平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30
通りがかりの住民さま。 ..
by t_yana at 19:19
わかりやすい説明でありが..
by 通りがかりの住民 at 19:04

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

がんばれ!メレンゲ!

メレンゲのクアトロに。
開演ギリギリに飛び込む。楽屋に行き、メンバーに挨拶。「頑張ってや!」と言う。
メレンゲのライブはお客さんも、関係者も懐かしい知ってる顔がたくさんあって、やっぱり嬉しいです。もちろん演奏してる曲も、全部知ってる曲、19曲。
相変らず締まってるのかユルイのかわからな独特の雰囲気の中、最後まで辿り着く。
担当してるときは、バンドのことを客観的に見てなかったな、こうして外から見たらいろんなことがわかってきたな、と感じることがある。いいとことも悪いところも。

ライブは選曲もよかったし、演奏もよくなってた。やっぱレコーディングの数だけバンドは上手くなるものです。それに加え、やっと「自分達のバンドはこうあるべき」という「自覚」が、演奏に出てきたなと思った。
いい意味での開き直りも感じた。ライブの本数は減ってるけど、ライブに対してすごく前向きな
パフォーマンスだった。その他・・・・うーん、細かいところはもうええわ。
たぶん待ちに待ってたファンの子たちには、非常によかったライブだったはず。
それは僕にとっても同じ。とにかくすごく嬉しくなったライブでした。

本当は派手に飲みたい気分だったけど、翌日は大阪でライブだそうで打ち上げもないようなので、先に「お疲れ様」と帰る。
今日は僕の大好きなバナナホールでのライブ(4月でcloseするという噂もあるが本当でしょうか?)昨日の調子で、も1本頑張って来いや!
by t_yana | 2006-01-31 08:52 | 音楽 | Comments(2)

今日もクアトロ。明日もクアトロ。

おおはた雄一くんという人がいて、3月8日にアルバムを出すので、見とかなきゃと思い、本日も渋谷のクアトロに。ギター上手い上手いとは聞いてたし、みんないい、いいと言うもんだから、どれほどのもんじゃい、と思い、行って見たらびっくりした。
めちゃめちゃいい。
スウィートでもビターでもハスキーでもない、ひたすら乾いた優しい歌声。
あたかも体の一部かのように自由自在にあやつる、スウィングしまくり歌いまくるギター。
そして、最高級の音楽センス。フォーク歌手のギター一本によるひとりオーケストラ。

例えば、表現方法は全く違えど、「As Falls Wichita,So Falls Wichita Falls」や「American Garage」の頃のパット・メセニーと同じ絵を見ているのかもしれない、とか思ったほど。
ギターというのは、六本の弦という「制約」の中でアンサンブルやメロディを出していく楽器なのだ。しかし、テクニックとセンスと歌心を持っている人の手によれば、その「制約」は「可能性」となり、もう実際に鳴っているのか鳴っていないのかわからないアンサンブルが限りなく聞こえてくる。しばらく私は「趣味はギターなぞちょこっと弾きます」とか言うの恥ずかしく思ったので控えることにします。
そして彼の歌心は、ギターだけでなく、歌声や、歌い方、そしてカバーの選曲、歌詞、ライブにおける曲間の長さ・・など、全てにおいて現れてます。
ええもん見ました。誰もが幸せになる瞬間。
まずはみんな、昨年の春に出た「ラグタイム」というミニ・アルバムを買うべし。
でも、CDというメディアは、彼の生の良さを半分も伝えきれない。悲しいかな。
だから、あなたの街に「おおはた雄一」が来たら、必ず行った方がいいです、ホント。
映画も芝居も音楽も、演者が「それを演じる必然性」がビンビンに伝わるものでないとダメですね。僕たちはそれに感動し、そういうものに何度も触れることで「本物」と「うそ臭いもの」を見分けれるようになってくる。

今日のおおはたくんに続き、明日このクアトロはメレンゲがワンマンやります。
何があっても大切な、僕にとっては家族みたいなバンド。
みんなの目も厳しくなってきてるけど、彼らも成長してきたぞ。
がんばりや!ええもん見せてや!
by t_yana | 2006-01-30 00:27 | 音楽 | Comments(0)

