平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

春の叙勲

 うちの親は今でも教育勅語を、あれはいい文章だと言っている。
そんな親に育てられたので、私は「君が代」は国歌として疑問にも思わないし、戦争はキライだが、天皇陛下の存在を戦争と切り離したうえで、尊いものだと思っている人間です。
だから例えば陛下が国民に勲章のようなものを渡す機会は意味のあることだと思いますが、毎年のように行われる叙勲って、一体誰がどう決めているのでしょう?

 受勲される人は、行政・政治関係者をはじめとする役所の人間などの公務員や、大学の名誉教授など、いわゆる公職というか・・・「自営業」「一般企業」ではない仕事の人ばかり。
今の日本の労働者の分布に比べれば、明らかに偏っている。これは即ち、自営業や一般企業よりも公職の人に、優秀で顕著な業績を挙げられた方が多く、一般企業で働いてるものは表彰するに足る人間が少ない、という判断がされていることなのでしょうか?
いや、誰が見ても受勲の人選は、役人やら政府関係者やらの、政治的な取引などが絡んできているのは見え見え。もうそろそろ、役人同士の身内のマスターベーションの馴れ合いや取引に、陛下を利用するのは止めた方がいいと思う。

 この国を憂う理由のひとつに、どんどん”物作りの文化”や”勤勉の尊さ”や"地味なことでも継続する尊さ"といった概念が廃れていっていることです。
それは今流行りの「IT会社作って株式公開して億万長者・・・」というのとは対極にあること。
もっとこういった賞は、国民を勇気付ける人選であってほしいです。政治家や裁判官が勲章もらって喜ぶ国民がいるか?そいつら貴重な国民の税金から給料をもらってやっている”自分の仕事”以上の大したことなどしてるのか?今日の新聞に載ってた受勲者リスト(4000人近くが受勲されるうちの上の賞のリストだと思うけど)見てたら・・・毎年そうだけど・・・本当にシラけるよなぁ。

例えば、50年間竹かご作り一筋の爺さんとか、40年間一日も休まず皆勤賞で新聞を配達し続けた人とか、海外の要人を唸らせた料理人とか、30年間一度も抗議を受けなかったプロ野球の審判とか、初めてアカデミー賞をもらった日本人とか、離島で1人患者を見続けるお医者さんとか、もう20年も近くの孤児院に毎日野菜を寄付し続けた八百屋さんとか・・・。
まぁ誰がどういう基準で選ぶか?も微妙ですが、思わず「へぇーっ!」「こんな人いるんだ」「えらいなぁ」と言ってしまうような「こういう人を見習いましょう」的な人を、もうちょっと人数を絞ってリストアップすればどうかと思うのです。それにほとんどが70歳以上。50歳代くらいまで降りて来ようよ!せっかく天皇陛下が国民に渡す賞ですし、税金使ってやってるかぎりは、もっとイベントとしても盛り上がるようにしてほしいですね。
by t_yana | 2006-04-29 21:51 | Comments(1)

大阪

出張で大阪に。
珍しく夕方の17時には仕事が終了。18時過ぎには実家に着きゆっくりと過ごす。
久々に両親の手料理など食べました。束の間の幸せ。
もう大阪を離れて11年ですが、やっぱり大阪はええなぁとか思いながらも、離れてみてつくづく思うのは、この街は政治や経済も含め、阪神と吉本を中心に廻ってる!ということ。

テレビ・ラジオは「阪神タイガースは・・・」という記事やニュースは、殆どの場合
「我が阪神タイガースは・・・」とか「連覇を狙う阪神タイガースは・・・」とかいう前置きが入る。
朝日放送と毎日放送においては、完全に阪神と心中するつもりか?という放送。

