平日は音楽関係の仕事~週末はCDも出す口笛奏者。趣味は和民で飲む事。そんな私が好きな事を書くブログ。月に12回更新目標!


by TARO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

検索

お気に入りブログ

編集者Asanaoのブロ...
あつめて、、、。
もまゆきゅ 歌心=猿心  ♪
kaobje(ri)ction
The Road to You
ソネタクミのブログ
◇◆HERO◆◇
martha/news
人見欣幸のブログ。
色彩の子ども
north to south

今日はどんな日?

ブログジャンル

日々の出来事
クリエイター

ファン

私を苗場プリンスに連れてって 【後編】

前編よりつづく
c0051760_4561467.jpg
日本では夜の9時過ぎから始まるコンサートっていうのは珍しいと思う。
だいたい会館が公営なので遅くまで使えなかったり、電車がなくなってしまうので帰れなくなったりするからですが、ここは別。・・・だって、みんな苗場に泊まるんだもん!
そんな安心感と、もう何度もここに来てるって人ばかりで、会場はすごくみんなリラックスしてる。
ショーは21時45分に、「Sunny day Holiday」でスタート。
3曲目でアルバム『Reincanation』から「心のまま」と「ずっとそばに」を、その後に『Love Wars』から「心ほどいて」を立て続けにやったときに感動のあまりホロリ・・・。

ショーの途中で、「リクエスト・コーナー」があり、会場のお客さんが挙手し、ユーミンに当てられた人が「歌って欲しい曲」を、その曲にまつわるエピソードとともにリクエストする!というもの。毎回3人の方が当てられるそうです。
でも、この選曲は難しい・・・。
ここに来てる人の殆どがコアなファンで、あまりに代表的な歌をリクエストすると(残念そうな)「ぁ-。」という声が上がる・・・で、ユーミンが却下・・・みたいな。で、最近のアルバムの曲だとまだ馴染みがなかったりして反応も薄い。
「懐かしい、代表的でもない、知る人ぞ知る名曲」っていうのをリクエストしなきゃいけない・・・という、大変センスが問われるもので、私は手を挙げませんでした(小心者ですまん)。
当てられた人はステージに。で、武部さんのピアノ伴奏でユーミンが歌ってくれて、最後にユーミンと写真撮って客席に戻る・・・。普段のコンサートじゃまずやらんわな、こんな企画。

このコンサート自体が、ニューアルバムのツアーじゃないので、今までの何百という曲から自由に曲を選んでる。だから意外な選曲があれば「はぁー!」とか言って涙ぐんでるファンも居るし、ほとんど全曲歌ってるファンもいる。
リゾート気分も手伝って、演奏してる方も見てるほうも本当に「楽しもう」ってのが手に取るようにわかる楽しい時間は、その後も懐かしい曲から最近の曲まで織り交ぜられて進み、アルバム『No Side』から、名曲・苗場と言えばの「ブリザード」で終了。本編が終わったのも24時を超えておりましたが、アンコールも3回ほど応えてくれました。2回目のアンコールは、アルバム『Surf & Snow』の最後の曲「雪だより」。実はこのアルバムで一番好きな曲。この曲聴くたびに18歳に戻ってまたスキーに行きたくなるのです。生で聴くのは初めて。聴いてホロホロきてしまいました。

最後のアンコールは「海を見ていた午後」。
もう腹いっぱい。大満足。感動の3時間。

ライブ終了後は、ホテル内のラウンジでバックバンドの中から3人が生演奏をする!というアフターパーティーがあり、そこにも参加。パーカッションをやっていた女性の方がピアノを弾き、そこにギターとドラムが加わったの3人で約1時間のセッション。
c0051760_513722.jpg

ラウンジからは夜のゲレンデが見える。カクテルなど飲みつつ、深夜の生演奏を・・・。
c0051760_523643.jpg

終わったら2時30分。
記念にコースターをゲット。
c0051760_525787.jpg


興奮さめやらないはずですが、このアフターパーティーがいいチルアウトになってみたい。
さすがに眠くなって部屋に戻って眠りました。

次の日の朝食もゲレンデが見えるレストランでバイキング。
c0051760_535759.jpg

自分は普段着ですが、周りはスキーウェアばかり。東京に帰って仕事しなきゃいけない自分がバカバカしくなってきた・・・。
朝食後、バスの時間まで少しホテルをウロウロしましたが、苗場プリンスのホスピタリティの高さに関心しました。この時期はホテルをあげてユーミンを盛り上げようとする姿勢が非常にうれしい(何たって彼女は"名誉支配人"だそうです)。カクテルに名前をつけたり、売店の音楽が何気なくユーミンだったり。非日常をうまく演出してくれる・・・お金を払う価値のある時間を提してくれるのです。