スケベオヤジ

昨晩は男4人・女の子1人で和民に行き、和民焼酎5本を完飲。
女の子の身の上話などを酒の肴にすると、酒が進む進む。身の上話をきくごとに好きになってしまい、告白しまくり玉砕。オヤヂですな。
最近は激しく酔うとぐっすり眠れず何度も起きてしまう。で、ひどい二日酔いと睡眠不足のまま休日出勤。
仕事で関わっていた『最終兵器彼女』という映画が今日公開なので、初日に関係者が集まるところに表敬訪問。この映画の主題歌を歌っているバンドを少し前まで担当しており、バンド関係者の人たちもチラホラ。ごぶさたです、とか挨拶などする。
その後遅い昼食を食べに行ったのだが、二日酔いの辛さがちょっと薄らいだあたりから、猛烈に腹が減ってきて、やたらに脂っこいものが欲しくなるのです。・・・でスパゲティを大盛りで食す。

その後、休日にせっかく渋谷に出たので、久々に楽器屋さんに行き、5本立てれるギタースタンドがどうしても欲しくなってしまう。高いものではないのですが、家にそんなもん置けるスペースがあるのか?を考えると、なかなか買えるものではない。結局今回も買うのをあきらめる。
その代わり、カスタムショップのストラトとテレキャスを3本ほど試奏。最近全然ギター弾いてなかったので、ちゃんと弾けませんでした。情けない・・・。帰ってちょっと練習しました。

で、家に帰って今日の朝日新聞を読むと、週末の別冊になぜか「私をスキーに連れてって」の特集が書かれてて、あの頃はよかった的な記事を読んでニヤニヤ。この映画、ビデオに録画してもう何十回見たか。この映画の原田知世ちゃんには永遠に萌え続けることでしょう。学生だった当時、こんな生活なら社会人も悪くはないな、とか思ったものです。アホでしょ?
でも、その新聞記事に、映画で主人公たちの溜り場になってた「ゼファーイン」というBARは、代々木にあったが、今はもう他の店になってる・・・とか書いてあるのを読んで、なんだかかなり胸がキュンとなりました。

時代はみんな浮き足立ってる時代。何の不自由もなく、何の義務も責任も感じず、ただひたすら遊ぶことしか考えなくて、とびきり楽しかった青春時代。
その頃の自分は、将来今の年齢になることなんて全然信じてなかったし興味もなく、そもそもその頃40歳近いオッサンって軽蔑してた。でも、もう昔のまま昔が残ってるわけではないのだ。
懐かしむ場所もこれからどんどん減っていくのか・・・とか思うと、なかなか切ないもんです。

安い居酒屋で深夜まで吐く一歩手前まで焼酎痛飲して、女の子口説いてフラれて、昼頃から仕事だか何だかわからない用事で渋谷をブラブラして、楽器屋で試奏する40歳手前のオッサン・・・あの頃「私をスキーに連れてって」を見てた自分は、まさかこんなエエ加減なオッサンになるとは夢にも思わなかったはず。エエ情けない・・・。
あんまり中身は成長してませんが、でももう飲むと二日酔いする体になりました。

朝、家にいるときに奥さんに「いやー、二日酔い。昨晩は酒の勢いで女の子口説いてたようですわ」とか言うと、10歳の上の娘に「スケベ親父だね」と言われる。
やっと実年齢を実感した瞬間です。
(でもまだ一緒にお風呂入ってくれたので、そんなスケベ親父も許してもらえた、ということかな。)
by t_yana | 2006-01-29 01:45 | Comments(3)

雑誌の売上あれこれ

紙媒体との付き合いも深いので、いろんな資料を見ておりますが、本日「新文化」という新聞に「文教堂」(地方に強い全国型の本屋さん)と、「ブックファースト」(都市型の大型書店)の雑誌実売データが載っておりました。
都会と地方では、人気がある本も違うねんなぁ、と面白かったが、普段自分たちが相手にしている音楽専門誌と他のジャンルと比較の比較や売れ数がわかって面白い。

