平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

分かりやすい内容でした。..
by ふむ。 at 01:14
某さま。 RESありがと..
by t_yana at 10:09
25%という数字の合理的..
by 某 at 09:30
通りがかりの住民さま。 ..
by t_yana at 19:19
わかりやすい説明でありが..
by 通りがかりの住民 at 19:04

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

記事ランキング

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

カテゴリ:音楽( 277 )

最後のサーフホリデー

突然嫁が聴きたい!と言い出したので、amazonのマーケットプレイスで格安で買ったのが、杏里の「ブギウギ・メインランド」。

amazonへ

【ジャケットを ↑ ↑ クリック/amazon.co.jpへ】


大学時代はよく聴いた・・・という今から30年前のアルバム。
海外録音で、しかもドラムはジョン・ロビンソン、
パーカッションはアレックス・アクーニャ、
ベースはニール・スチューベンハウス、
ギターはバジー・フェイトンとポールジャクソンjr、
ホーンセクションはシーウインド・ホーンズ
・・・とか言う、金に糸目は付けないんですよね?と問いかけたい、恐らく原盤制作費2500万円超えくらいの内容。

1988年と言えば、為替相場は130円/ドル前後ですが、その少し前までは200円/ドルくらいでしたから、それでも「円は高くなった!よっしゃ海外録音じゃ!」となったのでしょうか・・・?
杏里はこの後のアルバムもこのメンバーで海外録音を続けてましたが、正直言ってこれが一番いい。
思うに、恐らく杏里のボーカルの全盛期はここではないか、と。

当時はまだプロトゥールスでの録音ではなく、生録音でピッチやらの修正も不可。
彼女はこの頃の声が一番張っていて艶っぽく、キレッキレのバックの演奏とのバランスが心地よい。
これは個人的な見解ですが、ここまですごいメンバーでかっこいい生演奏のバックトラックを作っちゃうと、ボーカルの圧倒的な存在感が不可欠。もしも歌が少しでも弱ければ、必要以上に歌がひ弱に聞えてくるもので、その後の彼女のアルバムは声の勢いが落ちたのか?・・・何だかバックバンドの演奏に負けてる感じがして必要以上に元気がないように聴こえてしまい、歌がフラット気味に聴こえてしまうのです(そうなるとトラックはむしろある程度打ち込みにした方がいい・・・と思うようになります・・・)。そういうバランスが一番いいのがこのアルバム。

しかしながら、ミュージシャンにとって最も興味のない季節「夏」をここまで年がら年中強調される違和感たるやハンパなく、そこまで「夏!夏!」と言わなきゃリア充になれんのか?みんなそんなにクソ暑い夏が好きなんか?日焼けしてなきゃモテないのか?
・・・と疑問に思ったのでしたわ。

聴いて思い出したが、大学の時に、このアルバムに入っている「最後のサーフホリデー」とかやってるコピーバンドに入ることになり、そこにいたボーカルがうちの嫁さんでした。
何年も全然聴かなかったけど、まぁ今、聴き直すのもいいものですが、なんで嫁は急にこれを聴きたくなったのか・・・?


by t_yana | 2017-04-21 09:10 | 音楽 | Comments(0)

Don't Stop Believin'

決死の覚悟で臨んだ武道館の感動も覚めやらぬうち、何とジャーニーが【ロックの殿堂】入りするとのこと!

ジャーニー@武道館、涙のライブレポはこちら


でその式典にて、ジャーニー(Journey)の受賞スピーチには、長年バンドを離れていた元ヴォーカリストのスティーヴ・ペリーが登場。

今回の殿堂入りには含まれていない、現ヴォーカリストのアーネル・ピネダを「毎晩心を込めて歌っているアーネル・ピネダに感謝を伝えなければならない」と賞賛。

式典のバック・ステージでは、新旧ヴォーカリスト2人、ペリーとピネダが初めて会っており、大感激のピネダはペリーに会うのを35年間待っていたと語っています・・・。

c0051760_23575274.jpg

c0051760_2358152.jpg

c0051760_23584213.jpg


朝から見て泣いて泣いてしもうたやないか・・・。

受賞スピーチや生演奏などの動画を含めた情報は こちら


by t_yana | 2017-04-10 23:45 | 音楽 | Comments(0)

よォーこそ

今日は清志郎さんの誕生日。
思い起こせば中学生の時、悪い子はみんなRCサクセションを聴いてた。
というより、悪い子の気持ちの受け皿になってくれるような存在であり、音楽でした。
て、悪くなりきれない僕はコッソリと聴いてました。
オフコースが大好きだった僕も「スローバラード」と「君が僕を知ってる」は聴いて泣きました。

RCサクセションは、当時の若者にとっては、雲の上の存在以上の・・・銀河系の存在で、我らがリクオが1992年に清志郎さんにプロデュースしてもらった…なんて話を聞くだけでドキドキして「リクオ、すげ〜!」とか思ったものでした。