窓を見ると、みんなスキーを楽しんでおります。
c0051760_533287.jpg


で、ゲレンデと反対側で、窓から見える向かい側の山にリゾートマンション。
c0051760_54328.jpg

「あぁ、まだあったんだ。」と懐かしくなりました。
約25年以上も前、僕が高校時代に、友達がこのリゾートマンションを持っていて、毎年1週間ほど苗場に行ったってことを思い出し、急に切ない気持ちに。
1週間分の食料とスキー用具とゲームなどいっぱい宅急便で送って、勢いつけて苗場に入り、「大阪の高校生が、東京の女子大生をナンパできる唯一の機会!」と苗場のゲレンデを徘徊しまくった・・・かわいい子見るたびに「あの・・・プリンスホテルにお泊りですか?僕ら向かいのリゾートマンションに泊まってるんですけど、遊びに来ませんか?」とか声かけ玉砕しまくっていたあの青春時代・・・。あの時はアルバム『No side』あたりでした。
まだあの頃一緒に行った友人とは繋がってる。歳とったけど、またみんなと苗場に行きたいな。

大学時代にユーミンが大好きで一緒にバンドやった皆んなとも苗場に行きたい。
「彼から手をひいて」が「私の高校時代のテーマソングだったの」と言って、僕にアルバム『Surf & Snow』の魅力を教えてくれた某女史に、今度は僕が苗場での『Surf & Snow』コンサートのよさを教えてあげたい。
音楽が縁で一緒になった、ユーミン大好きな今の奥さんも連れて行ってあげたい。

苗場にはフジロックでは何度か来たけど、冬に苗場に来たのは本当に約30年ぶり。
そこで一番聴きたかったユーミンを聴いて思ったのは、やっぱりユーミンって音楽とか歌手とかそういうのを超えて、カルチャーそのもの何だなってこと。思い出以上に人生に入り込んでて、どこかで知らない人と知らないうちにそういうのを共有してる。そういう人がここで集まり、過去が一瞬にして手元にくる楽しい時間が作り上げら​れる。・・・苗場プリンスは「時のないホテル」なのでした。

それから、もう僕たちはあまり何も躊躇しないほうがいいんだな、って思った。
残された人生を考えれば、いろんなことで後悔したくない。今まで何となくやりたくてやらなかったことは、できるだけやったほうがいい。・・・・それはだいたいすごく楽しいことであることが多い。
僕は苗場に来るのが遅すぎたと後悔してる。だから、「行きたいけど」と何となく毎年見過ごしてる人がいれば無理やりにでも連れて行きたいと今思っております。

ユーミンこそがニューミュージックです。
何もなかった日本のPOPSシーンは彼女の才能からスタートした。彼女の歴史が日本のPOPの歴史。40年もの間、毎年アルバムを作り、コンサートをやる、というアーティストなんて世界中どこにもいない。
僕は彼女の音楽とともに歳をとることができて本当に幸せだな、と思っています。

しばらくは、「Surf & Snow」をはじめユーミンの作品を聴く日が続きます。
また来年行くのだ。できれば大人数で。スキーもしたい。行きたい人、集まれ!

僕はこれから毎月、ユーミン貯金して来年に臨みます。
by t_yana | 2012-02-12 05:07 | 音楽 | Comments(0)

More info

口笛太郎official web site

口笛太郎のfacebookへ

口笛太郎のtwitterへ

口笛太郎Duo全曲フル試聴

演奏依頼も受付中!
口笛太郎アドレス

所属団体
日本口笛奏者連盟へはここをクリック

Instagram
Instagramです

★レコ屋・やってます★
私が関わった作品だけ
売る地味なレコ屋さん。
口笛太郎の、オレ流CD屋さん

ライフログ


プレイズ・ビートルズ


ジブリとギターと口笛と。


風とギターケース


日本晴れのうた~ハミングしたい時代劇音楽集~


絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)


すこし歩こうよ


すわりごこちのいい椅子


東京カフェスタイル・ベスト・セレクション


東京カフェスタイル #3 ファンタジー


東京カフェスタイル #2 メモリー


東京カフェスタイル #1 ストーリー


悲喜劇


ふたえの螺旋


たがいの鍵穴


つがいの歯車


ブリージン~ザ・ベスト・オブ・フュージョン~


トロと旅する THE MOVIE [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]


秋ボッサ


夏ボッサ


春ボッサ


冬ボッサ


チェンジ!


ヒーリング・ゴスペル -プレイズ-


ヒーリング・ゴスペル-LOVE-


ヒーリング・ゴスペル~プレミアム~


ヒーリング・ゴスペル~ジョイ


あーあなたに出逢えてよかった feat.花花


響 ~echoes~


パリの地下鉄


ファンタジー~ムービー・ヒッツ~


アオバ


君に春を思う


初恋サンセット


サーチライト


NOMAD(遊牧民)


wei wei wuu plays bacharach


シャンハイ・レッド


メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー


神戸チャイナ倶楽部


ナッシング・バット・フュージョン


ナッシング・バット・フュージョン・ギター


ベスト・グルーヴ・セレクション


Rainbow Seeker


ファンタジスタ~ベスト・オブ・サッカー・ソング


スーパースター・ロック・フェスティバル


シャウト・イット・ラウド!


スウィッチを切り替えよう。


link~this is the no.1 hit compilation!


エッヂ(2)


エレクトラグライド


R&B コンシャス


HIP HOP コンシャス


ヒップホップ・フレイヴァ

外部リンク

画像一覧