まず1番売れてる音楽専門誌は地方・都心ともに「ロッキン・オン・ジャパン」か?と思いきや、「What's Inn」がズバ抜けてます。2位が都心部では「ロッキン・オン・ジャパン」だが、地方では5位!何と地方の2位は「Burrn!」(都心では6位)なのだ!ちなみに地方の3位は我らが「ギターマガジン」だ!ハードロックやエレキギター文化は地方では根強く残ってるということですな!
一方、都心部の2位のロッキン・オン・ジャパンに続くところでは、「レコードコレクターズ」の9位が目立ちます。地方では30位以内にも入ってない。都会の人間の方が昔の音楽が好きなのきなのですね。

で、他のジャンルと比較してみると面白い。
音楽専門誌1位の「What's In」は、「鉄道ファン」と売れ数がほぼ同じ。つまり「ロッキング・オン・ジャパン」より「鉄道ファン」の方が売れてるのだ。世の中の関心に従うなら、来月号の巻頭で新幹線運転手の2万字インタビューとかやってほしいものだ。鉄道雑誌2位の「鉄道ジャーナル」も「Burrn!」より売れてるぞ!電車ごとの得点を付けて欲しいね。「おぉ、今月のこの電車は90点代だ!」とか 鉄っちゃん(鉄道好きの愛称)がコーフンするかも知れません。
ちなみに文学系では「文芸春秋」は音楽専門誌1位の「What's In」の3倍売れてる。「オール読物」と「ヤング・ギター」がほぼ同じ売れ数。
他のジャンルでは、「オール投資」と「ムー」と「Burrn!」はほぼ同じ売れ数。金を増やすのも、超常現象も、早弾きギターも同じ!ということか?
地方部では「たまごクラブ」と「レオン」がほぼ同じ売れ数。妊娠してる女性と、ちょいモテ・ちょいワル・オヤジの数は同じくらい・・・というのも興味深い。いづれもロッキング・オン・ジャパンの2.5倍の売れ数。
「月刊タイガース」は、「ベース・マガジン」よりも売れてる。世のベーシストよりタイガース・ファンの方がメジャーである。ジャコ・パストリアスより金本の方が偉いのか?ちなみに我が「月刊タイガース」は「スイング・ジャーナル」よりも売れてる。ジャズ・ファンより阪神ファンの方が多いのもビックリだ。僕はジャズもタイガースも好きだが・・・。

もう、こういう分析はキリがないのでこれくらいにしておくが、案外音楽ってニッチ産業だったのね?ということが明らかになりました。井の中の蛙にならないよう、いろんな雑誌を読まねば・・・。
by t_yana | 2006-01-24 18:52 | Comments(3)

細木数子よ。

結局、本来ならもっと「証人喚問」に注目すべきなのに、世間はホリエモン一色。
しかしながら、ボロが出てくるたびに思うのは、あの会社もフューザーなみにエエ加減なことしてたんやなぁ、ということ。粉飾が全部立証されれば上場廃止で、ホリエモンは懲役。ここまでスケールがデカいと執行猶予つくかどうか・・・。ブタ箱入りもあり得ます。
まぁ嘘をついたり、人を騙そうとすることはいけませんね。

でも、例えば、「フューザーのマンションに住んで」いて、「ライブドアの株を買ってた」人っているのだろうか?ダブルのショックで立ち直れんやろなぁ・・・。もう誰も信じない・・・となるんやないか?とご心配申し上げます。