それから20年以上経って、CHABOさんのアルバムの制作を担当させていただいた時は・・・何せ銀河系の存在なので・・・過去の自分に自慢したくて仕方なかったほどでしたが、その仕事の合間で、昔のRC時代の話とか清志郎さんの話しなどを普通に聞かせていただいたりして、それらがホント何気ないけどメチャメチャいい話だったりして、何か立体的に清志郎さんやRCをもっと好きになってきました。

また、ミッチーと仕事してた時にミッチーが言ってたのは、清志郎さんはとても素敵な人で、決してエキセントリックな感じの人じゃなかったよ、と。
僕にとってはお会いできなかっただけに、永遠に純粋に一ファンで、その歌は自分の思想とか気持ちのバランスをとるのにとても大事な存在です。

CHABOさんが「タローは何でRCのこと知ったの?」って訊かれた時に「中学の時のお昼の給食放送で、悪いヤツらが流してたのがきっかけです」と言うと、
「それどんな中学だよ?!キヨシローが聞いたら喜ぶよ!」と言っていただきました。
なんかそれが印象的でした。

中学校の給食放送でRCサクセションを流してた人、ありがとう。

今の若い子は、悪い子になりたい願望があんまりないのかな?
ならないに越したことはないんだけど、自分の中のモヤモヤがあった時に、是非RCを聴いてほしいと思っておるのです。

amazonへ

【画像を ↑ ↑ クリック/amazon.co.jpへ】








by t_yana | 2017-04-02 22:38 | 音楽 | Comments(0)

ギター、メンテ中

地元で腕の良さそうなギターのリペアマンを発見。
早速試しに2本ほど持ち込む。

一本は僕が中2の時に10万ほどで最初に買ったIbanez AR-300。
c0051760_0164186.jpg

買って36年、最近あんまり使ってなくて、電気関係に問題が出て音が出なくなり放っておいてた。買ってから一度もメンテに出してないが「ネックやボディの状態はかなりいいですね・・・この頃の日本製のギターの丈夫さはため息が出ます・・・」との事。

もう一本は、セミアコで同じくIbanezのAS-200。
c0051760_017091.jpg

大学卒業後すぐに中古で買ったもの。
電気周りでガリが出てたりトーンコントロールのツマミが折れてしまったりしてますが、同じくネックやフレットなどは殆ど調整しなくていいかも・・・と言うレベルだそうです。

当時のIbanezなので両方とも製造はフジゲン。
「ものすごくいい仕事してますね。ちょっと手をかけると、またイイ音しますよ・・・」と言われ、何だか嬉しくなりました。
1-2週間で2本とも帰ってくる予定で、その腕が確かなら、他のギターも持ち込む予定。特にパーツの交換がなければトータル調整で1本5,000円。この値段なら持ってるギターは機会ある時に全部一番いい状態にしておきたいものです。

特にAR-300はオヤジに買ってもらったギター。
ギターの事はわからないが「ずっと弾くならエエ物を買え」…とお金を出してくれた。これ買ったおかげで後の人生が狂ってしまった事にオヤジは気付いてるのかなぁ?
でも中学生の子供のために36年前に10万近くのものを買うのは大変だった事は今ならわかる。ネックやボディが一部破損してたり、恐らく電気周りで交換部品が発生する事は必至だが、何とかいい状態に戻したい。
ちゃんとメンテしてマメに弾かないとバチが当たります。


by t_yana | 2017-03-21 00:13 | 音楽 | Comments(0)

チャック・ベリーと麗と蘭

チャックベリーが亡くなった。
そんな日に聴きたいのは、CHABOさんと公平さんのギター。
c0051760_23583625.jpg

Motion Blueにお出掛けしました。
横浜赤レンガは「ラーメン女子博」で人がいっぱいです。
c0051760_23492160.jpg

ついでにラーメン・・・豚骨?・・・の臭いでレンガ街が包み込まれる不思議な雰囲気でしたわ。

座席は、CHABOさんと公平さんのステージへの通り道で、ステージに上り下りされるたびにCHABOさんから「おー太郎!元気?」とヨシヨシされる。
公平さんも最後に気付いていただき、ビックリされました。
客席にいたらそんなにおかしい存在でしょうか?