で、梅田を歩いてたら、地下街でメンチカツカレーが300円だったり、そこそこうまい寿司のランチが700円で食えたり。ホッとします。
でも、僕の中で大阪の食べ物といえば王将とKYKのトンかつ。昼は王将で餃子をガッツリ食べることに。その後、阪神梅田駅にてすごい広告を発見。見て笑ろうてもうたがな。
c0051760_23392676.jpg

この電車に乗る人は、100%阪神ファンなのか・・・・。
まぁ少なくとも私は居心地はいいのですけどね。

で、その後は名古屋に。
名古屋の人もここまでとは言わないが、もっとドラゴンズを盛り上げなきゃね!
腹が減ったので名物を食す。
"天むす"って、小さくても案外腹が膨れる!"ミソカツ"一口だけで充分です。味濃すぎ。
で、23時に帰宅。へとへとに疲れましたのでもう寝ます。
おやすみなさいませませ。
by t_yana | 2006-04-27 23:33 | Comments(3)

拝啓 中沢恵利 様

スパムメールの目的は、ウィルスをまき散らしたり、違法サイトへ誘導したりするもののはず。
なので、いかに「これはスパムだ」とバレないようにやるか?が問われるはず。しかし、最近のスパムメールの中では、「ありえんだろ?」「こりゃスパム以外の何物でもない!」「こんな文章で誰がひっかかるんだ?」「ひっかけるのではなく、笑かそうとしてるのか?」というメールがある。

会社のメール・アドレス宛てに、中沢恵利さんという人から1日何通もメールが来る。もう1ヶ月以上も。
・いきなり「私にメールくれましたか?」とメールが送られる。無視。
・「私の間違いだったらいいですけど。ところで見ず知らずのあたなにこんなこと相談するのも何なのですが・・・」ということで旦那とのHが不満で困っている・・・と一方的に相談される。無視。
・「こんな恥ずかしい相談してしまったなんて・・・。1度お会いしたい・・・」とか何とか言い出す。無視。
・援助交際ではない。逆にお金を払ってでもいいので逢いたい・・・とか言い出す。無視。
・なんで返事くれないのか?今日●●で待ってます・・・とか言い出す。無視。
・私の顔とか事前に見れたら考えてくれますか?ここに載ってます・・・と某サイトのURLを提示。ここで登録すると私が載ってる・・・。と言い出す。無視
・なんで無視するのですか?私はただHがしたいだけなんです!お願いします!是非ここのURLにアクセスして私の姿を確認して、会って欲しい!とか切望される。無視。
・「あまりに感情的なメールを送ってしまいすみません」とか謝られ、冷静に1度だけでいいから会って欲しい。顔や裸の画像をここに載せている・・・と例のサイトのURLを提示。無視。
・まだ信用してもらえないでしょうか。どうしたら信用していただけますか?・・・・とか相談される。無視。

例えばメールの内容はこんな感じ。(転載)
**********************************************************
素直に、私は貴方のと一夜を過ごせる事を強く望んでいます、一日中気になって仕方がありません、本当です!メールいつ来るのか、電話いつ来るのか!そればかり気になって。少しだけでも振り向いて欲しいから私は。全部、不倫としても私を受け入れて欲しいと思ってます。今日も凄く寂しいし、メール待ってるのが苦しいです。一緒に居る事とか想像するといやらしい気持ちになります…現実に帰ると旦那が隣に…最低です。大げさに聞こえるかもしれないけど本当の事です!私はどうしても連絡がとりたくて…どうしても声が聞きたくて、だからhttp://・・・・・・・ ここなんですが、二人だけなので、若い冷やかしのような人は居ませんのでどうしても来て頂けませんか?返事も電話も…寂しくて胸が苦しいです。今から…今夜少しでも連絡貰えたら何よりも嬉しい、私本当にいつでもいいから、時間なんて何時でもいいし日にちだって…手料理を作ってあげたい、貴方の感じてる顔が見たい…こんな事でしたアピールできないけど精一杯の気持ちです。一緒に居たい!今日も無理なのかも知れないけど、私ずっと待ってます。
**********************************************************
なんで見も知らないワシに対して、そんなに熱くなるんだ?男なら誰でもいいのか?
最近はおかしすぎて、中沢さんのメールを心待ちにしております。ググってみると、中沢恵利さんって・・・まぁ架空の女性なんだろうけど・・・結構ヒットします。スパムとして有名な人ですな。でも。誰でも言いから、彼女のメールを最初から、余すところ無くつなげて、一大作品集にまとめてほしい!で、この文章作ってる人にも会いたい!
あんた・・・中沢恵利さん・・・、面白いよ!
by t_yana | 2006-04-25 19:08 | Comments(5)