結局、「カリスマ」的に扱われている人は、興味の対象として面白おかしく見ておく程度にしたほうがよく、その言動を信用してしまうと火傷をすることが多い、ということですかね。
急成長中の企業経営者しかり、新興宗教の教祖しかり、やたら発見する歴史学者しかり。
占い師だってそう。
個人的に占い自体信用したことなく、親の小言程度に捉えておけばいいと思ってるのですが、人気絶頂の細木数子なんてひどいね。・・・某他の人のブログ読んで思い出したよ。
昨年、フジテレビの買収で話題になってるときに、ホリエモンと対談したとき、「ライブドアが世界一の企業になれるか?」という質問に、「十中八九なれる」、「堀江さんは日本の経済界を変えられるほどの能力がある。」と。さらに、フジテレビとの業務提携を、「提携は大成功し、ライブドアの株価は5倍になる」とおっしゃっておりました。
・・・いや、恐れ入りました。ここまで節穴だと気持ちいいね。
今その会社は、世界一どころではなく上場廃止の瀬戸際で、その社長や役員は逮捕間近。フジテレビとの提携は解消どころか損害賠償を求めるかも?とか報じられており、株価は5倍どころか連日のストップ安。株券はあと何日かでクズ紙にならんとも限らない。
例えて言うと、このハズれ方は、「明日は寒い一日です。最低気温は3度」と言ってたが実際は5度だった・・・・という話ではなく、「最低気温の観測史上記録を更新するでしょう」と言った次の日に最高気温の観測史上記録を更新するようなものです。

フューザーのマンションに住んでいて、ライブドアの株を買ってた人。
辛いでしょうが、まさかこの先どうするか?を占いに頼ることなんてなさらずに、自分の意思で決断して行動されるよう、お祈りしております。
by t_yana | 2006-01-21 12:51 | Comments(1)

噂の真相

会社でいろいろ情報を仕入れると、なかなか面白いこともある。
てか、社内は株の話で持ちきり。みんなやってるんだ。みんな損してるんだ。
♪僕らはみんな買っている 買っているから損するんだ と歌ってみる。
うー、今日もストップ安。

昨日の証人喚問の件も、昨日述べた通り、マスコミではやっぱり自●党のゴタゴタが原因だと見てるようです。
つまり証人喚問をやった2人は、特に建設業界とのベタベタの森派の議員。そりゃ激しく突っ込まずに手ぬるいものになるわな。でも「突っ込みが中途半端」とか注目されたら困るし、突っ込んだら自分たちのアラが出るし・・・。
そして、森派がおもしろくないのが武●議員。この人はホリエモンの応援演説に広島にも行った人。ここで一気に武●もツブして森派を守るために、ホリエモンを叩いて注目を集めちゃえ!とのこと・・・というのが、記者連中の「あたりまえ」の認識のようです。・・・書けよ、新聞に。
で、見事に夕刊の締め切り直後に家宅捜索やって、案の定、次の日の朝刊の一面はライブドア!証人喚問の記事の小さいこと!

で、ミスター・ナベツネはホリエモンを心底嫌っていて、経団連にライブドアを入れるべく会ってやってほしい、と武●議員がナベツネのところに頼みに行ったらしいが「ダメ!」と一喝。
困った武部議員は経団連の代表、世界のト●タ自動車の奥●会長に相談。奥●会長は大のベンチャー好き。「ああいう若い人も経団連の活性化になろう」と、ナベツネの橋渡しをして会わせたそうです。さすがのナベツネも奥●氏の依頼には断れず、渋々会ってOKしたそうですが、このことを相当ネに持っており、「武●がいらんことしやがって」とずっとお怒りだったそう。
なので、ホリエモンも武●も一掃じゃ!と今回のことになった模様。
どうしてここまで経団連入りするのにナベツネのご機嫌を取る必要があるのか?までは知りません。
ただ言える事は、前から嫌いだったナベツネをもっと嫌いになったのら。巨人も嫌い。
読売新聞も嫌い。なので、読売新聞の勧誘員も嫌い。

いいアンプやギターが買える分の金が飛んだと思うと、それはそれで腹が立ちますな。
来週は制作を担当したウェイウェイ・ウーさんの発売。こんなことで腹立ててるのも勿体無い。あぁ、仕事するぞ。
by t_yana | 2006-01-19 01:46 | Comments(3)