CHABOさんと公平さんの二人だけのステージは、そりゃ最高でした。
いつ見てもこの2人は最高。
c0051760_23513897.jpg

昨年久々にリリースしたアルバムも好評発売中。
是非聴いてみてくださいませ。

amazonへ

【バナーを ↑ ↑ クリック/amazon.co.jpへ】


帰りは、赤レンガから、桜木町まで約1Km。
一人でいいライブに行くと、誰にも邪魔されず一人で感慨にふけりながら散歩ができる。これが素晴らしい時間なのです。
c0051760_23533655.jpg




by t_yana | 2017-03-19 23:43 | 音楽 | Comments(0)

ビクターロック祭り2017

ビクターロック祭り。
レコード会社のビクターさんに所属しているロックのアーティストが一同に会して行なうロックフェスティバル。
さすがビクターさん。ええロック・アーティストがたくさんおりますわ。
一緒に行ったうちの下の娘はフェスデビュー。
c0051760_236057.jpg

12時に幕張メッセに到着。
Coccoから見始めることに。
c0051760_2362738.jpg

若手ロックバンド「KeyTalk」は大盛り上がり!
c0051760_237342.jpg

しかしベースでボーカルもやるメンバーはキノコ頭。
c0051760_237309.jpg

わかった!次に不倫するヤツはコイツだ!

最後はサカナクションで激盛り上がりで閉めたいいフェスでした。

ただし、一緒に行った娘は、Dragon AshのKJにヤラレてしまいました。
終わっても「ええわー、ええわー。」とずっと言っておりました。
あんなヤバいのを好きになるなんて。
心配です・・・。

昔からロックバンドと長く契約し、大事に育ててきたレーベル。
これからも期待しております!


by t_yana | 2017-03-18 22:52 | 音楽 | Comments(0)

カッコいいから大丈夫!

もうテレビでご覧になった方も多いようですが、現在オンエア中のトヨタの新CM「WHAT WOWS YOU. おじいちゃんとわたし篇」のCMソングに、
我らがザ・たこさんの「カッコイイから大丈夫」が起用されました!

まずは「eケア篇」をご覧下さい。
TOYOTA【WOW】おじいちゃんとわたし eケア篇



日本で一番のファンクバンド!
苦節・・・何年や?・・・事務所もレーベルも大手じゃないのに、自分たちの力で地道に頑張ってきたご褒美のようなウルトラビッグなタイアップ!
世の中やっぱり正しいものがちゃんと選ばれるのだ!

プリウス欲しくなってきたわ!

ちなみにザ・たこさんのニューアルバムはこちら。
めちゃめちゃカッコいいアルバムです。

amazon.co.jpへ
( ↑ クリックでamazon.co.jpの作品ページへ)



ライブは、何も知らなくても全く楽しめます。

ザ・たこさんのHPは こちら

是非是非いっしょに、ザ・たこさんを楽しましょう!


by t_yana | 2017-03-10 23:49 | 音楽 | Comments(0)

ビッグバンド・ジャズ

世の中で一番贅沢な音楽はビッグバンド。
今年になって毎月、素晴らしいビッグバンドの演奏を見に行っております。
たまたまうちの嫁はビッグバンド好きということもあり、夫婦で足を運ぶことにしておりますが、月に一回、2人で出かける機会ってのも悪くない。

まずは1月24日。
ブルーノート1月恒例、日本を代表するジャズプレイヤーが集まったエリック宮城さんが率いるジャズオーケストラのライブに行って来ました。
ゲストのジョン・ファディスを見るのは2回目。
前日に、ピアニストの青柳誠さんのFBでライブを知って、ブルーノートのHPで調べてみると、2日間公演の初日に若干チケットが残ってることがわかりすぐに予約。
c0051760_10274618.jpg

c0051760_10281993.jpg

いやもう全部最高でした。ビッグバンドの美しさ、楽しさ、豪華さなどがすべて凝縮され1時間半で、独身なら明日も行ってるレベル。
嫁はサックスの本田雅人さんのファンで、真ん前に座っていて大コーフン。
c0051760_18513215.jpg

やっぱり自分はビッグバンドが好きなのを再確認したのでした。

んで2月23日。
有給休暇をとって昼まで寝て、うだうだやって、夕方から嫁と出掛けて、渋谷でベトナム料理食って、表参道の「Body & Soul」へ。
c0051760_10414164.jpg

我らが三木俊雄さん率いるフロントページオーケストラの定期公演を満喫。
c0051760_1042395.jpg

「上手い」と「良い」は別の言葉だが、このビッグバンドはちと違う。
「プロ中のリアルなプロ」のみが集まった、爆発的に上手く、かつ超絶的に良い集団。
モダンジャズのカッコよさ、スリリングさ・・・などがあふれまくった演奏を2ステージ2時間堪能しました。
んで三木さんのMCスキルは大学時代と変わらずで、それもまた良し。
彼らは何と昨年、ジャズビッグバンドとして初めてフジロックのグリーンステージで演奏したのですが、今年もすでに出演が決まっているようです。
偶数月の最終木曜の夜、表参道の「Body & Soul」で、もう何年も続けているバンドです。これは是非オススメ。
夫婦ともに大マン足でした。
c0051760_10422846.jpg


ビッグバンドはジャズの心得が全然ない人でもメチャメチャ楽しめる。機会があればフラッと行っても絶対後悔しないと思いますよ。


by t_yana | 2017-02-24 23:54 | 音楽 | Comments(0)

ジャーニー武道館・・・最高!