ウェブ進化論

WEB2.0だとか、P2Pとか、SNSとか・・・んな記号みたいな言葉を並べられても、mixiがどうしたとか・・・んな難しいこと言われても私はよく分かりません。
40才目前の社会人のオッサンなら、わかっておかねばならんのでしょうけど。

でもYAHOOが空前の経常利益を出した!にもかかわらず、褒められるどころか、ブログはライブドアに負けてるとか、これからはSNSなのにそれに対応が遅れてる・・・オタオタしてられんぞ!とか新聞に書かれてる。
つまりポータル・サイトにいい情報を載せてアクセスを集中させて、そこで広告を獲るというのが遅れてるということなんでしょう。そんなことより世の中は、他人のmixi日記とかブログとか読んでそこで何かを得る・・・という事の方に進化していくということを言っているそうです。

よくわからん。でもそうらしい。

そもそも他人のmixi日記とかブログに載っていることは正しい情報である確証がない。
でも、無機質にタレ流される正しい情報よりも、誰かが発した意見とか感情の方を求める人が増えてる、ということなんだろうか?みんなは情報より、・・・不確かで無責任でもいいので・・・意見や体温や信条や叫びの方を欲しているのだろうか?
正確さより、共感。

もしかしたら、NHKニュースより、久米宏さんによる「ニュースステーション」が人気番組だった10年も前から、その兆候があったということか?あれって久米さんの"ニュースぶった斬りブログ"・・・みたいな番組だったから。
でも、そうすると、新聞はかなりヤバイね。
これからはペーパーレスになる、とかそういう物理的な問題ではなく、正しい情報(まぁ偏見や信条で歪められて書かれた記事もありますが)をとにかく載せるメディアなので。いっそのこと「経済記者Aの”会社決算に物申す”日記」「スポーツ担当記者Bの”野球は最高”日記」とか、そういう"記事"ではない"人気記者の意見"を新聞いっぱいに書いたほうがみんな読んでくれる・・・のでしょうか?
そんな新聞あったら・・・面白いかも?と思ってしまう自分は、今の世の中に毒されれてる1人なんでしょうね・・・。

最近よく「ウェブ進化論」読まなきゃ・・・とか言われます。
音楽だけ考えてノホホンと生きてりゃいいっていう時も終わって、そういう本も読まねばならない年頃なのですね。・・・気付くの遅すぎです。
by t_yana | 2006-04-24 06:34 | Comments(4)

人材不足?

政治には興味がある。てか税金払ってるんだから当然。
で、盛り上がってるのかいなのか、千葉の補欠選挙。
元キャバ嬢の民主党の候補者のことを言うのだが、・・・・そんなに人材不足なのか?
最近は滅多に行かないが、キャバ嬢は嫌いどころか好きなので職業差別はないけど、彼女のその他の要素が気になる。
「補導暦」があり、「行政処分をうけた高額教材販売会社」に働いていた、「元キャバ嬢」。・・・それで何の実績もなく26歳で「選挙に出たい!」と手を挙げる感覚・・・。
何か普通と違わないか?この人?
キャバでバイトする子は今の時代、普通の女の子もいます。でも、普通の感覚とは違う子も多い。この候補者の場合、元キャバ嬢の中でも、「普通の感覚」ではない部類に入るのではないか?と思うのは私だけ?
民主党は普通の人の代表として、どうして彼女をわざわざを候補に選ぶのでしょうか?政治家としての資質を本当にちゃんと確認したんだろうか?