注目すべきは・・・

毎晩飲み歩いているのは変わりないが、最近変わったことといえば、帰ってすぐに(というか家の中にいて時間ができれば)ずっとパソコンの前に座って、マイi-podにエサを与えている。やっと900曲入れました。言うのも恥ずかしいですが、自分が制作を担当した作品をよく聴いてしまいます。アーティストものも、コンピレーションも。
聴くたびに「えぇモン作ってるなぁ、オレは」「何で売れなかったんだ、こんないいものが」とか「まぁ売れて当然やね」とか思ってしまう。案外僕はナルシストなのかも知れない、とか思ってしまいました。

ところで、ライブドアに家宅捜索が入ったけど、どうなのでしょうか?非常に作為的に感じます。
家宅捜索が入るということは、実質上もう何らかの処罰が下ることが決定してる。例え思ったような悪いことが見つからなくても、役所の威信にかけてあら捜ししてでも、解釈の違いであっても必ず悪いとこ探して罰します。
まぁそれはええとして。
何で今日なの?いつでもええのに?
今日は阪神大震災の日でしょ?それで、ニュースは「リメンバー・神戸」で話題が多い日。
さらに宮崎勤が最高裁で最終判断が下される日なわけす。
そこにライブドアの捜査が入ったら、もう新聞はイッパイなわけです。

でも、今日忘れてはならないのが、フューザーの小嶋社長の証人喚問。
これには、元国土庁長官との癒着が取り立たされている他、政治家とベッタリなのは周知の事実。この証人喚問を、阪神大震災の日に持ってきて、もうひとつ話題を呼びそうな事件・・・ライブドア家宅捜索・・・を持ってきてる。・・・その結果、世間の目をそこから散らそうとしている・・・と考えてしまうのは、考えすぎでしょうか?
音楽業界で働いていると、スポーツ新聞の芸能欄や、朝のテレビの情報番組の枠の取り合いは日常茶飯事で、でも一番仕方ないのが、他に大きい事件・・・電車の事故とか有名人が死ぬとか・・・があれば、仕込んでいたものが全部パァになるのも日常茶飯事。

政治家にとっても、スキャンダルを朝の情報番組やらスポーツ新聞やらというレベルまで騒がれるのが一番イヤなわけで、そうなると他に事件のある日にそれを発表したほうがマシとは、考えない方がおかしい。事実、今までもそういうことは偶然かもしれないが何度かあったのです。

だからみなさん、ライブドアの件はどうでもいい。阪神大震災も、もう10年以上経ってるわけなので今年だけは「忘れないでおきましょう」程度に留めておいて、宮崎勤は極刑なんだから、とにかく今日は徹底的に小嶋社長の証人喚問に注目なのだ。

・・・20時加筆・・・
ホリエモンよ・・・あんたってヤツは・・・!
アンタのせいで、IT関連、中小型銘柄、分割期待銘柄、全部暴落。
僕が持ってる株は軒並みSTOP安。・・・かなりの損をコイでしまった。ううっ、立ち直れない。
by t_yana | 2006-01-17 13:14 | Comments(6)

遂に買いましたよ。

遂にi-podを買いました。60GBで動画も見れるヤツ。15000曲入るんだって。
ビッグカメラで長年に渡りついていたポイント1万円分を放出し、デイトレでこの2日で儲けた金を出して、実質出費ゼロで買いました。

いや、いいですね。今までMDウォークマン使ってたのですが、それに比べても全然小さいし軽いし便利ですね。早速聴いてみましたが、たぶんMDよりも音がいいと思う。

実は、近々家にある何千枚のCDの何分の一をそろそろ処分したいと思ってます。
僕の部屋には2000枚のCDラックがあるのですが、そんなもんに収まるはずもなく、部屋がCDで占拠されとります。そこで、せめて普段手に取れるCDは、2000枚ラックに収めれる分だけにする努力をしよう、と。
無論、CDを捨てることはできないのでどこか奥のほうにしまい込むことになるのですが、その前にそれらのCDを聞きたいときに聞けるようにせねば・・・と。
それらはもう滅多に聞かないCDばかり。中には一度もきいてないものもあります。たぶん、制作者は「CD買って欲しい」と思って・・というよりは、「聞いて欲しい」と思って一生懸命楽曲制作を作ってるわけで、そのために生まれてきた楽曲を聞かずに眠らせるのは、何だか楽曲が可哀想だと思ったのです。