思いついたように来てしまった。
武道館。
12,000円は高いとは思いましたが「当日券あり」の情報が入るや否や、
「もう行かなきゃダメだろう。」
「行かなきゃ一生後悔するかもしれない」
と思い、仕事を早めに切り上げ武道館に。
どんどん往年のアーティストが亡くなっており、見れるとき見に行かないと、もう見れなくなる・・・ということは少し前から感じておりまして、特にジャーニーなんてわが青春のど真ん中!

ジャーニー愛は少し前のブログでも書きました こちら

恐らく、人生初の当日券で入場したホールでのコンサートです。
c0051760_1946280.jpg


この日、どうしても行きたかった理由は、ジャーニーの「エスケイプ」「フロンティアーズ」再現ライブ!
会場内のモニターも頼もしい。
c0051760_19471090.jpg


会場に入ると、無料でノベルティグッズが配られておりました。
「寒さからエスケイプ」と携帯ホカロン。
c0051760_2005781.jpg

ダジャレのノベルティを配るところも、80'sっぽいではないか!

会場は超満員で大盛り上がりです!
c0051760_2011963.jpg

場内のBGMはTOTOの「Hold The Line」。
そんなに盛り上げんなよ・・・。


んで、会場のトイレ待ちの人を見たら、
なぜか奈良に住んでるはずの知り合いがいて
「来ちゃった・・・」と。

お互い若い時知ってるし、何だか始まる前からすでに切ないなぁ・・・。

とか思っておりましたが、本番が始まるとそれはそれは素晴らしい。
フィリピン人のボーカリスト、アーネル・ピネダがとにかく素晴らしい。変に自己主張することなく、ファンの音を考え、スティーブ・ペリーに沿った歌い方でちゃんと歌を聴かせてくれる。
内容は『エスケイプ』を最初から演奏して最後の曲まで行ったら、『フロンティアーズ』を最初から演奏していく・・・という、次は何の曲をするか?がちゃんとわかるコンサート。
いや・・・何と安心して見れるのか・・・。
もうこの歳になると不必要にドキドキしたくないのよ。

ちなみにこの日のライブはWOWOWで収録され、3月12日(日)に放映されるようです。
見逃した方、是非。

WOWOWの「ジャーニー」放送についてのサイトは こちら

CDはこちらから。
amazon.co.jpへ
( ↑ 画像クリックでamazonの商品ページへ)



amazon.co.jpへ
( ↑ 画像クリックでamazonの商品ページへ)



by t_yana | 2017-02-10 22:52 | 音楽 | Comments(0)

著作権とかJASRACとか。演奏権がどうとか・・・。

(注:2/11追記あり)

【そこそこ長文となります。著作権に興味がない人はオススメしません】
・・・ただし、著作権やJASRACに興味のある人は、面白いとは思います。

このたび話題になった
「音楽教室で先生・生徒が演奏することに対してもJASRACはお金を払え!と言う事にした・・・というニュース。

少し前にこのブログでも書きました。こちら

ニュースの解説はこちら

これに関して、新聞や宇多田ヒカルさんはじめお声を上げられる著作者の方も多く、それを読むと音楽著作権を果たしてどこまで正しく理解しているのか?と思わなくもありません
で、ネットも大炎上。
「カスラック」とか「死ね」とか言いたい放題。何か音楽著作権のことがニュースになるたびにネット民をはじめとするいろんな人がJASRACを叩く風潮があります。
「お役所」「天下り」「ご都合主義」「音楽ヤクザ」「お前らが音楽文化をつぶしてる!」・・・一体なぜここまでJASRACはキラわれるのか?は、純粋に研究のテーマとしても興味深い。
ちなみにここ数年、JASRACは役所からの天下りはゼロ。
JASRACは国のお金で作ったお役所ではなく、作家さんたちが作った団体です。

■JASRACとは?
音楽はみんなのもののように見えますが、それを作詞・作曲した人のものなので、その所有者が「使っていいよ」と言ってはじめていろんなところで使うことが出来ます。
でも使いたい曲がたくさんある時にいちいちそれぞれの作家さんのところにお願いに行ってたら日が暮れてしまいます。結果、音楽を使いにくくしてしまいます。JASRACはその共通ルール(使い方や料金)を作って、そのルールに賛同する作家さんや団体を集めて、彼らの楽曲を一括して管理を行なう所です。
作家さんたちの権利と生活を守るために、日本中の音楽を使うところと契約して金額を決めて、それを徴収していきます。集まったお金は、決められた手数料を(JASRACの経費として)引いて、残額は作家さんたちに分配します。そういう団体です。
レコード会社、放送局、楽譜メーカー、配信サイト、喫茶店、ライブハウス…などからお金を集めて「どの曲がどんな使われ方をしたか?」を調査し、その実績に応じて集まったお金を作家さんに分配するのです(大変な仕事です)。
ただ、膨大な数の楽曲を管理しているので、その管理のルールはみんな統一。特別扱いをしようとしてもキリがありません。(多分、宇多田さんの発言はこのあたりに、引っかかると思われます)