例えば「普通の人の代表」ではなく、「日本のキャバ嬢の代表」として、その地位向上と権利主張を求めて立ち上がったのを民主党が応援したいなら話はわかる。もしくは水商売で働く人が労働組合を作って、その組合が民主党の支持母体となったので、民主党としてもそこから一人候補を出さねばならない・・・のなら話はわかる。政党政治とはそういうものだ。むしろそうなら応援したいくらいです。
でも、そうでない"普通の民意の代表”なら、もっと普通の人間探せよ?いるだろ?普通に。

・・・それに26歳の人を国政に出すのもどうなのでしょうか?と。彼女の場合、すでに若くして今までですごい実績を作っている人・・・でもないみたいし。
それに、私レベルの人間でも、26歳から今までにいろんなタメになる経験をしてきました。そういうのが人間としても人の代表となっても役立つ・・・というかそういう経験が「一般庶民感覚」だと思うねんけど。悪い言い方ですが、国政に出たい!という志は見認めるものの、あんた何した人?まだ一般人の代表と言うなら未熟なのでは?と。「未熟な若者の代表」なら話は別だが・・・。

・・・てかおいおい、この人すでに千葉の県議か?すでに一度当選してるんですね?ということは「補導暦あり」「行政処分をうけた高額教材販売会社に働いていた」「元キャバ嬢」というみそぎは民主党的には済んでいるわけだ。
でも、彼女だったらまだ僕の方が候補者として自信あるよ。
●補導暦ない。免許停止やらオカマ掘ったりして人身事故で検挙暦はあるけど。
●ヤバイことはあったが、処分されるような仕事はしたことない。
●元・キャバ嬢好き      ・・・・・・・・・・・・・・んー。ダメか・・・・・。

もう一度言うが、ワシはキャバ嬢を差別しない。偉いよ。イヤな客でも話しを聞いてあげてニコニコせなあかん。ワシには無理。でも水商売はいい子もいるが悪い子も多いのも事実。
で、仮に彼女が当選したとして、そこで政治家として非常にふさわしいくない言動が報道されれば、世の中的には「それみたことか」と全国のキャバ嬢をバカにし始めるのだ。
それくらい重い看板を背負ってるという自覚があるのか?は少なくと問いたいね。

それからみんなどんな選挙でも行った方がいいです。投票率が下がると、特定の政党が支持をする候補者が当選する確率が上がる。
例え主張が正しい団体であっても、実質以上に議席を占めたうえで、「自分たちが民意の代表」みたいに発言されるのは健全ではないと思います。
もうそろそろその選挙の結果も出るんですけどね。
by t_yana | 2006-04-23 00:19 | Comments(1)

いいMIXとは??

サウンド&レコーディング・マガジン(以下サンレコ)で、面白い企画をやっております。
「マジカル・ミックス・ダウン・ツアー」という企画。→楽器ごとに録音された音源があって、それをどういうMIXをするか?ということを競い合う企画です。・・・MIXとは?
例えば音楽には歌、ドラム、ベースやギターとかが混ざってるわけだけど、
・)それぞれの音をどのくらいの大きさにするか?とか、
・)ステレオにするのに、それぞれの楽器を左右どちら(もしくは真ん中)に持っていくのか?とか
・)例えばボーカルにリバーブをどれくらいかけるか?や、ベースの音をもっとズッシリさせる・・・など、それぞれの音をどんな風に変えるのか?とか
言い出せばキリがないけど、つまり録音した演奏の音をいろんな技術を駆使して混ぜて、いい音楽として完成させるということなのだ。同じ音源でもMIXする人によって完成形が全く違います。今月号のサンレコでは5人のエンジニアが同じ素材の音を、それぞれ自分の感覚でミックスしてますが、全く違う曲になっている。それぞれの「主張」がハッキリ出てて面白い。

