聞こえて、なかなか凝ったことしとります。で、更にいうとMIXが本当に見事・・・というか出来すぎです。アレンジの素晴らしさとミキシングのすごさが相まって、それぞれの音のバランスが全く最適に調整されてます。
今更何言うてるんですか?という人もいるだろうが、今更気付いたわけではなく、昔から思ってたことなのだが、聴くたびに痛感させられます。

だからカーペンターズの曲って、みんな大好きだけど、恐れ多くてカバーするのはちょっと躊躇してしまいます。しかし、まぁ二子玉川のマダムをノックアウトせねばならんので今回はやることに。
あー、この曲が一番緊張します。

本番は17時と19時の2回ステージになる予定。
大雨だと中止になるのでご注意です。
日曜ヒマしてらっしゃる方は、是非二子玉川に!
by t_yana | 2006-07-01 03:06 | 口笛 | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