だから、i-podには、しまいこまれるCDを1,000枚くらい選んで、片っ端から入れていき、シャッフルにして約10,000曲の中から「次に何の曲がかかるか?」がわからない状態にして、ラジオを聞くような感覚で聞いていこうかな、とか思ってます。どのみちハッキリ覚えていない楽曲がほとんどだろうから、新しい音楽と出会えるのと同じわけです。
でも1枚取り込むのに5分くらいかかるので1日10枚、1000枚取り込むとしても3ヶ月かかる・・・(汗)。

キレイでスタイリッシュな箱に入ったi-podを手にしたときは、「コレから何かいいことが起こりそう」な予感がしました。いいパッケージですね。
その箱を開けた真ん中に、目につくように小さく添えられたメッセージが。

「音楽を盗用しないで下さい」

そう、appleよ、ええこと言いますね。・・・何かを手にすることは、対価を払うと言うことは常識。
「聞いてみたい」と思わせたアーティストに印税を払うことは、「食べたい」と思った料理を作った店にお金を払うのと同じ。

で、極端なこと言いますが、金出して手に入れようが盗用しようが、手にした音楽は大事にしないと。聞いてもらうために生まれてきた曲は、集めるだけでなく、時々聞かなければ。

そう考えるとi-podって、いいな、と思ったのでした。
by t_yana | 2006-01-13 19:42 | 音楽 | Comments(2)

視聴率

「視聴率」」という言葉のせいでTV局がおかしくなっている、とか、何かテレビで問題が起きるたびに、色んな人がおっしゃいます。しかしながら、その数字やランキングを見ているとなかなか興味深いものがあって・・・東西でかなり「視聴率」ランキングが違ってる・・・つまり人気番組が東西で違うということなどはその一例。

昨年の12/5-12/11の調査では、いづれも1位は「熟年離婚」。しかも東京の21.4%に比べ、関西は30.0%も取っている!やはり東京に比べ景気の回復が遅れている大阪では、熟年層に溜まる精神的モヤモヤを、ドラマで解消しようとしているのか?あるいは、次の日の大阪のオバチャンの立ち話の会話にはこの話題がないとついていけないので、無理からでも見なければいけないのか?

そして、東京で堂々と5位にランクインしている「笑点」。これは関西では20位以内にも入っていない。そもそも「笑点」の芸風は、吉本を中心とする関西のお笑いとは対極のものであり、まぁ個人的に自分も面白いと思ったことは生まれて一度もない。出ている芸人は大した人たちばかりなのだが、どうしてこんなつまらんこと言い合って無理して笑ってるのか?と子供の頃から疑問ではあった。しかしながら、東京のご年配は、こういう予定調和な笑いが好きなのですね。

さらに、「エンタの神様」も東京では15位にランクインしているが、関西では圏外。
今となっては多数のお笑いタレントを輩出しているこの番組だが、本当におもろいか?ここに出てくるヤツら?これも前から疑問だった。
恐らく大阪のお笑いとは「質」が違うと思うが、個人的には「レベル」も違うと思う。
未熟でインスタントな芸を、テレビではやし立てて、ちょこっと面白い「部分」だけを抜いて放映するこの番組からは、お笑いタレントたちに3分間なり5分間なりの時間を芸として完成させる術を育てない。まぁ何人かの例外はいるのだろうとは思うが。
一言でいうと、大阪の番組は「お笑い芸人」を育てようとするが、この番組は「お笑いタレント」を排出しているに過ぎない。まぁそれで「視聴率」が取れているわけなので、需要がある!と判断できなくもない。それを例えばドヘタなバンドを次々デビューさせて、中途半端な楽曲をヘタなままでライブで歌わせてるような錯覚に陥るのは私だけだろうか?