ネットで声を荒げている人のほとんどは「無知」もしくは「いたずら」による壁の落書きみたいなもの。
特定の専門知識は普通の人は知らなくて当然ですが、なぜか著作権に関しては知ったかぶりする人が多い。・・・薬品の臨床実験や宇宙にある天体の公転軌道のことで知ったかぶりや感情的になる人は少ないのに、音楽著作権は(感情論も含め)なぜかすぐ炎上します。

一番評判がよろしくないのは「お金の徴収の仕方が強引」とのこと。
強硬に「払え!」と迫るヤクザみたいだ!とか、そのおかげで店が潰れた!とか。
・・・これに関しては何も知りません。ただ、ひとりでも印象の悪い人が居たらネットで叩かれ組織の全てが間違ってるかのように言われる昨今。いろんな意味で丁寧にやってほしいものです。

そしてもうひとつは、「ライブハウスなどで生演奏しても、作詞・作曲者(演奏者自身と同じであることが多い)である自分にはお金が払われて来ない・・・一体どうなっているんだ?」という話。
これはけっこう世の中に出回っている話しで(「演奏権」というヤツです)、それが音楽関係者の方の中でもJASRACに不信感を覚える方がいる原因となっているのです。
「曲を書いてる人にちゃんと支払われてないなら、お金を払う必要はない!」「そんなJASRACなどいらん」「きっとこっそりプールしてるんだろう」なんて声もあったりしますが・・・

■徴収(集金)と作家への分配(支払い)
個人的には、徴収されたお金から「自分に分配が来ない!」という作家側のクレームには合理性を感じますが、そんな状況だからと言って請求に応じずにお金を払わない人達は泥棒と同じです(「払わない」と「払えない」は違います)。それで閉店に追い込まれる店があっても「かわいそうだな」とは思うものの「仕方ないな」と思いますし、それで「お金を徴収すると音楽文化がなくなる」なんて話は、どこの被害者ビジネス?どこの盗人の意見だよ?と思います。なぜなら昔からレコード会社はCDを作るだけ著作権料を払ってるし、ラジオ・テレビ局も曲を流すので著作権料を支払ってます。カラオケなんて30年前から著作権料を支払ってますが・・・文化はなくなってませんよね。それより、作家にお金が回ってこない方が音楽の危機でしょう。
ちなみにJASRACが「金を払え」と裁判するのはよほど悪質なところで、少々の悪質さなら説得やら値下げの提案で済ませる・・・との事です。(裁判するとかなりのお金も労力もかかりますし・・・)

■JASRACは儲け主義?
「JASRACは非営利団体なんだから金儲けに走るな」なんて言う人も多いですが、だったらJASRACに対抗して出来た著作権管理団体のNexToneは「株式会社」という営利企業としてスタートしています。NexToneが株主に払うお金の分まで作家に配分するJASRACの方が、根本的にマシと結論付けるのでしょうか?そんなNexToneに大株主のエイベックス系の楽曲のみならずユーミンやスピッツ、浜田省吾さんなどの大物アーティストの楽曲もJASRACから移されておりますが、彼らは皆様から吸い上げたお金を大資本家に還元してる資本主義の手下・・・と言うことなのでしょうか?僕は全然そうは思いません。どちらもちゃんと合理的な組織だと思います。
JASRACが楽曲を預かるのは3年刻みで、その都度解約するタイミングがあります。「俺の楽曲はみんなのものだ!」という勇ましい声を上げる作家さんもいらっしゃいますが、著作権者は自分の意志で更新タイミングで自分の楽曲を「みんなのもの」にすることもできます。・・・最近の所ジョージさんなんて「好きに使え!」と、ご自身の楽曲を最初からどこにも登録していません。
しかし例えば、JASRACに登録している楽曲はお金さえ払えば、一定のルールのもと自由に使うことができます。しかし一方で作家さんがJASRACではなく自分で管理している楽曲は、ラジオで流すのも譜面にするのもいちいち作家さんに連絡し、使っていいか?いくら払えばいいか?を確認しなければなりません。むしろJASRACのおかげで音楽はみんなのものになっている・・・と言う言い方もできなくもない。

今回、心ある人にはちゃんと音楽著作権の一部をお伝えしたいと思い、自分のブログにアップすることにしました。
今回は「ライブハウスで演奏したのに、曲を書いた自分のところに入ってこない」という問題についてで、その「仕組み」についてご説明いたします。スペースの問題もあり例外的に起こる事件や都市伝説にはあえて触れません。どんな会社もヒューマンエラーがあり、どんなコンピュータもエラーを起こす可能性はあります。それはそれで責められるべきです。
尚、これは最近新聞を賑わせた問題とは違いますのであしからず。ちなみに個人的には今回の音楽教室での演奏権の徴収はなかなか微妙なセンだなぁ・・・と思っており、裁判になって司法の判断を聞きたいなと思っております。
またいくつかの専門用語が出てくるので、ここからは音楽業界の人以外は難しいかも知れません。
そのあたりは申し訳ないです。