先日、仲のいいエンジニアの坂Pと飲んだのですが(ご馳走さま!)、そのときに「いいMIXとは?」「売れる音は?」みたいな話を熱くした中で、非常にタメになる話をしてもらいました。印象に残ったのは、
●最新技術を駆使すれば、少々稚拙な演奏であっても誤魔化しはできる。とはいえ全部を完璧によくすることは不可能。「何かをどうか」すれば「別の何かがどうかなってしまう」ことがある。つまり、時として何がこの楽曲の”売り”かを見極めて、それを出すために別の何かを捨てる勇気を持つ。
●もしかしたら「売れる音」とは、専門家が聞いて「えーっ!」と笑ってしまうようなMIX・・・の場合が多いんじゃないかな?耳に残らないと売れないし、耳に残そうとすると何かを強烈に訴えねばいけないので、結局、そういうMIXがわかりやすい形になる場合が多い。
とかいうこと。うーん専門家の言うことは違うわい。妙に納得。
いつも「芸術的にいいもの」を作りたいとは思ってたけど、結局売れなければそういうものを作るチャンスを与えられない。悲しい性ですね。なので、そのためにも「これが・・・美しい・・・」と思う音作りより、「これ、たぶんわかりやすい!ウケる!」という音作りをせねばならんということですね。
でもMIX以前に、録音するときの演奏は、"芸術的に"とまではいかないけど、そのセッションで出来うる最高の結果を録音すべきことは当たり前。
・・・まぁ”芸術的に”いい演奏ってあんまりMIXで手を加える必要はないのですけど。
そういう録音に立ち会った時の"最高の幸せ感"・・・これはCDでは伝わりにくい・・・。
だから人はライブ会場に足を運ぶのかも知れませんね。
by t_yana | 2006-04-22 00:02 | 音楽 | Comments(3)

今ごろ知った訃報

ドン・アライアスがもうこの世にはいないって。
今年の3月29日に亡くなったそうです。全然知らんかった。
たまたま音楽系のサイト見てて、デイビッド・サンボーンのサイトに飛んで、そこで見つけた。

ドンのプレイは、デイヴィッド・サンボーンのバンド・メンバーとして、何度も生で見ましたけど、やっぱ冴えてました。マイルスの「ビッチェズ・ブリュー」での名演も有名ですが、何と言っても感動的なのは、ジョニ・ミッチェルの「シャドウズ・アンド・ライト」というアルバム(CDも出てますし、映像も出てます)でのドラム&パーカッションのプレイです。

情報化社会とか言われてる中、1ヶ月もそのニュースに巡りあえなかったなんて、情けないやら・・・。
昔憧れた超上手い人たちが亡くなっていくのは、けっこうこたえるモンです。


昨日は体調も悪くて、仕事も休んでしまった。
なので彼のリズムをBGMに、早く寝てしまった。

遅ればせながら、さよなら・ドン。
合掌

bgm: "Straight To The Heart" David Sanborn
from live album "Straight To The Heart"
by t_yana | 2006-04-21 07:21 | 音楽 | Comments(0)

幸せにしてもらうんだぞ・・・。

昨夜は、ウェイウェイ・ウーさんの所属事務所の社長と会食。
そろそろ還暦も見えてきた女社長。仕事のことでいろいろあると何だか相談したくなる人です。
おいしいものをご馳走になって、長々と話を聞いてもらったり聞かせてもらったり。いつも本当にありがとうございます。
で、21時ころにお開きにして留守録を確認すると、メレンゲでサポートギターをしてくれていたソネ君より着信あり。
三軒茶屋で急遽飲むことに。・・・といっても彼は酒を飲めないが。