で、これで思いついたのだが、東京と大阪では、好きなギタリストとかロックバンドの違いはあるのだろうか?少し前までは、AORとかブルースは大阪の好み・・とか言われてたこともありましたが。誰か調べてくれないですかね??
by t_yana | 2006-01-10 21:04 | Comments(0)

天城越え

正月テレビでよく見たCMで、「ファイン/ザ・演歌ショウ」というのがありました。
「ファイン」というのは、BMG社から出している「コンピレーションCD」。いわゆる洋楽のヒット曲を1枚にまとめたもので、大ヒットを記録。その後「邦楽ヒット曲ヴァージョン」やら「ダンス・チューンのヒット曲バージョン」だのシリーズ化されているのですが、そのシリーズ初の「演歌バージョン」がこれです。かなり気になりました。コンピレーション制作の仕事もしたことがありましたが、演歌のコンピレーションでテレビCM打つって、史上初だろ?と。
もともと演歌は嫌いではないので、早速取り寄せて聴いてみました。

もう、1曲目でやられたよ・・・「天城越え」
完璧です。この曲。歌詞良し!メロ良し!アレンジめちゃカッコイイ!
そして何より石川さゆりの鬼気迫る歌唱力!聴いてるだけでコーフンしますわ。

●歌詞
そもそも最近のヒット曲なぞ、「がんばろう」だの何だのという生ぬるい、毒にもクスリにもならん歌詞ばかり。最近の若い人はプロの作詞家による言葉の魔術!に触れる機会もなかろう。
そう、オトナによるオトナの歌詞を知るべきなのである。
「天城越え」・・・エロをここまで昇華させた歌詞があっただろうか?
大巨匠・吉岡治先生の才能はこの曲で究極の域まで達しましたね。
隠しきれない 残り香が いつしかあなたに 侵(し)みついた
誰かに盗られるくらいなら あなたを殺していいですか

おいおい、ここまで激しい恋愛に憧れないか?チミたち。
口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れ硝子
ふたりで居たって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ あたたかい

オトナやねぇ。どうしよもない・・・しかしもう引くに引けない恋愛なんやねぇ・・(涙)
舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに
あなた・・・山が見える

エッチやねぇ・・・。もうたまらんばい。(何で九州男児やねん)
何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり
あなたと 越えたい 天城越え

こんなことを石川さゆりの艶っぽい声で感情たっぷりに言われたら、一気に昇天です。

●メロ
「A」静かに始まり、「B」でググっと持ち上げて、「サビ」で爆発!独特なのに覚えやすいメロディ。石川さゆりの声域と声質を完璧に理解し、オイシイところを見事に引き出している。
弦哲也先生、やっぱりあんた天才だよ!と言わざるを得ない。

●アレンジ
特筆すべきはアレンジ。
和楽器とバンド、そしてオーケストラが見事にマッチした素晴らしいアレンジ。恐らくドラムは打ち込み。しかしながら、ベースは圧巻!ジャコか?と思わすイントロのベースラインに引き続き、粘りつくようなフレットレスのフレーズが見事に溶け出す「A」、”嵐の前の静けさを”予感させる「B」、そして90年代に一世を風靡したSOULⅡSOULのグランドビートを彷彿させるミディアムでファンキーな16ビートの上で暴れるチョッパー・ベースが唸る「サビ」。
そして敢えて平面的な音で激しいのにクールに迫るディストーション・ギター!
要所要所でアンサンブルを醸しだすストリングスも涙をさそう。
考えに考え尽くされたアレンジの「美」がここにある。

気が付けばこんな長い文章になってしまった。石川さゆりも、もういい年なんでしょうけどキレイですねぇ。僕的にはまだまだ全然OKです。昔から「天城越え」を上手に歌う女性に抱きついてしまうクセがあって、そろそろそれも治さないといけないのですが・・・。
とはいえ「天城越え」一曲聞きたさに、石川さゆりさんのベスト盤を買うのも勿体無い。そんな人には、この「ファイン・ザ・演歌ショウ」はおすすめです。ヒット曲満載コンピ。演歌のCDも1枚くらいあってもいいでしょ。是非本物の「芸」にお触れ下さい。
by t_yana | 2006-01-06 13:24 | 音楽 | Comments(3)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