■■演奏権の徴収と分配についてまとめてみました。

●JASRACは演奏権における音源使用の場所を、ちょっと乱暴に申しますと「ライブハウス」と「それ以外」に分けています。
●「それ以外」は、BGMとして毎日似たような曲を店内で流しているだろう・・・との仮説に基づき、サンプリング調査を行なっています。方法は四半期ごとに全国200店を抽出して、1店1日に限定して使用楽曲を報告してもらっています。なので年間800店・日の調査でサンプリング調査による使用料楽曲データをとっていることになります。
●「ライブハウス」に該当するお店は毎日極端に違う曲が演奏されるので、サンプリング調査をして報告データにしても意味がないだろう?・・・と言うことで、その代わりに基本的に演奏された楽曲を全曲報告してもらうことになっています。その報告データはサンプリング調査による報告の元ネタではなく、ちゃんとした実績として全て登録されます。
●従って、ライブハウスで年に1回でも演奏されたのに、お手元にJASRACもしくは譲渡先の出版社から使用報告が来ない・・・場合は、JASRACというよりライブハウスの報告に問題があると言えます。
●ライブハウスに該当しないようなところでライブをやっている場合は、恐らく報告は上げられないで分配は受けれないのが現状かと思われます。ただここでの演奏活動をメインにしているアーティストもおり、彼らが被る不利益は問題です。演奏する場所によって分配が受けられるかどうかが左右されることはJASRACが演奏家の活動を制限してるのと同じですから。
●コンサートホールはJASRACと包括契約ができないので、主催者(イベンター)が使用楽曲の報告を行ないます。だいたいがしっかりした会社なのでちゃんと報告してると思われます。
もし、ちゃんと報告されているはずなのに使用報告が来ない場合は、正会員の方ならJASRAC、それ以外は譲渡先の出版社に「報告とお金が入ってこない」とクレームを入れるべきだと思います。

【個人的な感想です】
●JASRACが400人程度の組織で、それで全国レベルで全ての支分権の徴収・分配をこなす・・・となると、現状の演奏権の徴収・分配の運用には一定の合理性を感じます(そりゃ問題がないわけではありませんが)。
さらなるIT化や人員増によって改善はされるでしょうがそれにはお金がかかり、利用者か権利者の負担になります。かかる費用が入ってくるお金よりかかったりすると意味がありません。それで赤字になって(仮に)税金など入れることがあればまた炎上でしょう。
●「包括徴収」か?「個別徴収」か?についての議論もありますが、例えば放送権の現場では包括徴収に大きな問題は生じておりません。それは全曲報告が実施されており、分配がほぼ公正に近く行なわれているからだと考えます。・・・ちなみに包括徴収を否定するなら、サブスクリプションの定額聴き放題サービスに音源を出すことも好ましくない・・・ということになり、Apple MusicやSpotifyは諸悪の根源!ということになります。
なので演奏権の現場も、権利者側が「利用報告に応じて正しく分配されるなら問題なし」と考えるなら、問題は徴収方法ではなく分配にあるのではと思います。
・・・そもそもライブハウスが個別徴収にしたら、使用楽曲報告の手間もままならずに滞っていることが、報告どころか徴収にも問題として及んできます。さらに「あんまり払いたくないので、1曲5分以内でお願い!ソロは短めにね。(5分以上は2曲、10分以上だと3曲という扱いになります)」とか「PD曲を多めにね」などと言う演奏者を制限するような会話も出てくるかもしれません・・・。例えはアレですが、食べ放題の方がたくさん食べてしまうように、包括契約の方が値段を気にせず音楽を使え、結果たくさんの音楽が紹介されるきっかけになると思うのです。
●現在、使用者側から「金額が高すぎる!」とのクレームが多いことを考えると「徴収は個別か 包括か どちらがいいか?」ではなく、包括の料率が問題ではないか?と思います。で、それはつまり権利者へ配分される金額の上下に直結する問題であり、権利者側の議論が必要と思います。JASRACの演奏権における手数料率は昨年から1%下がって25%となっており、入ってきた金額から25%を抜いてそのまま分配原資にするだけですから。(彼らはその原資をとにかく分配して作家側への支払う事が仕事です・・・)。
●仮に、演奏権の現場で、お金が集まって原資は膨らんだのに楽曲報告があまり上がってこないようなら、未分配が起こります。JASRACはそれでは困るので、結局は手元に報告された大きいコンサートの実績が主な参考になってしまっているデータに基づいてでも、未分配の分のお金も分配してしまうのではないか?と思われます。
これが「大物アーティストばかり多くて売れないアーティストには来ない」と言われる原因かもしれません。