ソネ君は同じ大学の後輩にあたり、地元も近く、メレンゲのメンバーと同じくいろいろお付き合いをさせてもらってましたが、今はメレンゲのサポートを離れ、つばきというロックバンドのサポートをやってらっしゃいます。
最近レス・ポールのゴールドトップを買ったそうだが、それまでの彼のメインギターは朱色のボロボロのストラト。
これが独特のええ音するのです。・・・何でか?・・・・そりゃ、私のギターだからです。
c0051760_15394453.jpg

それを彼に貸したのが2004年の8月。それ以来借りパチ状態だったのですが、晴れて昨夜彼のものになりました。つまり売ったお金を払ってもらったのです。
何となく寂しかったね。あっ、これで僕のものじゃなくなったのだ、と。
ここ2年は自分の手元にあったわけじゃないのに、何となくそう思いました。
Guitarmanというコンポーネントのメーカー(今はギターは作ってない)にセミ・オーダーで作ってもらった世界で1本のギター。一番重いアッシュのボディは、レスポール並みに重たく、美しいバーズアイのメイプルネックにはエボニー指盤が乗ってます。ピックアップはトム・アンダーソン(今から20年前のだけど)のコイルタップ付き。10000回転と7000回転が切り替えられる。
世の中のストラトとは全然違う音を出す、変わった名機。ビッグバンド・ジャズからファンクまで全部コレ一本で乗り切ってきた。
彼に貸したときに凄い気に入ってくれて、それ以来凄く弾きこんでくれているようです。本当にいいところにお嫁に出しました。

ソネ君は器用なギタリストじゃないけど、まっすぐで「ハマるとハマる」熱いギター弾き。
今一緒にやっているつばきというバンドも本当に彼にあってると思う。陰ながら応援しております。
で、お金を払ってもらった瞬間に思い出しました。「おまえ、もう1本ギター貸してるよなぁ」
そうなのだ!エピフォン・カジノという、ビートルズのゲットバック・セッションでジョンレノンが使っていたもので、弟の家の押入れに眠っていたのを彼に貸してたのだ。「あれ、使ってるの?」と訊くと、「いや、あれがまたエエ音するんですわ」ということでそっちも時々使ってくれてるらしい。ホンマなんやろか?

そんなこんなで、メレンゲのマネージャーやってる頃をすごい思い出してしまいました。
そういえば「初恋サンセット」というミニ・アルバムを発売する頃、マネージャー日記をブログにアップしてました。
「メレンゲ担当Pの気持ち」というタイトルで、2ヶ月間毎日ブログつけてました。今、そのブログは現在のマネージャーに引き継いた途端、別のブログタイトルに変わって違う趣向で書かれているようですが、当時の僕の日記もまだ見れるようです。
久々に読み返したけど・・・忙しかったなぁ、この時の自分は・・・とか思う。まぁよければどうぞ、と。

ということで、我が青春のストラトは、ずっと同棲してた先に、お嫁に行きました。
これからも幸せにしてもらいや!
by t_yana | 2006-04-20 09:42 | 音楽 | Comments(1)

歌詞は大事!

昨日は以前担当していたバンド、メレンゲのタワーでのインストアライブに。
彼らは4/5に「星の出来事」という、本当にいいアルバムをリリースしました。
バンドに対する愛情は変わらないけど、贔屓目なしで聴いてもいい楽曲が11曲入ってます。

メレンゲと関わって以来、"歌詞"について考えることが多い。
僕達の時代は、例えば職業作詞家と言う人が大活躍されていて、歌謡曲にもいい歌詞がいっぱいありました。フォークソングも流行っていて、それはそれで歌詞の表現方法として新しい流れもありました。今でも思うのは、例えば当時の女の子は松田聖子とユーミンの歌詞で情操教育されてた・・・くらいのものかも知れない・・・ということ。片や歌謡曲や演歌は、ちゃんと大人の世界をうまく歌ってて幼心にも大人に対する未知の憧れを持ったものです。