【ご提案です】
ご提案差し上げたいのは、演奏者の方・・・特に自身の著作物を演奏される方は、ライブハウスの報告記入を少しだけでもサポートするアクションを起こしてみてはいかがか?と。
それはご自身の楽曲のデータベース化です。
ご自身の作られた楽曲につき、J-OPUS(ライブハウスがJASRACへ報告する画面)の記入事項を、あらかじめエクセルか何かでデータベース化しておき、そこから当日の演奏曲目をピックアップして、プリントアウトして(もしくはファイル化してメールで)お店に渡す・・・とか。
そうすればお店はそれを見ながら画面に打ちこむだけになり、報告が楽になるかもしれません。また、お店も「そこまでやられたら仕方ない。報告しなきゃ!」と思うかもしれません。少なくともそうすることで「報告しよう」と言う気持ちが減っていく店はないでしょう。
アーティストの方はライブ当日はお忙しいと思うのですが、お金のために残業しているサラリーマンも世の中にはおりますので(涙)それを考えてみれば、せめて一度はこのお手間も試してみてはいかがでしょう?と思います。
c0051760_1621187.jpg

あるいはJASRACのJ-WID MASTERに、作家ごとの「マイページ」を作れるようにして、作家はそこで自分の作品を一覧で見れるようにし、そこから当日演奏する楽曲を選んで、そのままJ-OPUSのその日に演奏するお店の画面に転送できる・・・とか、そんな仕組みがあれば、かなりお店の入力も助かるかもしれません。(結構なシステム改修の手間と費用がかかるかもしれませんが・・・)
一方「どうもパソコンは苦手」というライブハウスもあるはず。そうなると全曲報告はFAXか何かですることになり、そこには共通のフォーマットがあるはずです。ミュージシャン側もそのフォーマットを持っておき、その日のセットリストをある程度記入したところでお店に渡し、お店に他の部分を記入してもらいFAXしてもらう・・・とか。
何か今よりもちょっとでもよくする方法があると思うのです。

【最後に・・・ですが】
例えば録音権は、メジャー会社は出荷を指定倉庫限定にすることで流通枚数を物理的に正しく把握することを条件に著作権使用料のディスカウントを受けます。
放送権においては、放送局は全曲報告をするのと引き換えに著作権使用料がディスカウントされます。
多分、ライブハウスって、全曲報告しなきゃいけないのにしてないところが多いと思います。してない事に罰則は与えられないなら、する事のメリットを与えられないのかな?とか。
他にもミュージシャンの皆様が自ら店に対して「音楽文化のためです!」「俺の生活がかかってます!」と全曲報告の啓蒙活動を行なうことは絶対必要です。ライブハウスに「時代は変わったのか!」とプレッシャーをかけるのはJASRACだけの責任ではなくミュージシャン側の協力も必要です。(だってそもそもあなたのものなのですよ?)
勿論、JASRACが全国のライブハウスに向けてどれだけ「全曲報告はアーティストのため。音楽文化のため。」という周知徹底を行なったか?は疑問で問題かも知れません。であれば今からでも「全曲報告普及キャンペーン」などをもっとやるべきかと。
放送局の全曲報告の普及まで時間がかかったそうですので(まだやってないところも若干あります)演奏権もこれからの努力。
分配の問題とは「報告の精度」の問題であり、正しい分配は音楽文化も育てるのです。

【本当に最後に】
個人的にJASRACを擁護する立場では全くないのですが、申し上げたいことは・・・
■建設的な話し合いができるよう「俺のところにお金が入ってこない」というミュージシャンの持つJASRACへの誤解を解いておいた方がいいこと
■「自分の収入を守る」「音楽文化を育てる」気持ちがあるなら、JASRAC以外に声を上げなければいけないところがあること
■実はそれはいつも身近で応援してくれているライブハウスなのかもしれないということ

・・・なのです。
ライブハウスの方に申し上げたいのは、
今のシステムでは「毎日の全曲報告」はお店の仕入れを行なったり、帳簿を付けたり、トイレを掃除するのと同じ、やらなきゃいけないことですよ、と。
もし、やらねばならないことを知っていてやってないのであれば「アーティストを応援してる」なんて言える立場ではありません。
彼らに入ってくるべきお金を止めているのはあなたで、儲かっている作家を必要以上に儲けさせているのもあなたです

・・・と言うこと。
これは僕の感情にまかせた意見ではなく、論理的かつ機械的に導き出された結論を・・・誰も言わないから・・・遠慮なく書いただけなのです。おそらくAIに問いかけてもそうなるでしょう。
包括で著作権使用料を払っているだけでは、やるべきことをやってるとは言えません。このプログを読まれたライブハウス関係者の方で、全曲報告を行なっていらっしゃらない方は是非今日から新たなアクションを切にお願いします。心情的には「金払わなくても報告はしなきゃ・・・」と思うくらいです。

でも、道端にごみを捨てないとか、たばこのポイ捨てしない、信号は守る、人のモノを盗まない・・・など、日本人はマナーを守る気持ちが強い国民で、啓蒙活動やキャンペーンでよくなった例がたくさんあります。
著作権保護も、「音楽を大事にしよう」「作家へのリスペクト」という意識付けを広めていくことで、改善されると信じます。
大事なのは、正しい声を上げることと、何かアクションを起こすことだと思っております。




【追記/2017.02.11】
ここに来て、新たに
■「150人未満でのライブハウスでの演奏は、著作権料が払われても著作者に分配されず、全てJASRACが手数料でもっていく・・・」
という話がネットで流れました。→ こちら
■また、JASRACを漫画に例えると・・・とか。ちなみにこれ相当頭の悪い人が書いたようで全然例えられてない。これを信じて拡散してる人もホント著作権無知なんだよなぁ、と。 → こちら

JASRACの件も含めて・・・ですが、ネットでは本当にデマが多く、僕の大学の先輩で尊敬するジャズミュージシャンの三木俊雄さんが、ご自身のfacebookで同業のミュージシャンの方に向けて以下のようにおっしゃっていられます。

--------------------------
僕は別にJASRACを擁護するのもではないんだけど、批判する根拠として「こんなことがあったらしい」という出所とその信憑性が低い情報に乗っかってしまうのにはもう少し気を付けた方が良いんじゃないの、という事です。

「JASRAC の言うことは信用しないけど匿名のツイッターは信用する」という人がなぜこんなに多いのか?本当に不思議です。

ちょっと調べたら分かるようなことでもその手間をかけずに「怪しいぞ!」「けしからん!」という声を学歴も教養も実力もキャリアもあるミュージシャンの方々が上げている風景をこのJASRAC 問題に限らず、随分見てきました。
「ミュージシャンって大丈夫かよ?」って眺めてる人々、結構いますよ。

JASRACに関して言えば、実演データの報告はオンライン化が進む中、未だにに手書きの入力も残っています。かつてはエラーも今より多かったでしょう。
それはJASRAC の落ち度であり真摯に受け止め改善すべき点です。
と同時に我々ミュージシャンも、「誰か調べてw」と言わずにもうちょっと冷静になって出来る範囲で事実を確認した方が良いんじゃないかと思うわけです。
--------------------------

昔は図書館に行かねばならないことが今では画面の前ですぐに見れたりします。ネット社会になり情報が取りやすくなったのに、情報を取りに行くことすら面倒になり、あげくの果てに何もしなくても寄ってくる怪しい情報の中から、自分に都合のいいものだけを信じてピックアップして拡散する人が増えました。
「それ見たことか」
「俺は正しかった」
「みんなに知らせなきゃ」
そうして間違った情報が永遠に世に蔓延り、時に誰かを傷つけています。3.11以降、そういうのをいろいろ見てきました。
ネット上の「情報オレオレ詐欺」に引っかかりまくりです。
僕が今回書かせていただいた専門知識は、ほとんどは誰でも手に入るレベルのものです。
正式文章は少々難しい文章で書いている場合も多いですが、「誰かわかりやすくまとめサイト作ってよ!」と他人任せになり過ぎていませんか・・・?(涙)。そこに「情報オレオレ詐欺」がつけ込むのです。
JASRACの件に関わらず、シェアしたり拡散するときって、一度「これってホントなの?」ってことを疑問に思うクセをみんなが持つと、もう少しいい世の中になるかも?と思っております。
デマをもとに「JASRACいらんわ」とか言ってる人が多く、さすがに「そりゃ違うだろ?」と思います。ただし彼らや彼らの持つシステムも間違いや勘違いがあります。それが本当ならちゃんと責めましょう、と。
そうやってみんなの著作権の意識が高まればと思います。

・・・それにみんなが正しい知識を付けると一番困るのはJASRACなのかもしれませんよ?
JASRAC嫌いの人こそ、一度ちゃんと音楽著作権とJASRACの規定を研究されてはいかがか?と思います。

このブログも相当大雑把に説明しておりますが、間違っているわけではなく、相当わかりやすくJASRACを説明しているはず。よろしければ多くの方に見てほしいと思っております。よろしければシェア、拡散などをお願いいたします。より建設的な議論のためと、正しく興味を持つ人が少しでも増えればと。

お説教臭くてすみません。
かく言う私も、昔は血眼でレコードをしつこく探し続けたのに、今ではネットで見つからなきゃ簡単にあきらめるようになりました。
過去には無責任な情報シェアや誹謗中傷をしたことだってあるネット依存症です。
いろんな自戒の念もこめて。




by t_yana | 2017-02-08 21:47 | 音楽 | Comments(9)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧


もっと見る
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項