オヤジのたわごとかも知れないけど、今突然売れるアーティストやバンドって、こっ恥ずかしくなるほどヒネリのない"乏しい"歌詞ばかり。ヒネリも比喩も揶揄表現もない、何ら感受性を刺激されることのない、毒にも薬にもならないそのまんまの歌詞。
「ストレートな歌詞」と「ヒネリのない歌詞」は全く違う。本当に芸のない歌詞が多すぎます。なんちゃってHIP HOPのグループなんて、その乏しい歌詞を、ドレミの3音だけのメロディで歌うんだからたまったもんじゃない。若い子は感受性が強いので、少々乏しい歌詞でも簡単に感動してしまいがちだけど、もっと若い子の多感な感受性を・・・もっと広く刺激してあげるものをリリースしろよ・・・とか思うのは私だけ(by だいたひかる)?

でもそんな中でメレンゲの楽曲は、本当にいい歌詞です。作詞作曲のクボ君とは今までいろんな話をしてきたけど、印象に残ってるのが「さだまさし好き」っていうこと。意外に思ったけど、良く考えると「なるほど」と思う。今回のアルバムの中では、自分が担当した曲も大好きだけど、「バスを待つ僕ら」と言う曲があって、僕はその曲がすごい好きです。曲を聴くたびに、高校のときに好きだった女の子のことを思い出します。切な過ぎ。まだ聴いてない人、良ければ是非聴いて下さいね。

今は昔と違って、個人で音を作ったりする録音環境が手軽に安価に整います。
その影響でなんだか簡単に音作りができるのも事実なのですが、歌詞は別。時代に関係なく、リアルでアナログな、人でしかできない原始的作業なわけです。
もっと豊かでいい歌詞の歌が流行ると、もっといい世の中になるかもしれませんね。
by t_yana | 2006-04-19 13:21 | 音楽 | Comments(0)

慣れとは・・・

昨日は下北で泥酔。
薄着で出かけたが、夜は寒かった。しかし、小田急線の乗り継ぎがうまくいってなくて20分近くも駅で待たされ、酔いが冷めるどころか、寒さのあまり体が縮みあがり吐きそうになったわい。
泥酔すると寝てる間にやたらのどが渇くので、起きぬけに水をやたらがぶ飲みし、それで快便!となる仕組みなのですが、今日はなぜか快便する前に家族で買い物に行きました。
案の定、買い物の最中にお腹がグルグル言うてました。
で、入ったトイレは和式。あかん・・・キバれん。

僕の実家が16歳くらいまで和式だったのですが、洋式に変わったときは、「ただ座ってるだけでキバれない!こんなのトイレじゃない!」とか思ったものです。実際、最初の頃はもともとが便秘気味だったのが、更にひどくなったものです。

しかし、もう洋式トイレに20年以上慣れ親しんだものとしては、和式は「体制がつらい」「シビレ切れる」「何だか床が汚なそうで落ち着かない」など、違和感がありありで、うまくキバれず、お腹がグルグル言ってるにも関わらず、快便とはいかないのです。・・・つらい。
結局、中途半端な排便で買い物に復帰したものの、やはり残便感はぬぐい切れず、買い物が終わったところで洋式のトイレを探して、出し切る!あーすっとした。

しかーし!
ここ5年くらいでウォシュレットに慣れてしまったこの体、もうウォシュレットなしでは、何だか気持ち悪い。カサカサの紙で拭くだけでキレイになったとは到底思えない。帰宅してウォシュレットしてしまいました。うーん、慣れとは恐ろしいものですな。
かのマドンナがこの前、来日したときに「日本のどこが素晴らしいか?」を訊かれたときに、「ウォシュレット」と言っておりましたが、なかなかこれは慣れると止められないものですね。
by t_yana | 2006-04-15 18:58 | Comments(2)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